私は身長174cmですが、2年前のMax時は86キロありました。武田薬品の肥満度チェックによるとBMI指数は28、つまりデブです。そして今、72.5キロ、MBI指数23.9と標準体重上限まで下がりました。 ここまで下がると多くの人から「痩せたんじゃない?」と言われます。そしてベルトがゆるゆるとなり、5年前のズボンも余裕で入ります。標準体重の上限で油断するとまたデブとなりますが、そろそろ私のダイエット成功体験を語っても良い時期だと思いますので書きます。

 

 まず、絶食や特定の食品でのダイエットは論外です。栄養のバランスは絶対崩してはいけません。ダイエットはあくまでも健康維持が目的であり、ダイエットで健康を害するのは本末転倒で論外です。


 栄養のバランスとは、6つの栄養グループをバランスよく摂取するということです。このうち大体肥満の人は、第6群の油脂に関しては摂取を控えることに注意した方が良いでしょう。


 では、具体的に実践したことを列挙します。


①夜は、腹7分目程度。 朝、昼は腹八分目。朝、昼は無理にダイエットモードにしない。普通に食事をする。 その際、でんぷんは意識して減らす。ご飯は小さめお茶碗に1杯だけ。


②おやつは控えめ。できれば止める。但し、週一はスナック一袋食す。下手にストレスを溜めないのがポイント。


③酒は控える。酒を飲むとついついバカ食いをしてしまう。


④週に一度は1時間弱の運動。私は毎週日曜日に40分のジョギング。


⑤たまには我慢せずに、バカ食いをする。でもバカ食いを続けない。プロ野球のペナントシリーズではどんなに強い球団でも全試合勝ち続けるのは無理です。ポイントは強いチームは連敗をしないのです。それと同じでバカ食いをしても連日のバカ食いは絶対避けるべきです。

 

⑥悲壮感を持たない。無理しない。


⑦夜寝る前の空腹感を楽しむ。


以上を守れば、あなたも見事痩せられる!!(かもね)


追伸:油をエコナにしたり、バランスを考えてくれた妻に感謝します。


参考

6つの基礎食品 1日の食品めやす
第1群

たんぱく質の
供給源 魚貝・肉・卵・
大豆製品など 魚 1切れ
肉 1~2枚
卵 1個
豆腐1/2~1/3丁(または納豆) ・肉より魚をやや多めに


第2群

カルシウムの
供給源 牛乳・乳製品・
小魚・海草など 牛乳 コップ1杯
(またはヨーグルト)
わかめ・のり・ひじき等 *


第3群

カロチン・ビタミンAの供給源 緑黄色野菜 ほうれん草・小松菜・
にんじん・ブロッコリー
等 100g ・野菜は毎食

・くだものは毎日1個食べましょう

・きのこ・海草・いも・豆など繊維を多く含む食品を上手に組み合わせましょう


第4群

ビタミン・ミネラルの供給源 その他の
野菜
くだもの 白菜・キャベツ・大根・
玉ねぎ・きゅうり等 
200g

りんご 1個(またはみかん2~3個)


第5群

糖質性エネルギーの供給源 こく類・芋類 ごはん・パン・めん等
1食に1杯

芋 1個 ・砂糖・菓子・アルコールはほどほどに


第6群

脂質性エネルギーの供給源 油脂類 植物油 大さじ1~2杯 *

AD