「私が折に触れて推奨している

アセットマネージャーズの下げが激しく、asset2

1/16日に109万円をつけたあと、2/17日には49.2万円と54.9%も下げています。」

という記事を新興市場の暴落が激しい先週書こうとしてましたが、分割後は、リバウンドで分割前換算株価66万円まで戻しています。


ここは、冷静に業績を確認しましょう。2006/2月期の第3四半期の経常利益は64.6億円、2006/2月期の経常利益予想は70億円で進捗率92.3%ですので上方修正は必至でしょう。このペースなら86億円程度の経常利益もあり得るので、特別利益損失が無ければ、当期利益は予想の38億円に対して51億円程度への上方修正は充分考えられます。もし51億円程度に上方修正すると、PER34倍程度でしょうか。成長性を考えればもう少しリバウンドは続くのではないでしょうか。


ちなみに、図のチャートはアセットマネージャーズの値動きを表していますが、実は2004/5月前後の動きです。この会社の成長性は抜群なので、5月7日の高値164万円で買っていても、その後合計10分割してますので今の株価に換算すると16.4万円となり、ほぼ2倍の株価になっています。


ということで、日々の値動きは激しいですが、この会社は急騰、急落を何度も繰り返していますので、中長期で考えればこの会社に関しては、成長が続いている限り気にしなくて良いのではないでしょうか。


(当投稿は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、読者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。)   


AD

小学生  


株関係の話を書いている私がこんなことを言うのもなんですが、小学生からほんとうに株式の投資をするのが良いことでしょうか。


 投資金額が少なくて済むライブドアの株主には、多くの小学生株主がいるとのことです。
 

 確かに株の勉強は、社会のしくみ、会社の仕組み、経済の仕組みがある程度理解ができて有意義ででしょう。しかしながら、会社がどうやって儲かるかの知識が無いまま株をすると偏った見方になるのではないでしょうか。つまり、会社というのは、ビジネスモデルを構築し、投資家から資金を集め、銀行からお金を借り、従業員を集め、経営者は知恵を使い、従業員は汗水たらしてがんばり、顧客の期待に応え、売上げを回収し、費用を払い、従業員の給与を払い、借金を返済し、税金を払い、その結果利益を計上するという組織です。それはそれは非常に多くの知恵、汗、労力、エネルギー、涙が費やされています。それらの結果が利益であり、配当であり、汗と涙の結晶が、株価に反映されています。恐らく小学生が投資を行うと、真ん中のプロセスがすっぽりと抜けた理解に陥り、単に株価に一喜一憂するディトレーダーを小学生から育て上げるということになることを心配します。


 小学生には、経済の勉強なら、株も含めて工場見学をしたり、もっと包括的な社会の仕組みの勉強こそ大事なのでは無いでしょうか。


 まじめに働く多くの人がいるから、世の中成り立っていることを教える教育こそ、株の勉強よりも必要であると考えます。
 
 

AD