今日の日経新聞に面白い記事が出ていた。企業のM&Aが活発になる中、株式時価総額と財務諸表を使って「企業買収価値」を日経が計算している。

 日経による「企業買収価値」とは、株式時価総額と有利子負債の合計から金融資産を引いた金額。

 企業を100%買収するには発行株式を全て取得するとともに、有利子負債を引き継ぐ必要がある。全ての発行株式の価格が株式時価総額である。式にすると以下の通り。

買収費用=時価総額+買収される企業の有利子負債合計 

しかし、その買収される企業が現預金や運用目的の有価証券(両方あわせて金融資産と称す)があれば、それらも手に入るから買収直後に売り払えば、実質その分買収コストが減る。
だから、実質的に企業買収に際して必要な費用は、下記の通りとなる。


企業買収価値=買収費用-金融資産

 買収する会社から見ると、企業買収価値が時価総額より低いと買収するうまみが出てくる。つまり金融資産等を多く有していて時価総額が安い会社は、買収されやすいといえる。

 日経新聞では、ヤフーと楽天しか比較していなかったので、さらにサイバーエーエジェント、GMO、ライブドアなどの新興ネット企業も追加比較してみた。

 結果は表の通り、サイバーエージェントとGMOが、これらの企業の中では買収価値が時価総額より低くなっている。これは両社とも有利子負債がほとんど無いからである。財務の安定性は増しているが、将来順調なる成長が期待できると仮定して、さらに時価総額が低くなり金融資産の比率が高まると買収されるリスクが増えて来る。もちろん両社とも買収対策は打っていると思うが、注意が必要である。時価総額に比べて余分な金融資産を増やさず、成長分野に投資するか、株主に還元をする必要があろう。

 
AD
楽天ライブドアのどちらがプロ野球に新規参入するかを決めるオーナー会議を11月2日に控えているが、出来レースって感じがする。巨人、なべつねのお気に入り楽天が新規参入するんでしょう。

 じゃあ、楽天とライブドアは企業価値としてどうなのかを比較してみる。変化の激しいネット業界は、1年経つと業績等も大幅に変わるので出来るだけ新しいデータを使用。楽天、ライブドアとも6月30日までの決算データが入手可能であるが、それぞれ決算期は、12月、9月とずれているので、やや苦しい比較であるが、楽天は中間決算を年換算(2倍)、ライブドアは、第3四半期を年換算(4/3倍)する。

 ただし今回の数値比較は、非常に変則的なのであくまでも参考程度としていただきたい。実際の決算数値とは異なると思うので。 
 
 ちなみに、利益水準の比較には、EBITDAを使用した。理由は、ネット企業は、買収が盛んなため、、営業権等の償却が多く、当期利益の比較はあまり意味が無いからである。EBITDAとは、企業の利益水準を表す一つの指標で、利払い前、税引き前、償却前利益のこと。「イービットディーエー」または「イービッダー」と呼ぶ。

 まず楽天であるが、楽天市場を中心としたEC(電子商取引)事業が売上げの43%、営業利益の42%を占める。この事業は、前年同月比売上げで72%の高成長を成し遂げている。これは、日本でのブロードバンド利用者が1000万人を越え、楽天市場の利用者、加盟店とも拡大したことによる。次にトラベルエンターテイメント事業が、売上げの13.6%、営業利益の12.6%を占めるが、これは2003/9月に買収した「旅の窓口」が利益に貢献してきている。全体として前年度比売上166%、営業利益309%となった。しかしながら、持分法投資損失(100億円)等により当期損失86億円を計上している。

 一方、ライブドアであるが、企業向けデータセンター運営等を行う、ネットワークソリューション事業が、売上の34%を占めるが、ソリューション販売に注力しなかったため、前年同月比で16%の減少となっている。それに代わり、子会社化したライブドア証券等の貢献により、イーファイナンス事業が、売上804%増と急成長している。全体での売上げは、前年同月比127%、営業利益にいたっては、10倍以上になっている。

 両社比較すると、楽天がライブドアの売上が2倍近く、営業利益、EBITDAとも3倍近くあり、楽天の方がオーナー会議的には有利である。

 しかしながら、面白いのは株価の比較。現在の時価総額をEBITDAで割ると、楽天が57倍、ライブドアが39倍。もちろん両社の買収戦略、事業の違いもあり単純比較できないが、直近のEBITDA(年換算)で見る限り、楽天の方が割高と言える。

 両社の戦いは、プロ野球に関しても、株価に関しても傍で見ていると面白いですねえ。


(当投稿は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 この投資に基づき儲けても報酬よこせとは言わんが、損してもわたしゃ、責任はとらんよ

AD
以前記事(企業よ、今こそ援助を  -新潟中越地震-) で書いたが、新潟県中越地震被災者への企業の支援の輪が広がっている。
 サイバーエージェントも、子会社を通じてチャリティオークションを行うらしい。すばらしい。

しない善よりする偽善 Hypocrisy is much better than doing nothing.

(別に、サイバーエージェントが偽善だといってるわけではありません。)


以下、サイバーエージェントから来たメールです。

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、
東証マザーズ上場:証券コード4751)の100%子会社で、360万人のメディアユー
ザーへ携帯コンテンツサービスを提供する株式会社シーエー・モバイル(本社:
東京都渋谷区、代表取締役:外川 穣、以下CAM)は、このたび携帯オークション
サイト『iBid』(アイビット)にて、芸能人によるチャリティーオークションを
開催いたします。
落札額は新潟県中越地震被害への義援金のほか、日本補助犬協会、メイク・ア・
ウィッシュジャパンなどのボランティア団体に全額寄付されます。

携帯オークションサイト『iBid』(アイビット)は、携帯端末性能向上とパケット
通信料定額制といった携帯電話のメリットを活かせるサービスとして、平成16年4月
に誕生しました。
出品から落札まで全ての工程を携帯電話端末だけで完結することが可能であり、
携帯電話端末付属カメラで撮影した商品画像をそのまま出品画像として登録でき
ます。
平成16年9月には、株式会社ケイ・ディ・ディ・アイの提供するEZwebメニューの
公式サイトに認定され、本格的なオークションサービスとして人気を高めていま
す。
今後、高品質な音声と動画画像による映画やエンターテイメント情報の提供を予定
しています。


■チャリティーオークション概要■
グラビアアイドルから人気タレント、大御所俳優、有名アーティストなどのレア
グッズが出品される チャリティーオークション。絶対に手に入らないお宝グッズ
が続々と出品されます。
写真だけでなく、動画による本人コメントなども配信されます。
落札額は、日本赤十字社および「震災がつなぐ全国ネットワーク」を通じて新潟県
中越震災被害者を支援するほか、日本補助犬協会、メイク・ア・ウィッシュジャパ
ンなどのボランティア団体に全額寄付となります。

【協力参加芸能人】  
石田純一  小倉優子  眞鍋かをり  岩佐真悠子  若槻千夏  小向美奈子  
杏さゆり 遠藤久美子  谷原章介  コロッケ  原史奈  藤崎奈々子  Tina  
城山未帆  松金洋子  加藤夏希  加藤美佳  岡本奈月 矢吹春奈


■サービス名称・URL
『iBid』  
URL  http://ibid.jp

■サービス提供先     
EZweb対応(公式メニュー)、NTTドコモiモード対応 

■EZwebアクセス方法
[EZメニュー]→[トップメニュー]→[ショッピング]→[総合]

■情報料       
無料 (別途通信料はかかります) 


*「iモード」はNTTドコモの登録商標です。
*「EZweb」はKDDI株式会社の登録商標です。
*「Vodafone live!」はボーダフォン株式会社の登録商標または商標です。
*その他、文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。


━━会社概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社名 株式会社シーエー・モバイル
http://www.camobile.com
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー6F 
  Tel:03-6415-3400 Fax:03-03-6415-3401
代表者 代表取締役社長 外川 穣
事業内容 モバイルメディア事業
      モバイルコンテンツ事業
       モバイルショッピング事業 




 
AD
 サイバーエージェントの2004/9月の売上げが発表された。前年同月比54.7%増の好業績。まだ監査を受けてない数字であるが、2004/9月期の売上げは、265億円と5月10日の会社予想数値より6.1%増と好調。
 11月15日の決算発表では、営業利益等も上方修正されるのではないか。

 決算発表後は、この欄でも詳しく分析してみるのでご期待下さい。

過去記事(銘柄研究:サイバーエージェント)


(当投稿は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。)
 先日取り上げた、GMO(証券コード9449)が急騰している。私が取り上げたからだろうか。
 そんな訳ないか。いくらなんでも数値的にネット関連としては割安だからか。

 儲けた人は、よろしければ(赤十字)まで。社会還元する投資家なんてかっこいいよ。



「新潟県中越地震災害義援金」の受付について

◆義援金名称 新潟県中越地震災害義援金

◆募集期間  平成16年10月25日(月)~平成16年12月30日(木)

◆義援金受入口座
 郵便振替口座
 名  義   日本赤十字社新潟県支部
 口座番号  「00530-2-2000」
  ・通信欄に「新潟地震」とご明記ください。
  ・郵便局窓口での取扱いの場合振替手数料は免除されます。

しない善よりする偽善 Hypocrisy is much better than doing nothing.
 新潟中越地震では、避難所によっては食料、水が不足しているという。いつも不思議に思うのであるが企業の援助は、どうなのか?
 誤解を恐れずに言うと、街頭で飲み物や食べ物をばら撒くより、本当に困っている人にそれらを渡した方がずっと宣伝効果は大きいのではないだろうか。寒くて震える手いるときに飲むスープや、喉がカラカラの人々に渡す方が、東京の街角でばら撒くよりはるかに歓迎され、しかもその味は一生心に残るのではないか。
 このような状況で、損得で語るとお叱りを受けると思うが、それでも何もしないよりは100倍ましだと思う。(日清食品)が、キッチンカー「チキンラーメン号」を派遣するらしいが、このような企業の支援の輪が、(たとえ宣伝効果を狙ったものであっても)広がることを希望する。

 ダイエーホークスの元オーナー代行が、25日に強制わいせつ容疑で逮捕された。同氏は、再生請負人として赤字事業をであった福岡ダイエー事業を1年で黒字化させた豪腕の持ち主。その経営手腕は高く評価されている。
 しかし以前記事にも書いたが、プロ野球組織審査によると、プロ野球は公共財で「青少年に夢を与え、女性にも愛されなければならない」らしい。自分の社内の地位を利用して、部下にセクハラしまくるなど、女性に最も嫌われるぞよ。
 プロ野球組織審査さんよ。やはりライブドアの重箱の隅を突っつく前に、することがあるんじゃないの? 
 マンションや住宅購入のために不動産業者を回った方は、こう言われなかっただろうか? 
「2004年末までに入居しないと、住宅ローン減税の効果が大幅縮小されますよ。」

と。本当にそんなに縮小されるのか?
 そもそも住宅ローン減税とは、新築、取得より8年から10年にわたって毎年末のローン残高の1%を所得税額から控除するというもの。ただし床面積50㎡以上、年間合計所得3000万円以下であることなどの条件がつく。

 では来年以降どうなるのかというと、主に次の2点が縮小される。

 
①年末残高の限度額
②借入残高の控除率(段階的引き下げ)。 


 まず、①に関してだが、2004年末のローン残高の上限は、5000万円であるのが、2005年末は、4000万円、2006年末は、3000万円と段階的に減っていく。でも、ローン残高が5000万円は、都内ならともかく地方ならかなりの高額物件である。年収1000万円以内の家庭ならあんまり5000万円満額借りないのではないか?

 ②に関しては、2005年入居者は、9年目10年目の控除率が現在の1%から0.5%に削減される。控除期間の最後の2年だけでその頃はローン残高も減っているから影響は限定的である。

 国土交通省の試算 によると、標準的なサラリーマン世帯(年収670万円)が2700万円を27年の元利金等返済、金利3%で借りると、2004年末まで入居だと総控除額は、230万円、2005年末まで入居だと210万円。その差は約20万円。その差が大きいかどうかは人により感じ方は違うかもしれないが、日常生活では大金でも不動産では誤差の範囲。
 いずれにしろ不動産購入は大きな買い物であり、不動産業者が住宅ローン減税をネタにあせらせても、今年入居しようが来年入居しようが、標準世帯にとっては思ったほど大きな差が無いので慎重に判断した方が良いのではないだろうか。

(当投稿は、不動産購入者の参考として住宅ローン減税に関する情報提供を目的としたものであり、不動産投資の勧誘を目的としたものではありません。内容に関してはちゃんと調べて書いてるが、税制は変わることもあるので自分でもちゃんと調べて下さいね。 あっしは責任とれませんぜ。)

 
(添付の表は、財務省ホームページから) 

日本シリーズ第4戦の視聴率が13%と、95年に全日程ナイターになって以降の最低記録を更新したらしい。
 私は、日本シリーズがナイターになったことに反対している。平日は譲るとして、土日は、デイゲームにしていただきたい。秋晴れの中、明るい球場で行っている野球をビール片手に真昼間から見るのが楽しかった。お祭りムード満点でこれぞ日本シリーズという風情があった。ナイターだと、ペナントレースと雰囲気が何も変わらない。
 なんとか、土日だけでもデイゲーム復活といかないか。