小学校受験・中学受験 合格する子になる育て方

信じて見守る、見て見ない振りの子育てで自主性を育て、伸びる子にする方法とは。



こんにちは。【教育・受験コンサルタントの ちよです】


お子様の本当の幸せを願うお母さまの心を応援しております。

「小学校受験」「中学受験」は無理をしないと出来ないと思ってはいませんか?

そんな事は無いのです。

逆に幼い頃の 受験を通して親子でたくさんの成長があります。

やり方次第・考え方次第で 無理なく希望の学校への合格も可能です。


私の経験した事・たくさんの受験生が大人になるのを見届けてきた私だから言える事を書いております。

何か1つでもお役に立てれば嬉しいです。









公式サイト










コンサルメニュー

 コンタクト


テーマ:

こんにちは。

小学校受験が11月1日から一斉に始まりますね。

お受験が初めてのママさんはドキドキだと思います。

 

でも大丈夫!お子様は貴方が思うより意外としっかりしているものです。

そして、入学すべき小学校はある程度運命が決まっています。

そしてお子様と学校の相性もあるのですよ。

 

ですから、お子様が合格点を摂れる試験を出題する学校は相性が良いということ。

試験には【このような問題が出来る子供が欲しい】という学校側の願いが込められています。

 

 

 ですからこれまで精一杯努力してきたのであればそれで充分。

あとはお子様の運命を楽しみにしていて下さい。

 

 *合格したからといって将来の幸せが約束されるわけではありません。

 

 *不合格だったら、むしろこの先もっともっといい学校に入るチャンスがあるわけです。

 

 

**************************************

とはいえ、最善を尽くしたいものですね。

 

心配なのは面接ではありませんか?

ママさんは充分練習なさっているはずですが、

心配はパパさん?ではないでしょうか?

 

おそらく、パパさんはまだまだ準備不足でしょうね。

だって毎日のお仕事の方が、パパさんにとっては深刻なのですから。

 

責めたりしていませんか?

パパさんは、最低限の事を抑えておけば、後はその場で考えたお応えで大丈夫です。

むしろ作りすぎたお応えより、不慣れな素人っぽいお応えの方が好感がもたれます

 

上手なお応えより、自分のそのままの心を喋る事が良いです。

一番ダメなのは、マニュアル通りのお応え。

(どこかに書いてあるようなお応え)

 

******************************

それでは最低抑えておくべき事を挙げておきますね。

1、学校の教育方針と家庭の教育方針の通ずるところ

2、志望理由

3、将来どのような人になって欲しいか?(理由も)

 

1,2,3、は 必ず結論を先に言います。

そしてその後に理由を話します。

長すぎず短すぎず。喋り過ぎ・偉そうなのは一番いけませんよ。

 

4、お子様の通学方法

5、緊急時のお迎え

6、パパさんとお子様の関わりの具体例

(夏休みの具体的な出来事)

今から受験日までの間にパパさんとお子様で印象に残る遊びをしておくと

お子様がお応えしやすくなります。

 

********************************

 

私立小学校は古風な世界。

理想とするのはやはり、お父様が主導権をにぎっている家族です。

お母さまはお父様を立てる気持ちでいて下さいね。

 

もし、お父様のお応えが間違っていたり、不十分でいても

お母さまがさえぎって喋ってはいけません。

 

 

不思議な事に、面接というほんの15分位の間に

ご家族に本当の様子が出てしまうものなのです。

 

ですからこの試験日までの間で家族の様子を整えておいてくださいね。

自然な形で!さあママさんは肩の力を抜きましょう。

 

***********************************

 

ご家族の持っていらっしゃる良い所が全て出せますように祈っておりますね!

 

そう、今一番大切な事は、

 

試験日にお子様が元気で明るく、試験を楽しめる事です。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)