こんにちは。番頭です。


那須高原にあるエミール・ガレ美術館 はお気に入りの場所です。

植物、花、昆虫、鳥などは、動き出しそうでもあり、グロテスクでもあり、エロチックでもあり・・・。

いつ行っても、ひきこまれてしまいます。


そしてどこか日本的(屏風やお城の部屋の感じとか)なものですから、親しみやすい感じもありますので、アールヌーヴォーとかジャポニジムって難しそうと思っていても楽しめます。僕も難しいことはわかっておりません。(館内には本もたくさんあるのでそれらを読むだけでも楽しいです)


一番好きなのは「フランスの薔薇」です。

花がこぼれおちそうです。

一度手にして触ってみたい!

ある美術家さんに、彫刻とは手で触る芸術だと教えてもらったことがあるんですが、触ってわかるものもあるそうで・・・。手にとってみたいです。


植物、花、昆虫などをモチーフにしたものを作りたかったのか、ガラスで植物、花、昆虫をつくりたかったのか・・・。そんなことを考えてしまうだけ、頭がぐちゃぐちゃになってしまいました(笑


ガレを見に行った方の記事をリンクです。

おいしい~関西Life  さん

喜びの詩  さん

I ラブ 本  さん


AD