長崎の古材を活かす 解体日記

長崎県南島原市「素麺の町」西有家町で解体屋を営む私が日々感じた事や出来事を綴っていきます。


テーマ:

孫からうつされた風邪がまだぐずついているのですが

あちこちで風邪の噂よく耳にします

この時期毎年風邪ひきさんになるのですが・・一年ごとに

治りが遅くなっているみたいで 本当にショックですネゲホゲホ

明後日から全国大会が控え 数日東京での活動となり

ますが 久々に会えるともに対しても粗相のないように

完璧に直しての全国大会参加を望みたいですね

今回長崎支部より 7名の参加となっております

小生にしてみても 今回が4回目! 最初の全国大会も

けっこう盛り上がってはいたのですが 回を数えるごとに

内容の充実しているように思えます

 

ところで今回福田支部長にお供して 古材鑑定に出かけました

新しく道路ができ 数年前より移築による検討もなされて

いたのですが 数件の該当にも恵まれず 今回古材の買取を

踏まえた古材鑑定となりました

 

約80坪の「もちゃなか~」を地で往く素晴らしい物件です

今現在の土地が槇山だったそうで ほとんどの柱が4寸ほどの

槇で 節もなく特に素晴らしかったですね!

床材など根太も槇をふんだんに使われ 自然乾燥が行き届いた

床下は 実に見事に腐食なしです

材料もさることながら 床下の通風をさりげなく調整された事も

母屋の経年劣化を抑えていると思います

施主様に 「一部リフォームされるならば あと100年でも200年でも

十分に耐えうる母屋ですよ」と・・

先代が建てられたこのご自宅を ただ壊すだけでは忍びない」との

思いで今回買取を踏まえた古材鑑定となりました

このような材料を使って 今拵えようとしたら・・と思うと

残さなきゃいかんですよね(`∀´)

古材として残すことも 我々の使命として絶対必要な事ですし

今取り組まなければならんことですよね・・・

施主様の思いを十分に踏まえ できる限りの循環型伝統資財と

して残して見せます

 

古材の話をしていると 時間を忘れるほどに遅くまで 本当に

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

itigoitieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。