小夏庵 konatuann

主人の書斎の隅に埋もれたピアノ・・ここにクレーンで引き上げて

入れてから28年ほどになります。


YAMAHA U1 当時40万円ほどしました。

私の退職金をこれに費やしたのです。


実家からピアノをもってこれませんでしたから、念願の私のピアノでした。

実家のはKAWAI系列のものでしたから、YAMAHAがどうしても欲しかった。


主人はYAMAHAのバイクを持ってました。笑


中学生の頃にちょっとピアノを習いました。

良い音大の学生教師にめぐり合って、それなりにピアノの

楽しみを教えていただいてました。


小学校での伴奏程度はなんとかなっていました。


しかし、結婚して最初に趣味としたのがコーラスとピアノでした。


近所に良い師匠がいらして・・30歳で発表会など出てました。


ショパンとドビュッシー・・・が好きです。

聞かせたりしませんから心配しないで・・

下手の横好きです!


このピアノを売ろうとしました・・・・


本当は今日またクレーンで2階から下ろす手はずになっていたのです・・・・


でも、代わりに買った電子ピアノ・・気に入ってます!

自分の部屋に置いて、音も小さく出来ますから便利です・・・


でも・・・電源を入れないと音が出ない・・ということ・・いえ逆に

電源なしに、生のピアノの音の出る・・ピアノ・・


当たり前なのに・・・その違いの大きさに愕然としました。


正月に甥の子供たちが来たら・・1年でこんなに上手になるの?

というほど・・上達していて・・・すぐにピアノを弾きこなしました・・


夫も・・もったいないよ・・売ってしまうの・・のポツリ

「おばさん、売っちゃうんですか?」


と 甥と姪・・・・叫び


よかったです・・私のピアノ! 彼女は今日もしっかりこの部屋にいます。


年をまたいでの私の心変わりに業者もびっくりさせましたが・・

お詫びをしたら・・・


「ピアノのためにはそれがいいですよ!」


と優しい言葉!ピアノプラザでした。


また電子ピアノで練習して・・たまにはピアノで演奏できるよう

すっかり鈍った指の練習始めました。


もったいない・・本当に 彼女(ピアノ)のご機嫌損ねてました。


そうなんです・・売ると決めた日から・・母の具合が悪くなったり、いろいろ


ありまして・・・彼女は私の守り神だったみたいです・・


これで多分私がこの人生を終える日まで一緒です。



小夏庵 konatuann

この方も一緒です・・ずっと・・

AD

コメント(28)