小夏日和♪

みなと町*神戸*で、のほほ~んと暮らしていた黒パグ小夏(♀)。
その生息地が*福岡*に変わっても、のほほ~ん具合はいたって順調♪
ちょっとドンくさいトコロがかわいい、そんな小夏の成長日記♪

 ラブラブこなつラブラブ

2010年2月14日生まれの黒パグ。♀。

黒パグをどーーーしても飼いたい!!というママのワガママによってお迎えした、我が家のカワユイ愛娘足あと

はじめて会った時はおっとりサンだったのに、2010年4月24日我が家に来て以来、カナリのおてんばサンを発揮。パグのわりにはシワが少なくパグっぽくありませんが、食欲と睡眠欲だけは誰にも負けません。


 クローバーパパクローバー

ホントは大型犬を飼いたいのに、ママの意向によりなぜか小型犬を飼うコトになった人。

街で大型犬を見かける度に「いいな~」とつぶやきますが、なんだかんだ言って小夏を溺愛恋の矢


 黄色い花ママ(私)黄色い花

黒パグ限定で「犬を飼いたい!!」と言いだした張本人。

パグを飼うのは初めてですが、今ではこの鼻ぺちゃおてんば娘にどっぷりはまってます音譜



テーマ:
ブログの放置…というか、

もう完全閉鎖状態になってますが…汗。





言葉に残しておきたいことがあったので。










今日、実家の父から連絡があり、

実家で飼っていたシオン君が天国に旅立ったと知りました。





12歳と6ヶ月。





私が大学生になったばかりの5月に我が家に迎えたチワワの男のコ。





チワワのクセに3kg越えで、

毛並も悪くて、

お世辞にも見た目がかわいいとは言えないようなコだったけど(笑)、

でも我が家にとってはかわいいかわいい愛息子でした。






数年前に心臓の病気が見つかって、

いつもせきをしていて苦しそうだったシー君。








ちょうど2週間前、

友人の結婚式に出席するために、半年以上ぶりに実家に帰っていたんです私。





せき(発作?)は出ていたけど、

ちゃんと1人で歩けるし、

お散歩も行けるし、

食欲もあってごはんも食べれるし、

とにかく元気だったんです。




家族以外には全然懐かなくて、

おうちにお客さんが来たりするとすごい勢いで吠えまくって、

ちょっと社交性のないコだったんだけど。



でも、半年以上ぶりに帰った私の事ちゃんと覚えてくれていて、

しっぽを振って出迎えてくれました。





だっこ嫌いのくせに、めずらしくだっこさせてくれたりもして。



せきが出ると苦しそうだけど、まだまだ大丈夫だろうって思ってました。正直。













そんなシー君。


今朝から調子がよくなく、病状が悪化して、朝から病院の酸素室に入っていて。







医師から安楽死をすすめられたそうです。



苦しそうなシー君を見ていられず母は安楽死を希望したみたいですが、

父は家に連れて帰ると。


そして、自宅に戻ってから10分もしないうちに静かに息を引き取ったみたいです。


父と母に見守られながら。









月に4万以上もかかるシー君の薬代のために、

もうそろそろ退職を考えてもいいだろう年なのに働き続けた母。




毎日毎日、「会社に行ってる間にもしものことがあったらどうしよう」と、

不安だったそうです。



ちゃんとみんながお休みの日曜日を選んで旅立ったシー君。

なんていいコなんだろう。













3年前、

私はあるおじいさんのために奔走し、二度と経験できないような夏を過ごしました。



(あ。知らない方はこちらから。)






亡くなる2日前に、奇跡的に愛犬のユキちゃんと最後の時間を過ごせたおじいちゃん。

おじいちゃんが亡くなってからほんの1ヶ月で後を追いかけていったユキちゃん。



あの時、

(ペットを含め)家族の存在が本当に支えになって、

そうして生きるパワーって生まれるんだなって強く感じました。

目には見えないけど、絆って本当にあるんだなって。



うまく言えないけど、不思議な体験をした夏でした。





そして今回。

半年以上ぶりに私が実家に帰った2週間後に旅立って行ったシー君。


次に私が帰る時まで頑張ってくれたのであろうと思うと、涙がとまりません。



あんなに小さな体で苦しかっただろうに。






そういえば、

ユキちゃんパパが亡くなったのも日曜日。

ユキちゃんが亡くなったのも日曜日。

そして、今日も日曜日。



不思議なことに、

みんながちゃんと見届けられる日を選んでいくんだな、旅立つ時って。










勝手に、

一人では歩けず、ごはんも食べれず、排泄もできなくなって…って最期を想像してたから、

(言い方は悪いけど)あっけなく旅立ってしまった事はある意味よかったのかな。

苦しまずに逝けたので…。




この間のだっこが最後の抱擁になるとは思ってなかったけど、

最後にだっこできてよかった。





もっといろんなもの食べさせてあげればよかったな。

もっと実家に帰って一緒に遊んであげればよかったな。








人(犬)見知りのシー君なので、

先に旅立ったお友達もいなくて一人ぼっちなんじゃないかと心配だけど、

これから過ごす場所は、

苦しいこともないし、

怖いこともないから、

たくさんお友達を作って、

今まで走れなかった分たくさん走ってたくさん遊ぶんだよ。





私たちにたくさんの愛をありがとう。





シー君、大好きだよ。

いつまでも忘れないからね。








AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。