アトピーの悩み改善ブログ 鳥取イヌイ薬局

 鳥取の漢方相談専門のイヌイ薬局です。アトピーや不妊症ダイエットなどを中心に3万件を超えるカウンセリングいただく中で、みなさんからよく聞かれた疑問についてお答えします。とくにアトピー性皮膚炎の改善には、漢方のハーブや食事とスキンケアが大切です。


テーマ:

こんにちは

 

*間もなく土用です。

 来週の7月23日には今年も「大暑」を迎え本格的な夏を迎えます。

今年は7月19日が

「夏の土用」入りです。「土用」といえば、夏のウナギが有名ですが、中医学で

「土用」は季節の変わり目を意味して、夏以外に

秋と冬の季節の変わり目の秋土用

冬と春の季節の変わり目の春土用、

春と夏の季節の変わり目の春土用

があります。

 

*土用って何

 

 いずれの土用も、立春、立夏、立秋、立冬の役18日前の時期で季節の変わり目で体調をくずしやすい時期です。この時期は、中医学では胃腸を整えると良いとされ、食材では「黄色の食材」「甘い食材」がおすすめなので、

南瓜(カボチャ)、とうもろこし、卵、

などを取り入れましょう。

 

*卵はいくつまで食べていいの

 

特に、卵は栄養のバランスが良いので土用にはおすすめの食材ですが、店頭でも試食会でも良く聞かれるご質問が

「卵はいくつまで食べて良いの?」 

と聞かれます。

世間一般にはまことしやかに、

「卵は一日一個まで」

などといわれてきました。が、実は卵の油の卵黄油は善玉コレステロールなので、適切に摂取したいコレステロールです。

 

*元ミスユニバース日本栄養コーチ・エリカ・アンギャル散のFBから

朝食に卵二個のすすめ

 

 以前にもお話した知花くららさんや森理世さんをミスユニバースに導いた、元ミス・ユニバースジャパンの栄養コーチ「エリカ・アンギャル」さんの調査では、

「朝食にベーグルをひとつ食べるダイエット・チーム」と
「卵を2つ食べるダイエット・チーム」

を比較したところで8週間後、卵を食べたグループはベーグルを食べたグループに比べ、体重が65%多く減っていただけでなく、ウエストラインの減り具合はおよそ2倍という結果だったそうです。

これは、他の多くの食材に比べて、卵を食べるほうが満腹感をより長く感じられることが原因といわれています。

 

*卵とダイエット

エリカ・アンギャルさんによると実際に、朝食に卵を食べたグループは、朝食摂取3時間後の検査で、グレリンという食欲を増進させるホルモンの値が低いということが研究によって明らかになっているそうです。

結局、朝食に卵2個を食べたダイエットグループは、3時間経っても満腹感を感じていて、1日の総摂取カロリーがベーグルを食べた場合と比べて400カロリー以上少なかったそうです!

そして、クッキーやケーキ、スナック菓子など、魅力的だけど体に良くない間食を控えたい方や、食パンや白米など、炭水化物だけで朝食を済ませている方は、朝食に卵を加えることで腹持ちが良くなり、余計なカロリー摂取を防げます。

 

ということで、美味しくてタンパク質たっぷりの「卵」やを正しく食べて、夏バテしやすい「夏の土用」を無理なくお過ごしください。

 

下の写真はイヌイ薬局90周年祭で参加者おひとりづつに丁寧に

サインをくださるエリカ・アンギャルさん。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんいちは

 暑い毎日が続きます。 

例年に比べ、早くから暑い日が続きます。が、7月22日には「大暑」を迎えます。これから暑さが厳しくなる時期ですので、「熱中症」「夏ばて」「夏風邪」など夏の邪気「暑さ」による諸症状に注意したいものです。

そこで、暑い夏を元気に乗り切る

 

夏の養生のポイント

 

お伝えします
 

夏の養生のポイントは、「夏は清補(セイホ)」といって体内に溜まった余分n熱を追い払うことが大切です。体内に熱がたまらなければ「夏ばて」などの前述の症状の予防になり暑さによる疲労が少なくなります。そのためには
 

1、少糖多茶
 

といって、脾胃つまり消化器系の疲れを取ってくれる少量の甘味を摂りながら、麦茶などのお茶を一口づつ味わいながらこまめに摂取しましょう。舌に歯の痕(舌痕)がある場合などは、胃腸の疲れているサインですので冷やした飲み物を控えたいものです。

 

そして

 

2、五味五色の食材

 

では「苦み」と「赤い」食品が心臓の力=「心気(シンキ)」を補います。暑さで、心拍数が上昇しがちになって疲れやすい心臓を

ニガウリ、緑茶、菊花茶、サンマ、魚のわた、紫蘇

スイカ、トマト、小豆、レバー

など苦味の食材や、赤い食品で守り心気の補強を心がけましょう。
 

特に、中医学では「汗」は「心」の液と考えられ大量の発汗は「心」に負担をかけてしまいます。また、酸味は毛穴を少し引き締めて、発汗を穏やかにしてくれる役目がありますので、こまめな水分補充とともに、大量に発汗する時節にはレモン、酢の物、梅干、トマトなど酸味のものをお茶や食事に少し取り入れて無駄な発刊を防ぐようにしましょう。

 

3 、規則正しい生活と冬病夏治

良質で十分な睡眠は身体を潤すおくすりのように効果的です。早寝早起きをして、さながら恋人に惹かれるように自然の中で散歩を楽しみましょう。
また、夏は暑いばかりではなく「冬病夏治」といって痛み、しびれ、冷え、喘息などの冬の病気を治す絶好のチャンスと考えられています。これらの症状がある方は、「夏バテ」は防ぎながら、夏の暑さを利用して「冷え」などの体質を改善して「痛み」「しびれ」「冷え」に代表される冬の悩みを改善しましょう。

 

 

最後に、夏の風物詩ともいえる「スイカ」は熱を覚ましながら、利尿作用によってむくみを取ってくれるので天然の白虎湯(ビャッコトウ)と呼ばれるほど熱をさます食材として、中国では「緑豆」とともに夏の暑い時期によく食べられています。

今回は、スイカの皮を使ったレシピをご紹介します。
 

 

スイカの皮のあんかけ

材料(2人分)

スイカの皮の1/6、

鶏肉のささみ50g、

きくらげ10枚、

人参1/3本、白葱5cm一切れ、生姜スライス2枚、

料理酒大さじ1、

鶏ガラ粉スープ二人分、

塩小さじ半分ぐらい、サラダ油2~3、オイスタソース小さじ2、片栗粉大さじ1。

 

作り方

1、       スイカの皮の緑部分は取り、白身を使います。

長さ5cm、幅1.5cmぐらいの長方形の形で切り、鶏肉ささみを

薄切りして片栗粉をまぶし、きくらげを水で戻します

2、人参は薄切り、白葱、生姜を千切りします、

3、鍋を加熱し、サラダ油を大匙2~3入れ、まず生姜と鶏肉を入れ鶏肉を白く炒めたら、料理酒大匙1、オイスタソース小匙2を入れて、人参、西瓜の皮、きくらげを一緒に炒めます。

4、人参が柔らかくなったら、葱を入れて、塩と鶏ガラスープで味を調え、残りの片栗粉を水で溶かしてとろみをつけ出来上がります。

 

 

スイカは甘味があり、ビタミンC、ベターカロチン、ブドウ糖など豊富に含有し、清熱作用と利尿作用に優れる夏の消暑の良品です。

漢方薬の熱を冷まし喉の渇きを治める処方として「白虎湯(ビャッコトウ)」が有名ですが、西瓜の皮も古来から食の「白虎湯」ともいわれています。

鶏肉ささみはタンパク質豊富で脂肪分少なく、消化しやすいので、胃腸が弱い方や夏バテにお薦めの栄養素材です。

食欲不振、浮腫み、発熱や、肥満、妊娠浮腫、糖尿病や、腎臓病、心臓病患のい食材として利用できます。  

その他にも、スイカは中国では、捨てる所がない食材として重宝され、皮は炒めたり、スープ、漬物、餃子の具にしたりして、豊富で多彩に調理されています。また種も干して炒って食べます。中国での昔からの知恵です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんばんは、
鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎など皮膚トラブルを食事や漢方,スキンケアで根本的な改善のお手伝いをさせていただいているアトピー性皮膚炎アドバイザーのコナン(conan)こと乾(いぬい)です。

私たちのイヌイ薬局(http://www.karada-no-nayami.com/)
には毎年1000件以上のアトピーに悩む方が相談に来られます。その相談のなかで気がついたことを、このブログで詳しく
お伝えしていますが、今日はアトピーの方にはおすすめの食材「緑豆」についてお話します。

 

緑豆

日本では、まだあまり馴染みが無い食材かもしれません。が、緑豆もやしや、緑豆はるさめなら良く見かけることでしょう。

そんな、緑豆ですが中国や韓国では様々な場面で活躍しています。

☆毒殺を免れた緑豆スープ

数年前、韓国のドラマがはやったころ、韓国初の女医の物語「チャングムの誓い」のなかで、主人公チャングムのお母さんが毒殺される場面で、緑豆の煎じ汁を親友に飲まされて助かった場面がありました。

緑豆は、

  • 清熱解毒
  • 消暑

の作用があるとされ、解毒以外にも身体の余分な熱を冷ましてくれます。

余分な身体の熱えをさまし炎症を抑えるので、

熱によるいらいら、湿疹ふきでものなどの腫れもの、喉の痛み、夏バテ

などに効果的なので。

皮膚の炎症が残るアトピーや皮膚炎の方に最適な食材といえます。

中国では、緑豆のスープと西瓜で夏の暑さを解消する習慣がありました。

また、

利尿小夜もあることから、浮腫みや夏場に案外多い膀胱炎の予防にもおすすめな食材です。緑豆の硬化を期待されるなら、少し調理に時間がかかる、茹であがるまで時間がかかるかもしれませんが「皮なし」よりは「皮つき」が好ましいでしょう。

 

 

緑豆ぜんざい

緑豆  100g

白玉粉 80g 絹ごし豆腐100g 5:4

きび砂糖 40g~(お好みで) はちみつ 大匙1杯~適量

塩少々

 

緑豆ぜんざいの作り方

1、

緑豆をよく水洗いしてザルにあげ、改めてボール水と緑豆を入れて一時間程度浸します。

2、

鍋に新たに水を張り、1の緑豆を入れ強火にかけ灰汁をとりながら沸騰してからさらに

10分程度緑豆を煮ます。

3、

2、の煮汁を捨て鍋に新しい水を入れ、灰汁を取りながら10分程度中火で煮詰めます。

4、

緑豆が柔らかくなってきたら甜菜糖、蜂蜜を加え最後に塩を加えて少し固めで火を止めると余熱で仕上げましょう。

 

豆腐白玉の作り方

1、

絹ごし豆腐の水を切ります。

2、

1、の豆腐を手で潰しながら白玉粉を加え、団子を作るように混ぜます。

3、

100円玉の大きさを目安に、お団子を作ります。

4、

沸騰させたお湯に3、を入れ浮いて来たら2分ほどさらに茹で、茹であがったら水で祖熱を取って出来上がりです。

 

 

器に緑豆ぜんざいと白玉を盛り付けて出来上がり。

「緑豆」小粒の小さな豆ですが、特に夏場は「緑豆」をうまく利用して夏バテ、アトピーの予防にお役立てください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)