2010-11-04 03:44:04

この世の限り。(中編)

テーマ:ブログ
※この話は中編です。前編を読んでからご覧下さい。




別れると私が死んでしまうから、別れない。
(今、私に恋愛感情は無い)
要するに、私が『別れても死なない』と分かれば、高確率で別れるかも知れない。
しかし貴方は、私に別れや(死を考えてしまうような)不安を与える『嫌い』と言う言葉を告げた。
『別れても死なない』確認すらしていないにも関わらず、
容易に想像出来る私の考えを無視して気持ちを伝えた。
本当に死なれても困ると思っているなら、そんな発言出来もしないはずだ。

むしろ、私から離れていく事は無いと解っているんじゃないか?
だからそんな事言えるんじゃないか?


付き合い始めに、軽々しい気持ちで『死にたい』と言った私を、
胸倉を掴んで貴方は本気で怒った。
そして私は、元カノが幾度と無く同じような事をしているのも知っていた。
それに苦しんで、心配していた貴方も見ていた。
同じような思いをさせて、貴方の顔を、頭を歪ませたくない。
私が居る事で、笑ってくれたらいいのに。
安心して、眠る事が出来ればいいのに、と願っていた。

私が居る事で、貴方の世界を少しでも彩る事が出来たら、と。

幸せに浸って、それを見失っていたのは私だ。

あの日、本気で死にたいとは思った。
言ってはいけない事だとわかっていながら、
それでもなお、思ってしまうくらい辛くて、
追い詰められてる事を分かって欲しかった。
でも貴方の気持ちを聞く前に、気持ちを伝える前に、死ねなかった。
そして、帰ってきた貴方を見て、話して、
自分の都合が大半だけど、やっぱりまだ一緒に居たいと思ってしまったんだ。

駅まで送ってくれた車の中で私の頭を撫でてくれた手は、
魔法使いの手に一瞬戻ったかと錯覚する程優しかった。
もう2度と会えない、あの魔法使い。
あれは貴方が姫にくれた、愛の一部だ。
頑張って、作り出してくれた、具現化された愛だ。


色々考えたいこんな時に限って、私の頭は拒否反応を起こす。
普段は思い出したい事すら出てこなかったり、曖昧なくせに、
断片ながらもはっきりと映像付きで思い出す貴方との時間。

一緒に料理を作ったり、その最中に抱きしめられたり、
フライパンを振る貴方の横に居る私や、そこでキスしたこと。
明け方、車の中でボーっとしながら、想いや考えについて語り合ったこと。
運転中に手を繋ぎながら、照れあってデートしたこと。
2人で見た、境界線の無い夜の海や、
赤レンガ付近で散歩しながら見つめた風景と貴方。
寝る時間を犠牲にしてまでエヴァを全編一緒に見たり、
付き合ってる事を悟られないように、
店員と客の距離感のまま、うちの店に遊びに来てくれたり。
幾度と無く、私を迎えに来てくれたり、送ってくれたこと。
一緒にいくつかのショッピングモールにも行った。
コールドストーンアイスを食べたり、貴方の好きなコーヒーを飲んだりね。
車のHDDには、私が乗るようになってから曲も大分増えた。
貴方が車を買ってから、一番助手席に乗っているのは、きっと私なんだろう。
甘いものやチョコが嫌いな貴方が、ロールちゃんを教えてくれたね。
指輪も、ネックレスも、タバコもお揃い。
2本並んだ色違いの歯ブラシは、今2代目だ。
貴方に愛された時間の、天井と部屋の明るさと、貴方の表情。
眩しくて頭がおかしく成る程、毎日幸せを感じていた。

そして何より、スリーピングビューティーな寝顔と、微笑みが頭を埋め尽くす。

それらは過去で、今で。
思い返して、随分貴方の無理の上で成り立っていた事だと改めて気付いた。
綺麗に見えるものが多いのも、きっとそのせいだ。



そんな貴方は、今矛盾しているように思える。
電話で『好きでも嫌いだとしても、知ってる人間が死ぬのは気分が良くない』と言っていた。
おかしいのかも知れないけど、私はそうは思わない。
元は仲が良かった(ようにしていた?)友達を、今は嫌いになっているけど、
関わった時間がそれなりにあっても、私は今彼女らが死んだと聞いても何も感じないだろう。
だって嫌いなんだから。関心のない相手だから。
嫌いだと思っていなくても、
極端な話、よく見かけていた芸能人が死んだというニュースが流れても、
事実を知ってぐちゃぐちゃに泣いたりはしないだろう。

つまり、私の感情だけで言うなら、
気分が良くない=嫌いではないという事になるのだ。


しかも、嫌いならもっと酷い対応だって出来る。
電話だって自分でわざわざかけ直してくる必要も無い。
自分から電話を切ったのなら、
その後すぐにかけ直した私からの電話も、無視して出る必要は無い。

その電話で私は、『次会えるのがいつなのかわかったら教えて欲しい』と言った。
すると『わからない』と言われた。
不安になって『もう会えないの?』と聞くと、
『部屋に荷物あるから、取りに来るでしょ?』と貴方は答えた。
必要最低限の行動時でないと、会えないところまで来たようだ。

私は彼の家の合鍵を持っている。
部屋に置いてある私の荷物も、たくさんある。
でも、本当に嫌いなら、私の実家を知っている彼なら勝手に返しに来る事だって出来る。
他にも、荷物を送ってしまう事だって出来る。
住所は知っているかは忘れてしまったけど、知らなければ私に聞けばいい。
荷物をまとめるという手間があるから、それをしないのかもしれないけど、
手段は色々あるものだ。

他にも判断しかねることがしばしばある。
都合良く捉えてるだけかも知れないけど、
どうしても、私のことを嫌いになったと思えないのだ。


よなりーと話して行き着いた結論は、
私を無視して、自分の事しか考えていないということ。
そして、まだ気持ちが不安定で、
私を本当に嫌いかわからないということだった。

部屋を出る気配の最後の最後で、
ただ静かに考えて泣いてしまった。
目の前で壊れなくて良かったとも思えた。


外は思いの外寒くて、冷えた車内でタバコを吸いながら、実家に送ってもらった。
こんなに友達に身勝手に甘えたのは初めてかもしれない。
一緒に居てくれた事に感謝し、申し訳なさも感じ、
弱さを判れる関係を嬉しく思えた。
似た感覚を持てる相手はそうは居ない。

最後まで心配してくれた。
この日、会えて本当に良かった。




家に着くと、弟が居た。
少し会話をすると、食事もしていないようだった。
本来なら私が用意しなければいけなかったけど、
自分で適当に食べてくれるというので甘えてしまった。
ブラコンだと感じる時もあるけれど、
根が優しい弟に、私の姉弟として存在することを感謝している。

個々の時間が流れる。
夜勤の貴方が家に着く前に、私は居ようと思った。
朝早くの電車に乗らなくちゃ。
携帯で調べておく。
大分早めに来ておいて、食事の支度でもしておこうか。
いや、そんな気力無いんだ。
第一、私が作った料理なんか、もう食べてくれないかも知れないのだから。

わざと、いつもの時間を過ごそうとする。
漫画を数冊読んで、携帯のアラームをかけて寝た。
願わくば、悪夢を見ないで済むようにと。



4時間程経っただろうか。一応目を覚ました。
結局寝たようであまり寝ていない。
夢こそ見ていないものの、何度かぼんやりと起きてしまったから。

『行ければいい』というスタンスで、格好も気にせず支度した。
弟はまだ寝ていて、物音で起こさないように気遣ってみた。
頭がぼやけている。
全部、嘘だったらいいのに。



後編に続く。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まぁ。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。