テーマ:ブログ
2011-10-21 15:14:33

そらはいつでもそこにあるのに。(後編)

古い、鉄製の扉は、静かに開けてもぎぃ。。。と鈍い音を立てる。


キッチンへの扉が開いて、無言の彼が入ってきた。



顔を赤黒く、瞳孔が開いている。

『おかえり』を言おうとしたが、何も言えなくなる程の恐怖を感じた。
怒り、呆れ、蔑み、哀れみ。
様々な感情が交じり合った表情。


それでも負けじと話しかけようとした私に、
彼は勢いよく近付いてきた。



『お前。。。自分が何やったかわかってんのか。。。?』

引きつった顔で、私の首をそこそこ強く絞めながら、彼は問う。
答えようにも答えられないほどの力。
暫く見つめ合っていたが、苦しくて涙が出てきた。


おもむろに私を畳の部屋へ突き飛ばすと、荷物をまとめ始めた。

『お前、今すぐ出てけ。』



頭が真っ白だった。

そりゃ、悪いのは私だ。
人の携帯勝手に見て、勝手に元カノに連絡取って、
私が仮に逆の事されたってそりゃキレると思う。

でもそんな私にしたのは誰?
貴方しか居ないようにさせたのは、紛れも無い貴方のせい。
彼女とだって、何話したか聞いたの?聞いてくれないの?
私は自分が幸せだとか自慢したわけじゃない。
むしろ謝罪して、余計なお世話だけど今後の貴方を心配して、
そして私はこの世界から消える予定だった。。。!

。。。こんなことになると思わなかった。


彼はどんどん私の荷物をまとめている。
服も、漫画も、日用品も何もかも。

これを片付けられたら、私はここに居られなくなってしまう。
必死で彼の手を止めようとしたが、何度も力強く振り払われてしまった。
まとめた荷物が入っている紙袋を、またひっくり返したりもした。
『そうゆうことするなら、いらないとみなして全部捨てるよ?』
行動でどうにかしてもダメだと思った。


片付けている彼に、私は泣いてすがった。
そして、蹴られたり跳ね飛ばされたりしても、
何度も号泣しながら土下座した。

『本当にごめんなさい!
でも詳しく聞かないで、一方的に終わらせようとしないで!!
お願いだから私の話を聞いてください!!』

みっともなくてもいい。
許されなくて良い。
大声で泣きながら話して苦情が来ても謝ればいい。
あんなに毎晩語り合った、彼ならきっと話を聞いてくれる。
ここで引き下がったら絶対後悔する。
本当に欲しい、大事な人を、努力せず自分から手放すなんて出来ない。


淡々と部屋に荷物がまとめられ、大分片付いた頃。
彼も少し冷静になったようで、私の前でしゃがみこんでくれた。
ぽつぽつと語る私を、彼は静かに怒りを蓄えた眼で真っ直ぐ見ていた。

泣くのをこらえながら、震えながら、
まず彼女と話した内容を細かく伝えた。
何だったら今すぐでも後日でも、彼女に確認してもらってもかまわないと言った。

それから、最近の自分の心境、こうなった経緯、
様々な謝罪、そしてこれから自分の悪いところを正すから、
まだ一緒に居て欲しいと懇願した。

彼は面白いくらいに冷たかった。
殆どずっと黙って聞いていた彼は、
少し笑いながら『もう無理だよ。遅すぎるよ。』と言った。

実際はもっと長々と同じやり取りのような事があって。
彼女にしてしまったことへの事の大きさを知らされ、
私の話す事に対して、解りづらい所は聞かれたりしながら進んだ。


自分の言いたい事をやっと、はっきり言えた気がした。
ずっと彼に嫌われたくなくて、言えなかった事もたくさんあったから。
吐き出してすっきりしたからとは思って無いけど、
話しながら自分の気持ちを整理しているうちに、
『あぁ、何かもうホントにこれで終わりなんだな』と悟った気がした。


彼に、合鍵を返して欲しいと言われた。
返したら全てが終わりそうで怖かった。
返しにくく渋っている私に、彼は話し始めた。

『前世とか、輪廻転生とか信じてる?』

『私は。。。信じてるよ。』

『。。。俺は信じてない。
でも、この世には縁はあると思う。
お前は自分を変えるって言った。
俺は実際、ちゃんと自分を変えた、変わった人間を見てる。
その人は自分を変えるのに5年かかった。
久しぶりに会った時、こんなにも人は変わる事が出来るのかって驚いた。
お前も本当に変わろうと思うなら、出来ると思う。
もしかしたら、変わってもすぐには会えないかもしれない。
お互い、何か他のことをしてるかもしれない。
でも、本当にお前と俺に縁があるなら、
5年先でも10年でも20年でも、いつかまた会えると思うよ。』

『そうだね。。。
こうやって、出会って、付き合ったのも理由があると思うし。
もし会えるようになって、どこにいるかわからなかったら、
探偵でも何でも自分で探して会いに行くよ。
私は、必ず、また会えるって信じてるから。』


希望をもらった気がした。
彼の本質の優しさに触れた気分だった。
人を中々信用できない私たちが、
繋がっていたからこそ、出来る話だったんじゃないだろうか。

私は、キーケースから鍵を外し、渡した。
そして、ありがとうとまた少し泣いてしまった。

その時は結構2人して落ち着いていたように思える。
彼は本棚から1冊の本をくれた。
広く大きい心を持てるように、諭すような本だった。


キッチンには、すっかり冷めてしまったハンバーグがあった。
もったいないので食べてから帰ることにした。
いつものように彼は私の隣に座っている。
私は時間と、思い出と、この今を噛み締めるように食べた。
苦しくて喉を中々通らなかったけど、
少しでも一緒に居たかった。
彼は横で私にくれた本を読みながら、簡単に解説してくれた。
ハンバーグは食べないというので、とりあえずラップをかけておいた。
いらないなら後で捨てておいてと伝えたが、
あの料理たちがどうなったのかは今でも知らない。
何で、今までこんな時間がたくさんあったのに、
私は自分から壊すようなことをしてしまったんだろう。
いつも彼はきれいに私の料理を食べてくれていたのに。



荷物は、7人乗りの彼の車の後部座席に、
いっぱいになるほどだった。
よくもまぁ、こんなに持ち込んだなwと笑われてしまった。

実家へ送ってもらう約1時間、大して会話はしなかった。
静かに、タバコを吸いながら音楽を聴いていた。
好きな曲をたくさん入れたこの車。
きっと今までこの助手席には、1番私が乗ってる、彼の車。
何だか無性に悔しくなってきて、
私の歌声が好きだと言った彼にわざと聞かせるように、けど控えめに歌った。
車に乗る度、この曲を聴く度、私を思い出してしまえばいいのに。
そうして忘れられなくなって、
いつまでもいつまでも彼の中に私が残ってしまえばいいのに。

そのうち、ラルクの『虹』が流れた。
歌詞とメロディと心情と情景と、何もかもがリンクして、
私は静かに、悟られないように涙を流した。




惜しい時ほど、流れる時間は早い。
いつの間にか、実家に着いてしまった。

降りるに。。。降りれない。
彼をまたいつ、こんな近くで見られるかわからない。
動けずに居ると、『降りないの?』と促されてしまった。

せっせと荷物を運び出し、彼だけ、車に乗り込んだ。
風は無いものの、深夜は冷え込んでいて、
もうこれからは1人で温まるしかないのだ。

『またちゃんと会えるんだから、またね!』
確信の無い『いつか』に、そういう風にしか言えなかった。
また会える『明日』はもう無い。
何も心配せず、解散するのはそれだけで幸せな事だった。
それこそ、もう遅い。
苦笑しながら彼は『じゃあね』と言って帰っていった。

私は驚いて泣いた。

やっぱりそんな彼が好きだ。



私は、メールでも会ってても、人に『バイバイ』と言われるのが嫌いだ。
1度彼に何気なく言われて、結構怒った事がある。
『バイバイ』って言われると、もう2度と会えないような、突き放された感じがする。
どうでもいいような、捨てられたような。
疎遠な人や、もう会わないような人に言われるのは大丈夫だけど、
良く会うような近しい人には言われたくないと。
だから、それから彼は私にそう言わなくなった。

今もだ。


私の気持ちに最後まで応えてくれた。


あぁもう。。。ありがとう。


すごい大事。


そうしていつまでも、私の心を乱すのが上手いんだ。ばか。









暫くは、別れた事実を受け入れるのに精一杯でした。
仕事に専念して、終わったら飲んだり遊び歩きまくって。
ヤケで体壊すんじゃないかって一部には心配されてました。
そんな私が、多分思いの外順調に、早く回復出来たのは、
きっと今の彼氏が私を受け入れ、救ってくれたからなのでしょう。

それはまた別のお話www

長文読んで下さった皆様、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。