テーマ:ブログ
2010-11-04 03:48:56

この世の限り。(後編)

※この話は後編です。前編・中編もありますので、最後にご覧下さい。




最寄り駅まで、久しぶりに歩いた。
ライターの付きが悪い。
朝の寒さが体を包む。
清々しいほどに、空は雲も無く澄んでいた。
日光は暖かく、その光はいつも私を溶かそうとする。
荒々しい運転の車、運動部と思われる学生たち。
見える範囲の人たちにも、それぞれの朝がある。
なぜ私は、自分から辛い思いをしに向かっているんだろう。

車内は空いていて、どの乗換えでも座ることが出来た。
頭とお腹が痛くて、でも頭は色々な感情を処理しようと必死に動いていた。

気が着くと、貴方の家の最寄り駅に着いた。
ここも、学生が多かった。

10~15分歩く。
またもライターはすぐに反応してくれない。
前を歩く老夫婦の仲睦まじさに、羨ましさと嫉妬を感じる。
団地はすでに、ゴミを忙しく出している人が多く居た。
しばらくすると貴方の家が見えてきて、
居るのか居ないのかも分からなかった。


部屋に入って、居ない事を知る。
少し待っても、メールをしても何も反応は無い。
仕事が終わってる時間のはずなのに。

静かで寒い、見慣れた部屋で、転がって帰りを待つ。
私が来なくなってから、あまり様子は変わっていない。
嬉しくもあり、不安も膨らんだ。
この間の記念日に渡したプレゼントが、
紙袋に入ったまま未開封のようだったから。


メールをしてから10分くらい経っただろうか。
貴方がスーパーのビニール袋を持って、帰ってきた。
遅かったのはこれが原因だったのか。
玄関から私に気付くと、何も言わずすぐに目線を外された。
荷物を置いて、外にゴミを捨てに行った様だった。
ただそれだけの行為で、私はとても怖くなる。

『戻ってきたら何を言われるのだろう』

玄関からまた戻ってきても、顔を合わせないように、
そちらに背を向けるように座り込んだ。
戻ってきた貴方に言われた最初の一言は、『おはよう』だった。
上着とバッグと帽子を外して、キッチンへ向かう。
私は小さな声でしか返せなかった。

しばらくその場から動けない私に、ご飯を食べたか聞いてきた。
前日の昼からまともに食べていなかったので、ううん、と答えると、
まともなご飯じゃないけれど、サラダを食べるか聞かれた。
作って。。。くれるのか?
『少しだけ。。。』と言う私に、やっと貴方は視線を向けた。
話し方は意外と、自然な普段の会話のテンションに近かった。


手伝おうかとも思ったけど、手際もいいので見つめているだけにした。
正直、お腹も頭もまだ痛かったから。
貴方も私を呼んだり、話しかけたりはしない。
ずっと私に背を向ける格好で、料理していた。
包丁を軽快なリズムで扱う。
その背中は久々にまじまじと見た貴方で、
こんなにもしっかりと広い背中だったか疑ってしまった。
見たこと無い暖かそうな服は、私の好みの素材で、
しがみつきたかったけど、振り払われるのが怖かった。
しばらく立って見つめていたけど、
感情が体を支えきれなくて、崩れてしまった。
貴方に見えないように、ふすまの裏に隠れた。
言葉を切り出すチャンスなのに、私は何をためらうのだろう。

見つめたり、隠れたりを繰り返していた。
多分そんな変な行動をしてる私が、視界には入っていたんだろうけど。

少しして、料理の途中に私に暖かい紅茶を出してくれた。
白いカップから漂う淡い湯気。
私の好きな、アップルティーだ。
カップを両手で支え、猫舌の自分の為に冷ます。
熱が広がる。
心まで温まる気分で、優しさに触れた気がした。

味わいながら、相変わらず会話も無く、外の景色を見つめていたら、
貴方が私の目の前に丼皿を2つ置いた。
前に2人で買いに行った、パステル調の黄緑のだった。
レタスを敷き、トマトを並べる貴方の手は近い。
一瞬存分に見つめ、この手に今まで愛されてきたことを思い出してしまった。
触れたくなってしまって、こらえる為にその場から逃げた。


何となく音が静まったので、行ってみると料理が出来ていた。
貴方は赤ワインを飲むようで、コップに注いであった。
このコップも2人で買いに行った物。お揃いの片割れ。
私に手渡しで箸をくれた。さっきの手だ。
『座らないの?』と促され、席に着く。
いつものように一緒にいただきますは言えなかった。

食べながら、ぽつぽつと他愛の無い話をする。
1人でなければ、こんなにもちゃんと飯を食えるものなのだ。
外は本当に気持ちよく晴れていて、不覚にも出かけたくなってしまった。

いつも貴方は食べ終わるのが早い。
そして落ち着いてから、椅子に座ったままベランダに体を向けて、
窓枠に足をかけてタバコをゆっくりと吸い出した。
私もまもなく食べ終わり、貴方の箱から『ちょうだい』とねだってタバコをもらった。
窓枠と貴方の体との狭い隙間を通って、
私はベランダに出て向かいあうように吸い始めた。
冷たい表情をしていた。
日差しが、背中を暖める。
ふと視線を変えると、私の右横に虫の死骸らしきものが転がっていた。
虫全般嫌いなので、怖々と顔を近付けていくと、
貴方は物音を立てて私を脅かした。
そしてしらんぷり。
何度かそれを繰り返して、貴方は笑った。
掃除してしまおうと、ティッシュをもらおうとする。
1枚だけ引き抜いて渡そうとした貴方は、また笑っている。
私をからかって、笑っているのだ。

嬉しくてたまらなくて、幸せだった。

この後、貴方は片付けまで全部してくれた。



会話は変わらず特に無かった。
お互い、何を切り出すわけでもない。

腕立てなどをしていた貴方に、聞いた。
『このプレゼント、いらないの?』
冷たく、どっちでも。別にいらないし。と言われてしまった。
さすがに悲しくてムカついて、了承を得て、私の手で開ける事にした。
そして無理やり羽織らせた。
ニットジャケット?は趣味じゃないらしい。
持ってなさそうだ。でも着たらきっと似合うのに。と思ってあげたけど、
こてんぱんに言われてしまった。
悲しくて、捨てるくらいなら売った方がいいよ、と言っておいた。
ベストも批判されてしまった。
こっちの方が使えそうだ、とは言ってたけど。

これで大して好きでも無い相手に言われていたら、きっと私は切れてるんでしょう。



風呂に入ろうと思って、その前に貴方に聞いてみた。

『私のこと、ホントに嫌いなんだよね?』
『うん。』
『そっか。。。でもさ、私が死んじゃうから、別れないんでしょ?
 死なないって判れば、スパッと切るの?』
『。。。そうだね。』
『じゃぁもし、私が別れたら死んじゃうとして、
 その状態で誰かを好きになったら、貴方は二股する事になるの?』
『何で?』
『何でって。。。こっちが聞きたいんだけど。』
『俺はもう誰の事も好きにならないし、信じない。だからそんなことにはならないんだよ。』
『そう。。。
 じゃぁ、私が他の人と会ったり、ヤったりするのはダメなの?
 それで別れる事になったりするの?』
『何で?』
『私だって人間だから、そうゆう欲はある。でも貴方は私にしてくれない。
 だったら他の人に求めるしかないじゃない。
 それに、嫌いな人間なんだから、何をしてても生きてれば別にいいんでしょ?』
『そうだね。好きにしなよ。』

こんな感じだった気がする。


一緒にお風呂に入っている間も、特に会話は無かった。
ああ、都合がいいから俺がいいんだろみたいなこと聞かれた気がするけど、
条件だとかもっといい人はこの世にたくさんいると。
それだけが欲しくて付き合うなら、別に貴方じゃなくていいけど、
そうじゃないから、好きで一緒に居るんだよ。と言った気がする。


結局まともな話し合いだとか言い合いなんかすることも無く、
そのまま寝ることになってしまった。

寝てから少し経って、貴方と少しやらしい事をしたのは、
私が浮気をほのめかしたから、というのは考え過ぎなのだろうか。
少なくとも嫌いな人間と、こんなことしない。
そこでもそう思ってしまった私は、相変わらずバカだと思うことにした。



今、きっと彼は仕事に追い込まれていて、壊れ始めている。
そうだとしたら救ってあげたいけど、
表面上でわかったような事は言ってあげたくない。
私が力になれることは無いのかな。
居なくなることが、一番いいことなのかな?

ただ、今日の貴方を見ていると、
辛くても甘えられなくて、苦しい感じもあった気がする。
今、私が必要無いだけで、この後はわからない。
人間だから、どんなに人を嫌いになっても寂しく感じたり、
誰かを好きになってしまったりするんだ。
そう、それならきっと、貴方は私を好きにすらならなかったはずだから。

ふらふら気持ちが安定しなくて、
時に流されてしまう少し前の貴方を知っているから、
私は完全に嫌われたと納得出来ないんだ。

今冷たくされても、とても傷付いて絶望してしまうけど。

私は簡単に居なくなったりしちゃいけない。
やっと見つけた貴方を、大事にしたい。

よく知り合いに、何でそんなに冷たくされて耐えられるんだ、とか、
私だったら無理とか、何考えてるかわからないとか言われるけど、
自分でも不思議なくらいなんだよ。
きっと今までの人たちに同じ事されたら、
さっさと別な所に行ってるんだと思う。

私は蝶だから。

そして、貴方は薔薇だ。

蝶が花に惹かれるなんて、当然じゃないか。


出来る事なら、貴方と手を繋ぎたい。
笑いあって、触れ合って、交わって。
産むなら貴方の子供がいい。

存分に私に甘えてくれたらいいのに。
もう一度言う。
私は簡単に貴方を見捨てたりはしない。

もう好きになったり、愛することが出来ないなら、
昔の好きで居てくれた貴方を思い出します。
今は私の目の前に居てくれれば、それだけで幸せだから。

思い込みが激しい性格だから、また間違って解釈してそうで怖いんだけどさ。

私の知ってる限りの貴方なら、こうなんじゃないかって思ったんだ。


私はずっと、貴方が好きなんだよ。きっと。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2010-11-04 03:44:04

この世の限り。(中編)

※この話は中編です。前編を読んでからご覧下さい。




別れると私が死んでしまうから、別れない。
(今、私に恋愛感情は無い)
要するに、私が『別れても死なない』と分かれば、高確率で別れるかも知れない。
しかし貴方は、私に別れや(死を考えてしまうような)不安を与える『嫌い』と言う言葉を告げた。
『別れても死なない』確認すらしていないにも関わらず、
容易に想像出来る私の考えを無視して気持ちを伝えた。
本当に死なれても困ると思っているなら、そんな発言出来もしないはずだ。

むしろ、私から離れていく事は無いと解っているんじゃないか?
だからそんな事言えるんじゃないか?


付き合い始めに、軽々しい気持ちで『死にたい』と言った私を、
胸倉を掴んで貴方は本気で怒った。
そして私は、元カノが幾度と無く同じような事をしているのも知っていた。
それに苦しんで、心配していた貴方も見ていた。
同じような思いをさせて、貴方の顔を、頭を歪ませたくない。
私が居る事で、笑ってくれたらいいのに。
安心して、眠る事が出来ればいいのに、と願っていた。

私が居る事で、貴方の世界を少しでも彩る事が出来たら、と。

幸せに浸って、それを見失っていたのは私だ。

あの日、本気で死にたいとは思った。
言ってはいけない事だとわかっていながら、
それでもなお、思ってしまうくらい辛くて、
追い詰められてる事を分かって欲しかった。
でも貴方の気持ちを聞く前に、気持ちを伝える前に、死ねなかった。
そして、帰ってきた貴方を見て、話して、
自分の都合が大半だけど、やっぱりまだ一緒に居たいと思ってしまったんだ。

駅まで送ってくれた車の中で私の頭を撫でてくれた手は、
魔法使いの手に一瞬戻ったかと錯覚する程優しかった。
もう2度と会えない、あの魔法使い。
あれは貴方が姫にくれた、愛の一部だ。
頑張って、作り出してくれた、具現化された愛だ。


色々考えたいこんな時に限って、私の頭は拒否反応を起こす。
普段は思い出したい事すら出てこなかったり、曖昧なくせに、
断片ながらもはっきりと映像付きで思い出す貴方との時間。

一緒に料理を作ったり、その最中に抱きしめられたり、
フライパンを振る貴方の横に居る私や、そこでキスしたこと。
明け方、車の中でボーっとしながら、想いや考えについて語り合ったこと。
運転中に手を繋ぎながら、照れあってデートしたこと。
2人で見た、境界線の無い夜の海や、
赤レンガ付近で散歩しながら見つめた風景と貴方。
寝る時間を犠牲にしてまでエヴァを全編一緒に見たり、
付き合ってる事を悟られないように、
店員と客の距離感のまま、うちの店に遊びに来てくれたり。
幾度と無く、私を迎えに来てくれたり、送ってくれたこと。
一緒にいくつかのショッピングモールにも行った。
コールドストーンアイスを食べたり、貴方の好きなコーヒーを飲んだりね。
車のHDDには、私が乗るようになってから曲も大分増えた。
貴方が車を買ってから、一番助手席に乗っているのは、きっと私なんだろう。
甘いものやチョコが嫌いな貴方が、ロールちゃんを教えてくれたね。
指輪も、ネックレスも、タバコもお揃い。
2本並んだ色違いの歯ブラシは、今2代目だ。
貴方に愛された時間の、天井と部屋の明るさと、貴方の表情。
眩しくて頭がおかしく成る程、毎日幸せを感じていた。

そして何より、スリーピングビューティーな寝顔と、微笑みが頭を埋め尽くす。

それらは過去で、今で。
思い返して、随分貴方の無理の上で成り立っていた事だと改めて気付いた。
綺麗に見えるものが多いのも、きっとそのせいだ。



そんな貴方は、今矛盾しているように思える。
電話で『好きでも嫌いだとしても、知ってる人間が死ぬのは気分が良くない』と言っていた。
おかしいのかも知れないけど、私はそうは思わない。
元は仲が良かった(ようにしていた?)友達を、今は嫌いになっているけど、
関わった時間がそれなりにあっても、私は今彼女らが死んだと聞いても何も感じないだろう。
だって嫌いなんだから。関心のない相手だから。
嫌いだと思っていなくても、
極端な話、よく見かけていた芸能人が死んだというニュースが流れても、
事実を知ってぐちゃぐちゃに泣いたりはしないだろう。

つまり、私の感情だけで言うなら、
気分が良くない=嫌いではないという事になるのだ。


しかも、嫌いならもっと酷い対応だって出来る。
電話だって自分でわざわざかけ直してくる必要も無い。
自分から電話を切ったのなら、
その後すぐにかけ直した私からの電話も、無視して出る必要は無い。

その電話で私は、『次会えるのがいつなのかわかったら教えて欲しい』と言った。
すると『わからない』と言われた。
不安になって『もう会えないの?』と聞くと、
『部屋に荷物あるから、取りに来るでしょ?』と貴方は答えた。
必要最低限の行動時でないと、会えないところまで来たようだ。

私は彼の家の合鍵を持っている。
部屋に置いてある私の荷物も、たくさんある。
でも、本当に嫌いなら、私の実家を知っている彼なら勝手に返しに来る事だって出来る。
他にも、荷物を送ってしまう事だって出来る。
住所は知っているかは忘れてしまったけど、知らなければ私に聞けばいい。
荷物をまとめるという手間があるから、それをしないのかもしれないけど、
手段は色々あるものだ。

他にも判断しかねることがしばしばある。
都合良く捉えてるだけかも知れないけど、
どうしても、私のことを嫌いになったと思えないのだ。


よなりーと話して行き着いた結論は、
私を無視して、自分の事しか考えていないということ。
そして、まだ気持ちが不安定で、
私を本当に嫌いかわからないということだった。

部屋を出る気配の最後の最後で、
ただ静かに考えて泣いてしまった。
目の前で壊れなくて良かったとも思えた。


外は思いの外寒くて、冷えた車内でタバコを吸いながら、実家に送ってもらった。
こんなに友達に身勝手に甘えたのは初めてかもしれない。
一緒に居てくれた事に感謝し、申し訳なさも感じ、
弱さを判れる関係を嬉しく思えた。
似た感覚を持てる相手はそうは居ない。

最後まで心配してくれた。
この日、会えて本当に良かった。




家に着くと、弟が居た。
少し会話をすると、食事もしていないようだった。
本来なら私が用意しなければいけなかったけど、
自分で適当に食べてくれるというので甘えてしまった。
ブラコンだと感じる時もあるけれど、
根が優しい弟に、私の姉弟として存在することを感謝している。

個々の時間が流れる。
夜勤の貴方が家に着く前に、私は居ようと思った。
朝早くの電車に乗らなくちゃ。
携帯で調べておく。
大分早めに来ておいて、食事の支度でもしておこうか。
いや、そんな気力無いんだ。
第一、私が作った料理なんか、もう食べてくれないかも知れないのだから。

わざと、いつもの時間を過ごそうとする。
漫画を数冊読んで、携帯のアラームをかけて寝た。
願わくば、悪夢を見ないで済むようにと。



4時間程経っただろうか。一応目を覚ました。
結局寝たようであまり寝ていない。
夢こそ見ていないものの、何度かぼんやりと起きてしまったから。

『行ければいい』というスタンスで、格好も気にせず支度した。
弟はまだ寝ていて、物音で起こさないように気遣ってみた。
頭がぼやけている。
全部、嘘だったらいいのに。



後編に続く。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:夜更かし。
2010-11-04 03:37:21

この世の限り。(前編)

2010年 11月3日。

今日は、貴方に『嫌い』と言われた次の日です。



この間家を出て行く時にキスを拒まれ、
私に見せた作った笑顔を不安に感じた。
嫌な予感は当たるものだ。
もっと早く気付くべきだったんだ。


その日、新都心のホームで、私は激しい動悸に襲われた。
翌日会いに行こうとした私に、勘弁して欲しいと切り出す。
他人行儀に面倒臭そうに話す貴方に、はっきりと言われた。
別れると私が死んでしまうから別れない。
死ぬ時に遺書を書こうとしたから、そこに貴方の事を書かれたり、
関わっていた事実から、仕事に支障を与えて欲しくない。
誰も今、好きな人なんか居ない。
そして私が嫌いになった。
あの日、本当に気持ちが離れた、と。

仕事場に着くからと言われ、電話を切った。
別れない、別れ話だった。



すぐによなりーに電話をして、助けを請う。
会う事になった。

電車はすぐ来る。
3つドアのラインの前に立ち、線路を眺める。
砂利の上に冷たそうに這っていた。
その周りに雑草が、点々と生えている。
『ここに飛び込んだら痛いんだろうな。。。』
そう思った瞬間、電車が左から入ってきた。
本気で死のうとしたわけではないが、吸い込まれそうになったのは事実。
頭が麻痺して、そこに居る実感も、現実に居る実感も無かった。

大半がスーツ姿の男性が居る車内は、
ラッシュ時手前ということもあり、少し混んでいた。
携帯を見つめ、よなりーに着時間の連絡をした。
それから、貴方にメールをした。(原文まま)

『出勤前の忙しい時間にごめんなさい。


早くはっきり言ってくれれば良かったのに。。。


私は、あなたに笑ってて欲しかった。


そんなあなたのそばに居たいと思った。


私を永らえさせる為に別れないとするなら、ずっと別れないってことになるよ。


私は、どんなことがあってもあなたを見捨てたりしない。

あなたを看取るのは、私だから。


嫌いな人間をも利用するのがあなたなら、もっと私を使ったらどうですか?


一方的なことばかりだけど。。。

こんな話、機械でするもんじゃない。



明日、悪いけど多分行きます。

ちゃんと会ってください。

お願いします。』


くらくらした頭で、意識を保つのに精一杯だった。
吊り革が、私の全てを支えてるような気分だ。
考える→泣く→こらえる。
繰り返していたら、待ち合わせの地元の駅に着いた。



よなりーはまだ来ていなかった。
しかし、急に呼び出したのに、すぐに駆けつけてくれるなんて本当にありがたい。

階段近くの柱に寄りかかって、ロータリーを見つめていた。

連絡が来て、まもなく落ち合う。
力無く歩いて、車に乗り込んだ。
『どうしよう。。。嫌いって言われた。。。』
来てくれてありがとう。
そう告げる前に、気持ちを吐き出してしまった。
こらえていた涙が少し滲んだ。
同時に、崩れるように抱きついてしまった。
心配そうな声で語りかけながら、私を抱きとめてくれた。

ロータリーに車を停めたまま、私はその場で話し始めた。
自分を責める言い方も、貴方を責める言い方もした。
訳がわからない、という結論も出た。

そして、私の世界が終わる予感と、昔の自分に戻る気がした。

一通り話していたら、少し落ち着いて、
人様の迷惑になる(往来のある所)ということに気付いた。
移動しよう、と提案すると、カラオケに連れて行ってくれた。
個室だし、泣いても大丈夫だからって。



この間、ハロウィンパーティーしたシダックス。
偶然にもその時と同じ部屋に案内された。

フロントでの作った(表向けの)私を解除して、また語り始めた。
よなりーと一緒に話しているうちに、わからなくなってきた。
タバコの煙が漂う部屋で、複雑な想いを整理しようとした。
隣から、HIPHOPのビートが洩れる。


中編に続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。