2006-06-19 00:08:10

外すということ。

テーマ:ブログ
日曜の昼過ぎのガスト。
家族連れでにぎわう店内で、彼があの指輪を外してこう言った。
『もうお前とは一緒に居られない』
その目があまりにも真っ直ぐに私を見つめるから、
すごくドキッとして血の気が引いた。
テーブルの上で、見慣れたペアリングの片割れが冷たく輝いてた。
…私は家を出る前に、今度ある男性に会うと伝えたばかりだった。
いくら彼に『会う時は教えろ』と言われたからって、
やっぱバカ正直に話すんじゃなかったって後悔した。
思わず頭をかかえて、しばらくうつむいてしまった。

前回の記事を書いてからずっと、私はバイトに行っていない。
実家にも『帰った』と言える程帰ってなくて、
ずっと彼の家に引きこもっている。
別に監禁されている訳じゃないけど、
バレてからしばらくは彼がかなり不安定だったのだ。
そうさせたのは私のせい。
責任を感じて…とか変な意味だけじゃなくて、
そばに居てあげた方がいいと思った。
どう不安定だったかというと、
仕事中なのに彼から電話やらメールがたくさん来た。
私と長く居る為に、なるべく早く帰ってきて一緒にご飯を作ったり、
久々に日曜休みを取ったかと思えばどこか行こうと言われて、
那須へドライブデートしてきたりして。
一緒に居る時はすごく甘えてきた。
私も愛しく感じて、なるべく受け止めるようにした。
何も無い時にまで、彼に不安を与えちゃダメだと思った。
でもごくたまに、彼はすごく悲しそうな目で私を見つめた。
ただただ黙って。
少し変だな?と思って彼の方を向くと、涙を流している事もあった。
そんな日は、しっかり抱きついて寝た。
最近はもうそんな事も無くて、結構今までに近い状態で過ごしている。
(彼もまたメル友居るみたいだし)
でも今度は私が精神的にしんどくて、今は何もする気になれない。
逆に彼に気を使わせてるんじゃないかな。
そんなに落ちてるのに、私はまた男に会いに行く。…バカだ。
そんな私とやっていけないと思う彼は、間違ってない。
でもここで男にも興味無くなったら、
それこそ私は本当に終わりなんじゃないかと思う(苦笑)
きっと、好きだから会いたいって気持ちすら失せたら、
今度会う人にしろ彼氏にしろ、私は一緒にいる権利もないんだろう。
私が私を保っていける唯一不変の方法は、男を好きでいる事だと思う。
だから…大切にしないと。

うつむいたままの私の頭を撫でて『嘘だよー』と彼は言った。
『やっぱり』とは思ったけど、すごくほっとしたのは事実。
今まで何度か私も同じような手で彼を驚かしてたけど、
このタイミングでいざ自分がやられると、思いの外しんどかった。
でも彼はきっと、もっと怖い思いをしてきたのかな…なんて思ったり。
こんなんじゃ心臓に悪そうだな…お互い。

ついさっき、私たちは付き合って3年半になった。
と同時に、会う男性の誕生日でもある。
どちらも素直に祝いたいな…。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。