心斎橋コムロ美容外科 院長 池内秀行のブログ

”痛みを極力抑えた安心できる施術”は麻酔科医ならではの心掛けです。
カウンセリングから施術、アフターケアまで全てお任せ下さい。


テーマ:

皆さん、こんにちは。

 

仕事が忙しく投稿の間隔があいてしまいましたが、

いくつか興味深い症例が集まりましたのでご紹介します。

 

今回ご紹介する症例は、30代男性の顎の骨切り症例です。

過去に受け口改善目的のセットバック手術をされていましたが、

保険診療の適応でない下顎骨の骨切りはされていませんでした。

 

患者様は、受け口は改善したものの顎の長さと、

おとがいの突出が気になり当院に来院されました。

 

外観上セットバック手術だけを先に行ったせいか、

おとがいの突出、いわゆるしゃくれが強く見え、

決してお顔が小さいわけではないのに、

下顎骨の長さが目立ちました。

 

【骨切り手術前 正面】

 

【骨切り手術前 左横】

 

【骨切り手術前 右横】

 

レントゲンでは、上下方向の切除幅は約1cm

それに加えEラインを考慮して、

おとがい前面の骨削りを行うことにしました。 

一度、顎にメスが入っていること、

出血や骨が硬いせいで手間取る可能性も考慮しましたが、

幸いにも出血も通常範囲内に収まり、

オトガイ神経を損傷することなく手術を終えることができました。

腫脹予防のために翌日までドレーンを留置しています。

 

取り出した骨片はやや、右側が大きいですが、

サージカルモーターを使用し、

左側を追加でトリミングし左右差を無くしています。

 

右側 最大 10mm

 

左側 最大  9mm

 

先端部     7mm

 

他院にて、すでに下顎骨にメスが入っていても、

手術後ある程度年数が経過し、

美容的に見て下顎骨が大きければ、

顎骨切りの適応があります。

 

お悩みの方はぜひご相談ください。

次回は、他院での顎骨切り後修正を行った症例をご紹介します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

心斎橋コムロ美容外科 院長 池内秀行さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。