心斎橋コムロ美容外科 院長 池内秀行のブログ

”痛みを極力抑えた安心できる施術”は麻酔科医ならではの心掛けです。
カウンセリングから施術、アフターケアまで全てお任せ下さい。


テーマ:


皆さん、こんにちは。

 

今回は、埋没法、マイクロカット法(埋没法+脱脂)の

ダウンタイムについてお話をします。

 

皆さんが手術を受けられる際によく聞かれるのが腫れや、

内出血などのダウンタイムの期間です。

お仕事を休めない方が増えてきたのか、昔と比べて埋没法や、

マイクロカット法を選択される方が増えてきました。

 

ただし、埋没法であっても、腫れてしまうことを避けることはできません。

症例写真を目にすることは多いと思いますが、

手術後一か月以上たっているものが多く、

直後の写真をホームページ等で見ることはあまりないと思います。

 

そこで最近手術された方の術後経過をご紹介します。

1.埋没法(4点固定) 

患者様本人の希望により狭め平行型にてデザインしています。

二重幅は8mm程度内出血することなくおわりました。

平行型は腫れの影響を受けやすいのですが、

今症例の腫れは、やや少ない目です。

 

2.マイクロカット法(埋没法+脱脂)

患者様希望の平行型で行っています。

内出血は軽度で済み、眼窩脂肪が平均の3倍くらいの量が摘出できました。

脱脂量が多いということは、むくみやすい体質なため、

埋没法と比べると腫れは強くなっています。

 

しかし、脱脂したおかげで開眼幅が広がっているため、

本人はあまり気にされていませんでした。

マイクロカット法術後としては、あまり腫れていないほうですね。

 

埋没法やマイクロカット法は手術直後から腫れ始めます。

埋没糸がリンパの流れをブロックしてしまうため、

二重のライン周囲にむくみを生じるためです。

 

自分でできる腫れを少なくする方法とは、

瞼を適度にクーリングし、新たな出血をさせないようにすること、

リンパの流れが良くなるようなアルコールや入浴を手術当日は避けるようにしてください。

 

最近は、ダウンタイムが長い手術は好まれない傾向にあり、

切開法よりも埋没法を選ばれることが多くなっています。

しかし埋没法でも、出血させてしまったり、

埋没糸を強く縛りすぎると腫れが数倍にもなります。

 

できるだけダウンタイムが短くなるよう、

腫れてしまう患者様が少なくなるよう、

まだまだ技術を向上させる必要があると考えています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

心斎橋コムロ美容外科 院長 池内秀行さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。