【相模原市】おうちサロン☆コモレビ

相模原市緑区・相模湖のそばにある「おうちサロン☆コモレビ」です。
ヒーリングセッション・パステルアート講座・フラワーエッセンスなどから、あなたの心に優しく寄り添い、あなたの心を応援します♡

この写真の樹は、我が家の前に在る「しだれ桜」の樹です。


この樹の葉や枝の間から零れ落ちるコモレビのように、温かく穏やかでありながらも、とてもパワフルな光をお届けしたいというのが私の願いであり、当サロンの名前の由来でもあります。



いつも、あなたは守られています。

いつもありがとうございますキラキラ

















テーマ:

こんばんはウインク

 

昨日はバレンタインデーでしたねドキドキ

 

私は昨日の朝、家を出る前に旦那ちゃんにチョコを渡しました。

うちの旦那ちゃんは白いチョコが好きなので、白づくしにしましたよ。

 

昨日、職場でランチタイムの時、既婚者の方が未婚の若者に「結婚は3年目までは実体が見えなくて楽しいけど、あとはだんだんいろんなことが見えてくるから、遠距離婚がいいよね~。」みたいなことをおっしゃっていました。

 

私はニコニコしながら黙って聞いていましたが、心の中では「えええ!3年!長っ!」と思っていました。

私の場合は、三か月ぐらいでもう疑問符がいっぱいでしたから(笑)

 

そして、ず~~~っと思ってました。

「どうして私はこの人と結婚したんだろう…。どうして?どうして?」

 

おかげで、その疑問の答えを得るための怒涛の10年がどど~ん!と私には押し寄せたのですが…。

つまり実にたくさんのハードでタフな出来事が起きたのです。

 

本当につらい日々でした。

でも何故か結婚を解消するという発想にはなりませんでした。

なぜなら、私たち家族で何かをやり遂げる…という漠然とした思いがどんな時も私の頭の中にあったからです。

 

今は逆に、私がなぜ旦那ちゃんと結婚したのか?の答えがはっきりわかっているので、私の心は平安ですね。

ツンデレなので、素直に甘えられないところもありますが、でもそんな私だってことを旦那ちゃんは理解してくれているので安心です。

 

私と旦那ちゃんのことについての詳細は、いずれ「わたしの歩む道」シリーズでお伝えしようと考えています。

 

さあて!

長い前置きが終わったところで、今週のワークです。

 

今週のワークは、鏡に映る自分に向かって「いつもありがとう♡」と言うこと。

そしてできる方は、「いつもありがとう♡」と言いながら、ご自身の頭をなでなでしてあげることも付け加えてみましょう。

この言葉と行動は、あなたにとってのバレンタインチョコすなわち愛なのです。

毎日1回はできるといいですね。

 

 

それではまた爆  笑

 

おやすみなさいキラキラ

いつもありがとうございます音譜

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは照れ

 

昨日は久しぶりのパステルアート教室でした。

小学生30名以上を対象にした教室となり、とても楽しいひとときを過ごすことができました。(例によって写真を撮るの忘れました…。)

 

私、自分でパステルアートを描くのも好きですが、教室を開いて皆さんに描いてもらうのがかなり好きです。

対象がお子様だと尚更テンション上がりますね。

 

なぜなら、私自身では決して創造できないような作品がたくさん生まれるから。

私自身もたいぶいろんな枠が取れてきて、型にはまらない作品を描けるようになってきましたが、お子様のそれとは比べものにはなりません。

 

「そうきたか!!!」と驚かされる作品に出会うと、本当にわくわくします。

 

それこそ、その時のお子さん一人ひとりのありのままを垣間見ることができるのです。

 

つらいことを抱えていそうな絵を描くお子さんもいれば、優しい雰囲気がにじみでている絵を描くお子さんもいます。

 

でも、どんな絵も素晴らしい。

今その時のお子さん自身が表現されていて尊いのです。

 

決まりきった価値観やルール、固定された枠組みをちょっと横に置いて、何のフィルターもかけないで子どもたちを見ると、それはそれは素晴らしい可能性を感じることができます。

 
在りのままの子どもたちって、それはそれはパワフルで、それでいて平安で、尚且つすべてをちゃんと委ねているんですよウインク

 

 
それではまた音譜音譜
いつもありがとうございますドキドキ
 
おやすみなさい爆  笑

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は長女や次女に望ましい生活習慣が身に付くようにかなり徹底して子育てをしてきました。

 

早寝早起きをする、和食中心のバランスのとれた食事を摂る、スナック菓子やファーストフードを避ける、ゲームは買わない、テレビの視聴時間を制限する、疲れて風邪をひいては困るのでお友達のところに遊びに行く回数は少なめにする…などなど。

 

私の考えは絶対でした。私の方針を主人、義父母にも伝え、何人たりともそれを破ることは許さないという姿勢を私は崩しませんでした。

 

そして実際、家族はその方針に沿うよう努力をしてくれ、娘達も私が考える望ましい生活習慣のもと、日々を過ごしていました。

 

しかし、長女が学校に行かなくなってから、いえ、学校に行かなくなる数か月前からだったかもしれません。この生活習慣が徐々に徐々に崩れていったのです。

 

夜はいつも通りベッドに入るのですが、きっと眠れなかったのでしょう。

朝いつもの時間に起きることが難しくなっていました。

 

食事も好き嫌いなくなんでも食べ、和食やお野菜が大好きだった長女なのに(私はそれがとても誇りでした。)、だんだん和食やお野菜を嫌がるようになってきたのです。

 

こんなことでは、長女は不健康になってしまう!

 

しかし前回のお話で記したように、私が長女の健康のために手を尽くせば尽くすほど、彼女はパニックを起こすようになり、私はどうすればいいのか全くわからなくなっていました。

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)