こもれびの風に吹かれて。。

群馬県にある株式会社こもれび代表のつぶやきブログです。

晴れ介護運営理念


 住まいと介護を通じて安心だけでなく笑顔と感動のある暮らしのお手伝い


星福祉運営理念


 人の育成を事業領域とし強さと優しさが循環する社会の実現を目指しますて ありがとう



テーマ:

経営者が自社の将来の姿、つまり方向性を示していないことが、会社のお先真っ暗の原因。「トンネルの先の光」を示してこそ人はトンネルの中を進んでいける。

方向性が示せなければリーダーとしての資格はないし、まして社長になる資格などもない。

 

という厳しい一文。何度も読み返していますが、年々心に刺さる痛みが大きくなってきています。

 

トンネルの先の光・・5年先こんなこともやって、こんな風になって、だから今はこれをこれだけやる。と数字や事業計画を具体的に語れればいいのですが、現実はつい抽象的な表現、変わる、変える、頑張る、幸せにする、羽ばたこう!となってしまいがちです。

 

ところが強制的に5年間の数字目標を経営計画書として作成・・という数字との格闘を行うと、今のままでは到底実現できないという事実に愕然とします。

「トンネルの先の光探し」これも経営者の大切な仕事の一つ、今の現業ももちろん大切、しかし5年後のための種まきは経営者だけの今の仕事です。

 

事業を育てるには3年、5年と時間も必要、そのうちと思っているとたちまち年月が過ぎ去っていきます。また、チャンスの神様は前髪しかないの言葉とおり、そのタイミングを逃してしまうと、2度と着手できないかもしれません。もし後ろ髪フサフサでチャンスの神様じゃなかったら・・「すみません、人違いでした。」と謝るσ(^_^;)

「全て整うまでしない!」とわざわざ決定しなくても、できることしかできないので、もし着手できたとしたらスタート程度は整っている証拠、そこから足りないものを追加していくだけです。

雨が降ってからあわてて傘を買いに行くのではなく、晴れの日にたくさん買っておく。

魚が移動してきてから釣り道具を買いに行くのではなく、その前に網をはっておく。

 

日頃から少し早めの準備を整える習慣を身につけたいものです。いつもギリギリにならないとやらなくても今まで何とかなってきた強運に感謝し、これからは早めの準備を心がけます。

 

いよいよ来期の方針つくりに入ります。

 

スポーツきっずアカデミア

 

株式会社こもれび

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リーダー研修を3日連続で行っています。創業当初はコンセプトつくりやエンパワーメント、ドラッカーなど、リーダーとはこうあるべきという内容でした。

今は極力簡単に、そして同じことの繰り返し、例えばプラス受信の3原則をやった10分後に同じ質問をしても答えられる確立はとても低いのが現実。でもそれが普通(´∀`)、それでいいんです。

 

何度も何度も同じことを繰り返し、また社長が同じことを言っていると言われるのが正解。

外に出かけたり、講師を呼んだりしても、覚えていない、理解しない、忘れる、やらない、それも正解。

 

つい難しいことをやりたくなるのですが、会社が成長するには成長にあった栄養が一番。多くの場合レベル以上のことをやって消化不良をおこして終了。(ただし、一時的モチベーションをあげるには効果あり)

そもそも社長のレベルに合わせて、ありがたいメンバーが集まっているのが小さな会社のいいところ。まずは地道な基礎を徹底的に学ぶことです。

 

そんなことじゃ会社は成長しない!会社や社員さんの未来がない!と言われますが、会社の成長は数字で計画を立てるだけです。5年後に倍、毎年115%・・すると、適正な利益を確保するには、どれだけ売上を伸ばすのか、新規事業をはじめるのか、また、そのためには人件費や販促費がどれだけ必要か等・・

 

結果、経営者自身がまだまだあらゆる分野で未熟なことに気づき、何をやるかが見えてきます。そして、やることは意外と地道なことばかり、その中で立場によって何を共有して欲しいかも決まってきます。

 

涙するような感動や、よっしゃ~やるそ~とモチベーションの上がる勉強ではなく、また同じ!もうわかったからいいよ!と言われたら社内勉強会は成功!

 

話す方はまた同じでも、聞く方は初めてか、良くても聞いたことがある程度。

地道にコツコツを繰り返すことで、少しずつ積み重ねていくことが一番大切で、一番根気の要ることかもしれません。

 

そして リーダー研修に参加してくれるだけで感謝!

寝てしまうかどうかは話す側の責任!

・・ですね(笑)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、聞きに来れば儲かる方法教えるよ。という案内がFbやメールに登場します。それ自体がすでにその儲かる方法であり、出かけていく我々がお客様なのかなと思うと同時に・・

 

本当にそんな方法があったら親友ならまだしも、見ず知らずの人に安易なSNS経由では絶対に教えません。(もしかすると世界中にひとりくらいは殊勝な方もいるかもしれませんが・・)

不思議なホームページにアクセスさせたり、場合によってはこのラインから・・なんて来る時代。

世の中うまい話はあるかもしれませんが、一般に知られる頃にはすでに遅いものです。これを、聞きに来れば、購入すれば、預ければ、という3レバでお金が増える確率は限りなくゼロ

高額出資であれば「〜被害者の会」にすでに入会したようなもの(^_^;)

 

誰とでもつながりやすい世の中、それは素晴らしいことです。しかし、実体あるビジネスに関してはフェイスtoフェイスが原則。また海外の著名人の妹とされる方から友達申請が来たり(スペル1文字違いで)、アイドルのような方から来たりもしますが、明らかに別の意図が感じられるものも要確認。

 

・・以上、自戒の意味を込めて(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)