テーマ:
お疲れ様です。

明日は戸塚区内前田ハイツの夏祭りに

お邪魔して

防災グッズを取り扱う

株式会社シーエスワン様とともに

防災グッズの展示と少し販売を

させていただきます!

午後2時から8時まで

私もずっとおりますので、

お近くの方はぜひいらしてください。

よろしくお願いいたします!
AD

HKカフェ

テーマ:
お疲れ様です。

今日、防災グッズの展示イベントの

打ち合わせで、

東戸塚のHKカフェに初めて行きました。

こちらは前横浜市議の足立さんのお店

ということで、

早速挨拶させていただき、

名刺交換させていただきました。





美味しいカレーを

ありがとうございますー。



AD

熱中症対策リフォーム

テーマ:
ごぶさたしております。

北海道で大きな地震があったり、

九州で大雨となったりと、

慌ただしいですね。

土砂災害の季節にもなりますので、

くれぐれもお気をつけください。


そして、今年も暑くなります。

今まで以上かもしれません。

ということで今年もリフォームの仕事では

熱中症対策リフォーム

を推進していきたいと思います。

キーワードは色々とありますが、

約40%の熱中症が住宅内で発生し

熱の流入の約70%が開口部からです。

その他は屋根、換気、外壁、床からも

流入します。

エアコン、扇風機を活用し、

その効果を最大限にするために

窓等の開口部対策

遮熱ガラス、アウターシェード

遮光カーテン、すだれ、よしず

庇ひさしの造作

居間リビング対策

寝室就寝中対策

キッチン対策

換気扇をレンジフードに

ガスコンロをIHに

タイル張り

熱交換型換気

雨水貯留タンクの活用

等々

個々の住宅にあった対策をご提案します

ので、ぜひご連絡ください。

講演後から

テーマ:

お疲れ様です。

先日2回の講演をしてから

色々とご連絡をいただいたり

打ち合わせをしたりと

ありがたいことに

忙しくしております。

ありがとうございます。



写真は支援物資の要望のピークと

実際に届くピークのずれを

手で表しています。。。


現在ホームページも新しくしようと

お願いしております。

私が作った今のものより

格段に良くなると思いますので、

とても楽しみです。

ちゃんと手伝わなくては。


暑くなってきました。

今後は

猛暑対策

台風対策

水害対策

土砂災害対策

の季節にもなります。

6月も頑張りましょう。

サミット

テーマ:
お疲れ様です。

明日から伊勢志摩サミットですね。

私が最後に行ったサミットは

2008年の洞爺湖サミットに

関東管区機動隊として行きました。



写真は阿蘇山です。


その年は秋田県で植樹祭があり、

陸路秋田県に向かった後、

フェリーで北海道に入り、

帰りもずっとフェリーでした。


大型免許を持っているので、

検問用の投光車を運転して行って

車道を照らしていたのを覚えています。

カブトとクワガタが大量に

光めがけて押し寄せていました。

空港周辺の警戒のため、

何もない山林や原野に入り込んだことも

いい思い出です。


相当厳重な警備が行われていると

思いますが、皆様ぜひご協力を。

講演

テーマ:
お疲れ様です。

本日は講演を2件させていただき、

その後打ち上げもそれぞれ行かせていただきました。

午前9時30分から10時30分過ぎまで

戸塚区役所で話し、




その後近くのフレンズ戸塚に移動し、

11時ころから11時40分ころまで

話しました。

非常に移動が慌ただしくて、

レコード大賞から紅白へ移動するのも

大変だなと思いました。


事前に面白い原稿をたくさん書きましたが

ほぼ熊本地震の話で時間を

使ってしまいました。が、

主に走行データの活用や

物資の支援方法の話ができたので

楽しかったです。


ご協力いただいた皆様本当に

ありがとうございました。

協力企業の皆様

事前準備へのご協力

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

交通事故 レスポンスタイム

テーマ:
お疲れ様です。

最近ニュース等でも大きな交通事故の

報道が多い気がします。

今朝も仕事に行こうと歩き出した途端に

前方の対向車線を走行していた車が

ガードレールに衝突しました。

かなり大きい、ドンッという音がしたので

気付きました。

何人か通行人の方も心配そうに見ていました。

近付くと運転手の方が痛そうにしてたので

ドアを開けて、状況を確認して

110番通報をしながら

通行人の方に119番通報を頼みました。

重傷ではなさそうに見えましたが、

とにかく動かないで救急車を待つように

伝えました。

「エアバッグが開かなくて」

と言ってました。

上半身や足を強打したようでした。

救急隊とその後警察官に引き継ぎました。

救急車はわりと早かったのですが、

警察官がちょっと時間がかかったので、

レスポンスタイムがもう少し早いといいなと思います。

が、救急車は常に緊急で来ますからね。

警察官時代もパトカーに乗ってましたので

レスポンスタイムにはわりと

気を使っていましたが、

通報者になると長く感じるものです。

暑くなりだして疲れもたまりますので、

くれぐれも交通事故には

お気をつけください。

物資の調達から配送

テーマ:

お疲れ様です。

今回の熊本地震も特にそうですが、

発災直後の物資の支援について

よく考えます。

IMG_20160423_182021541.jpg

公的機関や規模の大きな支援団体では、

普段からストックしてある大量の支援物資を

自らの配送手段で被災地に運んだりすると思います。

私のような小さな組織や個人ではどうするのがいいでしょうか。

支援物資については、当たり前ですが、

必要な物を必要な時に届けられることが

非常に大切だと思います。

もちろん必要な量という意味も含めてですが、

特に私が心がけているのが、

できる限り相手の要望に沿うことと

時機を失しない配送に重きをおいています。


配送についてまず考えれば、

例えば今回の地震でも一般的な宅配便等は

熊本県への配送を一時的に停止していました。

私は今までもどのような被災地でも

自分自身で物資等を持っていくようにしています。

いつも自分の車で行ければいいのですが、

例えば伊豆大島へ行った際にはレンタカーを使用したりもしました。

また、フィリピンやバヌアツに行った際には、

基本的に現地の移動手段を利用しています。


民間のビジネスとして行っているので、

金銭面については、災害時と言えど、

できるだけ留意しています。

そうしていくと、物資の調達については、

できるだけ被災地の近くで行うということになります。

物資が増えれば増えるほど、荷物を運ぶのにお金がかかりますし、

遠ければ遠いほど、交通費もばかになりません。

水1本でもとても高価な物になってしまいます。

被災地に近接した被災地ではない場所で、

物資を購入することができるなら、

一番効果的な物資の支援ができると考えています。

ただ見極めは難しい面も多いですね。

災害時に何が必要か

テーマ:
お疲れ様です。

私は株式会社シーエスワンのご協力も

いただいて、

防災グッズ、災害対策グッズの取り扱いも

しております。

今回の九州派遣でも

災害救助工具セット

救急セット50人用をはじめ、

様々な装備品等でも

ご協力いただいております。

いつもありがとうございます!


災害時に何が必要なのか、

先日ツイッターでも投稿しましたが、

発災時に生き残るためだけなら、

そこまで多くの物は

必要ないかもしれません。

用意した物が発災時に手元にあるかどうか

という問題もあります。

様々な物が必要になるのは、

今回の熊本地震でも分かるように、

生き残った後、生き続ける段階で

必要になります。

様々な物が必要になるのは当たり前で

生き残った後は、

非日常の状況ではありますが、

同時に日常が始まります。

普段の生活に必要な物が、

そのまま必要になりますし、

普段簡単にできることが、

(風呂に入ることですとか)

できなくなるので、

より多くの物で代替行為を行ったりします


備えはあれはあるほどいいでしょうが、

なかなか難しい面もあります。

そのお手伝いもできればと思いますので、

ぜひご連絡ください。