• 25 Feb
    • 有楽町で、静岡移住相談会

      本日は、有楽町の東京交通会館静岡県の市町の移住定住担当の皆さんと静岡県移住相談会を開催しています。今年からは、静岡県古民家再生協会のブースでは、会員さん達が大活躍安心してお任せして喫茶コーナーでお勉強しています。

      NEW!

      1
      テーマ:
    • 県庁へ 古民家、古材活用の推進への陳情へ

      静岡県住宅マスタープランに古民家や古材の活用推進を盛り込んで頂くようお願いに行ってきました。古民家や古材を活用することで日本の伝統建築の継承や地方創生まちづくり空き家対策地方への移住促進高齢者の就業インバウンドの促進が可能となると信じる私達の活動をご理解頂ければ幸いです。        

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 古民家鑑定士 を東部地区で拡大作戦‼️

      本日は、東部地区 三島市で古民家鑑定士講習及び試験を開催しました。古民家鑑定士を静岡県内に バランスよく配置できたらと考えています。伊豆地域を含む東部地区は、都心からの人口増加を見込める地域です。観光への意識も強い地域だと思っています。現在 古民家調査の依頼を頂いて報告書作成中の松崎町さんも伊豆半島の先端東部地区になります。

      1
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 突貫工事でスタート‼️

      公共工事は、3月の年度末に集中して毎年工事が行われます。農林業センターの事務所は地元の木材を使い 里山の風景に馴染む建物になりますね‼️こちらは、地元の高校寮町外からも生徒が入学されるようになり、昨年に続き生徒のための寮が急ピッチで進んでいます。こちらは、12月からのスタートで突貫工事となる予測でありました。幸いにも巧みの職人さん達の頑張りで目処がついてきました。3月初めの完成に向けてもうひと頑張りです‼️

      3
      テーマ:
  • 21 Feb
    • 久しぶりの活用塾 今日は結婚式❣️

      久しぶりに活用塾の仲間に会いに行ってきました。父の世話があり、一年近く参加できていませんでしたので新鮮でした。今日は、交流委員会さんからスピーチのノウハウについてのミニセミナー‼️仮想結婚式  披露宴での来客スピーチを勉強しました。仮想の新郎は、未婚で音楽と笑いヨガのプロ塚本さん❣️ひとりひとり、その場で新郎新婦との関係が提示されての来客スピーチ(╹◡╹)私は、新婦の父の友人の設定(о´∀`о)因みに、新婦は女優の長澤まさみさん私は、感余って涙する演技を付け加えておきましたがどうだったでしょうか?楽しく良い勉強になりました。私以外はの来客は⁉️新郎の同僚‼️私以外は、宗教団体の代表‼️新郎の会社の顧問弁護士‼️市長‼️世界で二番目にスタッフ細胞を発見したキャビンアテンダント❓でした❣️

      2
      テーマ:
  • 20 Feb
    • 気賀関所へ 賑やかでした‼️

      浜松市北区役所のそばにある気賀関所跡を訪れました。当時の様子が見に浮かんできました。遠江の姫街道についても展示があり興味深いものでした。実は、今‼️その横で❣️大河ドラマ  井伊直虎の展示館が1年間限定でオープンしています。気賀関所!姫街道!井伊直虎!見応えのある面白い観光プランになっている様です。

      2
      テーマ:
  • 19 Feb
    • LIFE IS A JOURNEY.

      休日の心に響いた名言紹介「あなたの欲しいものは全て    恐れの向こう側にある。」   ジャック・キャンフィールド   (アメリカの作家)  

      テーマ:
  • 18 Feb
    • ヌプーちゃんが、夢を教えてくれました。

      バングラデシュのヌプーちゃんから手紙が届きました❣️昨年末、私から手紙でヌプーちゃんの夢はなんですか?と書きました。それに答えて、手紙をくれたのです。ヌプーちゃんの夢は看護婦さんになることだそうです‼️今の彼女の住む地域には病院もなく病気で困っている人が多くいるそうです。そんな人達を助けたいそうです。泣けてきますね〜❣️私達協会がヌプーちゃんを支援して2年になります。大きな力がない私達ですが少しでもできることがあるのならやっていけたらと考えています。そして、私達協会が加盟する全国古民家再生協会の合言葉「未来の子ども達のために」      照れずに。。   胸をはって  そして、謙虚に!これからも、言い続けていかないといけませんね❣️

      1
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 古民家と襖 そして 着物

      遠江地域の襖工場へ伺ってきました。襖って、建具屋さんが作っているすだと思っていました。そして、こんな大きな工場で大量生産していたんですね!今日のお目当は、他にありました。とても素敵でした。古民家とのマッチングワクワクしてきます❣️

      4
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 懸魚 と 自在駒 ?

      神社や古民家などの伝統的建物の屋根に付いている飾りを見たことがあるでしょうか? この飾りを「懸魚」と言います。 火に弱い木造の建物を火災から守るため、水に縁の ある魚の形をした飾りを屋根に懸けて火除けのまじないとしたのが始まりと考えられていて、魚の身代わりを屋根に懸ける ことが「水をかける」という意味にも通じているそうです。   古民家によくある囲炉裏の真ん中に下がっている物を 「懸魚」と言います。   囲炉裏(いろり)の火を利用して炊事・調理するために考案されたもので、上下自由に調節できるのでこう呼ばれ、鍋などの弦を掛けて煮炊きする。現在でもところによっては使用されていますが、そこにも魚の飾りのあるものがあります。 「懸魚 」と同じように 火事から家を守るおまじないだと言われています。   又一方では、魚はずっと目を閉じないので 火を24時間見張ることができるために おまじないとして使われていると聞いたこともありました。   どちらも、本当ではないかと私は考えています。   伝統的街並みへ訪れる際は、是非、魚の飾りを探してにてください。

      2
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 古民家リフォーム で活用 フラット35

      先日日本経済新聞にフラット35(住宅金融支援機構)の広告が大きく載っていました。住宅ローンは返済期間が長いため金利情勢によって総返済額にも大きな影響がでます。全期間金利ローンであれば、安心して返済計画やライフプランを立てることが可能になります。新築・中古両方で、住宅性能の基準を満たすと金利が下がる「フラット35」を積極的に活用したいいものです。「フラット35」S,   「フラット35」リノベで一定期間金利引き下げとなる対象の住宅性能イメージは○  省エネエネルギー性に      優れた住宅○  バリアフリー性に      優れた住宅○  耐震性に       優れた住宅○   耐久性・可変性に       優れた住宅そして、この度古民家のリフォームにも「フラット35」が活用可能になりました‼️

      1
      テーマ:
    • 古民家定例会 2度開催しました!

      2度定例会を開催しました。古民家の耐震工事も会員のメンバーで協力して行う体制が出来つつあります。耐震診断、設計、監理、監督、ゴディネーター、工事など役割分担して行えます。強よみの大工工事に加え、左官さんや、板金屋さん、瓦屋さんなどまだ、まだ、信頼できるメンバーも必要になることも確認しました。伝統工法には、伝統工法を熟知したメンバーでなければなりません。土壁職人さんや茅葺職人さんのメンバーもいずれは必要となりそうです。好きな仕事を追い求める幸せを噛み締めながらの歩みは掛け替えのない時間となります‼️

      1
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 日本の街づくりを考えてみる

      日本の昔の街並みは今に比べ落ち着いた印象を皆さんが受けるのではないでしょうか?現代の日本の街づくりどうでしょう❓最初にあげられるのは、なんといっても法制度となります。日本では、居住用の区分と商業や工業の区分が都市計画の基本です。シングルファミリー用でもマルチファミリー用でも、住居用の地域であれば建てられます。一方アメリカでは、シングルファミリーの戸建て住宅とマルチファミリーの集合住宅をしっかり区別しているようです。よって、ビバリーヒルズにはマンションは建たないのです!もし、ビバリーヒルズが日本にあればビバリーヒルズのブランドを利用して商売にしようとする開発会社が、競ってマンションを建てようとすることでしょう。この差が実は街の景観を失い、資産価値の低下を招き、短命の家を助長することにつながりかねないと思うのです‼️

      1
      テーマ:
  • 12 Feb
    • わが町への田舎暮らしが人気だそうです‼️

      2年前に古民家の移住をご案内したご夫婦からお話しをお聞きしました。ここのところ、幾つかのご家族から、この町に移住したいとの相談を頂くそうです。古民家なら一番良いけれど古民家で無くても、山を少し入っだくらいの自然を感じることができる家を探しているとか‼️地元としては嬉しいのだけれど空き家の供給が十分できていない現状があります。相続が絡む空き家問題は厄介です。少しづつでも、空き家のマッツチングに協力させて頂かなければなりませんね❣️

      1
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 日本の住まい長寿命化への道

      日本の住まいの寿命はアメリカの105年イギリスの140年に比べると日本は25年〜30年これでは、日本の国民総生産指数の高さが何であったのか、あらためて日本経済の地に足が着いていない状況がわかりますね。今後、日本の住宅の長寿命化へは幾つか課題が考えられます。1.飽きないデザインや街並み形成2.材料の長期耐久性の実現3.容易な維持管理の実現4.可変性の実現5.不動産中古市場への実現上記のほとんどは日本の先人の暮らしの知恵そして先人が考えた古民家に学ぶことでクリアーできることに気付かされます。

      1
      テーマ:
  • 10 Feb
    • 春を待つ相棒アイアン

      春が来るのを待っています。相棒アイアンとの古民家探訪が待ち遠しい‼️木造校舎も県をまたいで巡りました。もう3年ほど前からご無沙汰している重要文化財となっている「友田家住宅」へも久しぶりに行ってみたくなりました。静岡県西北部森町にある18世紀前半に建てられたと推測されている古民家です。しっかりしたイメージの古民家です。建設当時も、当時の古材を使用していたと聞いています。この山奥で、こんな大きな古民家が存在するとは❓当時市街地から1時間以上アイアンにまたがり山道を進んだ先に。。大きな 「友田家」が現れましたその時の感動は今でも忘れられません。当時、この山奥でどのようにして政経を立てていたのか❓春よ来い!早く来い!相棒アイアンと待ち遠しい日々が続きます‼️

      2
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 自然食レストラン さんからお電話‼️

      築120年の古民家で自然食レストランをオープンしたお客様バイリンガルなご夫婦がオーナーです。「私達、本当は宿泊レストランをしたいんです」とお電話頂きました。インバウンドで欧米の観光客をもてなせるわが町の数くないお店ですからね‼︎移住して1年になりますが元気なご夫婦は、町の人気者になっているようです。農家民泊も法律が緩和されるのを機会に宿泊もできるようにしたいとのことでした。当協会も出来ることはなんでも、応援させて頂きます。お電話ありがとう御座いました風邪が治らずしょげてた僕も元気になりました  

      4
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 家はコンテンツではない!

      今だに家と言う商品の販売合戦が盛んです。どれが良いかな❓と住宅会社が考えた物を選ぶと言うスタイルの購入は、車🚘位までの方が良いのでは無いかと常々感じています。家は、とても高い買い物です。家族のポリシーを示すものでもあります。本当に生活を考えた器を作らなくては勿体無いのではないでしょうか?住生活を考える上では古民家という原点から考えることが有効だと思ってきました。日本の気候や地域協力、自然を大切にした考え方、長持ちする構造、地震への対策、健康に暮らすための仕様、建設時や解体時における環境への考慮などなど私達は昔の日本人の先輩達が、数百年に掛けて培ったものを学びながらの住まい造りをお薦めしています。幾つかは、新しい考えをもプラスすることも必要です。例えば、吉田兼好の徒然草にあるように夏涼しい家造りは、昔から基本とされてきました。故に、冬は寒いもの?では、住まい人の健康や安全を確保するのに難しいことになりますね。理想は、エネルギーを大量に消費することなく、夏涼しく、冬暖かい家が良いでしょう❣️そして、現代の生活にあった間取りや設備が必要です。そうですね!現代の古民家なるもの「新民家」は私達が考える生活をコンテンツにした次世代の住まいです。

      1
      テーマ:
  • 07 Feb
    • 大切です‼️ 床下インスペクション‼️

      古民家のインスペクションにおいて重要な位置を占めるのは、床下インスペクションと言えるでしょう!熊本の地震で崩壊した古民家のほどんどは床下のメンテナンスが不十分で躯体が腐ったり、シロアリによる被害によるものだと言われているのです。逆を言えばほとんどの場合、床下のメンテナンスをこまめに行えば  古民家は健康まま100年以上の耐久性を維持できることになります。実は、本日も風邪が🤧風邪が🤧なかなか治らないで困っています。。今日も早く休すもうと思います❣️

      2
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 未来遺産認定式へお邪魔しました。

      日本ユネスコ連盟より「未来遺産2016」に火の見櫓を後世の日本の伝えようとする活動が登録認定されました。ご縁を頂き参加をさせて頂きました。「100年後の子ども達に  残したい  自然がある     伝えたい 文化がある」まさしく、私達の古民家を通して「未来の子ども達のために循環型建築社会を創造する」活動と同じであり居心地の良い時間となりました。昔の人が魚をどのように思っていたのか発見もありました。それは、櫓という感じから‼️ 魚は目を閉じない。。。よって、火の見張りがしっかりできるよう。魚にあやかったのではないかと推測されます。    

      1
      テーマ:

プロフィール

静岡の古民家伝道師

性別:
男性
誕生日:
1962年7月6日 0時頃
血液型:
B型

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
241841 位
総合月間
290122 位
田舎暮らし
1129 位
住まい・マイホーム
2314 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。