『平成の大工棟梁育成会議』

『住教育セミナー報告書作成会議』

2つの会議が開かれています。

 

「平成の大工棟梁育成会議」では、ポリテク担当者により全国のポリテクカレッジで検定の準備が進んでいます。全国古民家再生協会の事業者会員の紹介であれば、若手は無償で検定に挑める若手のための活動です。

若手職人が減少する今、大工棟梁を育成すること急務です。

10年かけて地域の住文化を担える人間力を育てます。
 

「住教育セミナー報告書作成会議』」では、6月以降各地で開催される住教育セミナーが話し合われています。

これからの消費者は、「住」の選択を自らの知識で、家を直し、家を造ります。

向かう先は、これまでの住宅展示場から、住教育会場に変わるのです。

まずは10月の住教育月間に向け、幅広い「住」を消費者に伝えます。

 


 

 

 

 

 

 

 

[一般社団法人全国古民家再生協会]

全国各地にある古民家再生協会で構成される全国組織

 

[一般社団法人京都府古民家再生協会]

日本の住文化「古民家」を一軒でも多く活用する活動をしています


[京都府木の住まい支援協会]

木の良さ、木造住宅の良さを伝える活動をしています

 

[古民家鑑定士試験情報]
古民家の知識と技術を用い適切なアドバイスを行なう資格です

AD