古民家を地震から守る

テーマ:

【伝統耐震診断】を簡単に説明すると、大きな地震が起こった際に建物がどのように変形していくかを解析します。

 

通常の耐震診断では、図面上の壁配置などで強さを計算するだけなので、施工技術やそもそも図面が正確なのか不明点が多いため実際の地震に強いかどうかの実証が難しいのですが、現地で測定器を設置し 地盤と建物の微振動を捉えることで、測定数値で強さも見えるため安心感が違います。

 

 

報告書から建物のどこに不安があるのを特定し、効率的な補強工事も実施可能です。耐震の工事に関しては、古民家に精通した建築士(伝統再築士)が耐震計画をおこないます。

 

費用は一物件につき12万円(消費税・交通費別途)。

*施工前、施工後診断を行なうことを必須

 

 

 

 

 

 

[一般社団法人全国古民家再生協会]

全国各地にある古民家再生協会で構成される全国組織

 

[一般社団法人京都府古民家再生協会]

日本の住文化「古民家」を一軒でも多く活用する活動をしています


[京都府木の住まい支援協会]

木の良さ、木造住宅の良さを伝える活動をしています

 

[古民家鑑定士試験情報]
古民家の知識と技術を用い適切なアドバイスを行なう資格です

AD