住まい造りは日本の木材が最適

テーマ:
木造住宅には多くの木材が使われていることは、誰でも知っていることですが、どんな木材が使われているかは、あまり気にしていない人が多いのではないでしょうか。
在来工法の建物は杉が多く使われていますが、在来工法以外の多くは外国の材料が多く使われているのです。
日本には四季がありますが。年間を通して湿度が高い国でもあるのです。そんな日本で家を建てるときの木材は、日本で育った木材が最適なのです。


それを証明できるのがこの写真です。違った木材を数年間外部に放置して置いたものです。一目瞭然ですね。
AD

木造住宅は色々あるけど

テーマ:
木造住宅には色々あるのは皆さんご存じでしょう。デザイン・機能性・利便性を重視した都会の町に似合った住宅。持続性・環境性・未来性の新しい未来の古民家。新民家へ。どちらを選択するかはあなた次第です。






AD

大きな材料でも

テーマ:
手刻み加工において、材料の背の大きな木材を繋ぐときどんな継ぎ方が良いかは、使う場所によって変えます。通常の桁などは追っかけ大栓継ぎが主流です。大きな材料でもこの継ぎ方をする場合があるのです。

AD

継ぎ足す木材は同じ木材で

テーマ:
古材でも角材を使用するときはそのままの仕口では使うことは出来ません。長さの調整と仕口の加工をしなければならないのです。職人の腕の見せ所でもあります。新しく継ぎ足す木材は、同じ建物に使われていた同じ材質の木材でなければならないのです。