サポートしていただくためには

テーマ:
古民家再生支援議員連盟第3回会議に、全国各地から古民家再生協会の多くの仲間たちが集い、いろいろな活動のサポートをしていただくためには、我々もしっかりと答えなければなりません。



AD
古民家再生議員連盟第3回会議が衆議院第2議員会館で開催されました。多くの支援議員の先生方や内閣官房・国土交通省・観光庁・厚生労働省・中小企業庁・経済産業省の各省庁の方々と全国各地から古民家再生協会の仲間たちが参集して開催されました。古民家再生協会の活動と課題についてや、古民家に係わる政府の施策についての意見交換等が行われ、古民家についての活動が、これから益々活発になっていくでしょう。・・・活発になっていきます❗



AD
平成30年4月から既存住宅の売買時に、「既存住宅状況調査」に関する説明が義務付けられます。その調査の実務は指定機関の講習を修了した建築士のみに認められています。その為、改めて、これまで所持していた既存住宅現況調査技術者登録をしている者は、移行講習を受講しなければなりません。勿論ですが修了考査に合格しなければならないのです。その移行講習が開催され、参加してきました。


AD
住まい造りで大切なことは、人にとっても家にとっても健康であることが大切です。健康的な家とは、安心・安全であることです。安心な家とは、自然をそのままに取り入れた家造りです。既製品は使いません。自然乾燥材と環境に優しい素材を使って造ることなのです。そんなコトを学ぶ「住教育」があるのを知ってますか❗HPで検索してみてください。


古民家移築が始まります

テーマ:
古民家移築の為の解体が始まります。必要な内部造作材や建具等を取り出した後に。外壁・内壁を取り除き、屋根の撤去・構造材の取り出しとなります。ここは、敷地内への侵入道路の確保が必要ですので、先ずは、その準備からとなりました。小さな倉庫を撤去した後に道路を作ります。続きは、後ほどのお楽しみ。