コマツローズクラブ東京のブログ

山梨県笛吹市にあるコマツガーデンのバラ教室修了生を中心とした東京在中の
仲間ブログです。メンバーのバラ園やガーデニングなどを紹介しています。

(掲載している写真の無断使用を禁止しています。)


テーマ:

 猛暑が続いておりバラの手入れも滞りがちになりますが、コマツガーデンより8月のバラ管理情報が入ってきました。参考にしてください。

 

■8月のバラの管理■
●剪定
高温時にはあまり良い花は咲きません。株を休ませるのであれば摘蕾を行って下さい。
株を乱すシュートも発生します。
あまりにも強いシュートは四季咲き品種の場合は樹高の半分くらいで切り戻して下さい。
つるバラの場合、必要なシュートならば仮誘引を行い、
必要でないシュートならば株元から切り戻して下さい。
寒冷地の方は夏剪定の適期です。

●肥料
お使いになっている肥料の説明に従い与えて下さい。

●植え付け
鉢植えになっている物はいつでも行えますが水切れには注意して下さい。
またこの時期以降に植えてから発生したシュートは充実しないことが多くなります。

●灌水
鉢植えはほぼ毎日必要となります。
鉢底から水が出るようにたっぷりと与えて下さい。
地植えは雨が降らないようでしたら7~10日に一度位与えて下さい。
今年地植えにしたバラは5~7日を目安に与えて下さい。

●病害虫
この時期一時的に黒点病、ウドンコ病は止まりますが消毒を止めると秋に病気が発生します。
予防薬を中心に散布して下さい。
予防薬ではサンケイ エムダイファー水和剤、
サンケイ オーソサイド水和剤80、サンヨール乳剤
治療薬ではGFベンレート水和剤、カリグリーン、サルバトーレME、
トップジンM 、トリフミン水和剤、パンチョTF顆粒水和剤、
サプロール乳剤、ベニカS乳剤、ハッパ乳剤
害虫も引き続き注意が必要です。
発生初期に登録がある薬を散布して下さい。
アブラムシ、ヨトウムシ、アザミウマ、バラゾウムシ、コガネムシなどです。
GFオルトラン液剤、STアクテリック乳剤、
スミチオン乳剤、ベニカ水和剤、ベニカS乳剤などです。
また、殺菌剤と殺虫剤が一緒になったベニカX乳剤もあります。

コガネムシやカミキリムシの幼虫に根の被害に合わないように
1ヶ月に一度を目安にオルトランDXやベストガード粒剤を株元に散布して下さい。

梅雨が明け気温が上がってくるとハダニの発生時期です。
発生初期に葉に水を当てハダニを流した後に薬剤を散布して下さい。
(コロマイト乳剤、ダニダウン水和剤)ダニ太郎、
ハッパ乳剤、バロックフロアブル、
GFモストップジンスプレー、ベニカJスプレー、
ベニカXファインスプレー、ベニカマイルドスプレー


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。