映画『杉原千畝 スギハラチウネ』

テーマ:

夫と一緒に

映画 『杉原千畝 スギハラチウネ』 を見ました。




外務省訓令に違反して

ユダヤ人難民に「命のビザ」と呼ばれる

日本通過ビザを大量に発行し

ナチス・ドイツに迫害されるユダヤ人を救った

気骨の外交官「杉原千畝」さん、


戦火のあの時代に

外交官という立場でありながら

ユダヤ人を救うということがどれだけ大変だったか・・・。


杉原さんご本人が

そして杉原さんと一緒にいたご家族が

どんな思いでこの選択をして

この選択を見守ったのか。


杉原氏の名誉回復は戦後46年目。


大変だったのでしょうね。


映画の最後の字幕にあった


~この時救われた人の子孫が現在4万人~


映画の最後に目に入ったこの言葉が胸を打ちしました。



発熱する綿100%の暖かさ。あったか綿メンズトップ
AD