食べ歩きブログポータル「ブロぐるめ!」さんからお誘いいただいて


創業明治40年、老舗の魚屋が挑む本格派 鮮魚居酒屋

「魚錠」オープン記念

ブロガー限定レセプション!


に参加させていただきました。


小町家の食卓3番館


場所は東京駅八重洲口から歩いて3分。

とっても便利なところにあります。


小町家の食卓3番館


3月24日にオープンした魚錠


愛知県が本部でなんと


明治40年から目


魚の仲卸・流通・寿司加工などを手がけてきた魚屋という

超老舗。


その老舗のお魚屋さんが始めて居酒屋さんを

開いたのがこの八重洲の魚錠さんだそうです。


まずは、元気な社長さんからお店についてレクチャー。


小町家の食卓3番館


パワフルな社長さん。

名古屋言葉でレクチャー!!



『本当に美味しい魚を、もっと多くの人に、

お値打ちに食べてもらいたい』


という 魚を売るための居酒屋 フグ なんだそうです。


今、主流の低価格競争ではなく

魚の鮮度と魚の旨さで勝負する


社長さんのお話にはすごく説得力があって

とっても期待大って感じでした。


家の周りに魚屋さんがない我が家は

最近、おいしいお魚になかなかめぐり合わない。

そんな私にはお魚をおいしく食べさせてくれるお店って

とっても魅力的。


でも、やっぱり言葉だけでは分からない。


ということで、魚錠さんの長沢部長より


鮮度の食べ比べレクチャー

エビ、イカ、アジ、ホタルイカ、

マグロの鮮度による違いや目利きの仕方のお勉強。


第一ラウンドは ボタン海老食べ比べ


活ボタン海老 VS 生ボタン海老


何でも、新鮮ならおいしいのかという検証で

ボタン海老の食べ比べ。


小町家の食卓3番館


こちらは、獲れてすぐにシメたボタン海老。


小町家の食卓3番館


そして食べ比べるのは、生きているボタン海老叫び


ひえ~、最初からハードル高いです。

えっ??味が分かるのかって??

そんな問題じゃないです。


生きているのを食べるのが苦手ですしょぼん


殺生苦手なのです・・・。


でも、グルメブロガーを目指す小町としては

がんばらねば・・・。


あ~、海老ちゃんごめんねと言いつつ

食べ比べ・・・。


んん??


さっきまで生きていたエビちゃんより


前日にシメタエビちゃんの方が

甘く感じる・・・。


プリプリ感はさっきまで生きていたエビちゃんのほうが

プリプリしているけどね・・・。


第一ラウンドは ヤリイカ食べ比べ


小町家の食卓3番館


こちらは、前日にシメたヤリイカ。


小町家の食卓3番館

透明です~目


こちらは、食べる直前にシメたヤリイカ。


あ~、こちらも食感はシメタばかりのほうがGOODですが

旨みは前日にシメタ方がGOODに感じます。


熟成ですか・・・。

詳しいことはよく分からないけど

新しければいいってものじゃないのね・・・。


それにしても

食べ比べしている 魚が旨いっス!!


社長の自信たっぷりなお店紹介の意味が分かってきた・・・。

さあ、まだまだ続きますよ~