対局者

 

二階堂亜樹(前年度優勝)

魚谷侑未(会長推薦)

西嶋千春(女流最高位)

黒沢咲(会長推薦)

 

注目は女流最高位・西嶋千春。

不勉強ながら、俺は彼女の麻雀をほとんど見たことがない。

小池美穂プロが女流最高位を獲得した第13期女流最高位戦の決勝・8半荘を昔見たことがあるくらい。

(優勝をされた昨年の決定戦は見ていない)

 

最高位戦C2リーグに所属する彼女。

連盟のA2リーガー3人とどのように対するのか。注目だ。

 

 

起家から

亜樹→魚谷→西嶋→黒沢

 

 

東一局。親は亜樹。

 

その亜樹。開局から大物手が入る。

わずか4巡でツモり四暗刻イーシャンテン。

当然1枚目の8mはスルー。しかし役牌の中は1枚目から叩いた。

 

これなら出和了9600。

ツモれば4000オールと打点も十分折り合いがつく。

2sと8mは既に山には残っていないが、スライドなどでも打ち出される可能性のある牌。

いきなりの高打点の和了となるか?

 

しかしこの亜樹の中1鳴きに対し、各家異様とも思えるほど警戒をする。

まずは日本シリーズ初出場の西嶋。

2pを重ね、自然に5pを切るかと思いきやこれをツモ切り。

 

5pを切れば369pの受けになるにも関わらず、である。

確かに3pが良く見えるし、2pは亜樹の現物。

より安全にテンパイまでたどり着けるかもしれないが、自身も69mと369pの受けが残る勝負手。

かなりオーバーにも思える打ちまわし。

 

西嶋だけではない。

ゆーみんだってそうだ。

 

終盤にさしかかり上家の亜樹から6pが切られる。

チーの発声。

5pと8p。どちらも生牌ではあるが、どちらかを切ってテンパイを取ると思われた。

しかし……

 

ゆーみんはどちらも切らず!

さらに7sを対子落としして回っていく!

局が終盤だったからと思うことなかれ。

8、9巡目に北の対子落としをしているが、その時既にピンズは578の形であった。

5pを切ってスリムに構えるのが自然であるのに、シャンテン数を落としてまで5pを切らなかった。

既に亜樹を警戒していた証拠だ。

 

 

結果は亜樹の1人テンパイ。

なんと役牌1枚、しかも6巡目という早い巡目に鳴いただけで全員に警戒され他家に1牌たりとも勝負させなかった。

しかも全員ある程度の手形がまとまっていたにも関わらずである。

これほどまでに亜樹の仕掛けへの信頼感、そして恐怖感があるというのか。

 

この大物手を成就させることができなかった亜樹。

しかし続く1本場では西嶋から5800は6100の打ち取り。

 

ひとまず先制には成功し、場面をリードしていくこととなった。

 

東二局。親はゆーみん。ドラは1s。

 

ドラの1sを重ねるは黒沢。

難しい手牌だが選ぶは4m。

 

面子手、対子手どちらもある手。

何を選んでも裏目を引きそうで怖いが、この4mは実に黒沢らしい。

この手を貰ったら確かに黒沢は七対子へ向かうだろう。

分かりやすくする打4m。

 

しかしそんな中でも黒沢は工夫を忘れない。

これで面子手がイーシャンテンに。

打つは1m。しかし次巡引き入れるは1m。被ってしまう。

 

 

黒沢は先に4sを打ち、その後安全牌と1mを入れ替えた。

不要な1mをツモ切らず、横伸びを期待したい4sを早く切った。

 

これで他家からは七対子がぼやける。変則手がぼやける。

1mを対子落とししたならば対子手ではない。むしろタンピン系の好手に思える。

 

そして7mを暗刻にし、1pと1sのシャンポンでリーチだ。

どちらも筋かかっている。

1sはドラのため出る牌ではないが、1pはかなりの盲点となる牌。

ただでさえ出やすい4切りの1の筋。1mの切り巡でさらに安全に思える。

 

この後、ゆーみんも追いつきタンピン三色で追っかけリーチをかける。

西嶋も仕掛けてトイトイのテンパイを取る。

しかし彼女は、黒沢咲は自身でその牌をツモり和了った。

 

最後の1pを見事ツモ!

リーツモドラドラ!

2000/4000のツモ和了!!

 

面子手、対子手含めてもこの手順しかない!という和了。

亜樹をかわしトップへ踊り出た!!

 

 

全員の気迫と、それでいて確かな守備力が伝わるこの第4試合。

対局はあっという間に南場へ。

そしてこの南場ではさらなるファインプレーの嵐となる。

 

南一局1本場。親は亜樹。ドラは3m。

 

その亜樹。配牌は悪い。

ドラもない3対子。仕掛けてタンヤオは見えるが、果たしてそれを亜樹がするだろうか。

 

一方のゆーみんは打点の見える手。

 

567の三色、もしくは發を暗刻にしてのリーチが臨める手。

現状ゆーみんは22.7持ちのラス。いかに供託があるとはいえ、この發は1鳴きはしないか?

 

しかし先制は黒沢であった。

5sを引き入れ36mの先制リーチ。

リーチのみだが3mはドラ。

裏ドラの見れるルールということもあり、三色変化を待たずのリーチ宣言となった。

 

さあこのリーチにゆーみんも簡単に屈する訳にはいかない。

テンパイすれば愚形でも追っかける構えであったが、持ってきてしまうのはドラの3m。

これは567には不要な牌。

しかしだからと言っておいそれと投げる訳にはいかぬ。


 

降りるか、回るか。

回るなら筋の7pか、それとも發の対子落としか。

彼女の決断は。

ここはワンチャンスの5p切り。

發のポンテンには魅力がない。鳴いて2000点、しかもドラ跨ぎのカン4mテンパイでは7mを押す価値はない。

ならば門前で打点が伴ったら勝負。戦う価値のある手牌にすることに決めた。

ピンズから埋まった場合はドラでも勝負に行くのだろうか。

 

しかし今日の牌運はことごとく彼女に味方しない。

次に引き入れるはこの牌。

なんと發が暗刻に。

弱い構え、7pを先に払っていればここでカン4mテンパイを入れることができていた!

泣く泣く5p切り。マンズを打たずにテンパイできる可能性が生まれたといえば聞こえが良いが、逃してしまった感はいなめない。

 

するとそこにこっそりと。

あの人が。テンパイを入れていた。

 

 

亜樹がタンヤオチートイツテンパイ。

あの厳しい手を、黒沢のリーチを受けながらも確実に1つずつ重ねていた。

テンパイのために打ち出さなければいけないのは3sか8m。

3sは黒沢の宣言牌の筋だが2sが先に切れており、結構打ちやすい牌。

一方の8mはワンチャンスとはいえ、この巡目のワンチャンスだ。

既に多くの筋が通されており、58mは数少ない残された筋の一つ。

当たってもおかしくはないが…?

8mを打ってテンパイ取り!危険な8mを切って、出和了しやすい3s単騎へと受けた!

 

8mは亜樹の目からこそワンチャンスだが、他家から見たら全くの無筋。

打ち出される可能性はかなり低い。

ならば黒沢と亜樹、2人とも6sを切っているため他家が打ちやすいと考えるであろう3s単騎を選択!

リスクを背負い、この七対子を決めにきた!!

 

この打8mには流石に誰も向かえず!

粘っていたゆーみんであるが、この打8mを。

しかも亜樹の打8mを見ては撤退せざるをえない。

 

両者の共通安牌である6sを中抜き!

黒沢のリーチには少々危険な牌でも押していったゆーみんであったが、この亜樹の一打を見た瞬間さっと引いた。

この辺は流石である。

 

さあ亜樹の3sは残り山に2枚。

ツモれば3200オール。この半荘を決めうる手になるが…?

 

持ってきたのは7m!

これもワンチャンス。しかし先述の通りこの巡目のワンチャンスだ。

当たってもおかしくはない。

 

一瞥もせずにツモ切り!

あの慎重な亜樹が全く思慮もせず。

当たらないと読み切っているのか。黒沢の当たり牌が36mと読み切っているのか。

 

さあしかし今度訪れるは当たり牌の6m!

これはワンチャンスでも何でもない、全くのド無筋!

 

当然打たず!

こちらも一瞥もせずに、7mを中抜いた!

苦労して張った、維持し続けたテンパイに何の固執も迷いもせず。

「ここが当たりなんでしょ」と言わんばかりにオリを選んだ!

 

 

結果は黒沢の1人テンパイで流局。

亜樹は開けられた手を見て、当然とばかりに牌を混ぜる。

「守備型とはこうあるべき」

その手本となるような二階堂亜樹の一連の押し引きであった!

 

南二局

亜樹→黒沢 2000

南三局

西嶋 2600オール

南三局1本場

西嶋 1人テンパイ

 

 

南三局2本場。親は西嶋。ドラは1p。

 

親番での連荘により2着まで浮上した西嶋。

ここにきてこの半荘最大のチャンス手を貰う。

 

ドラの1pが対子。

そして役牌の東と白が対子!

12000が楽に見える超好配牌!

これを和了り、この重い半荘に終止符を打つことができるか!

 

白が出た。

当然ポン。

そして打ち出すのはこの牌。

8s。

 

 

なんとこの形から、ソーズ788の形から8sを先打ち!

どう見ても不要な、むしろ活かしたくない2pを手の内に抱え8sを先打ちした!

西嶋の技が光る。

どうせ1pも東も対子もしくは刻子で使う牌。

ならば仮に東をポンした時、ポン出し8sの69sよりも、2pを間に挟んだ69sの方が出和了のしやすさは大差となる。

8sの縦重なりのロスよりもこちらの利を取った、極めて実践的なこの一打。

果たしてこの大物手を決めることはできるか?

 

 

さあ亜樹もテンパイを入れていた。69pテンパイ。

69pは場に6枚見えとはいえ、現状2着と5000点ほど離れた3着。

リーチにいきたい局面ではあるがここはヤミテンを選択。

もちろんドラの振り替わりもあるが、ここは守備を第一に考えたか。

西嶋が白を加槓し新ドラが増えてもヤミテン続行。

軽々に目の前の損得にかぶりつかない。

 

 

そして黒沢もチートイツでテンパイ。

待ちは2s単騎。

そして次巡。

東を持ってくる。

ここは東単騎へ待ち替え。

新ドラが増えている場面。

オタ風の東ということもありリーチも考えられたが、ここは亜樹と同じくヤミテン。

東を放すことはあるのだろうか。

 

さあキー牌である東を止められ苦しいかと思われた西嶋であったが、自力でテンパイを入れた。

 

9sを引き入れ東とドラのシャンポンテンパイ!

どちらが出ても12000。

黒沢の東が間に合った形。果たして!?

 

亜樹も黒沢も押していく。

西嶋に通っていない牌でも、ある程度の牌なら押していく。

しかし全員の待ち牌はそれぞれに薄く、なかなか顔を出さない。

 

そうこうする内に最初に顔を出したのはドラの1p。

掴まされるは黒沢。

このドラは絶対に打てない牌。

しかしテンパイを維持するために打ち出さなくてはいけないのは東。

ドラよりはマシと切ってもおかしくはなかったが…?

当然打たず!

ノータイムでの3s抜き打ち!

甘えない!

「もしかしたら」「通るかも」

そんな不確かさで黒沢は甘い牌を打たない!

ロン牌を両方ともビタ止め!

これぞプロのプレーだ!

 

映像を見てもらえば分かるが、本当にこの3s切りは早かった。

東は打たないと決めていたのだろう。

それにしても綺麗で鮮やかな、黒沢咲の当たり牌止め。

 

そして亜樹にもその牌が訪れる。

 

持ってくるは生牌の東。

「打つ訳がない。こんな東を打つ亜樹さん見たことがない」

そう話すのは、いま麻雀プロの中で最も手牌を読める男・勝又健志。

 

 

もちろん打つはずがない!

9sを中抜き、しっかりと降りきる!

目の前の打点と点数状況のためにリーチをしていれば生まれなかったこのプレー。

亜樹と黒沢。

麻雀の「ヤミテン」の面白さと大切さを教えてくれる、実に奥深い一局であった!!

 

 

結果は西嶋の1人テンパイで流局。

西嶋の8s先打ちの好手も光った。

たまたま先に69sを引き入れシャンポンテンパイとなったが、あの亜樹でさえも6sはツモ切っていた。

つまり先にシャンポン部分が埋まっていれば、この二階堂亜樹からでも直撃を奪えていたのかもしれないのである。

今回は不発に終わったが、今後の日本シリーズでの活躍を楽しみにさせてくれる西嶋千春の一打であった。

 

1着 黒沢

2着 西嶋

3着 亜樹

4着 魚谷

 

 

ゆーみんがまさかの2連続ラス!

書いてて全然ゆーみんについて触れられないぞ(笑)

8位までプレーオフに進めるとはいえ、そろそろトップが欲しいところ。

次節こそはトップを取って、そしてゆーみんの和了について書かせて欲しい。

 

トータル順位はこちら。

 

 

 

ゆーみんだけでなく、普段俺が好意的に捉えている選手が下から4人というのは複雑ではあるが(笑)

まだまだ1半荘で変わる圏内に全員がいるのも事実。

来節以降も熱を持って応援したい。

 

この記事を書いている時点で次回の卓組が分からないので何とも言えないが、恐らく今月末にゆーみんの対局があるであろう。

その時はぜひとも良い結果を期待したいものだ。

 

第2節に続く!!!!

 

 

 

 

AD