子供は産んだら終わりというものじゃなくて、出産が始まりで、ヒトによれば、鬼のような毎日がスタートする。

 

その中で子供は案外お金がかかるので、今の日本社会だと、お母さんも働かないと生活を維持できないというのもよくわかる話。

 

そこで出てくる待機児童の問題。カナヘイキャンディ

 

これが片付かないと本当に少子化するしかないってくらい大きな問題なのですが、実害は地元にあるんですよね。

 

子供の声がうるさいだの、なんだのと文句を言う人々。

 

そう言う人が賛成をしない限り保育所も幼稚園も建てられません。カナヘイ花

 

そしてその人たちはとても頑固です。

 

本当は静かに住みたい人は集まって静かに住んでもらって…というのがすっきりするのですが、なんと日本はわがままな自分勝手な国になってしまったのだろうと。

 

公園などはお年寄りのゲートボール場になり、子供がキャッチボールするのも禁止されている。

 

そして言われる「最近の子は外で遊ばずゲームばかりしている」

 

文句ばっかり言っている人たち。

 

今年初詣で、ベビーカーが問題になったけど、それもそれ、なんだか日本人は下品になった。

 

歓迎されると聞けば大挙して押し寄せ、我が物顔で陣取る。気合いピスケ

 

そういう歓迎じゃないっていうのわかんないほど馬鹿になったのか?日本人

 

ルールは守って、お互いに気持ちよく過ごそうっていう暗黙の了解っていうのがあったでしょう?

 

今は無いの?

 

だから何をするにもぎすぎすするのよ。

 

思いやりはないし、気に入らないとすぐにsnsにこんな人が居てこんなこと言われた!だの、ちょっと一呼吸入れて、顧みるっていうのをしようよ。

 

まったく下品。カナヘイびっくり

 

日本人はお互いに話さなくても、相手に踏み込む距離も決めてたし、誰かが通ろうとしていたら道も譲ってた。

 

世界中から観光客が来てほめては下さっているようだけど、たまたまいいところを見てもらっているんだなって思う。カナヘイハート

 

子供は地域の子供だからみんなで育てましょう!みたいに田舎の看板みたいなことはできないけど、子供の声が消えた町は本当にゴーストタウンみたいだよ。大泣きうさぎ

 

実家辺りが限界集落になってしまって、うちの父母が80歳で若手っていうくらい。

 

だから子供の声が聞こえたり、走り回ってると、みんな出てくる。

 

子供の声が聞こえるのはいいねぇ・・・なんて言いながら。

 

そうなってしまっては遅いのよね。とびだすピスケ1

 

そうなる前に、気づいてほしい、元気な子供を育てることは日本の未来をそだてることなんだと。

 

本当に最近の日本には辟易する。

 

日本が終わる前に気づくことが出来るのだろうか。つながるピスケ

AD