• 07 May
    • 銀座こまっぷ

      3年ぶりのブログ更新!!誰も見ていないみたいなのでどーでもよいですが。。。とりあえず生きてます。アメブロの使い方はすっかり忘れました。狛犬めぐりの相棒であったNikonD200が劇的進化し、D500に生まれ変わったので久しぶりにお散歩してきました。お散歩先は地価日本一、東京都中央区の銀座。ビルだらけの街中に狛犬など居ないものだと思っていたのですが、変わった場所で発見。 写真1まずは『三囲神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。みめぐりじんじゃ、と読みます。銀座三越の9階テラスガーデンに構えるお地蔵様。まさかビル屋上に神社があるとはね、さすが銀座。。。 写真2こちらは三囲神社のお地蔵様の大きいほう。写真1のお地蔵様は身長約50cmでしたが、こちらは2m位の大きさでした。どちらも、穏やかでイイ顔しています。 写真3お次は『龍光不動』(写真3)※神社名をクリックするとマップが開きます。またも屋上。こちらは銀座松屋のソラトニワGINZA。狛犬の分類でいうところの"護国"と呼ばれるタイプで、比較的多く見かけます。三越の地蔵 vs 松屋の狛犬。。。個人的には三越のお地蔵様が印象に残りました。 写真4次、『安平神社』(写真4)。※神社名をクリックするとマップが開きます。有楽町線の新富町駅近くにある神社。マンションが立ち並ぶ中、木陰に佇む狛犬が居ました。今回のお散歩で見つけた狛犬の中では一番古い雰囲気。本日一番の成果でした。 写真5ラスト、『築地本願寺』(写真5)。※神社名をクリックするとマップが開きます。銀座からひと足伸ばし、築地まで歩いてみました。これは狛犬というより、翼が生えたライオンのようです。スフィンクスでしょうか。復活の狛犬めぐり、とりあえずはここまで。なんか写真のピントがズレているのは、マニュアルフォーカスの腕が落ちたか?カメラのせいか?。。。次回までに特訓 or 調整しときます。気が向いたらまたお出かけしてきます。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/

      20
      1
      テーマ:
  • 06 May
    • 長津田こまっぷ その一

      前回に引き続き、東急沿線から狛犬めぐり。『ケータイ国盗り合戦』のイベント、『国盗りおにごっこ2013』と併せて、神奈川県の横浜市緑区をお散歩してきました。 写真1まずは、『大石神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。東急田園都市線の長津田駅から歩くこと10分、小山の上にあります。平安時代の歌人、在原業平(ありわらのなりひら)を祀っているとのこと。ニヤリとした個性的な表情の親犬の足元には子犬が。嘉永六年(1853年)、ペリーが浦賀に来航した年の生まれです。 写真2大石神社の狛犬、お尻から(写真2)。尻尾の毛の流れが複雑です。阿と吽で、顔つきや毛の流れが大きく違う狛犬でした。個人的には阿の狛犬が好みのタイプ。 写真3大石神社の灯篭(写真3)。灯火が入る部分、火袋の窓が変わった形状でした。これは横浜市緑区の区の木、かえで(もみじ)の形かと思われます。 写真4お次は、『杉山神社』(写真4)。※神社名をクリックするとマップが開きます。東急こどもの国線の恩田駅近くの神社。山を切り開いて作られた住宅地の中にあります。東京都南西から神奈川にかけてよく見るタイプの狛犬です。大正五年生まれ。大きな子を連れていました。 写真5杉山神社の狛犬、吽(写真5)。吽は珠を抱えています。横浜に多いこの社名、鶴見川水系沿いに約40社あるそうです。荒川水系の氷川神社や、利根川水系の香取神社、鶴見川水系の杉山神社、川の近くに町が栄えるということなのでしょうかねぇ。この日は気温も暖かくて絶好の散歩日和。長津田こまっぷ、もう少しだけ続きます。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      8
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 武蔵新田こまっぷ

      ひさしぶりのブログ更新。。。気がつけば7ヶ月ぶりだっ。ゼンゼン更新していませんでしたが、見に来てくれた方も居るようで。。。とても申し訳なく、そしてありがたい。お礼申し上げます。さて。つい先日、、、東急多摩川線の武蔵新田駅近辺で狛犬めぐりをしてきました。 写真1まずは、『十寄神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。東京都大田区矢口にある神社で、旧今泉村の鎮守です。とよせじんじゃ、と読みます。家と家の隙間でひっそりと佇む神社に素晴らしい狛犬が居ました。享和三年(1803年)生まれの江戸尾立タイプ。大田区で江戸時代以前の狛犬は珍しく、区内の色々な狛犬と出会いましたが数対しか見かけることができませんでした。貴重な逸品です。 写真2十寄神社の狛犬、吽(写真2)。阿とは顔つきがずいぶんと異なる感じ。巻き毛が特徴的です。阿吽共に頭の上に角が生えていた形跡がありました。 写真3十寄神社の狛犬、お尻から(写真3)。尻尾にも細かい彫刻が施されでいます。この時代の狛犬に多く見られる意匠です。 写真4お次は、『新田神社』(写真4)。※神社名をクリックするとマップが開きます。さきほど紹介した十寄神社と縁が深い神社です。南北朝時代の武将、新田義興を祀っているのがこちら、新田神社。新田義興の家臣十人の霊を祀っているのが、十寄神社です。こちらの狛犬、新田義興を滅ぼした足利基氏や家臣の畠山一族の者、その血縁者や末裔の者が近づくと、うなったと伝えられています。 写真5新田神社の御塚(写真5)。神社本殿の裏手には、新田義興を埋葬した古墳があります。柵で覆われており、立ち入ることはできません。この中に入ると必ず祟りがあり、『荒山』『迷い塚』と呼ばれています。御塚の中に生える篠竹は、決して神域を超えることがないとか。。。なんかヒンヤリする空間です。怖い言い伝え満載な神社でした。こちらは胴塚で、首塚は入間市の愛宕神社にあるとか。今度行ってみよう。。。以上、武蔵新田こまっぷ終了。実は、この日は『ケータイ国盗り合戦』のイベント、『国盗りおにごっこ2013』に参戦。東急沿線でQRコードを探してウロウロとお散歩していました。疲れたので残り4箇所を残して帰宅。近々、また狛犬めぐりと合わせてお出かけ予定。イイ狛犬と出会えたら紹介します。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      1
      2
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 前橋こまっぷ

      少し足をのばして、前橋と高崎までドライブしてきました。沢山の狛犬を見つけましたので、サクサクっとご紹介していきます。 写真1まずは、『厳島神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。両毛線の前橋駅近くにある神社です。境内には公園がありジャングルジムやシーソー、ブランコがありました。こちらの狛犬は、平たい頭が可愛らしい新しめなタイプ。昭和四十一年生まれ。 写真2お次は、『赤烏神社』(写真2)。※神社名をクリックするとマップが開きます。上越線の新前橋駅近く、住宅街の中にある神社です。あかとり、じゃなくて、あかがらすじんじゃ。珍しい名前です。おくんちの古市太鼓、と呼ばれる太鼓囃子が伝えられているとのこと。昔は一晩中鳴らし続けたようですが、現在は近所からの苦情の都合、夜9時で終わりなのだとか。。。こちらには、少し細身の構え獅子が居ました。 写真3次は、『高崎神社』(写真3)。※神社名をクリックするとマップが開きます。高崎の総鎮守、大きな神社で境内には群馬県神社庁があります。社殿に向かう階段下には大柄の狛犬が居ます。なんかすごい顔つきでした。 写真4高崎神社の手水舎(写真4)。沢山の装飾が行われており、迫力のある手水舎でした。写真だとボリューム感が伝わりませんが、実物はナカナカ凄かった。 写真5ラスト、『頼政神社』(写真5)。※神社名をクリックするとマップが開きます。国道17号沿い、聖石橋近くにある源頼政を祀った神社です。稲妻の鎧(いなづまのよろい)、白銀造太刀(しろがねづくりのたち)という社宝があるとのこと。なんかのゲームに出てきそうなネーミングです。『頼政神社社宝(稲妻の鎧、白銀造太刀、丁丑筆話)』https://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/ky-bunkazai/bunkazai/bunka/yori2.htm狛犬は珍しいポーズです。四足で直立していました。あまり見かけないこのタイプ。年代が気になります。以上、前橋こまっぷ終了。高崎市内で、いい温泉を見つけました。オススメです。銭湯っぽい雰囲気の、こぢんまりとしたイイ温泉でした。『高崎温泉 さくらの湯』http://www.sakuraonsen.jp/  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      1
      2
      テーマ:
  • 15 Aug
    • 南千住こまっぷ そのニ

      台東区から荒川区の南千住近辺で狛犬めぐりです。前回の続きなのですが、ずいぶんと更新が遅れてしまいました。。。 写真1まずは、『素盞雄神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。日光街道沿いにある神社で、すさのおじんじゃ、と読みます。日本神話に登場する素戔男尊(すさのおのみこと)を祀っています。ココの狛犬はとても有名ですので、写真で見たことのある方も多いかと。大柄なのに細かいところまで良くできている素晴らしい狛犬です。 写真2素盞雄神社の狛犬、全体像(写真2)。尻尾の躍動感がとても素晴らしい。年代は不明ですが、おそらく江戸時代後半くらい? 写真3素盞雄神社の狛犬(写真3)。素盞雄神社には3、4対の狛犬が居ます。こちらは参道入口の小柄な狛犬、文化五年(1808年)生まれ。 写真4お次は、『橋戸稲荷神社』(写真4)。※神社名をクリックするとマップが開きます。日光街道を北に進み、千住大橋を超えたところにある神社。土蔵造りの本殿は足立区の有形文化財に指定されています。後ろ足を投げ出し、飛んでいる格好の狐が居ました。都内では珍しいタイプです。壊れそうで少し心配。。。 写真5橋戸稲荷神社の獅子鼻(写真5)。小さい社殿でしたが、ナカナカな獅子鼻でした。顔を社殿中央方向にひねっており、参拝者と目が合う感じです。以上、南千住こまっぷ終了。この日の昼食は、2012年初のウナギ。ワンコイン(500円)で鰻丼がいただけるお店が北千住駅のすぐ近くに!!ウナギ高騰のご時世の中、ありがたや、ありがたや、です。調子に乗ってダブルうな重を注文してしまったせいで?とても胸焼け。。。『宇奈とと 北千住店 [食べログ]』http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13126489/  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      4
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 南千住こまっぷ その一

      台東区から荒川区の南千住にかけて狛犬めぐりです。東京スカイツリーを横目に見ながら、のんびりとお散歩。。。 写真1まずは、『朝日辨財天』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。下谷七福神のひとつ、朝日辨財天こと辨天院です。境内には、小さいながら弁天池があります。かつては約八千平方メートルもの広さを持っていた池ですが、関東大震災の焼土の処分場として大部分が埋め立てられてしまったそうです。ココには小柄で可愛らしい風貌の狛犬が居ました。足元には何故かシーサーの置物が置いてあります。 写真2お次は、『千束稲荷神社』(写真2)。※神社名をクリックするとマップが開きます。樋口一葉 『たけくらべ』 ゆかり後として知られる神社です。江戸時代に北千束郷の氏神として祀られたとのこと。こちらには昭和三十三年生まれの狐が居ます。阿が珠、吽が鍵を持っていました。 写真3次は、『円通寺』(写真3)。※寺院名をクリックするとマップが開きます。日光街道沿い、南千住駅に近い場所にあるお寺です。余り見かけることのない、個性的な風貌の狛犬が居ました。カリフラワーちっくなこの頭、板橋で見つけた狛犬を思い出しました。『板橋こまっぷ その三|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-10535372499.html 写真4円通寺の狛犬、後ろから(写真4)。このお寺、怪しげな建物に加え数々の史跡あり、見所満載なのです。興味がある人は、色々と散策してみてください。当日はこの後、北千住までお散歩してきました。南千住こまっぷ、もう少し続きます。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      2
      テーマ:
  • 01 Jul
    • 下谷こまっぷ そのニ

      東京都台東区下谷で狛犬めぐりです。前回に引き続き、『小野照崎神社』 よりお届けです。※神社名をクリックするとマップが開きます。 写真1摂社のオオカミ(写真1)。境内にある摂社、御嶽神社・三峯神社にオオカミが居ました。小柄で細い体型、壊れてしまわないか、心配。。。実際、阿のオオカミは壊れ気味でした。こちらのオオカミ、実は兄弟がすぐ近くの神社に居るのです。壊れていないオオカミを見たい方は、上野の三峰神社まで寄り道をどうぞ。『上野こまっぷ|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-10952646194.html 写真2社殿の龍(写真2)。社殿に龍の彫り物があるのはゼンゼン珍しいことではありません。ただし、小野照崎神社は親子龍。これは少し珍しいかも。。。 写真3小野照崎神社の富士塚(写真3)。文政十一年(1828年)に造られた富士塚です。ちょこっとだけ見えますが、麓にはサルが手を合わせています。富士塚はたまに見かける気がしますが、完全な形で残っているのは江戸近郊で3基だけとのこと。小野照崎神社の富士塚はその内のひとつで、日本国重要無形民俗文化財に指定されているそうです。 写真4小野照崎神社の狛犬、後ろから(写真4)。前回、最初に紹介した狛犬の後ろ姿です。尻尾の毛だけが台座に流れています。芸が細かいっ。以上、下谷こまっぷ終了。この近郊に来たらオススメしたいグルメスポット、笹乃雪。創業三百二十年の豆腐懐石料理の老舗。趣きのある店内は江戸文化を感じさせてくれます。『笹乃雪 ささのゆき - 鶯谷/懐石・会席料理 [食べログ]』http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13003751/忠臣蔵で有名な、赤穂浪士にも縁がある笹乃雪。仇討ちを果たした赤穂浪士らに、こちらの豆富が届けられたのだとか。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      2
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 下谷こまっぷ その一

      東京都台東区下谷で狛犬めぐりです。見所満載な 『小野照崎神社』 よりお届けです。※神社名をクリックするとマップが開きます。平安時代前期の官人であり歌人、小野篁(おののたかむら)が祭神。小野篁は上野照崎(現在の上野公園あたり)の風光が好きだったそう。で、この地に祀ったのが小野照崎神社。樋口一葉の小説、『たけくらべ』にも出てきています。また、寅さんこと渥美清さんにもゆかりのある神社なのだとか。 写真1まずは、社殿前の狛犬(写真1)。とても良くできた立派な狛犬です。明和元年(1764年)生まれ。約250年前と、とても古い狛犬ですが整備が行き届いているのでしょう。今後も保ってもらいたい逸品の狛犬です。 写真2まゆ玉みくじ(写真2)。まゆ玉のおみくじがありました。以前に日本橋の小網神社でも同じものがあったのを思い出しました。『日本橋こまっぷ その一|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-10885456320.html強い生命力を持つ蚕が作るまゆ玉は、それ自体がお守りになるそうです。 写真3摂社のキツネ(写真3)。境内にある摂社、織姫神社には変わったポーズのキツネが居ます。構え獅子ならぬ、構えギツネ?とてもイイ曲線美です。 写真4手水場の水盤(写真4)。どこの手水場にもある水盤ですが。。。摂社、織姫神社ということで?星のマークが!! 写真5神社入り口の狛犬(写真5)。神社の入り口には比較的新しめな狛犬が居ます。見た目はフツーなのですが、あるポイントがお気に入りな狛犬。よく見ると、、、目がハート。気づいた人はラッキーな事が訪れる?ことはないですが、少し良い気分になれるかも。狭い境内なのに、たくさんの見所が詰まった小野照崎神社。次回も引き続き、こちらの神社からお届けします。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      2
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 学芸大学こまっぷ

      前回に引き続き、東京都世田谷区で狛犬めぐりです。東急東横線の学芸大学駅近郊でお散歩してきました。50年くらい前まで、ここに東京学芸大学があったのが駅名の由来。今回は、まるまる 『世田谷観音』 よりお届けです。※寺社名をクリックするとマップが開きます。 写真1仁王門前の狛犬(写真1)。本名は世田谷山観音寺、通称が世田谷観音と呼ばれています。せたがや百景の第3番として登録されているお寺。こちらは、1691年に中国(当時の清国)から進献された鉄製狛犬です。日本では江戸時代の元禄4年にあたります。とてもとても古い。最近の中国獅子と違って、とても愛嬌のある顔つきでした。 写真2本堂の龍(写真2)。広い境内は見所満載で、当日は多くの人で賑わっていました。本堂には、迫力満点の龍。とても大きな龍の彫り物です。 写真3本堂前の狛犬(写真3)。世田谷観音には数対の狛犬が居ました。こちらは年代は不明でしたが、仁王門前の狛犬よりは新しめな雰囲気。 写真4境内にある六角堂(写真4)。不動明王が祀られているお堂です。会津のさざえ堂を思い出す、六角具合でした。以上、学芸大学こまっぷ終了。この日は中目黒まで歩きたいと考えていましたが、猛暑のため断念。バスで中目黒駅前まで向かい、前々から気になっていたラーメンを食す。『AFURI 中目黒 阿夫利 あふり - 中目黒/ラーメン [食べログ]』http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13129706/ラーメン屋らしからぬ女性客の多さは、清潔感のある店内だからでしょう。塩分補給にちょうどいい、美味しい塩ラーメンでした。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      テーマ:
  • 27 May
    • 二子玉川こまっぷ

      東京都世田谷区の二子玉川駅近郊で狛犬めぐりです。通称、ニコタマ、こと二子玉川。『ふたご』、じゃなくて、『ふたこ』が正解。2011年には二子玉川ライズも開業し、ここ最近大賑わいな地域です。 写真1まずは、『瀬田玉川神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。二子玉川駅から北方面に歩くこと15分、丘の上にある神社です。こちらの神社には、江戸耳長と呼ばれるタイプの狛犬が居ます。世田谷から川崎、横浜にかけての地域でたまに見かけるこのタイプ。江戸耳長のなかでは若干顔デカ&太めの体型でした。 写真2瀬田玉川神社の狛犬、吽(写真2)。ここの狛犬は阿吽共に子連れ狛犬でした。子犬がカワイイ表情をしています。明治三十二年生まれ。 写真3お次は、『瘡守稲荷神社』(写真3)。※神社名をクリックするとマップが開きます。先ほど紹介した瀬田玉川神社から歩いて5分ほどの場所。"かさもりいなりじんじゃ"と読みます。"瘡"は皮膚病や性病を表す文字。多くの人々が娯楽を求めて集まり、遊郭が増えたことが背景にあるとか。狐の置物を奉納すると病気が治るという言い伝えが残るそうです。こちらの神社には、穏やかな顔つきのキツネが居ました。小柄な体型のキツネです。阿は珠と子狐、吽は珠を持っていました。 写真4お次は、『二子神社』(写真4)。多摩川を挟んで川崎市側にある神社です。神社境内には岡本太郎の母親、岡本かの子の文学碑があります。いかにも岡本太郎作な外見のモニュメントは一見の価値ありです。二子神社には、尻尾の大きな狛犬が居ました。ナカナカヨイ笑顔。昭和四年生まれ。しかし石質の関係でしょうか、損傷が激しいのが残念な状態でした。 写真5二子神社のムクの木(写真5)。この日はとてもいい天気でした。季節も夏間近。境内のムクの木は強烈なくらいの緑に包まれていました。以上、二子玉川こまっぷ終了。久しぶりのニコタマでしたが、随分変わっていてビックリでした。ナムコ・ワンダーエッグがあった頃がとても懐かしい。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      2
      テーマ:
  • 13 May
    • 日本橋こまっぷ

      東京都中央区の日本橋にて狛犬めぐりです。新しいビルが立ち並ぶ中、なにげに古い神社も多い地区。何度かこのブログでも紹介している場所です。 写真1まずは、『於岩稲荷田宮神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。おいわいなり、四谷怪談の主人公"お岩さん"を祀っている神社です。社地は歌舞伎俳優の初代市川左団次の所有地であったとか。芝居小屋に近いこの地に、明治のはじめに創建されたとのことです。こちらは社殿前のキツネ。とても優しい顔つきです。この神社に何対か居るなかで、いちばんのお気に入りキツネです。 写真2於岩稲荷田宮神社、吽のキツネ(写真2)。吽のキツネは少し損傷していました。こちらも穏やかな顔つきです。恐ろしげな名前を持つ神社ですが、そんな雰囲気は皆無でした。ビル群の谷間にあり、古い桜の木々がある都会のオアシス的な場所です。 写真3お次は、『日本橋』(写真3)。※リンクをクリックするとマップが開きます。日本の道路元標があり、東海道や日光街道の起点にもなっている橋。日本橋川に掛かっており、現在の橋は明治四十四年(1911年)に完成。1603年の初代から数えて19代目、東京大空襲の傷跡も残っています。ここ日本橋には、神社ではありませんが由緒ある狛犬が居ます。奈良県の手向山八幡宮にある狛犬などを参考にして東京美術学校で製作されたブロンズ狛犬で、かつての東京市の紋章(現在の東京都の紋章)を模した盾を持っています。水天宮の狛犬にも似た、精巧で豪快な雰囲気を持つ狛犬です。水天宮の狛犬、『日本橋こまっぷ その一|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-10885456320.html 写真4日本橋の麒麟(写真4)。日本橋には2対の狛犬と、2対の麒麟が居ます。こちらの麒麟には珍しいことに羽が生えています。羽が生えた龍は飛龍と呼ばれることもあるようですが、こちらは羽の生えた麒麟であることが公文書に残されているとのこと。日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つというイメージ、なのだとか。以上、日本橋こまっぷ終了。日本橋には、個人的にココ10年ナンバーワンな担々麺があります。程よい辛さと胡麻のコク、刻んだキュウリがアクセントなお気に入り。あー、担々麺&ライス、食べたくなってきた。。。『天福分 テンフウフェン - 新日本橋/四川料理 [食べログ]』http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13022477/  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      4
      テーマ:
  • 30 Apr
    • あらかわ遊園こまっぷ

      東京都荒川区にある遊園地、あらかわ遊園近辺で狛犬めぐりです。遊園地というよりは、簡単なアトラクションのある公園といった規模。都電を使った、ちょっとしたお散歩にちょうどいいコースです。 写真1まずは、『船方神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。あらかわ遊園のすぐ裏手、荒川沿いにある神社です。荒川区かとおもいきや、実は北区。ちょうど区境の場所です。この近辺は明治初期まで船方村と呼ばれていたとのこと。船方村の鎮守だったのでしょうか。こちらには、まるまるとした体格にツブラな瞳の狛犬。イイ顔してます。結構好みのタイプ。明治四十二年生まれ。 写真2船方神社の狛犬、お尻から(写真2)。イイ狛犬だったので沢山写真を撮りたかったのですが、、、超逆光。。。お尻からのアングルでしたらなんとかいけた?チョット斜めったのが残念。日時を改めて再チャレンジしたいと思います。 写真3お次は、『尾久八幡神社』(写真3)。※神社名をクリックするとマップが開きます。都電荒川線の宮ノ前駅前にある神社です。荒川遊園前駅の隣の隣の駅で、歩いて5分位の場所です。こちらは摂社に居る小さめの狛犬です。一本眉毛な狛犬は珠を抱えていました。 写真4尾久八幡神社の狛犬、阿(写真4)。阿の狛犬は子持ちタイプでした。ニカッと大きく口を開けた笑い顔の狛犬。昭和十一年生まれ。以上、あらかわ遊園こまっぷ終了。都電沿いのこの近辺は、都会なのにとても田舎感漂う和み処です。のんびりとしたお散歩にぴったりかも。この日の狛犬めぐりも、いつも通りラーメンとセットで漫遊です。北区近郊でお気に入りなのは『伊藤』のラーメン。 具材はネギのみ、とてもシンプルですが、美味いんだなーコレが。『中華そば屋 伊藤 いとう - 王子神谷/ラーメン [食べログ]』http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13008779/

      4
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 千住こまっぷ そのニ

      地震があったり、布団がふっとぶ風が吹いたりですが、季節は春。都内では桜の花も散りはじめ、暖かい日も多くなってきました。前回に引き続き、東京都足立区の千住にて狛犬めぐりです。 写真1まずは、『千住神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。千住近辺では一番大きな神社です。歴史も古く、かつてはこの地区の郷社でした。源義家が奥州征伐の際、戦勝祈願をした記録が残っているとのこと。こちらの神社には、とてもカッコイイ狛犬が居ます。細かいところまで丁寧に彫られており、素晴らしい。文政十三年(1830年)生まれ、と古い狛犬です。 写真2摂社のオオカミ(写真2)。広い境内には、たくさんの摂社があります。こちらは摂社のひとつである三峯神社のオオカミです。穏やかな表情のオオカミです。イイ。 写真3千住神社の富士塚(写真3)。さほど大きな規模のものではありませんが、富士塚もありました。毎年7月1日に祭礼が行われているようです。 写真4千住神社の神紋(写真4)。変わった神紋(神社の家紋)でした。抱き稲の紋と巴紋(ともえもん)を組みあわせた雰囲気です。以上、千住こまっぷ終了。実はこの日の狛犬めぐり、メインイベントは別にありました。摩訶不思議なラーメンを食べるために。。。 写真5『水色ラーメン』(写真5)。文字通り、水色。。。味は結構普通のラーメン。特に怪しい材料を使っているわけではないようです。牛乳と紫色キャベツの煮汁を混ぜると水色スープが出来上がる?さらに、、、酢を垂らすとピンク色に変化します。おじさんの解説付きで楽しく食べれます。夏になったら、『アイスクリームラーメン』にチャレンジ予定。。。コレ、ラーメンの上に真っ二つに切ったモナカ風アイスが!!『菊や きくや - 北千住/ラーメン [食べログ]』http://r.tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13023725/  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      6
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 千住こまっぷ その一

      ブログ更新、ずいぶんと久りぶりになってしまいました。全国約89人の狛犬マニアの皆様、お待たせしました。最近まで画像管理ソフトが絶不調で、とても困っておりました。。。で、何度かソフトウェア更新しているうちに治ってきたっぽいので復活。復活初回は東京都足立区の千住から、狛犬散歩スタートです。日光街道および奥州街道の初宿で江戸四宿のひとつとされた千住宿。かつては、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠55軒が設けられていたそうです。 写真1まず最初は、『千住本氷川神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。せんじゅもとひかわじんじゃ、と読みます。北千住駅から歩いて10分位のところでしょうか。ここには、立派な尻尾を持つ大柄な構え獅子がいます。お隣荒川区の素盞雄神社(すさのおじんじゃ)の狛犬に似ている雰囲気。素盞雄神社はかなりカッコイイですが、こちらは穏やかな感じ。ヨイ。『東京こまっぷ - 素盞雄神社』http://komamap.com/jinja/c00121/ 写真2千住本氷川神社の狛犬、お尻から(写真2)。お尻からだと、なんか可愛げが増すような。。。構え獅子全般にいえるかもしれません。落ち着いた境内には、ラジオ体操発祥の地、との石碑。本当に???コレ、あちらこちらで見かけるような気がします。 写真3千住本氷川神社の龍の彫刻(写真3)。境内に旧社殿が残されており、素晴らしい彫刻で飾られていました。千寿七福神巡りの中の大黒天として祀られています。 写真4お次は、『氷川神社』(写真4)。※神社名をクリックするとマップが開きます。最初に紹介した神社に引き続き同じ名前、氷川神社。こちらは荒川近く、線路沿いにあります。荒川流域となる千住には、数多くの氷川神社を見かけることができます。おそらく御影石製?変わった体勢の狛犬が居ました。腰を下ろしているわけでもないし、構え獅子っぽいわけでもない。犬的には普通な四足立ち体勢。。。狛犬としては変わっています。この日の狛犬めぐりは、まだまだ始まったばかり。そのニに続きます。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      テーマ:
  • 03 Mar
    • 香取こまっぷ

      千葉県の香取市にて狛犬めぐりです。今回は、まるまる 『香取神宮』 からお届けします。※神社名をクリックするとマップが開きます。日本全国に約400社ある香取神社の総本社であるのが、こちら。寒い時期にイチゴ狩りとセットで訪れるのがオススメの神社です。 写真1香取神宮の狛犬(写真1)。高さ20センチくらいの小さな狛犬は、古瀬戸製。重要文化財に指定されており、宝物殿のガラスの中に収まっています。室町時代の作と云われていますので500年くらい前の狛犬です。どこかで見たことがある???実は、、、 写真2普通切手になっている!!(写真2)1976年発行の古い切手なので最近は目にすることがなくなりました。でも、懐かしい切手だな、と思い方も多いのではないでしょうか。 写真3香取神宮の狛犬、吽(写真3)。阿の狛犬は切手のお陰で有名人ですが、ペアである吽もナカナカです。スマートな体型のカワイイ狛犬です。香取神宮に起こしになった方は、宝物殿の見学もお忘れなく。狛犬の他にも刀や鎧、鏡などがありました。 写真4楼門の狛犬(写真4)。こちらは、楼門の裏に居る木製の大きな狛犬です。護国タイプと呼ばれ、たまに目にする型の狛犬です。以上、香取こまっぷ終了。狛犬&イチゴを堪能した後に銚子まで遊びに行って来ました。銚子近辺の風力発電の風車群、近くでみるとスゴイ迫力ですねぇ。近づくにつれて上がるテンション。結構な感動でした。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      10
      テーマ:
  • 25 Feb
    • Instagramる

      アイホンでトイカメラ風の写真が撮れるアプリ、『Instagram』。3世代前となってしまった iPhone 3G を現役として利用している私。旧式スマホの数少ない使い道のひとつがこのアプリです。最近は電話に出ようとすると電源が切れたりなアイホン。それが仕事の電話だったりとかだと、とても困る機能です。Android版の Instagram が出たら乗り換えてもいいかな、と思う日々です。アイホンの写真フォルダには意味不明&用途不明な写真多々。。。その中に狛犬の写真を見つけました。意味不明な写真と共にご紹介です。 写真1『赤城神社の狛犬』(写真1)。少し前にブログで紹介しました狛犬の斜め後ろ姿。キュートなお尻を Instagram で撮りたくて、とてもウロウロした記憶です。なんど撮り直しても、斜めってしまい四苦八苦した挙句、周囲の視線に負けて退散したような気がします。『神楽坂こまっぷ|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-11152420624.html 写真2『ゴート』(写真2)。ヤギですね。英語だと、Goat。生首風ですが、生きています。ご近所をサイクリング中に見つけました。この写真を見て、トム・ハンクス出演の映画、『ターミナル』の一節を思い出しました。無許可の薬を持ち込もうとした人を助けたシーンで、ゴート、ゴートと騒いでいましたね。ちなみに劇中には、ヤギは出てきて居なかったような。この写真とは全くもって関係のないエピソードでした。。。 写真3『マデラワイン』(写真3)。このあいだ、ポルトガル料理を食べたら何気に美味しくて。テンションが上ガリ気味でマデラワインの試飲セットを頼んじゃいました。甘い、とても甘い。そしてアルコール度数が高め?飲んだ後には、ビミョーな顔つきになることうけ合いな味付けです。食事している最中に、ずっと気になっていたマデラワインの味。何かに似ている、この味わい。。。でも思い出せない。テキーラ?違う。。。ポート?ブランデー?お店を出る間際に、思い出してスッキリした記憶です。紹興酒にソックリ。周りも、そうそうと相槌(あいづち)でした。 写真4『街灯』(写真4)。写真を見返したときには、一瞬、なにかと思いましたが、普通の街灯です。なぜ撮ろうとおもったのかは不明。撮ってみたらタンポポのわたぼうしみたいで面白くて、連写した記憶。以上、Instagramった回想でした。思い返すと、(質はともかく)意味不明風な写真にもエピソードがあるものです。世の中の携帯には、そんなのが山ほどあるんだろうなぁ、と思いつつ iPhone 5 の夢を見て寝る。。。

      1
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 渋谷こまっぷ そのニ

      前回に引き続き、東京都渋谷区にて狛犬めぐりです。 写真1まずは、『氷川神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。渋谷駅から広尾方面に向かったところ、國學院大學裏手にある神社です。緑に囲まれた広い境内には沢山の狛犬が居ました。こちらは、参道を歩いていると最初に見かける狛犬。渋谷から目黒、世田谷にかけて多く見られるタイプ。明治二十九年生まれ。同型の狛犬の中では、出来栄え、保管状態共に素晴らしい狛犬でした。 写真2氷川神社の狛犬、後ろから(写真2)。親子共に珠を抱えています。残念ながら親の珠は壊れていました。一つの狛犬が複数の珠を持っているのは非常に珍しい。過去に豪徳寺と三鷹で同様の狛犬を見かけました。『豪徳寺こまっぷ|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-10758437027.html『吉祥寺こまっぷ その一|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-10843111904.html 写真3氷川神社、摂社の狛犬(写真3)。摂社に古いタイプの狛犬が居ました。愛嬌のある顔つきが特徴的です。つくり笑いっぽいですがイイ笑顔です。写真を撮っている自分も笑顔になってしまいそう。。。 写真4氷川神社、摂社の狐(写真4)。まるまるとした親子の狐です。珍しい顔つきの狐。こちらもイイ雰囲気です。子狐が珠にかじりついてる、というより食い込んでる?ように見えました。この体型と顔、〇〇ちゃんに似てるなー、と思いつつ眺めてました。狛犬や狐って、人間同様に色々な顔や表情があって見ていて飽きません。 写真5ラスト、『御嶽神社』(写真5)。※神社名をクリックするとマップが開きます。渋谷の宮益坂にある神社です。宮益町の氏神とのこと。ビルの2階にあり、よく歩く道沿いにありながら今まで気づきませんでした。土地柄でしょうか?いかにも渋谷っぽい女の子が多く参拝していました。こちらには、リアルワンワンタイプの狼。ブロンズ製です。立地的に推測すると、比較的に新しめかと思われます。以上、渋谷こまっぷ終了。この日も例にもれず、ラーメンを食して帰宅。狙っていたお店が休店日だったたため、中目黒までお散歩。久しぶりの家系ラーメンは美味しかった&胃もたれ。。。『百麺 中目黒 ぱいめん - 中目黒/ラーメン [食べログ]』http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13003459/  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      2
      テーマ:
  • 12 Feb
    • 渋谷こまっぷ その一

      東京都渋谷区の渋谷駅から代官山近郊にかけて狛犬めぐりです。渋谷区って結構よく巡っている感じ?と思い過去ブログを検索してみたところ、たぶん6回目の狛犬散歩。まぁ、ぼちぼちか。過去集計したところ大田区が一番巡っていました。 写真1まずは、『金王八幡宮』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。JR渋谷駅の南口近くにある神社です。以前の訪問でうっかり見落としていた狛犬に会うために再訪しました。この狛犬に会いに来たよー。このタイプの狛犬は、強面が多いのですがコレは。。。扁平顔&出っ歯具合がヨイ味を出しています。 写真2拝殿前の狛犬(写真2)。こちらは、金王八幡宮の拝殿前に居るメインの狛犬。どっしりとして穏やかな表情です。明治三十三年生まれ。おそらく、多くの人が目にするのはこちらの拝殿前の狛犬。ただし、狛犬マニアな方には最初の狛犬も是非探していただきたい。 写真3お次は、『北野神社』(写真3)。※神社名をクリックするとマップが開きます。おしゃれな街、代官山は狛犬不在なのでスルー。目黒川沿い、目黒区青葉台にある神社までワープです。勢い余って、渋谷区から少々はみ出てしまいました。。。こちらの狛犬は、なかなか個性的です。昭和四年生まれ。ライオン的な鬣(たてがみ)、ギョロリとした目。凄みはありませんが、たぶん威嚇しているのかと想像中。 写真4北野神社の狛犬、横から(写真4)。横顔がチャーミングでしたので、もう一枚。ナルトのように渦を巻いた毛の鬣(たてがみ)と大きな耳が特徴的です。今回はここまで。渋谷でのお散歩はもう少しだけ続きます。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      6
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 神楽坂こまっぷ

      東京都新宿区の神楽坂にて狛犬めぐりです。かつては花街として賑わったこの界隈。今でも道を一本はいれば、そんな雰囲気が漂うイイ街です。実は、何気に狛犬が多いこの地区、何度か訪れている場所。てくてくとお散歩してきました。 写真1まずは、『赤城神社』(写真1)。※神社名をクリックするとマップが開きます。牛込の鎮守として祀られている神社です。2、3年前くらいに前に大々的な改修を行い、近代的な雰囲気になりました。境内にはお洒落なカフェや、マンションが建っています。ここには、一風変わった風貌の狛犬が居ます。加賀白山犬というタイプの狛犬らしい。神社に説明書きがありました。江戸時代に流行った型、との記載がありました。でも、、、見たことないなぁ、こんなの。。。カワイイけど。 写真2赤城神社の狛犬、後ろから(写真2)。後ろ姿もチャーミング。実は神社改修前には、名工、塩谷仁兵衛の狛犬がここにありました。戦争の影響でしょうか、随分と損傷していましたが素晴らしい狛犬でした。新しい狛犬は、とっても不思議な雰囲気です。200年後には、きっと名狛犬になっている?と良いのですが。。。 写真3赤城神社の狐(写真3)。境内にある摂社、出世稲荷神社の狐です。こちらは神社改修での入れ替えはなかったようでヨカッタ。少しだけ損傷していますが、良くできた狐です。 写真4お次、『築土八幡神社』(写真4)。※神社名をクリックするとマップが開きます。かつては津久戸明神社と呼ばれていました。江戸名所図会にも載っている由緒ある神社です。戦災で神社は消失し、九段と神楽坂の2箇所に分かれて再建しました。千代田区九段の築土神社、『水道橋こまっぷ|こまっぷブログ』http://ameblo.jp/komamap/entry-10954258760.htmlこちらには、古いタイプの江戸狛犬が居ます。文化七年(1810年)生まれ。 写真5築土八幡神社の狛犬、横顔(写真5)。イイ顔してます。このタイプの狛犬としては珍しく比較的大柄。どことなく、九段の築土神社の狛犬と似ているような。。。以上、神楽坂こまっぷ終了。狛犬めぐりの後は、神楽坂で塩ラーメンを頂いて来ました。少しこってりとした塩ラーメン、美味しいです。お腹満足。『俺流塩らーめん 神楽坂店 - 飯田橋/ラーメン [食べログ]』http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13119615/  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      8
      テーマ:
  • 18 Jan
    • 小石川こまっぷ

      東京都文京区の小石川にて、狛犬めぐりです。私の好きな小説、夏目漱石の 『坊っちゃん』。こんな言葉で締めくくられています。。。"清が死んだら、坊っちゃんのお寺へ埋めてください。お墓の中で坊っちゃんの来るのを楽しみに待っておりますと言った。だから清の墓は小日向の養源寺にある。"養源寺のモデルとなった本法寺があるのが、かつての小石川区小日向。本法寺は、夏目漱石ゆかりの寺と呼ばれています。この日は小日向の本法寺にも立ち寄りましたが、狛犬不在でした。今回は、そんな小日向の近くにある 『北野神社』 よりお届けします。※神社名をクリックするとマップが開きます。 写真1北野神社の狛犬(写真1)。参道の長い階段を登った先、丘の上でイイ狛犬が待っています。比較的大柄なこちらの狛犬は、大のお気に入り狛犬。文化六年(1809年)生まれ。200年以上前の狛犬ですが、とてもコンディションが良い状態。細かいところまで丁寧に造られた素晴らしい狛犬です。 写真2後ろから(写真2)。阿吽共に子持ちですが、阿は授乳中の状態。授乳狛犬としては、とても古いのでは?といわれている狛犬です。 写真3北野神社の狛犬、吽(写真3)。吽の狛犬、正面からだとわかりませんが、後ろから覗くと子犬が。子犬が背中をよじ登ろうとしているのがカワイイ。 写真4北野神社の牛(写真4)。北野神社は、牛天神とも呼ばれています。拝殿前には天神様のお使いである牛。撫で牛?かなり撫でられているようでツルツルでした。以上、小石川こまっぷ終了。この日は寒いながらも良い天気でしたので、お散歩続行。次回は、神楽坂よりお届けします。。。  *  *  *ブログランキングに参加してみました。クリック してもらえると嬉しいですありがとう。とてもありがとう。  *  *  *興味がある人は、こちらのホームページも見てくださいね。『 狛犬MAPは、こまっぷ 』http://komamap.com/ もしくは、http://こまっぷ.com/

      10
      テーマ:

プロフィール

こまっぷ

自己紹介:
トマトと狛犬が好き。 ブログはマニア向けです。

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。