春列車にのって

不妊治療を経て、2006年2月に無事出産。

不妊治療のことについて綴っていきたいと思います。


テーマ:

ちょっと前に「こ○えてちょー○い」で、不妊治療のことをやっていて、採卵の時に痛みで泣き叫ぶ様子が演じられていた。


それはちょっと違うでしょ!っと思ってしまった私。

そんな風に報じたら、治療に行こうと思っている気持ちが萎えてしまいそう。。。


全部の病院がそうではないみたいだけど、

私が通ったクリニックでは、採卵の時の麻酔の方法は自分で選択できました。


静脈麻酔ですっかり眠ってしまう方法

局部麻酔で意識はあるままの方法


局部麻酔は、膣の内部に注射で麻酔薬を注入するらしい(不確かです。。。すいません。。。)

注射そのものの痛みや、麻酔してもやっぱり少しは痛いらしい。

でも、採卵後は、麻酔の副作用でボーっとしたりすることもなく、早く帰宅できるというメリットがある。


怖がり痛がりの私はもちろん静脈麻酔を選択。

眠っている間に終わりました。


そして、不妊治療の中で、つらい治療のひとつに「卵管造影」がありますよね。

私の場合、超音波でやったのでこれもぜんぜん痛みなし。


造影剤を注入する方法は、それによって卵管の通りがよくなるというメリットもあるらしいし、超音波でやる検査法はあくまで簡易な方法らしいのだけど、でもとりあえず詰まっていないことはわかるから、最初にこれをやってみて、詰まっていそうだったら造影剤の注入する方法をとるっていうことはできないのかな?


とにかく痛いの大嫌いな私。

採血の注射もドキドキだったし、毎回の内診もいやだったな~

でもそれくらいは私でもなんとかがんばれた

そして採卵が終わった後、こんなんだったら、今回だめでもまた頑張れるって思った。

だから「痛くない治療」っていうのは、長期戦になりがちな不妊治療にはとても大事なことだと思う。


ただでさえ、精神的苦痛、経済的苦痛が伴う不妊治療、

せめて身体的苦痛はできるだけ少ないほうがいい。

患者の立場になって、手間がかかっても、痛みの緩和を考えてくれるクリニックが増えるといいな。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらのブログにはずっと不妊治療のことについて綴ってきたので、育児のことについては別のブログで新たに書くことにしました。


不妊治療の間は、ブログで情報交換をしたり、励ましのコメントをもらったり、本当にブログがあってよかったなーって思います。


でなければ、たとえ短い期間だったにせよ、孤独感の中で、治療を乗り越えていくことはできなかったと思うから。


すっかりご無沙汰なブログになってしまったけれど、あんなに赤ちゃんに会いたいと願っていた頃の気持ちを書き綴っていたこのブログ、閉鎖することができなかったので、できればずっと残しておきたいと思っています。


ということで、こちらには不妊治療のことについて、時折、書いていきたいと思います。


今がんばっている人、これから挑戦しようとしている人に、少しでも何かの参考になれば幸いです。


そして、いつか2人目、3人目に挑戦する日がきたら、あの頃の気持ちや勇気を思い出しつつ、また自分の情況を綴っていきたいと思います。


よろしくお願いします★

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、不妊治療を受けたクリニックから、患者さんの体験談を綴った冊子が送られてきた。


あ~去年はせっせとこのクリニックに通ってたんだな~って思い出した。

とういか、そういえば私って体外受精したんだった、って感じ。

というのも、3月に不妊が発覚、5月顕微授精、6月心拍確認とあっという間に妊婦さんになることができたので、あまり不妊治療したという実感がない。

(その時は、一日一日が長くて、挫折感ばかりだったけど。。。)


先生が「体外受精といっても、最初の所をお手伝いしてもらうだけで、普通の妊娠となんら変わりはないのですよ~」って言ってたけど、本当にそうだった。。。


これもよいクリニック、先生に出会うことができたからだと思っている。


東北の田舎にある小さなクリニックなのだけど、素晴らしいクリニックだと思う。

婦人科医師、泌尿器医師、看護士、培養士、心理カウンセラー、遺伝カウンセラー、受付のスタッフともにすごくレベルが高くて、本当に気持ちよく治療を受けることができた。

それは、みんな日々の仕事以外に、すごく研究熱心で、毎年、海外の学会に参加して発表などもしているからなのだと思う。

だから、こんな田舎にあっても、トップレベルの治療を受けられたのだと思っている。


このクリニックの特徴は

40歳未満の患者さんには原則、

「単一胚移植」

をすすめていること。


子宮環境を整えて、卵の質をよくして採卵し、培養のレベルもあげてグレードのよい胚を「一つ」移植する。


体外受精の技術も進んできている現代は、その副作用である多胎妊娠をいかに少なくするかということを目指す段階に来ているらしい。


今は体外受精の技術レベルも上がり、受精卵を2つや3つを移植すると、双子ちゃん、三つ子ちゃんになる確率は高いようで、実際に、双子ちゃん、三つ子ちゃんの数も増えているようですよね。


多胎妊娠を減らす理由は、未熟児で産まれる可能性が高いこと、それに伴うリスクも高くなること、そして、産婦人科医師、小児科医師が減少している中、身近で十分な医療を受ける機会も少なくなってきていることなどがあるそうだ。


クリニックにとっては、二つ三つ戻した方が、妊娠率が上がるのに、あえて単一胚移植をすすめるのは、それだけ技術に自信があるということ、患者さんの妊娠後、出産後のことまで考えてくれているということだと私は考える。


だから「単一胚移植」をすすめているクリニックというのも、よい病院探しのときの条件の一つに考えてもいいのではないかな、と思っています。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらくぶりの復活です。


今年、2月に無事に長男春くんを出産しました。

1年前に夢見ていた親子3人の幸せな毎日を送っています。


妊娠後半は、大学の卒業目指してレポートに追われ、出産後は、なにかとせわしなくてゆっくり記事を書く気分になれず、ブログはすっかりお休みしていました。


でも、他の方のところにはしっかり毎日お邪魔していました★

育児に疲れたとき、同じ頃に出産したママさんのブログを読みながら「うちとおなじだ~」と思ったり、双子ちゃん三つ子ちゃん家と比べて「私はなんて楽なの~」と思うようにしてみたり。。。

だからやっぱりブログってやめられない。。。


またちょこちょこ書いてみようかな~


最近やっとコーヒー(母乳のためにタンポポコーヒー)片手に、ゆっくり雑誌を読んだり、お菓子作ったりする余裕ができてきました。


今後は親子ともどもよろしくお願いします。


春くんの写真も載せたいのですが、夫からまた許可がでないので、文章だけのつまらないブログですが、よろしくお願いします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎日、レポートな日々で、久々な日記です。


今日は、夫と胎教コンサートにいってきました。

1部は、産婦人科の先生の講演。

2部は、弦楽4重奏で、モーツアルトほか

3部は、お楽しみ抽選会


時々、胎教のためにクラシックのCDをきいているけど、

やっぱり生演奏はいいなあ~

ちびちゃんも、モコモコ動いていたけど、モーツアルトが心地よかったのかな。

そういえば、先生の講演の時も、すごく動いてたけど、ちゃんと聞いてたのかな?


先生のお話によると、おなかの赤ちゃんへの語りかけがとても大事だそうだ。

語りかけや、キックゲームでママとうまくミュニケーションをとる練習をしていると、

お産のときも、赤ちゃんとママの呼吸やタイミングがうまくあって、安産になるし、

生まれたあとのコミュニケーションもいいとのこと。


もう7ヶ月に入り、ちびちゃん、いろんなこと感じているんだね。

最近、私の好きな季節になり、気持ちも安定してきたみたい。

今までは、とにかく早く大きくなって、早く生まれてきて~って感じだったけど、

最近は、おなかのちびちゃんがとても愛おしくて、

ずっとこのままでもいいかも~って感じ。。。(笑)


あと4ヶ月、おなかのちびちゃんとの生活、大切にしていこう★

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝、妹から大きな宅急便が届いた。


妊婦先輩の妹は、先月、マタニティウエアーやマタニティ下着のおさがりをたくさん送ってくれた。

そのお礼に、甥っ子にSassyのおもちゃをたくさん買ってあげた。


そしたら、またお返しに、いろいろ買ってくれたみたい。

妹は公務員で、出産まで働いて、今は育児休業中。

働く妊婦さんだと、マタニティウエアもたくさん必要だったみたいだけど、

私みたいにほとんど家にいると、そんなに必要ない。

誰に会うわけでもなく、毎日同じものを着ていたっていいくらい!?


だから、新しいマタニティウエアはもう要らないよ~っていってあった。

そしたら、今日、送ってくれた箱をあけたら、


暖かそうなルームシューズ

ハーブティいろいろ

葉酸クッキー

新しい冬用のパジャマと下着類

くつした、ハイソックス、タイツ

タートルセーター

ひざ掛け

などなど


うれし~

みんな、自分でもそろそろ買おうかな~と思っていたものばっかり。

さすが、経験者。

これで、暖かな冬を過ごせそう。。。。


それと、妹が妊娠中につけていた、妊娠ダイアリーみたいなものも入っていた。

自分の体の調子や、検診の結果、胎動、お腹のはりぐあい、お腹の赤ちゃんの様子、毎日の食事のメニューなどが書いてあった。


働いていたのに、よくこんなの書く余裕があったなあ。。。

妹は、つわりも軽そうだったし、具合悪そうな様子はぜんぜんなさそうだったのに、

日記をみると、結構、つらい日もあったようだ。。。

顔にはあまりださないで、頑張っていたんだなあ。。。


このダイアリーを読んでいたら、なんか励まされる気持ちになる。

妹の心遣い、なんかすごく嬉しい~~~♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ6ヶ月に入った★

ちょうど折り返し地点


9月の半ばごろ(18週ごろ)から、お腹の中で、ポコンとかグニョンという感じがあったのだけど、それが胎動なのか腸が動いているのか、よく分からなかった。

胎動は、早い人で18週ごろからで、通常は20~21週ごろに感じられるそうだ。

そして、経産婦や、やせている人(お腹の脂肪が少ない人)の方が、早く感じるみたい。


昨日は4週間ぶりの健診日

いつも血圧が高いので、今回は、しばらく深呼吸を何回もしてから測ったら、110-70でまあまあ。

赤ちゃんの大きさも、ほぼ週数どおりで順調。

胃や膀胱も確認できた。

心臓も、いままではピコピコ点滅するのが見えた程度だったけど、今回は、かなり大きくなっていて、ドックン、ドックンって感じで力強く動いていたように見えた。


そして内診とクラミジア検査。

子宮口は閉じていて、子宮頚管長は45ミリ。

子宮頚管長は、40ミリ程度が普通で、短くなってくると早産の危険性があるので、気をつけないといけないそうだ。


前回の検査結果は、子宮頚癌は異常なし、貧血検査も大丈夫

むくみもないし、血圧も正常だし、体重も今のところは+0.5kg


とりあえず、いまのところは、順調のようだ。(ホッ。。。。)


それにしても、ちびちゃん、またも動きまくり。

先生、エコーを見ながら、

「よく動きますね~」

「活発な赤ちゃんですね~」

そして、

「ちょっと、少しおとなしくしていないと、測れないぞ~」

とうとう、ちびちゃん、先生におこられた!


先生に、

「こんなによく動くと、胎動もすごいでしょ」

といわれたのだけど、やっぱり、今までのポコポコも胎動だったのかなあ。。?


1週間くらい前から、はっきり胎動も分かるようになってきた。

今まで、本当に赤ちゃんいるのかな。。。大きくなっているのかな。。。と心配だったけど、

胎動を感じると、すごく安心する。


ポコンって感じたら、お腹をさすったり、お腹をトントンたたいてみたり、話かけてみたり。

それに反応して、またポコンって蹴ってくるような。。。

でも、まだ、そんなコミュニケーションなんてとれないだろうから、気のせいか、偶然なのなかなあ。。。


夫が時々お腹をさわってみるのだけど、その時は、おとなしくしているみたい。

だから、今はまだ、ママとちびちゃんだけの秘密のお楽しみだね~★★★


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月23日 戌の日


私たち夫婦、私の父母、それに新築の我家を一度見てみたいとついてきた叔母とで、近くの神社に安産祈願にいってきた。


新しい腹帯も用意して、お清めしてもらうために持っていった。

腹巻タイプやガードルタイプのものはすでに使っているので、さらしの腹帯は買う予定はなかったのだけど、私の出産予定の病院では、さらしの腹帯が入院必需品となっている。

出産後、子宮をもとの状態に戻すのには、さらしが一番いいとのこと。


ということで、いずれ必要になるので、この機会にデパートで買ってみた。

1種類しかなかったけど、花柄でかわいい★


神社で記念写真を撮ったあと、我家に帰って、母が作ってきてくれた赤飯と、夫が作ってくれた芋煮なべをみんなでいただいた。

夫が朝から頑張って作ってくれた今年初の芋煮、おいしかった~


そして、夜は、駅前の料亭で松茸会席。


ずっと、つわりで、何を食べてもおいしく感じられなかったのだけど、今日は美味しいご馳走ばかりで、贅沢三昧だったな~

ひさびさに、おなかがはちきれそうなくらいになってしまった。。。


夜、寝る前に、母から、腹帯の巻き方を教えてもらった。

そして、自分で巻いてみた。

めんどくさいけど、なかなかいい感じ!

いつも、妹のお下がりの腹巻やガードルで、ちょっと小さめかなって感じなのだけど、腹帯なら自分のお腹の大きさにあわせて巻けるから、ぴったりで安定する感じ。


巻いたまま寝てみた。

夜中、トイレに起きて、大きな間違いを発見。

腹帯をしてから、パンツをはくんだったー!

パンツの上から腹帯を巻いたので、全部はずすはめに。。。

そして、また巻く気にはならず、朝起きたら、ぐちゃぐちゃの腹帯が部屋に散乱してました。。。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヨーロッパから帰ってきて、翌々日、夫が初めての一日人間ドックに行った。

それも、さんざん、私に、行け行け!といわれて、しぶしぶという感じ。。。


普通、血液や尿や便検査など、その日には結果が分からないから、数週間してから全体の結果が郵送されてくるはずなのだけど、なんと、夫は、その日にすでに何箇所も、要再検査を指摘された(泣)


まず、肝臓。

エコーで見て、すぐに「脂肪肝」と指摘された。。。


次に、眼圧。

眼圧、正常値からはみでていて、ちょっと高い。


そして、肺!

肺のレントゲンでなんと!影が映っているとのこと(泣、泣、泣)


ぼろぼろ悪いところが見つかる。。。

翌週、すぐに再検査にいった。


まず、眼科。

眼圧は、やっぱり高かったけど、視野や視神経には異常はなく、緑内障ではないとのこと。

眼圧を下げる目薬もあるらしいのだけど、かなり強い薬なので、しばらくの間、月1回、通院して様子をみつつ、薬を使うかどうか決めるそうだ。


そして、総合病院で、肺のCT。

あのトンネルみたいなところに、寝たまま入っていく検査。

そんな大掛かりな検査をするなんて。。。

そんなに悪いの。。。?


CT前のドクターの話では、

「おそらく、肋骨の重なっている部分だとは思うけれども。。。」

ということなのだけど、

万が一ということもある。。。


春に受けた精液検査のことを思い出してしまって、不安になる。

健康体の夫だし、たぶん大丈夫と思っていたら、

れっきとした精子無力症だった。。。。


だから今回、「たぶん大丈夫だろう」なんて思えなかった。


結果、今回は、大丈夫だった。

影のように見えたのは、やっぱり、骨の重なりがそう見えただけで、CTでは、きれいな肺で、肺がんの心配はないそうだ。

ほっとした~~


夫も、ほっとしたみたいで、それ日からまた、週4日くらいのペースで晩酌が始まった。

夫いわく、

「44歳で、ちょっと眼圧が高くて、’軽い’脂肪肝だけなのだから、優秀なものだ!」


なんか勘違いしている!

これから子どもが産まれるのに~

年齢からして、定年した後も、子どもはまだ成人してないのだから、再就職して頑張ってもらわないと(笑)


今回のドックで、初めて、夫の体についてすごく心配させられた。

やっぱり、健康って一番大切なんだなあ。。。


私も夫も、ほとんど風邪もひかない丈夫な体質。

それは、親からの体質遺伝もあるけど、子どものころから、ちゃんと食事などに気を使ってくれたからなんだろうと、今頃になって、両親に感謝している。


私も、今から、ちびちゃんのために、ちゃんと頑張ろう★★★



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ふーっ。。。。

この10日間で、レポート6テーマ分書いた~!

人格心理学4単位分+福祉心理学2単位分


今日締切りだったので、さっき、大学まで持っていってきた。

まさに、自転車操業状態。。。

でも、一応、今のところ、自分の計画どうりにいっている。

この調子で、あと26単位分。。。。


26単位!?

はたして出産までに終われるのだろうか。。。


理想は、12月くらいまでに、レポートも卒業試験も終わらせて、

1月はゆっくり入院準備と心の準備をして、

2月に出産

そして、3月は、子連れ卒業式


なあんてなるといいんだけどなあ。。。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。