駒吉の日記

映画・読書・マイブームなどをちょこちょこ書いていきます。★★★スパムTB対策のため「承認後に公開」にしました。反映にお時間がかかり申し訳ありませんがよろしくお願いします★★★


テーマ:

蟲師 試写会(よみうりホール)


「蟲師の、ギンコです」


銀髪のオダジョー、どうも『ゲゲゲの鬼太郎』のウエンツクンとかぶって見えてしまいます。原作はアニメを夜更かししててたまたま観、こういう作品もアニメ化されるんだーと結構はまってみてました。で映画化。和風ファンタジー、といってしまっていいのか、ビジュアル的には「妖怪大戦争」とか「どろろ」の同類項?と(やや不安な)予想。


■予告
キサラギ、GOAL2(1から随分たってるので企画倒れになったのかと心配してました。とはいえ某銀河系軍団は公開時にはメンバー総入替になってるんでは?)、ブラックブック。


■本編
ロケ地探しが大変だった&ロケもすごい場所で行くだけでも1日がかりだった、というのも納得な景色でした。日本の濃い気配が感じられる映像です。蟲のVFXも幻想的で○。とはいえ(そんなヒトは観ないと思いますが)虫嫌いな方はぞわぞわするかもしれません。


映画の方は数話とギンコの過去を組み合わせて展開していきます。阿吽の蟲、虹(のように見える蟲)を追う男、蟲を封じる娘、常闇・・・うーん、こんな話だっけ?とストーリーとキャラクターにやや違和感がありました。原作は一話完結になっていて、蟲が不可思議な現象を起こしたり、ちょっと恐かったりします。なので起承転結をつけるためにこうしたのかなあ?特にラストは観終わった直後、え”え”ー・・・とものすごく座り悪かったです。時間がたてば、まあああするしかなかったのかなあ、と思わないでもないですが。どうせ変えるんだったら・・・淡幽との散歩(道行き)のシーンをラストにすればよかったのに、と思いました。


ギンコ(オダギリジョー)は飄々としていてちゃっかりしたトコもある、というイメージでしたが、映画では子供の頃の記憶を失っているという設定。キーパーソンがぬい(江角マキコ)。サバサバ感は合ってました。虹(のように見える蟲)を追う男、虹朗(大森南朋)は大活躍、たま(李麗仙)とのかけあいが面白かったです。そして淡幽(蒼井優)。着物姿も可愛いし、耳なし芳一姿も蟲を封じる姿も巫女さんのように凛々しく可愛い~


原作のまんま実写化っていうのもつまらないですが、原作→アニメがあまりにいい出来だったので、映画はどうしてもちょっと評価が辛くなってしまうかも。


原作を超えた映画・・・今思いつくのは「嫌われ松子の一生」「ブロークバック・マウンテン」、「幸福な食卓」「暗いところで待ち合わせ」も互角ってかんじです。


http://www.mushishi-movie.jp/  蟲師  (2007年3月24日公開)
Yahoo!映画 - 『蟲師』特集 原作の世界(http://mushishi.yahoo.co.jp/afternoon/index.html

解説: 総計250万部を売り上げた漆原友紀の大人気コミックを、『AKIRA』の大友克洋監督が実写映画化したファンタジー。命の原生体“蟲”と人間をつなぐ“蟲師”の主人公ギンコの放浪の旅を、大友監督独特の“和”の感性をとり入れた斬新なVFX映像の数々で映し出す。ギンコ役のオダギリジョーをはじめ、蒼井優、江角マキコ、大森南朋などが原作イメージそのままの存在感で役を好演。自然との共生をテーマにしたドラマ性と世界観に引き込まれる。
ストーリー:一夜の宿を求めてさまよう蟲師のギンコ(オダギリジョー)は、ようやくたどり着いた庄屋で荷をほどいていると、庄屋夫人(りりィ)が片耳の聴力を失った3人の患者の診療を頼みにきた。そして、患者の耳の穴を覗いたギンコは、そこにカタツムリのような形をした、音を喰う“蟲”が付着しているのを見つけ、駆除に取りかかる。 (シネマトゥデイ)
製作年度 2006年
製作国・地域 日本
上映時間 2時間11分
監督 大友克洋
原作 漆原友紀
脚本 大友克洋 、村井さだゆき
音楽 配島邦明
出演 オダギリジョー 、江角マキコ 、大森南朋 、蒼井優 、りりィ 、李麗仙 、クノ真季子 、守山玲愛


■あらすじ(反転して)
↓ここから↓
幼少時に母と物売りをしながら山道を歩いており、山崩れによって母を失ったヨキ。彼を助けたのは沼地近くに住む銀髪の女性だった。


(上の続き)その蟲は「吽」。村人の治療が終わると、夫人は孫娘の真火(守山玲愛)も診てやってほしいという。少女は周囲のあらゆる音が頭の中で響いており、その額には角のようなものが生えていた。そして真火の母(クノ真季子)も同じように角が生えて衰弱死していた。真火の母は真火に自分の声が聞こえているか、覚えていてほしいと言いながら亡くなっていた。真火は母の亡骸から落ちた角を額にあて、母の声を聞こうとした。「吽」と対の音を集める「阿」という蟲と自らへの暗示が真火の今の状態を生んでいたのだ。ギンコは「阿」をつぶし、呪縛を解いた。


蟲師の連絡場所の堂でギンコは虹朗(大森南朋)という虹を捕まえようとしている男と出会う。虹朗は橋大工で彼にとっての橋は虹だという。虹ではなく、鉱脈の蟲と知ったギンコは蟲の話を集めている淡幽(蒼井優)の元へ向かう。淡幽(蒼井優)は蟲に取りつかれた家系で蟲を文字にして巻物に封じ込めていた。が一ヶ月前に訪れた口のきけない男と盲目の女蟲師の話を聞いて以来、自分の蟲を制御できなくなっていた。その常闇(トコヤミ)の話はギンコの失われた幼少時代の話でもあった。常闇に触発され書庫の封じられた蟲たちが暴走、ギンコの中の常闇がそれらを呼び彼の中へ。一方淡幽も蟲に浸蝕され、たま(李麗仙)は文字通り「血路」を開いた。虹朗(大森南朋)の手助けにより蟲を追い出した淡幽は今度はギンコの中の蟲を文字にして再び封じ込めた。


~過去~ギンコは母を亡くしたとき、銀髪の女性ぬい(江角マキコ)に助けられた。彼女の夫は不作続きの村を救おうと水をせき止めたのだがそこは鉱脈筋でそこに住まう常闇も封じ込めてしまったのだった。常闇に惹かれた子供と夫を失ったぬいは常闇を調べるうちに髪が白く、片目を失っていた。蟲を喰らう常闇の住まう沼地、その常闇を喰らうという蟲、ギンコ。その沼地にいると自分と同じになるとヨキを近づけまいとしていたのだった。ぬいは自ら常闇に喰われて鉱脈筋を戻そうとしたところ、ヨキが飛び込んできた。ぬいはヨキを助けようともう片方の目を失い、ヨキもまた片目と記憶を失ってしまったのだった。


回復したギンコは虹朗と一緒に淡幽の元から再び旅出った。魂の抜けたようなギンコだったが旅を続けるうちに元に戻っていき、鉱脈筋でついに虹をみつけた。虹朗は故郷に帰って橋大工に戻りいつかギンコと淡幽が二人でやってくることを待っていると別れた。


ぬいといた地蔵堂に戻ったギンコは常闇と一体化してしまったぬいと再会する。ぬいは亡くした子供をヨキに重ね、その執着が常闇をひきよせてしまった。ギンコはぬいを沼地から離し静かな山中に横たえ、一人旅立った。
↑ここまで↑

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

駒吉 komakichiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。