駒吉の日記

映画・読書・マイブームなどをちょこちょこ書いていきます。★★★スパムTB対策のため「承認後に公開」にしました。反映にお時間がかかり申し訳ありませんがよろしくお願いします★★★


テーマ:

リトル・ミス・サンシャイン試写会@新宿明治安田生命ホール


「お前は世界で一番きれいな女の子だよ」


ママ役のトニ・コレット(イン・ハー・シューズの姉役)以外は知らないので、なんだかドキュメンタリーフィルムを観ているような気分になりました。


成功を夢見る父、不良ジジイの祖父、黙り込んでる兄に自殺未遂の伯父となんだか困り者な面々。それぞれバラバラのテンションで食事したりバスに乗り込み話したり。方向性は困ったカンジなのだけど、皆子供達のことを想い、大事な家族と思っているところがみていて笑いと、ぽかぽかした気分になってきました。


ちびっこのミスコンはこんな小さい頃から競争なのか~と、かなり怖かった・・・でも考えてみれば日本でも○ー娘。やなんかのオーディション番組も近いのかなあ。そして上品下品の基準がよくわからないー。しなを作るのはよくてロックなダンスはダメなの???


おんぼろの黄色いバスをみんなで押しながらエンジンをかけ、腕を差し出して飛び乗るシーンが何度もありました。車の中では好き勝手なことをして話して、時には飛び降りたりし、でも同じ行き先を目指して走り続ける。大げさだけど人生や家族の象徴のようにかんじました。


これが今年最後の試写会かも~(「大奥」のオンライン試写も外れたし)
今回は早くに着いて席でのんびりしていたら、ロビーでボルドーワインの試飲があったらしい!映画の前に司会の方とソムリエさんが登壇しました。えー、入場の時に言ってよお!チラシとワインの紹介をもらったので「?劇中に出てくるのか?」くらいしか思わなかったよ。。。ちょっとがっくり。


■第79回アカデミー賞 助演男優賞 アラン・アーキン


http://movies.foxjapan.com/lms/  リトルミスサンシャイン  (2006/12/23公開)


解説: サンダンスを始め、多くの国際映画祭で、スタンディング・オベーションの絶賛を受けたロードムービー。美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す姿を描く。主人公の家族を演じるのは、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレル、『イン・ハー・シューズ』のトニ・コレットら。機能不全に陥った一家族が、旅を通して再生していくハートウォーミングな展開が見どころ。第19回東京国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞など最多3部門を受賞した。
ストーリー:小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フランク(スティーヴ・カレル)らと車で決勝大会の会場を目指す。 (シネマトゥデイ)
製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 1時間42分
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス
脚本 マイケル・アーント
音楽 マイケル・ダナ
出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ 、アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、ブライアン・クランストン 、マーク・タートルトーブ 、ベス・グラント

■あらすじ(反転して)
↓ここから↓
小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。父リチャード(グレッグ・キニア)は「9段階のプログラム」で勝ち組になろうとしており、兄ドウェーン(ポール・ダノ)はニーチェの沈黙の誓いを守り航空学校を目指している。父方の祖父(アラン・アーキン)はクスリで老人ホームを追い出され、ママの兄でプルースト学者のフランク伯父(スティーヴ・カレル)は失恋で自殺未遂を図り失業中。


地方予選で繰り上げ優勝したオリーヴはアリゾナからカリフォルニアの本選に出場することになり、一家総出で会場に向かうことになった。パパの出版は成立せず、フランク伯父は失恋相手と恋敵に遭遇。暗い雰囲気の中モーテルに泊まり、引き返すかで夫婦喧嘩。パパは仲介者へ直談判へ向かうがダメだった。その翌朝、(クスリのため?)祖父が急死。
--->ここは搬送先で人違いとか、なーんかオチがあるんじゃないか、と最後まで考えてしまいました。


葬儀の手続をしていては間に合わないと遺体と共に病院を脱走し、コンテスト会場に向かった。道中オリーヴとの視力検査と色盲テストの遊びでドウェーンは色弱であることが発覚。パイロットになれないことを知ったドウェーンはパニックを起こし車から飛び降りる。オリーヴがドウェーンをなぐさめ、再び会場に向かうが数分遅れで受付終了。受付の男の機転により出場が許された。

コンテストが始まり会場の雰囲気にパパやドウェーン、フランクは圧倒&げんなりし、オリーヴに出場を辞退するように言い出した。会場で歌やモノマネ?曲芸が繰り広げられる中、オリーヴは出場を決意し、祖父仕込みのダンスを披露する。あまりに毛色の違うダンスに席を立つ人続出、主催者は激怒し中止するように言う。


一旦は辞めさせようとしたパパだか舞台に上がり、一緒に踊り始めた。続いてフランクやドウェーン、ママも乱入。カリフォルニアのコンテストへの出場禁止になったが、一家は満足して帰路についた。
↑ここまで↑

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

駒吉 komakichiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。