駒吉の日記

映画・読書・マイブームなどをちょこちょこ書いていきます。★★★スパムTB対策のため「承認後に公開」にしました。反映にお時間がかかり申し訳ありませんがよろしくお願いします★★★


テーマ:

父親たちの星条旗 試写会@中野サンプラザ

「”英雄”と呼ばれるのがくるしい」


硫黄島での1枚の写真、英雄に祭り上げられた6人の内、生きて本国に帰れたのは3人だった。第二次世界大戦末期、日本はもうぼうぼろの状態だったのですが、アメリカでも戦争に対してここまで疲弊感があったのか、と知りました。


生き残り英雄として国債キャンペーンに駆りだされた3人、ジョン・“ドク”・ブラッドリー(ライアン・フィリップ)、 レイニー・ギャグノン(ジェシー・ブラッドフォード)、アイラ・ヘイズ(アダム・ビーチ)。黙々とこなすドク、未来が変わると信じたレイニー、自責の念に落ちいったアイラ。英雄として各地をめぐる中、戦地で隣にいた戦友が一瞬後に消え去っていく光景が甦る。


戦争映画ってほとんど観ないので比較はできないのですが、戦争をはじめたからには何か成果を残さなくてはいけないということで兵士をどんどん戦地に送り出し、戦費調達のために国債を発行する。それぞれが志願した理由は描かれていませんでしたが、結局何も得ることはできなかったのではないかと戦争に対する虚無感でいっぱいになりました。


得たとすれば戦争のない世界の大切さ、なのでしょうか。
「硫黄島からの手紙」も観たくなりました。

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/  父親たちの星条旗

解説: 第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、アメリカ側の視点から描いた戦争映画。監督は『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド。日米双方の視点から“硫黄島の戦い”を描く“硫黄島プロジェクト”第1弾作品としても注目だ。有名な“摺鉢山に星条旗を掲げる米軍兵士たちの写真”の逸話をもとに、激闘に身を置いた兵士たちの心情がつづられる。『クラッシュ』のライアン・フィリップら、若手スターが多数出演。第2次世界大戦の知られざる一面が垣間見られる。

ストーリー:第2次世界大戦の重大な転機となった硫黄島の戦いで、米軍兵士たちはその勝利のシンボルとして摺鉢山に星条旗を掲げる。しかし、この光景は長引く戦争に疲れたアメリカ国民の士気を高めるために利用され、旗を掲げる6人の兵士、ジョン・ブラッドリー(ライアン・フィリップ)らはたちまち英雄に祭り上げられる。 (シネマトゥデイ)

製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 132分
監督 クリント・イーストウッド
原作 ジェームズ・ブラッドリー 、ロン・パワーズ
脚本 ポール・ハギス 、ウィリアム・ブロイルズ・Jr
音楽 クリント・イーストウッド
出演 ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ 、ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 、ポール・ウォーカー 、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 、ジョン・スラッテリー 、ロバート・パトリック 、ニール・マクドノー 、メラニー・リンスキー 、トム・マッカーシー 、クリストファー・バウアー 、ジュディス・アイヴィ 、スコット・リーヴス


■あらすじ(反転して)
↓ここから↓
太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗を掲げる6名の兵士、マイク、フランクリン、ハンク、レイニー、アイラ、ドクは一躍アメリカの英雄となるのだった。しかし、その後祖国に帰還したのはドク、アイラ、レイニーの3人だけだった。国民的英雄として熱狂的に迎えられた彼らは、戦費を調達するための戦時国債キャンペーンに駆り出され、アメリカ各地を回るのだった。


星条旗を掲げた写真は本当は差替え時の写真だった。最初に掲揚した時の写真は失敗だったことと、軍司令官がその国旗を欲しがったため予備のものと交換し、その際の写真が撮られ採用されたのだった。
また写真に写った兵士を国債のキャンペーンに使うため、実際いた兵士と異なった報道をした。


キャンペーンを黙々とこなすドクだったがセレモニーの花火で硫黄島の爆撃を友人達の死を地獄のような光景を思い出した。レイニーは会社社長や有力者に近づき職を得ようとしたが”英雄”の効力はすぐになくなってしまった。アイラはことある毎にネイティブアメリカンであることを揶揄され、戦場でみたものしたことの自責の念からアルコールに溺れ立ち直ることなく亡くなった。
↑ここまで↑


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

駒吉 komakichiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。