駒吉の日記

映画・読書・マイブームなどをちょこちょこ書いていきます。★★★スパムTB対策のため「承認後に公開」にしました。反映にお時間がかかり申し訳ありませんがよろしくお願いします★★★


テーマ:

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト先行上映@シネマイクスピアリ


「さらば、ジャック・スパロウ」


オンラインチケット(http://www.ikspiari.com/cinema/で申し込み。
座席も決まってたので安心。3の前売りも買ってしまいました!


そして観終わってから、連休初日で激混みTDLに突入して「カリブの海賊」に行ってきてしまいました。
3が気になる!!!そして第1作「呪われた海賊たち」の方もまた観て確認しないと!


またまた人外の者との取引でピンチなキャプテン・ジャック。
ジャック、ウィル、エリザベスに新しく東インド貿易会社の権力者、女占い師などなど登場。
そして前作からのキャラクターも!(←なので「呪われた海賊たち」を確認したくなるんですよね~)


前作ではバルボッサ達が月光の下で骸骨になるのと海底の進軍が鳥肌が立つくらいインパクトがありました。今回はぬめり系&フジツボのデイビィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)、手下達にクラーケン。デイビィ・ジョーンズは見た目と違ってロマンチストでちょっと可哀そうになってしまった・・・
まあ敵役?なんだけど、そもそも契約を履行しようとしているだけなんだし。そういうと「呪われた海賊たち」のバルボッサだって後悔して宝物を返してカンベンしてもらおうとしただけなんだしねえ。


かっこよさとコミカルさ、海賊度もアップしてました。海賊度では結局エリザベスが一番かも~。それともオンナはコワイよ、か?チェストをめぐる浜辺や水車でのバトルはほとんどコントのようでした・笑
(「呪われた海賊たち」の鍛冶屋でのバトルはリアリティがあったのね)
パンフレットを熟読して「呪われた海賊たち」を観て、また観にいきたいです~

http://www.disney.co.jp/pirates/   デッドマンズ・チェスト

解説: ディズニーランドの名物アトラクション“カリブの海賊”を壮大なスケールで映画化した、人気海洋アドベンチャー活劇の続編。主演のジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ以下、前作のスタッフ&キャストが再結集するほか、『ラブ・アクチュアリー』の個性派ビル・ナイ演じる海の悪霊デイヴィ・ジョーンズが敵役で新たに登場する。同時撮影されたパート3への期待を募らせるストーリー展開にも着目。
ストーリー: ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は、海底の支配者として悪名高い、さまよえる幽霊船“フライング・ダッチマン”の船長デービー・ジョーンズ(ビル・ナイ)に多額の借金があった。ジャックは自分自身の保身のため、仲間であるはずのウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)やエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)を裏切ってしまい……。


製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 2時間45分
監督 ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮 ブルース・ヘンドリックス 、エリック・マクレオド 、チャド・オマン 、マイク・ステンソン
脚本 テッド・エリオット 、テリー・ロッシオ
音楽 ハンス・ジマー
出演 ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ 、ビル・ナイ 、ステラン・スカルスガルド

■ネタバレ・あらすじ(反転して)
↓ここから↓

結婚式を目前にウィルとエリザベスはジャック・スパロウの逃亡幇助で逮捕されてしまう。ウィルは赦免の条件としてベケット卿(東インド貿易会社重役)からジャックの持つコンパスの取引を持ちかけられる。

ジャックの元に幽鬼のようなビル・ターナーがデイビィ・ジョーンズの使いとして契約を果たせと伝えてきたため、急遽ブラックパール号の上陸を命じた。
ウィルはトルトゥーガに向かいジャックとブラックパール号の行き先を知り追いかけた。島に上陸すると原住民に捕えられ、船員達と一緒に檻に入れられてしまう。
ジャック自身は彼らの神と勘違いされており、魂と肉体の分離の実践後、食べられてしまうという。なんとか脱出し、バルロッサの脱獄した手下二人もなぜか一緒に船上に。
ウィルはジャックにコンパスを渡すように要求するが、ジャックはデイビィ・ジョーンズの鍵が見つかればといい、占い師ティア・ダルマの住むブルーバイユーに向かう。
ティア・ダルマから鍵はデイビィ・ジョーンズの宝箱の鍵であり、その中には彼の心臓が入っていること、鍵は彼が持っていることを教えられる。
またジャックにお護りとして土の入った壺を渡した。

一方エリザベスは父の手引きで牢から逃げ出し、ベケット卿を赦免?状を脅し取り、ウィルの後を追いトルトゥーガへ。

難破船をみつけ乗り込んだウィルは生き残りの船員達と共にデイビィ一味に捕えられてしまい、
「ジャック・スパロウの借りを返しに来た」と告げる。
ジャックはかつて自分の魂と引き換えにブラックパール号を得たのだった。デイビィから今度は100人の魂を渡せば助けてやるとのこと。ウィルはそのまま人質として連れ去られた。

ジャックは100人の船員を募るためにトルトゥーガへ行った。面接の酒場に落ちぶれたノリントンが現れ大混乱になるが、エリザベスとノリントンはブラックパール号に無理矢理乗船した。
ジャックはエリザベスにウィルの行方を問い詰められ、助けるにはデイビィの宝箱が必要だと告げ、コンパスを差し出す。
エリザベスの手に渡ったコンパスはある方向を指していた。

ウィルはさまよえる幽霊船「フライング・ダッチマン」で幼い頃に死んだはずの父「靴ひものビル」と再会する。
鍵を得るためにデイビィにサイコロの賭けを申し出、鍵の在り処を知った。鍵を盗んだウィルは父と共に脱出しようとしたが父はデイビィとの契約によりフライング・ダッチマンから降りられない。
必ず助けるといい、ウィルは逃げ出した。
ウィルを助けた船はデイビィの配下の魔物クラーケンに襲われ粉々に、不安になったデイビィは宝箱のあるイスラ・クルセスに向かう。その船尾にはウィルが密かにとりついていた。

ジャックとエリザベス、ノリントンはイスラ・クルセスに上陸、宝箱を発見した。そのときウィルが到着、ジャックの嘘を暴露し父を解放するためデイビィの心臓を刺そうとする。
ジャックが阻止、更にノリントンはベケット卿への貢物として宝箱を横取りしようと鍵の争奪戦を始めた。
エリザベスが戦いを止めようとしたすきに元バルボッサの手下コンビが宝箱を攫い、エリザベスと遅れて到着したデイビィの部下達がそれを追った。

ジャック、ウィル、ノリントンの戦いは島内の古い教会、水車へ。混戦の中、ついにジャックは鍵と宝箱を目前にし心臓を取り出した。
ジャックは心臓を土の入った壺に隠し、空の宝箱と鍵はデイビィの手下の下へ。ノリントンは島のジャングルへ、ジャック達はブラックパール号へと戻った。

ブラックパール号をフライング・ダッチマンが追撃。ジャックは壺の中に心臓がないことに気がつく。
クラーケンに船を止められ、反撃の準備をする船員達を尻目にジャックは一人ボートで逃亡しようとした。エリザベスはそれに気がつき激怒する。
クラーケンの攻撃でもうどうしようもなくなったところにジャックは戻り、ボートで脱出するように指示した。
エリザベスはジャックに戻ったことの謝辞をいいながらキスをしながら、ジャックをマストに拘束。クラーケンの獲物がジャックであるから犠牲になってくれと言い残し、ボートへ。
一人残されたジャックはブラックパール号と共にクラーケンに海中にひきずり込まれた。

ノリントンは?状とデイビィ・ジョーンズの心臓をもって復職を求めにベケット卿の元へ行った。

ウィルや船員達は再びティア・ダルマの元へ。ビル・ターナーとジャックを救う方法があるという。
そこへ行くには・・・と案内人として紹介されたのがバルボッサだった。


↑ここまで↑


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

駒吉 komakichiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。