滅多斬り!ゲーム徒然【語る狛犬】

国内外を問わず良作を追い求める社会人ゲーマーの視点から繰り広げる、主張の偏ったゲーム批評。


テーマ:

8/29に発売するや否や、Amazonレビューをはじめとした各所で滅多打ちに遭っている格闘ゲーム、
「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(以下ASB)」。
 
俺も発売日からずっと遊んでいるけど、このゲームが抱える問題点は方々で出尽くした感があり、レビューを書く意味合いも気持ちもなくなってきた。
そのため、今回はレビューではなく、方々で叩かれている事象に対して語るという入れ子構造でいく。
 
 
ここで前置きを。 
批判されているポイントは大きく3つ。格闘ゲームとしていかにイケてないか、ストーリーモードがしょぼい、
あとはソシャゲ要素のキャンペーンモードの存在だろうか。
それらについて語るにあたり、俺のプロファイルというか、このゲームに対してどのようなスタンスで相対しているのかを、それぞれの項目の前に明らかにしておく。
というのも、ことASBに関しては受け手によって大きく評価や叩くポイントが様変わりしていく傾向にあるからだ。

 

まあ、意見の一つってことで。
 
 
①格闘システム、対戦モードについて
 
 正直俺は格闘ゲーマーではない。
よく遊んだのは随分昔の話で、一番多く遊んだのは兄が大ファンだった「美少女戦士セーラームーンR(スーパーファミコン)」。
たぶんSFC後期のゲームだったと思うが、兄の気軽な対戦相手として動員される形で、指が痛くなるまでプレイした。
今思い返せばチャチなゲームだが、状況というものはゲームを面白くするもので、あんなものでも俺は楽しくプレイした。
その後よく遊んだのは「ストリートファイターZERO2(セガサターン)」。
ただこのあたりから、格闘ゲームは色々なシステムをくっつけて進化したり、熟練者の読みあいが面白くなるように複雑化したり
入力が難しくなっていったりで、正直ついていけなくなっていった。
 
そのため、ASBに期待していたのはわかりやすさや簡単さだけ。
 
それを踏まえて思うんだが、格闘ゲームとしての資質のマズさを叩く意見のほとんどは必死すぎかなと。
ダメージがどうとか、連打だけでコンボ、ボタン1発の超必、永久コンボ、対戦バランス云々…
格闘ゲームブームもいまは昔、随分衰退したジャンルの生き残りプレイヤーにとっては、その後のニッチファン向け作品群は進化と洗練を繰り返してきたものなのかも知れないが、
普通に考えてジョジョ人気再燃の流れに乗っかって(バンナムの集金システムとして)リリースされた本作が、
そんなガチ連中を喜ばせるために開発されたものではなさそうなものだと思う。
 
正直これより難しかったら俺やライトゲーマーの多くが求めたものにはならなかったと思うし、ボタン連打お手軽コンボやL1のGHA無かったら俺困るわ。
ダメージ云々、バランス云々もよくわからんけど、格ゲーマーに何らかの共通認識があるとして、なんでそれを全ての格闘ゲームが強制されなきゃならんのか、というレベルでわからない。
もし格ゲーマー絶賛の出来だったら逆に投げてたろうね。。そっちの開発にリソースを費やして、グラフィックス二の次だった方が問題だったろう。
永久コンボはお粗末だと思うけど。
 
なんていうか、洋楽ファンが日本のポップスを小ばかにするようなご高説、俺おなかいっぱいです。
 
 
②ストーリーモードについて
 
 俺は中途半端なジョジョファンである。
マンガは第1部~第7部まで全巻、ジョジョリオン4巻まで持ってるが、クイズに答えられるほど詳しくはない。
ジョジョの画集+スタンド辞典(前回刊行されたもの、表紙がグルグル回せるやつ)も買ったが1回見ただけ。
好きだが信者ではない部類だ。
 
そのため、ASBに期待していたのはキレイなキャラが楽しく動かせることだけ。
 
ストーリーモードへの批判はほとんどファン目線によるものだが、ここはまあわからなくもない。
キャラゲーだったらもっとムービー入れてほしかったし、原作と全然違う場所で繰り返し戦うのもなんか興ざめする。
ステージは狭くてもいいから、もう少し多く用意すべきだっただろう。
 
なんらかの格闘ゲームを遊んだことがあるプレイヤーからすると、元々ああいうゲームにはほとんどストーリーが無く、
無意味かつ唐突に色んな奴と順に戦う流れが当たり前だったりするんだろうけど、
そこの常識は捨てて開発してほしかったなあ!10時間ぐらい遊びたかった。
 
かと言って、俺は中途半端なファンなので、キレイなキャラを動かせるだけで半分満足してた。
信者クラスになると「ジョジョへの冒涜」とか言い出す始末なんだが、それは引く。
 
 
③キャンペーンモードについて
 
 俺はこのブログで終始一貫して言ってるとおり、課金型ソーシャルゲームが嫌いだ。
なかでもガチャシステムと、時間回復型(課金による急速回復)のプレイ制限の悪質さには閉口しているが、
スマホでは盛大にやってればOK、ただしコンシューマには来んな!という考えを持っている。
 
そのため、ASBに期待していたのは「せいぜい有償DLCキャラくらいで勘弁な」。
 
したがって、俺はこんなクソモードがあることに驚いたし、バンナムにはさらにがっかりした。
関係者や雑誌にも緘口令を強いて、このモードについてひた隠しにしてきた悪質さに引いた。
まあ、先に公開してれば売れなかったろうからな!
それに、決して安い部類ではないこのゲームに、さらに時間を有料(20分に1Pしか回復しねえw)とする
スマホソーシャル風の要素を重ねがけするのって相当悪質だわな。
基本無料にしてくれてるDeNAやGREEが神様に見えるってのは言いすぎだが、それらを凌駕するゲスさは認める。
ただ信者クラスになると「荒木先生への冒涜」とか言い出す始末なんだが、それは引く。
 
にしても俺は、このソシャゲ風要素を入れずに、長く無料で遊べるキャンペーンモードにして、
魅力的な有償追加キャラをコツコツ揃えていくほうがバンナムにとって良かったかもよ?と思う。
正直キャラゲーに手を出す以上、多少のキャラ追加にはお金を支払う気でいた。
出てほしいキャラはホントいっぱいいるからな。
キャンペーンモードがエネルギーに邪魔されずずっと遊べ、キャラごとにたくさんの面白いイベントが発生する神モードだったとしたら、
俺含め多くのファンはこぞってたくさんの追加キャラに手を出しただろう。
 
だが、今のコレじゃあせっかくキャラ買っても、対戦ツールとして期待してない人は大して遊ぶモードが無いんだぜ?
 
 

■独断マトメ。
 

…と、いちいち語ってきたが、結局ASBはもったいないゲームだ。
キャラクターグラフィックスはこれ以上無いくらい良く出来ているので尚更。
バンナムのカスに何を言っても無駄だろうが、もうちょっと総合的にユーザーを喜ばせようと思えや。

喜んでDLCに貢ぐ神土俵を用意すんのが、これからのバンナムに求められるものだと思ってほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。