加藤由迦のクリエイティブ宇宙論

スタークリエイター加藤由迦が独自の観点で綴る、クリエイティブに生きていくための宇宙の原理。


テーマ:

 

 
2/11は獅子座の満月。
 
今回は個人的にも、この満月を待ち望んでいたように感じます。
 
一言で言うと、
新時代のリーダーが顕在化するような満月。
 
あらゆる分野において、新しいアプローチで時代をリードする、
主体となる人物が現れ始めるような満月です。
 
 
獅子座的リーダー性が、
新しい形で顕現され始めようとしています。
 
次世代リーダーとして表に立ち始める人や、
次世代リーダーの見本となる人が現れる時期でも在ります。
 
 
これまでのリーダー像と明らかに違うのは、
組織やグループを率いるトップに立つリーダーの姿から、
 
自分の人生を自分で責任を持って
リードするあり方を示すリーダーであること。
 
 
人々の面倒を見て、グループの責任を取りながら、
パワーや権力を持つというトップダウン的あり方が終わります。
 
 
自立した個人として、
自分の幸せの面倒を真剣に見ていく方法を伝える、
調和や協調的な関係を作ることを呼びかける
リーダーへと変化していきます。
 
 
 
実はトップダウンのリーダーシップの由来は、
本来高い波動のものからエネルギーが足らないものへ、
パワーの再分配のようにあるべき、
シンプルなエネルギーシステムでした。
 
 
 
しかしながら、人間の閉鎖的な思考のレベルで、
このトップダウン形式を採用し、
私たちの歴史は身分や権力というものに力を与えてしまいました。
 
 
 
新しいリーダーシップのあり方としては、
高い波動を多くの人に流しながらも、
平等な立ち位置で人々に接するような在り方になるのだと思います。
 
 
圧倒的なカリスマ性やパワーというイメージよりは、
自分自身に嘘をつかないという「純度」や、
世界のこれまでの矛盾点をクリアにしていく「探究心」
そして誰よりも自分自身から変化しようとする姿を持った、
リーダーの誕生が目につくのではないかと思います。
 
 
 
 
新時代リーダーたちは、
さりげなく、しかし圧倒的な純度で輝いています。
 
 
そして、この時代の特徴としては、
これまで自分自身に正直であることを徹底してきた、
様々なジャンルの新時代リーダーたちが、
運命的に引き合い出会い、
さらにお互いを高めるべく繋がり始めるということ。
 
 
その繋がりの中で、自分自身と向き合ってきたことが
間違いなかったと確信するのだと思います。
 
また、他ジャンルの次世代リーダーを目にし、
さらに感化され自身の活動にフィードバックしたり、
お互いの性質で化学反応を起こすように
コラボレーションが盛んになり始めます。
 
 
 
これまでの時代が群れの中にボスザルが一匹、
強烈なパワーで弱者を率いていた姿から、
 
余計なプライドに固執しない、
高い精神性を持った者同士が群れをなし、
新たしい住みやすい世界を率先してつくっていく。
 
そして、その姿に感化される者たちが、
自身の自立の重要性を思い出し、
成長して自分の人生のリーダーになっていく。
 
 
つまり、すべての人が自身の人生のリーダーとなれるよう、
世界の基盤を作るようなパイオニア的なリーダーの目覚めの時期であり、
それに続く内側の自立を目指す人の
静かな意志を高めるような満月なのです。
 
 
 
 
これまでパイオニア的に次世代リーダーになる人たちは、
既存のシステムや権力社会の枠組みの外側に生きることで、
叩かれていた時期もありました。
 
 
未だ自分の人生に責任を持って生きるという意味が
理解できない人にとっては、
社会秩序を乱すように思えたり、
奇行をとっているように感じられるのではないかと思います。
 
 
しかしこの満月はそういった閉鎖的な思考を
見事に打ち破るように、
次世代リーダーたちを浮き立たせていきます。
 
 
もう、彼らを止めることはできません。
 
能力や権威で率いるリーダーから、
友愛やコミュニティで率いる
水瓶座の時代にあったリーダーのあり方へと移行します。
 
 
私たち一人一人が、そういったリーダー性を
感化される時期でもありますので、
自分自身にどれだけ素直にいきているかを
見てみると良いのではないかと思います。
 
 
 
 
さらに獅子座はクリエイションというキーワードを持っています。
 
創造性を持って生きる生き方こそ、
真のリーダーの姿なのだと思います。
 
既存の世界を守り、人を従えるというあり方から、
クリエイティブに新しい世界を創造することが求められています。
 
自分の人生をリードするということは、
 
 
 
【獅子座の満月のフルムーンデトックス】
 
フルムーンデトックスのプロセスでは、
リーダーシップの古いパターンが解放されていきます。
 
またクリエイティブに生きることへの制限や、
自分への過小評価、過大評価にも焦点が当てられます。
 
満月のデトックスはPARADIMG SHIFTの動画レクチャー
PARADIMG SHIFT実践プログラムの内容でもお伝えしているように、
現象を通して内面的な制限に気づくようになります。
 
 
特に自分のリーダー性を否定していたことや、
自分自身の人生をリードせず人に預けてしまっていたことの後悔、
またエゴが先行してリーダーになろうとしていた弱さが、
 
目の前の現象を通して目の当たりにされると思います。
 
 
以下のポイントに意識を向けて見てください。
 
 
《リーダーシップの目覚めのための解放》
□自己卑下しすぎていないか?
□自分の人生のリードをできているか?
□与えられた環境に従っていきていないか?
□誰かについていきたいと考えていないか?
□人のためだけに生きていないか?
□人からの評価に振り回されていないか?
□自分が輝くことや目立つことに遠慮は抵抗はないか?
□自分よりも人を輝かせることに熱中していないか?
 
 
《古いリーダーッシップの修正のための解放》
□自己顕示欲を手放せているか?
□肩書きやプライドに振り回されていないか?
□自分より上か下かで人を見ていないか?
□支配的な思考の状態になっていないか?
□目立つことを求めているエゴに気づいているか?
□成果主義になって目的を見失っていないか?
□常にピュアで謙虚な姿勢を持っているか?
□人や自然宇宙に生かされていることを忘れていないか?
□仕事を一人で背負いすぎていないか?
□責任で押しつぶされそうになっていないか?
□自分より弱い人の面倒を見ることが仕事だと思っていないか?
 
 
 
《クリエイションのブロックの解放》
□人生に部分的な諦めや妥協を持っていないか?
□クリエイティビティを商業的な理由で妥協していないか?
□発想の枠に縛られていないか?
□過去のクリエイティブな活動での失敗や評価で傷ついていないか?
□人と自分の表現を比べていないか?
□アートは仕事にならないという理由で諦めていないか?
□自分から始まる人生をつくることを辞めていないか?
 
 
 
具体的なデトックス方法を知りたい方は、
PARADIMG SHIFT実践プログラムをぜひご活用ください。
 
 
獅子座の満月があなたに語りかけます。
 
「本当に今のままでいいの?
 もっと自分主役の輝く人生を選んでいいんだよ。」
 
あなた自身が自らの人生の圧倒的な主役であること。
 
太陽を背負う獅子座が、
月を通し「自分が世界の中心」であることを思い出させようとしています。
 
 
そして中心に輝く太陽のような存在で溢れ、
調和していく世界の幕開けがいよいよ来るのだと思います。
 
加藤由迦
 
 
 
 
 
 
 

 

この時代に必要なメッセージとして発信しております。

より多くのクリエイターやアーティスト、起業家やフリーランサーの方に届くよう

シェアやリブログ大歓迎いたします。

 

リブログ、Facebookでシェアを頂く際は、

#加藤由迦 のハッシュタグのご協力を是非とも宜しくお願い致します。

 

 

加藤由迦オフィシャルメールマガジン(無料)

 

いいね!した人  |  リブログ(21)

加藤由迦(YUKA KATO)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります