加藤由迦オフィシャルブログ「アソビウム」

加藤由迦が独自の観点で綴る、人生を創造的に生きていくために大事なこと。
遊び心とクリエイティブの関係性を、自分の人生で実験し感じたことを書いています。


テーマ:

 

 

 

本日配信のメルマガにもアップしたように、

 

とても特別なこの時期を

しっかり有効活用して欲しいと感じています。

 

メールマガジンはバックナンバーを行っていないため、

ご覧になっていない方に、少しだけその内容を引用すると、

 

 

 

私たちを定義する根底(仮面)を探っていくと、

 

人間として、傷ついた。

女性として、傷ついた。

男性として、傷ついた。

親として、傷ついた。

子供だから、傷ついた。

上司として、傷ついた。

この立場的に、傷ついた。

キャリアが、傷ついた。

プライドが、傷ついた。

自己イメージが、傷ついた。


という感覚が見えてくるでしょう。


そして、

人として、女性として、男性として、

というような定義が前提で傷ついたと感じる場合、


そもそもあなた自身は傷ついていません。

あなたがつけた仮面が少し傷がついたり、

歪んだりしているだけで、

あなたは一切何かに悩む必要のないことです。

 


服が少し汚れた。

髪型が少し崩れた。

 


本当はそういうものであり、

あなた自身が大きな傷を負ったという感覚は

実は幻想だと言えます。
 

 

 

※お問い合わせいただいても個別でバックナンバーの配信はいたしておりません。

ご興味のある方は今後の配信をお見逃しないようあらかじめご登録ください。

加藤由迦オフィシャルメールマガジン(無料)

 

 

 

私たちがこれまで悩んできた多くは、

「仮面」の傷です。

 

 

 

 

 

 

昨日も、友人であり形而上学仲間の岡崎直子ちゃんと、

いつものように夜中までそんな話で盛り上がりました。

 

最近アップしている岡崎直子ちゃんの

タロットの記事がかなり面白いのでチェックしてみてください。

更新頻度も高いです。

 

 

岡崎直子ちゃんと、私の主人のPANくんとで、

いつも盛り上がる話題は

「ジェンダー(男性性/女性性)」のテーマ。

 

そして、もちろん形而上学的なテーマや、

現実世界というこのマトリクスの構成について、

人間の認識領域や宇宙のこと、

またニューパラダイムについてなども盛り上がる議題です。

 

通常認識で生活している領域から、

何層も次元を上げて盛り上がれる貴重な仲間。

 

多分マニアックすぎて、

意味がわからない部分も多いのではないかと思います。

 

 

しかし、いつもこの夜中の語らいによって、

気づく様々な原理原則、宇宙の面白さは、

きっと多くの人にとっても役立つものではないかと感じ、

今度、3人でトークするYouTube動画を

アップしていこうという予定です。

 

 

多分11月ぐらいから、

ゆるりとアップ開始すると思いますので

是非チェックおいてくださいね。

 

今は私一人で宇宙の原理を実用的に解説する、

カトウユカ宇宙チャンネルでいくつか動画を公開中です。

こちらもまだ見たことのない方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

話を本題に戻して、

 

最近この「仮面が傷つく」ということを

 

恐れている人をよく見かけます。

 

 

 

特に男性的なプライドや肩書きなどが

傷つくことを恐れている人が多いように感じます。

 

 

これまで隠し通せてきた、

仮面と自分の癒着がシークレットムーンによって

明確に浮き彫りになってきたこの時期に、

隠しきれない仮面への執着が

「恐れ」として現れている人が多いようです。

 

 

もし、周囲に自分の権威やパワーを

今時、極端に主張し始める人がいたり、

時代と逆行して人をコントロールしたりするような人がいたら、

優しく見守ってあげてください。

 

 

 

 

彼らに反発する意味はありません。

 

 

なぜならそこから自由にならなければ苦しいのは本人であり、

シークレットムーンの満月によって、

これまで通用してきた仮面が揺らぎ、

浮き彫りになり始めているのです。

 

 

自分の意志でそれを外すことがない限り、

苦しいのは本人です。

 

 


 

 

 

 

もし、その人が本気で変化を望むのであれば、

その人の肩書きや気にしている仮面ではなく、

それをすべて取っ払った、

仮面のないその人自身の素晴らしさを

伝えてあげてください。

 

 

しかし聴く耳がなく、仮面に固執し続けるようでしたら、

周囲がサポートすることはできません。

 

 

自力で向き合うべき部分を、

誰かがサポートすることはできません。

 

愛をもって、その方が一歩進めるように

見守るしかないのだと思います。

 

 

 

 

男性性の仮面ほど壊れにくいものはありません。

 

 

それは社会全体が「結果や成果」を重んじる風潮が、

長く続きすぎたため、

その「結果や成果」を出すことで与えられる

肩書きのような称号こそが生き抜くために必要だったのです。

 

 

そういった時代は数千年続き、

今まさに時代の流れが「女性性」のパワーに

戻ってくるタイミングだと言えます。

 

 

 

 

 

そのタイミングでやってきたこのシークレットムーンは、

それらの称号を盾に生きてきた人にとって、

とても強烈な時期なのだと思います。

 

 

もちろん男性性のパワーは、

女性にも男性にもありますが、

バリバリ働いてきた女性や、

わかりやすい役職のある男性には、

仮面と自分との癒着を剥がす

強烈な揺さぶりが起きやすいのです。

 

 

 

だからこそ、時代と逆行するような、

コントロールや権力的なアプローチを起こし始めます。

 

その役割や権威がない自分を

受け入れることができるのか。

 

 

ただ存在としての自分を愛することができるのか。

 

 

この満月は頑なに頑張り続けてきた人への、

休息の時を知らせる鐘が

大きく鳴っているようなものです。

 

 

 

 

 

 

 

少し休んで、自分自身のことや、

自分の内に秘めた思いや感覚を重視することに

目を向けていくことができます。

 

 

いつもなら立ち止まることのできなかった人も、

強制停止させられるようなことが起きるかもしれません。

 

 

しかしそれは、動けなくなったという悪いものではなく、

立ち止まり「BE/在る」という

自分の今の感覚に正直になるリセットの期間なのです。

 

 

 

このリセットの期間は、

長くて来年の春分まで続きます。

 

 

 

長く自分の仮面を自分だと思い込んできた人には、

本来の自分を生きてこなかったことを取り戻す十分な時間が必要です。

 

 

 

肩書きや立場を忘れ、自分自身やパートナー、

家族と大切な時間を過ごし、健康管理や心のケアに集中し、

自分を慈しむ大事な時間をたっぷりと過ごしてください。

 

 

 

 

 

 

そのことに惜しみなく時間を割き、

焦ることなく充足することで、

今度活動的に動き出すサイクルが来た時には、

 

仮面の自分ではなく本質的な自分が、

すべての怖れを手放し満たされた状態で

動き始めることができます。

 

 

 

 

戦ってきた人には必ず、

休むというサイクルがやってくるのです。

 

戦ってきた時間や抱えてきた責任が大きいほど、

休む時間や自分をケアする時間も十分に必要になってきます。

 

 

 

 

特に重い責任や管理する役割にある人は、

思い切ってそれを手放し、

一旦リセットすることも必要です。

 

 

 

組織や会社、また家族などへの責任を抱える前に、

自分を幸せにする最も重要な責任青果たす時期です。

その責任が果たせて、

自分以外の人へ良いものをもたらすことができます。

 

 

人を救うことよりも、

仮面の内側で疲れ果てている

自分自身の救済を行ってください。

 

 

 

 

 

 

それを早く切り上げようとする行為は、

まだ仮面が剥がれていない状態に戻りますので、

このサイクルでそのパターンはもう通用しません。

 

 

 

無理矢理動き始めると、健康面や様々なトラブルを通し、

強制的に休息を取る状況を招きかねないので、

ゆっくりと気を休める必要があります。

 

 

 

男性性の仮面を外すプロセスでの初期症状として、

一度緩んで外れかけても、

またすぐにつけたくなるという葛藤がおきます。

 

 

それは活躍している人や、成果を出している人を見ると、

自分と比較して、また仮面をつけ自分の尊厳を保とうとします。

 

 

しかしそもそも尊厳は保たれており、

本来のあなたではない仮面が恐怖心を

感じているだけなのでその仮面を外すしか

本当の幸せや平和を感じることはできません。

 

 

 

そして、理解しておくべきことは、

新しい時代であるこの時期に何んらかの

成果を楽しそうに実現している人がいたとすれば、

それは仮面を外して

自分の内側を見ることができたからであり、

誰かの評価を求めて仮面をつけて

走り続けているからではないことを知る必要上がります。

 

 

 

 

 

 

つまり、男性性の仮面を外す恐怖と戦っている

その人と同じプロセスを、

ちゃんと取り組んだ人が新しい時代において

結果を出すことができる人になっていくのです。

 

 

かつて通用した、気合と根性、努力すればなんとか!

というパターンでは成果は出ない時代です。

 

 

 

また、仮面をつけている人は、

他の人がつけた仮面(親、上司、権力者、能力者)に怯えます。

 

 

 

 

あなたが、何らかそういったパワーで

コントロールする人を脅威に感じるのであれば、

あなた自身にも不要な男性性の仮面がまだ付いており、

それを外すタイミングかもしれません。

 

 

 

 

 

これまで丁寧に自分を満たすことのレッスンを、

宇宙の流れと共に歩んだ人にとっては、

冬至のあたりから少しづつ本格的な的な

クリエイションの流れを感じることができます。

 

 

 

 

 

 

 

自分の内側を見ることや満たすこと、

本質的なものに目を向けることをやってきてよかったなと、

一足先に芽吹きを感じるでしょう。

 

 

雪の降る冬に、固く小さな芽が出始め、

春に満開になっていくための準備を始めます。

 

 

シークレットムーンは特に、

解放するのが難しいとされる【男性性の仮面】

ケアするのにとても良いタイミングですので、

自分の内なる本質を目覚めさせるために、

活用してください。

 

 

圧倒的に仮面をはがしやすくす方法があります。

 

それが古より続く、

イニシエーションというものです。

 

 

宇宙の本質的なエネルギーとがっつりつなぎ直すことで、

私たちは自分の中心にある本当の顔を思い出すことができます。

 

 

それは魂の性質であり、

後付けでできたいかなる仮面とも異なる

圧倒的なパワーを持った自分自身を思い出すことになります。

 

そのイニシエーションを行うには、

ある決意が必要だと言われています。

 

自分が本質を生きるという固い意志。

自分に正直であり喜びを追及する決意。

また、その喜びを通して誰かの役に立ちたいと願う精神。

 

 

 

 

もう、表面的な変化で、自分を誤魔化すのはやめませんか。

 

あなたはもっと、自分が思っている以上にパワーがあるのです。

 

それを思い出す旅を始めてください。

 

 

加藤由迦

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(14)

加藤由迦(YUKA KATO)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります