加藤由迦のクリエイティブ宇宙論

スタークリエイター加藤由迦が独自の観点で綴る、クリエイティブに生きていくための宇宙の原理。

スピリチュアルサイエンティスト/起業家の加藤由迦の公式ブログです。
宇宙の原理、引き寄せの法則をロジカルに学び、実用していくためのヒントをUPしています。
自分に正直に自分らしく生きること。もっと攻めの姿勢で人生を楽しみたい人。もっと豊かに自己実現したい人。現状打破して一皮むけたい人。人生を妥協なくぶっちぎるための「クリエイティブ宇宙論」をお楽しみ下さい。


◆加藤由迦プロフィールはこちらからご覧下さい◆


〈人気連載記事ソウルメイトのサイエンス〉




〈公式メールマガジン、無料メール講座、動画セミナー〉







〈その他過去の人気記事一覧集〉


スピリチュアル的豊かさを実現する方法 

 

魂に響くスピリチュアルメッセージ

 

インディゴチルドレンについて

 

スピリチュアルビジネス(集客・起業・マーケティング)




テーマ:
夏至を越えて変化の大きいこの時期、

天体の動きに耳を傾けておく必要があると思います。



先日アップした

夏至から7/20の満月までの正しい過ごし方

に合わせて、

今回は、7/4の蟹座の満月の正しい過ごし方を書きたいと思います。




そもそも、新月や満月は私達にどのような影響を与えるのか?

何となく意味があるような
パワーがあるような感覚を感じていると思いますが、

実際どう影響しているのでしょう。




月という天体は、地球に最も近くにあり、

人体(肉体)、感情(精神)などに強烈な影響を与えています。

潮の満ち引きや、女性の整理のサイクル、
肌のターンオーバーなども28日周期で、

月と密接に関わっています。



そして、母性や女性性、基盤、器、サイクル、感情、神秘性などのキーワードを持つ月のパワーは、私達の意識変容にも大きく影響を与えています。






そして7/4は蟹座の新月。

蟹座のルーラー(支配星/星座に強く影響を与える惑星)は月。



まさに、今回の新月は月のパワーがかなり強調される時でもあります。

そして新月は、ぜロからの始まりであり、
満月に向かって広がっていくスタート地点。




7/4の新月までの期間は、不要なものをデトックスする期間

であり、

7/4の新月と共に新しいスタートを迎える必要があります。




そして今回の新月に必要なスタート。

それはまさにタロットのMOONのカード

に象徴されるようなもの。




ムーンのカードは新しい世界へのベールを意味し、

未知の領域へと前進する時に生じる、不安を意味します。



ムーンの継ぎにくるカードはSUNで、太陽のカード。

全てが明るみに出るカード。



隠されたものが暴露されるカードでもあり、
純粋極まりない子供のような心を持った生き方を始めるカード。

そんな、晴れやかで喜びに満ちた人生の新しいステージに向けて前進するために、

恐れのベールをかき分けて、前進する時期だと言えます。



不安の正体とは何でしょうか?






ほとんどの場合が、過去の失敗や経験から来るもの、

後悔や過ちを繰り返したくないと言う傷から来るもの。




または、未来への恐れ。未知の世界に進んでいく不安。

本当に大丈夫なのか?確約されていないものを可能性を信じて
進んでいけなければならない恐れ。


どちらも、

「今」という瞬間からズレたことによって生じる
ものが、

あなたの輝かしい未来への未知を閉ざすベールになっています。





そのベールはとてもリアルで時に恐怖心を煽ります。

「あなたにそんなことが本当にできるの?」

「今のままでも、まだ機能するのだから急がなくてもいいじゃない?」

「まだみんなは進んでいないから焦らなくてもいいよ!」

「あなただけ進んで、責任を置き去りにするの?」



そんな悪魔の声に惑わされてはいけません。

この新月は、あなたの人生を大幅に分ける決意をする時。




しかしそれは、ガツンとした強い意志というよりは、

染み入るように自分の一番深い部分でそれを納得するような決意です。



力ずくで前進していく時代はもう古く、

自分の存在の深くから来る安心感によって、前進するパワーを得る。

蟹座は母性の象徴であり、守護するパワー。




自分の内側に強い精神と愛を持った母性が、

怯える子供を慰めるようにサポートします。


「大丈夫、あなたには出来るわよ!」

「あなたにしか出来ないことを行う輝かしい未来が待っているわ!」

「不安があっても大丈夫、私がいつだってついているのだから!」

「私が一緒だから、安心して一歩ずつ進みましょう。」

「あなたは愛されているわ。どんな時も常にそばにいるから。」



そんな声が、あなたの内側から溢れ、

あなたの母性と、あなたのインナーチャイルドが、

愛についてコミュニケーションを行い、

恐れを打ち破り「愛」を感じながら前進していくことが出来ます。



さあ、恐れていることをまずは認めて下さい。

何に怖がっているのか?そこに気づいてあげることが重要です。






とにかく力づくで突破するのを辞め、

恐れている自分を優しく包むことが、この時期の新しい世界へ進む第一歩。



その母性に包まれ、また自分の内側にそんな大きな器があったことに気付くことが、

勇気と安心感を同時に与えてくれるものとなります。




そして新月までの間、その母性の声を妨げるものを排除して下さい。



□義務感で持続しなければならないもの。

□プライドを持ってしまうような環境。

□強がってしまうような人間関係。

□弱音を吐けない環境や立場。

□リラックスできない状況や環境。




内なる子供の存在を認めることが出来て、

初めて母性の必要性に気付くことでしょう。





インナーメイトのサイエンス
シリーズでも

内なる存在に気づくプロセスで、

内側にどんな性質を抱えた感情や思いが残っているのかが明確になるのかを紹介しています。




マスク/ペルソナ診断
をすると、

内側のつくり出す恐れの原因を見つけ出しやすくなっていくと思います。




母性は女性性の一番昇華された美しい姿。

「Be」のエネルギーが溢れて、
自分以外の方の存在そのものを充分に受容できるような、

大きな器のハイレベルな女性性でもあります。


女性性とBeのエネルギーの使い方はこちらをご覧下さい







また、母親との関係性で求めていたものや、足らなかったことなど、

幼少期の母子の関係性で浮かび上がるテーマなどにも、

この時期前進するためのヒントがあるのではないかと思います。



新月までに母親との関係性について改めて、

振り返ってみるのもおすすめです。






蟹座の新月という母性的な愛に満ちた時を、

恐れを静かに破り、繁栄の美しいステージへ進むためにご活用下さい。



恐れが大きな人ほど、

大きな愛や母性を持ち備えた人なのかもしれません。



加藤由迦




補足記事をメルマガで公開しております。
気になった方はこちらからどうぞ。




いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:


この時代を担うもの達へのメッセージ。

抑圧と偽りから、

希望と喜びと愛の時代がやってきた。




人は目覚め、そして地球がそれを歓迎し、

宇宙はそのにぎわいを祝福する。



時代の終わりと、始まりの鐘が鳴り、

その鐘の音を心の中に感じるもの達が

立ち上がり動き出す。



時代を変えるもの達よ。

新しい時代はあなた方にとっては懐かしい世界。

全てが調和し、愛に満ち、

誤摩化しのない潔さの風が吹く。





その風は懐かしく、しかしこの社会にはこれまでになかったもの。


いよいよその時の幕開けが来ている。



多いに喜びを感じ、

自由を感じ、深い呼吸をし、

「生きている」という喜びを

前進で表現し、叫び、歌い、集え。



歴史的瞬間の幕開けなのだから。



魂が沸き立つままに、

言葉に出し、真実を選択せよ。

真実は誰かによって示されるものではなく、

1人1人の内側から湧き上がるその思いが、

共鳴し響き合い、ハーモニーとなる。




そのハーモニーは生きとし生けるものを癒し、解放し、

そして死する魂を生かす。


暗闇の中にいたものは希望を見、

光の中にいたものは、

その光が永遠に続くことを見ることになるだろう。




真実は、喜びの連鎖で織りなされる。

さあ、選択しなさい。




脱ぎ捨てるものを振り返ることなく、

未知の世界を恐れることなく。


鐘の音を聴き続けよ。


魂は常に光を見ている。





暗闇の中に居留まろうとするものは、

鐘の音を聞き取れなくなっている。





その者を攻めることなく、

あなたが、あなたの内なるシグナルに正直である姿を見せよ。

極めて潔く、クリアな姿を見せよ。



人を変える事ではなく、

あなたがまっすぐ自らを信じ、

喜びを選択することが重要である。




そのクリアで美しいパワーは、

繊細であり強烈な眩しさを放ち、

やがて全てのもののハートに染み入るだろう。



今はあなたが真実を選べばよい。

そうすれば、この時代に生きる同じ感覚の者達と

共鳴し合うだろう。




奇跡のような出会い、

運命的な流れ、

この時代の終わりと始まりを

祝うような天からの祝福を共に受け取る者達と

手をつなぎ、勇気を持ち、

未知の世界へ心弾ませるのだ。




Galactic Federation
Channeled by Yuka Kato






チャネリングとは高次元の存在より、
高い視点のアドバイスとエネルギーを受け取る方法。
ラジオの周波数を合わせるように、
高次元の存在の周波数と合わせエネルギーやメッセージを受け取る手法です。


今回はギャラクティックフェデレーションという、
宇宙のエネルギーもって、
地球の変化をサポートしている存在達からのメッセージ。

時代の変化について伝えたいというエネルギーが降りてきたので、
アップ致しました。


加藤由迦
 
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

このブログ内でも度々お伝えしている、

インディゴチルドレン


1975年以降に生まれたほとんどの方が、

このインディゴチルドレンという特徴を持って生まれており、

思考回路や感性、センス、行動パターン、感情の感じ方、

そしてこの地上での役割などもその前の世代とは違った質を持っていると言われています。



自分がインディゴチルドレンに当てはまるかどうかは、

こちらのインディゴチルドレンチェックリストをご活用下さい。



また、少し前の記事でアップした、


インディゴチルドレンが知っている新しい世界への道。

からも、複数の関連記事をご覧頂けます。

インディゴチルドレンの持つ性質は、
2012年以降の地球に必要な感性と言われています。
そしてこれまでの世界とは、全く違った感性を持っています。
とは言え1975年以降の方のほとんどだとすれば、
45歳ぐらいまでの方のほとんどがこのインディゴチルドレンに当てはまります。

独特の感性を持った一部の子供達のように語られてきましたが、
既に人口の半分近くがインディゴなのではないでしょうか?

インディゴ達の役割というのは、

ずばり【破壊】と言われています。

これは、これまで培われた社会常識の中から見れば
【破壊】の様に感じますがインディゴの世代にとっては、

無駄がなく、そして1人1人が尊重された平和な世界を築くための

【当たり前の感覚】
であると言えます。



逆に言えば、ここ数年前までは、
その当たり前の感覚で生きていくことが難しい世界だったと言えます。

しかしいよいよ時代が変わり、
インディゴの世代の当たり前の感覚を基盤とした社会が出来る時期にきています。

且つては社会不適合的なイメージであったインディゴ達が
彼らの感覚にあった新しい世界をつくる時代がやってきました。

そしていよいよ2016年の夏至という強烈な天体行事を越え、
いよいよ変化の本番に突入していくように感じられます。

周囲でこんな変化は起きていませんか?
□これまでのスタンダードを土台からひっくり返すな出来事
□伝統的なものの中に、新しい風潮が生まれる
□権威主義ではなく、仲間やコミュニティ意識の目覚め
□努力や根性論ではなく、システムやネットワークを使った動かし方
□基礎を学ばずとも天才的な資質を持った人が現れる
□嫌なことでも目をつぶっていた時代から、きちんと意見を主張する風潮
□15歳以上はなれた歳の差婚
□斬新な原理やシステムを取り入れる会社が増える
□世代交代の風潮が出てきている



これらは、インディゴチルドレンのエネルギーが、
社会に影響し始めたことによって起きる現象だといわれています。

有名な話ですが、Googleのオフィスは完全にインディゴチルドレンが資質を発揮しやすい空間になっています。

これまでの常識では考えられないような遊び心とクリエイティビティを触発するような空間。


彼らはもう我慢は出来ません。
理不尽であるものにはNO!をしっかりつきつけます。

その上で、大人になったインディゴ達は単にNO!を突きつけるだけでなく、
代替策を持ってそれを行います。

インディゴの思考パターンには特徴があり、
新しいシステムを生み出すような感覚を持ち備えています。




【インディゴの思考パターン】

インディゴとインディゴ以前の世代のコミュニケーションが上手くいかない理由は思考回路の違いにあります。

インディゴ以前とは、つまり今の社会の常識を作り上げた世代。

新しい発想のための『なんで?』という当たり前に対する疑問があり、

思考パターンについてですが、こんな違いがあります。





インディゴ以前の世代

思考 → 行動 → 思考 → 行動


※習慣となった同じ行動を疑問を持たず繰り返す。




インディゴ

思考 → 行動 → リアクション → 行動 → 思考

※理由がわからないものを行動することが出来ないので、一度はやってみても「なんで?」「どうしてそれが必要なのか?」というリアクションが出る。

このリアクションのプロセスで、
理解ができ、本当に必要だと思ったものは継続しますが、
「なんで?」に対する明確な説明もなく、それを続行することを拒むため、
単に習慣だから、常識だから、昔からそういうものだからという考えにNO!を突きつけていきます。

これまでは【NO!】を突きつけたところで、
時代の流れ(地球のエネルギーがまだ波動として低かったため)によって、

思いを通すことが難しい時期でした。

しかし夏至を境に全てのブレーキが外れ、
逆に本当に腑に落ちていないことや、納得していないことを、
続けてしまう人の方が痛い目にあうようなエネルギーになっています。

夏至からのエネルギー変化について詳しくはこちらから

夏至から秋分の正しい過ごし方

今こそ、インディゴの持つ感覚を行動に移していく時期と言えます。
インディゴの皆さん是非の行動をとってみて下さい。

自分の感覚でピンと来ないことを辞め、代替策を練る。

そしてインディゴならではの天才性を使って代替策を考えて下さい。
インディゴ達は特定の偏った分野の天才性を持ち、
しかしそれは複数の同じヴィジョンを持つ仲間が集わなければ大きく発揮することが出来ません。


例えば私達の親ぐらいの世代は、
まんべんなく人生を循環させるための資質を平均的に持ってきていますが、

私達インディゴは1人前と言われるような、
1人でバランスの取れた生活ができる性質を持っている人が
極めて少ないといわれています。


それは新しい時代において、
人との繋がりで調和して生きていく世界をつくるために、
自分が生きるために必要な全てを兼ね備えるのではなく、
特定の天才性を持った上で人の強力がないと機能しない
仕組みで生まれてきているからだと言えます。


だからこそ、新しい時代に向けて、
そして1人1人が自由に生きていくためにも、
前向きに人生を変えたいという仲間と繋がっていく
必要があります。


1人では思いつかないこと、思いついても実行できないことを、
他の誰かがその鍵を持っています。
そしてその他の誰かが1人では出来ないことの鍵をあなたが持っています。


そうして、複数の連鎖の中で、
自分の力なのか、誰かの力なのかわからないカタチで大きなことを成し遂げることが出来るようになります。
それは、時代にマッチした「個」ではなく「全体」で生きるシステムが生まれてきます
参照:
「個」から「全体」になるための「自分探し」
そして、その仲間づくりやコニュニケーションにおいても、
新しい感覚が必要となります。

どんな人と繋がればいいのか?
どうやったら自分にマッチした仲間を見つけることが出来るのか?
仲間を見つけるためにも、自分を徹底的に知る
自分の資質や才能、そして役割が見えていないで、
それを活かす人と出会うことは出来ません。

新しい時代のコミュニケーションは
「自分は誰(どんな人)の役に立てるのか?」

それが明確に掴めた人は、
その資質を使って、人に繋がり始め、
そしてあなたが誰かの役に立ったことで、
また誰かがあなたのサポートをしようとし始めます。



自分の中にある、



「自分は誰(どんな人)の役に立てるのか?」



という思いと、

「どういう資質が人のために役立てれるのか?」




を理解している人には、自然とよい仲間が集まり、

その連鎖の中で、大きな動きを動かし始めていきます。





自分の資質が明確に見えて初めて、人との関係性が良いものになっていく。



自分のことを自分が一番知っている。

自分自身が自分の一番の親友でありパートナーであるからこそ、

外の世界にもそんな仲間が集まってきます。




何らかのグループに仲間入りしたい!

何らかの組織の中で自分が持てる力を発揮したい!



そういった、自ら居場所や仲間を求めるのではなく、

自分を徹底的に知り、誰かの役に立てるあなたになることで、

あなた中心に心地よい関係性の仲間が生まれる。





これこそ新しい時代のコミュニティなのではないかと思います。



前者の「何かに属したい」という意識で仲間や人間関係を求める人は、

その人々の中のルールに自分を押しはめようとして、

自分の資質を発揮できず、苦しむこととなります。





あなたの居場所は、あなたの内側から創るもの。




あなたが新しい時代を創っていくために、

この時期に生まれることを選んだのにはわけがあり、
そして隠された才能を発揮するためにも、


魂で繋がる仲間を見つけて下さい。







魂で繋がる仲間を見つけるには、

一度自分の中だけにフォーカスする

孤独の時期を過ごす必要があるのかもしれません。



誰よりも自分の声を深く聴く事が出来るように、

この時期を大切に使った下さい。




加藤由迦





いいね!した人  |  リブログ(5)