加藤由迦のクリエイティブ宇宙論

スタークリエイター加藤由迦が独自の観点で綴る、クリエイティブに生きていくための宇宙の原理。

スピリチュアルサイエンティスト/起業家の加藤由迦の公式ブログです。
宇宙の原理、引き寄せの法則をロジカルに学び、実用していくためのヒントをUPしています。
自分に正直に自分らしく生きること。もっと攻めの姿勢で人生を楽しみたい人。もっと豊かに自己実現したい人。現状打破して一皮むけたい人。人生を妥協なくぶっちぎるための「クリエイティブ宇宙論」をお楽しみ下さい。


◆加藤由迦プロフィールはこちらからご覧下さい◆



《今注目の人気記事シリーズ》
この時代を生きる人へのメッセージ

 

〈人気連載記事ソウルメイトのサイエンス〉




〈公式メールマガジン、無料メール講座、動画セミナー〉






〈その他過去の人気記事一覧集〉


この時代を生きる人へのメッセージ


スピリチュアル的豊かさを実現する方法 

 

魂に響くスピリチュアルメッセージ

 

インディゴチルドレンについて

 

スピリチュアルビジネス(集客・起業・マーケティング)




テーマ:

「王者の目覚めはもう訪れている。

ただ、その者達が王として立ち振る舞い、
創造を行うかどうかだ。」

by Goddess Ishtar






今日、7/22は太陽が獅子座に入ります。


獅子座の支配星として、最も影響を与える太陽が、

最も強く影響する時間。




獅子座は王者を意味し、堂々と玉座に君臨し、

全てを自らの意志で動かすパワー。


7/22〜8/22までの期間、

あなたの内側にある「王者の資質」が目覚める時
だといえます。




以前の記事で、先日の満月から次の新月の期間は、

ゼロポイントというお話をしましたが、

その時期と重なるように、

太陽のパワーもあなたを「王者」として格上げすることを手伝っています。


参照記事:
「奴隷から王者へ」満月から新月に向けての正しい過ごし方



あなたがこの時期にシフトアップした

「王者の資質」が、
秋分以降(9/22)からの人生の流れに大きく影響を与えます。




秋分までの期間、本当に大事にしていく必要があります。

大デトックス、大断捨離。

体調、精神、人間関係、職場や環境、記憶、過去の傷、

具体的なものから内面的なものまで

ありとあらゆるものを全て取り替えていくような時期。




この時期に躊躇なく、大解放と大チャレンジを挑めるかどうか。

宇宙から「あなたは本当に幸せるなる気があるの?」

と、本気度を試されているようです。



参照記事:
夏至から秋分までの正しい過ごし方


その本気度に対し、
宇宙はとてつもない大きなギフトとサポートを行ってくれます。


しかし、本気度が低い、もしくはこのまま変わろうとしない人には、

強制終了が起きるような事態も増えるのではないかと思います。




それは「宇宙のプラン」として、

この時期人類の意識変化も合わせながら、
地球という場所の持つ意味や、

波動、性質を変え、どんどん精神的なものの重要性に気づく、
高い精神性を持った人でこの世界をシフトされるというものがあるからです。


精神性を高める=嘘偽りのない本来の自分で生きる

ということであり、

常に自分が成長して可能性を拡大し続けることを、

求める人が増えるという世界をつくること。




もう、逃げや誤摩化し、「自分を生きない」ことへの言い訳を

宇宙は聞き逃してくれない時期なのです。



数年前なら、少し自分を偽っていても、

本当に望む生き方をするチャレンジをしなくても、

その方向性が間違っていることに気づくのに
数年かけて少しづつ気づいていくようなサイクルでした。




しかし今は、誤摩化しや妥協を持った瞬間に、
起動修正かのごとくことごとく壊され、
またトラブルを通し気づかされる。

精神の限界を感じるような追いつめられる感覚が
ある方もいるかも知れません。


タイムラグがなくなってきている今、
ある意味で変化への抵抗を捨てやすい時期なのです。






そして、
「自分の器」より、
遥かに大きいと思うチャレンジ
を行うのが、

今この時期の宇宙からあなたへの投げかけ。




奴隷を辞めたあなたは、
ここからいっきに「王様」に昇格することを
求められています。




いえ、言い換えるなら「王様」だったあなたが、

生まれた瞬間魔法にかけられて、

まるで価値の低い存在だと思い込まされていた状態から、

「自分は王だった!」と思い出すことが出来た状態。



そして、

「さあ、どうする?」

と王者としての人生をここから再創造する流れが来ているのです。






王者として宇宙があなたに求めていることがあります。


◆あなたの意志をはっきり人に伝えること。

◆大きな可能性に対し勇気をもって決断すること。

◆失敗を恐れず、勝利にフォーカスすること。

◆大きな規模で物事を循環させること。

◆堂々と立ち振る舞うこと。不要な謙遜を捨てること。

◆同じ思いの仲間を動かすリーダーとして生きる。

◆越えたことのない壁を乗り越える勇敢なチャレンジをすること。




こんな流れが来ている人も多いのではないかと思います。


人はどうして、人に影響され、人に惹き付けられるのでしょうか?

今、獅子座はあなたの中にあるリーダーであり、王であるパワーに

メラメラと輝く太陽のパワーを注ぎ込んでいます。




人は人に惹き付けられる時、

無意識にその人の「生き方」を見ています。



いくら素晴らしい人であっても、自分より長けたものがあっても、

惹き付けられるか、惹き付けられないかには、

明らかな違いがあります。


それが「生き方」そのものなのです。





「常に自分の生に向き合っているか?」


そして、

「勇敢に、その人にとっての壁を越え続けているのか?」



そこに人は感化されるのです。





だからこそ、

人の心配やお世話することをアイデンティティにして、

「自分の人生に向き合う」ことを後回しにしている人には、

魅力はないのです。



人は人を「直接」育てることは出来ません。


なぜなら人は「自分で育つ」パワーを持っているから。

人を上手く育てる人は、

その人に手間と時間を裂き、取り組むのではなく、


「自分で自分を成長させる」

という姿を見せるのです。



あなたの人生の覚悟。

幸せになる責任をおうこと。


決して、何かを言い訳にしたり、

誰かの人生に首を突っ込んで「自分を見ない」ようにするのではなく、

本気で自分の壁を打ち破る必要があります。





シンプルです。

「自分の人生は自分でしか生きることはできません!」

あなた自身も、あなたの周りの人も。




誰かの役に立ちたい!

誰かを救いたい!

自分の資質を使って誰かのお手伝いをしたい!



と願う人は、

まず「誰か」のことは忘れ、

「自分」に向き合って下さい。




救いたい人に目を向け続けている間は、

人を本当の意味で救うことは出来ません。



サポートは出来ても、
あなたのサポートがないと生きれないような人を作ってしまうだけです。


それはその人の進化の邪魔をしていることになります。



極限まで追いつめられて助けを必要としている人には、

手を差し伸べても、
立ち上がるとこをは本人が自分で行うべきことなのです。



時代の流れの中、地球の波動が高まり、

自然と世のため人のために役立ちたい。



という方が増えているのを感じます。



しかし、波動の低い時期(2012年まで)に培われた、

私達の思考回路では、
本当の意味で「人のため、世の中のため」になる方法を

理解することが難しいのです。





人とあなたは個々に分離しているのではなく、

本当はエネルギーで繋がっています。


参照記事:
脳化学的自分らしさの見つけ方




あなたがあなた自身を本気で満たすこと。

また、満たしていた器さえも「王」であったことを思い出し始めている今、

小さ過ぎたことに気づく必要があります。


その小さな器を満たして、少し余裕出て溢れたものを
誰かのために使う前に、

もっと器和大きかったことに気づき、

まだまだ枯渇している部分を本当に満たすことでしか
人のために役立つことは難しいのです。




私は良く女性同士が行う、

へりくだり合って、気を使い合って、
極端な謙遜をするようなコミュニケーションが嫌いです。


なぜなら、本当は美しい堂々とした女王であるにも関わらず、

自信を失っており、またお互いその状態で居ようとキープし合うからです。



逆に、私はあなたより上よ!と言わんばかりの、

張り切た態度も苦手です。

自信の無さが溢れており、本当の美しさが消え去って悲しい気分になるからです。



そのままでいい。

それが一番美しく堂々としている。

長所も短所も気にせず、
ただ堂々とあなたがあなたであること。

あなたとして生きているだけで、

王者の風格が漂うのです。



それは、最も強いパワーである、

「自分が自分を認めている」


ということで溢れるエネルギー。



それを人はオーラと呼んでいるのだと思います。

誰かに認められる必要はないし、誰かに認められることを望むとその風格が一瞬にして壊れます。





獅子座が太陽に照らされる、
7/22〜8/22のこの時期に、

あなたはどれだけ自分を認め、どれだけ堂々と自分を表現し、

勇敢に人生に向かっていくことが出来るのか?



この時期を本気で向き合うことが出来れば、

あなたの王冠はこの時期に輝き始め、

この秋に大きな王国を築くことが出来るでしょう。



獅子座のパワーを使う「王族の教え」について、
無料メールマガジンで補足記事をアップ致します。


まだ登録されていない方は、
7/25の10時までにご購読の登録ください。


バックナンバーは配信しておりませんのでお見逃しなく。


加藤由迦オフィシャルメールマガジン〈無料〉
攻めのスピリチュアルで人生妥協無し!」


共に、勇敢に王として生きましょう。

加藤由迦







【お知らせ】



アデプトプログラム8月開催大幅像枠致しました

詳細はこちらから






加藤由迦オフィシャルコミュニティfacebook非公開グループ


スピリチュアルサイエンティスト加藤由迦のオフィシャルコミュニティです。
「加藤由迦と時代を変える仲間達」をテーマに、最新情報の配信や質問への回答など、近い距離で交流を深めるためのグループです。
どなたでもご参加頂けます。

◆最新イベント情報
◆加藤由迦への質問コーナー
◆ブログ補足記事
◆ブログ記事「お題」リクエスト
◆イベント先行案内&特典

ご活用下さい。






いいね!した人  |  リブログ(6)

テーマ:

いよいよ、明後日が満月です。

夏至以降、この満月までの過ごし方として代表的なテーマが

【奴隷解放】というもの。


過去記事参照:
続・夏至から秋分までの正しい過ごし方「7/20までに奴隷を解放する」


そして、この1週間ほどの間、

先日の記事でもお伝えしたように、

「自分内清算」を出来るだけ終わらせるということを

取り組んだ方も多いのではないでしょうか?




参照記事:
「使命の目覚め」7/20満月まで、1週間でやるべきこと



そして、7/20の山羊座の満月以降はこれまでの自分が、
どれだけ自分に正直であったかということに対しての

「自己責任」
をとる時期でもあります。




先日の記事を読み返して、2日後の満月にむけて、

清算をしっかりと進めて行って下さいね。



さて、今回の記事では7/20の満月から8/3の新月までの間、

どのようなエネルギーシフトが起こるのかについて書きたいと思います。


8/3は獅子座の新月


獅子座の新月にの特徴について理解することで、

それに向けての準備を行うことが出来ます。



獅子座は「王者」の星座。

リーダーシップ、強烈な派手さ、圧倒的存在感、楽しい事、ダイナミックさ、プライド、などなど、輝かしくパワフルな星座です。

獅子座の支配星(星座に強く影響を与える惑星)が太陽です。


「自分が自分らしく自発的に輝く」


というエネルギーが強化されます。



奴隷からの脱却の後に、
王として自分らしく堂々と輝くことが、
求められる時代がやって来ようとしています。




その奴隷の終焉と、王者としての準備の期間が、
7/20〜8/3の期間のテーマ
となっていきます。



7/20の山羊座の満月で、これまでの人生の責任を取っていく。

人生のリアリティに直面し、
これまで自分がどんな意識で生きてきたのかが、

現象界にも顕著に現れてくることでしょう。




月は潜在意識を現すこともあります。


山羊座の満月は、狭い世界で生きていた自分を
ちゃんと「社会」というレベルでの役割に
引き上げてくれるものでもあります。



だからこそ、これまで自分に誤摩化しが多かった人は、
社会にそれをさらすことになり、
自分に正直に生きることを選んできた人は、
その堂々とした姿を社会に体現していくこととなります。



満月は潜在意識に、最も光を当てるため、

隠れていたものが明るみになるという現象が起きてきます。




あなたがどう生きてきたかが、明確にカタチとなって現れやすい時期だともいえます。

満月に向かって、古い在り方のデトックスと、
これまでの自分を結果として目の当たりにするようなW効果を体感している方も多いのではないかと思います。



満月の最も光が強い瞬間を越え、新月へと光を減らしていく時期に入ると、

また獅子座の新月以降の「王者」としての風格を、
思いっきり表現していくための準備に入ります。



奴隷は卒業できても、

いきなり王様として生きることは難しいと思います。


7/20〜8/3はその切り替えの期間だと考えて下さい。



夏至を越えて、誰かに従うこと、

状況や環境に従うこと、

自分の恐れに従ってしまうこと、


これらを勇気を持って手放してきた方は多いのではないかと思います。



しかし、厳しい言葉を使うと、

その勇気を持った解放は
「マイナスをゼロ」に戻した段階であり、

「ゼロからプラス」に
なったわけではないことを知る必要があります。



奴隷脱却の期限であった満月から

王者復活の新月までのこの期間というのは、

「ゼロポイント」の時間。






吸った息を、吐き出す前の、一瞬止まっているような時間となります。


内呼吸という言葉を聞いたことはありますか?


吸った息を、すぐに吐き出すのではなく、

一度止める時間を取ることで、
酸素と光のエネルギーが体中を巡り吸収されます。

そしてその後にゆっくり吐き出していきます。



まさに、この時間はそんな内呼吸的な期間。

これまでの奴隷な人生は引き上げて、

表面的には少し止まっているようでありながら、次なる出発に向けて内側が目まぐるしく変化していくような感覚。



奴隷の環境は手放しても、
「奴隷マインド」はなかなか解放できず癖のようになっているので、

「王者」としての人生をスタートさせるために、

内面や意識をしっかりと切り替えていく時期だといえます。





では奴隷マインドとはどのようなものでしょうか?


□ 自分以外の誰かに答えを聞こうとする

□ 「正しさ」をもとめ「失敗したくない」という考え方

□ 「最低限」を基準にして物事を選択しており、
  「最上、最高」のものを選ぼうとしない

□ 「出来る範囲」の小さな夢に留まろうとする

□ 自分より困っている人に意識が向き、
  自分がチャレンジすることを後回しにする

□ 以前より良い状況だと、そこで満足してしまう






奴隷脱却できた様で、
すぐに以前より「条件の良い奴隷」になろうとするのが、

習慣化された奴隷マインドの恐ろしいところです。



その背景には「多くを望んではいけない」という、

古くからの考え方からきています。




「自分を満たす」ことを選んでいる様で、

「最低限の満足」の器に閉じ込めているだけの方も

多いのではないでしょうか?





そして、その「最低限の満足」以上のもとを求める人を、

傲慢だと否定したり、強欲だとジャッジしたりしていませんか?




もし、どこかの一国の王様が、

10000円以上するランチを食べていたり、

大きな家に住んでいても「強欲」だとは感じないでしょう。




むしろ、「ランチとか食べにいくんだ〜?」とか、

「もっと、お城みたいな家に住んでいるのかと思った〜!?」と、

考えるのではないでしょうか?




すなわち、「最低限志向」は、

奴隷がかつての抑圧を解放されてマイナスでもプラスでもない


「ゼロポイント」


にある時の思考パターンなのでは無いかと感じます。



この時期、私達は「ゼロからプラス」に向けて、

これまでの思考パターンをリセットしていく必要があるのです。



「望む」ということを、
堂々と選択していく必要があります。





私達は「足らないものを望む」「枯渇しているから求める」

という習慣から、

「自分の価値にあったものを堂々と望む」

という、王者としての自分を取り戻していく必要があります。




王としての自分にあった食事を望む。

王としての自分にあった服を望む。

王としての自分にあった部屋を望む。

王としての自分にあった人間関係を望む。

王としての自分に対してお金も時間もエネルギーも注ぐこと。




そして、必要最低限を遥かに上回るものを、

自分に与えることを考えた時に、出てくる抵抗をどんどん手放す。






贅沢はダメなこと!という意識、

無駄遣いはいけないこと。高いものを買うことへの罪悪感。

それは全て、自分が「王としての価値がない!」という

意識からやって来ています。





お金へのブロックを手放すことも、この時期重要だと感じています。

次の記事でお金に関するブロックの解放についてもシェアしたいと思います。







8/3を越えると、あなたが「王」または「女王」として、

輝かしく自己表現し、
堂々と社会に君臨していく時期がやってきます。




そうやって、天体のパワーを借りながら、人類は進化していき、

社会や時代をつくっていくことになります。

夏至以降、その流れに乗る人と乗らない人の差は大きく開かれているように感じます。



満月を過ぎても、奴隷の生き方に執着し続ける人は、

どんどんその流れから抜け出せなくなっていくのではないかと思います。





なぜなら、その状況を気づかせるために、

多くの人や、環境状況、更には自分自身の恐れなどが、

これまで以上に「あなたを従わせる」というエネルギーで様々な現象を起こしていくことになります。




当たり前の話ですが、

「自分が自分を奴隷のように扱う」ことで、

周囲の人があなたを奴隷のようにあつかいます。



あなたにそれを気づかせるために、
更にあなたは自分を追い込んでくる状況を招いてしまうでしょう。






その段階まで来ると、本当に八方塞がりになり、

その状況から脱するには、本当に色んなものを全てリセットするしかなくなり、

今まだ、手立てができる段階とは比べ物にならないぐらいの試練を招く恐れがあります。




もしくはそれでも、更に我慢を続けると、

自動的に「停止」がかかります。

→病気やトラブルなど、立ち止まるしかなくなる出来事を招く可能性大。





これは、脅しでも何でもなく、

エネルギーのシンプルな原理である「因果の法則」


が起こるという現象です。


参照動画:
【カトウユカ宇宙チャンネル】現実化の基本原理「因果の法則」について 



また、この時期現実化が早くなっているので、

自分の『思考や感情』に責任を持つ必要があります。


責任を持つ、とはどういうことかと言うと、

これも因果の法則ですが、


思考や感情は波動(エネルギー)を持っているので、

自分が放った波動と同じ波動のものが返ってくるというもの。


波動同調の法則とも言えますが、

自分が放った波動に対しほんの少しのタイムラグで現実がやって来るというものです。



このゼロポイントの時期に、

私達は奴隷のマインドから、王者のマインドへと移行する必要があります。


あなたの意識を大幅に変化させるために、

自分を満たすことへの罪悪感を手放していって下さい。




その罪悪感はいつ出来て、どこからやって来たのか?

そしてそのパターンを変えていくにはどんな方法をとることが大事なのか?



具体的な手法としては、

「自己イメージの認識と書き換え」

そして、

「自分を知る(本質や存在意義を知る)」

ということで可能となります。



7/20(水)の満月の日に、

ブログの補足記事と致しまして、メールマガジンで、

「自己イメージの認識と書き換え」

「自分を知る(本質や存在意義を知る)」


の実践方法をシェアしたいと思います。


まだメルマガ登録頂いていない方は、
7/20のam10:00までにご登録下さい。
※配信時間以降に登録された場合は再送することは出来ませんので予めご了承下さい。




加藤由迦オフィシャルメールマガジン
「攻めのスピリチュアルで人生妥協無し!」



新しい流れに向けて、満月までのテーマと、

満月から新月に向けてのテーマを取り組んでいきましょう。


しっかり自分と向き合った人には、9月の秋分以降大きなシフトが起き、

天秤座木星時代の1年と1ヶ月繁栄の流れに乗っていくことが出来ると思います。


時代を変えていく仲間として、一緒に変化していきましょう。


加藤由迦





==================

お知らせ

Facebook非公開グループ
【加藤由迦オフィシャルコミュニティ】
スピリチュアルサイエンティスト加藤由迦のオフィシャルコミュニティをスタート致しました。
「加藤由迦と時代を変える仲間達」をテーマに、最新情報の配信や質問への回答など、近い距離で交流を深めるためのグループです。どなたでもご参加頂けます。
◆最新イベント情報
◆加藤由迦への質問コーナー
◆ブログ補足記事
◆ブログ記事「お題」リクエスト
◆イベント先行案内&特典
などなど。
ご活用下さいませ。
https://www.facebook.com/groups/1107091116018748/





いいね!した人  |  リブログ(15)

テーマ:

突然ですが、私達は負けています。

これまでの自分が生きたパターンから出る時に生じる、

自分の中の恐れに勝てずにいます。


しかし、いよいよ1週間後の7/20の満月の時には、

そこから出て生きる人生が始まります。





以前の記事にもアップしましたが、

後一週間で「自分内清算」を終わらせる必要があります。

これまで後回しにしてきた様々な問題をこれ以上引っ張ってはいけない!!

その最終時期がこの1週間だと言っても過言ではありません。



過去記事参照:
続・夏至から秋分までの正しい過ごし方「7/20までに奴隷を解放する」



この差し迫る感覚に気づいている人はどれだけいるでしょうか?

わかっていても出来ない、変われない、乗り越えれない。。。

そう感じる人もいるでしょう。



しかし、もうこれ以上引っ張れないのです。

なぜなら以前に書いたように、あなたのその越えられない問題は、

もう既に充分長い間、引っ張ってきて、

今がその最終段階であり決断と行動の時だからです。



もう、宇宙は待ってくれません。

自分が変われずにいた、
ツケを自分で清算していくことになってしまいます。






また、何かの環境や状況、あなたの居場所など、

自分の周りにあるものに対する不満がある場合、

それはあなたの「使命」
思い出させてくれるものだったりします。


その使命に気付くことも、この時期のテーマなのではないかと思います。

その辺りにも触れていきたいと思います。







夏至以降、どうしても「自分に嘘がつけなくなった!」

という声を沢山の方から聴きました。


私自身もそう感じています。




しかし、何らかの我慢や抑圧を選択していたのは自分自身であったことに

気づいている人は意外に少なく、

周囲の環境や状況、人に対して、自分を合わせて我慢する限界が来た!

と感じているだけの方がほとんどのようです。




そこに気づいて、

もしその環境状況から脱出するという選択肢をした場合、

本当に自由はやってくるのでしょうか?



あなたが負けていたのは、周囲の環境や状況、

人の意見ではなく自分自身。



だからこそ、その職場、組織、人々、社会、家族他、

抑圧するものから離れたとしても、

自分が変わらなければまた同じような状況を招きます。







むしろ、今ある状況よりも
もっと強烈に抑圧を受ける環境に身を置くことでしょう。


大事なことは、

【自分の恐れの奴隷】から完全に抜け出すこと。


これしか本当の自由はやって来ないのです。






7/20の満月は山羊座の満月。


山羊座とは権威や社会的パワーを司る星座。


この日を境に、
自分の人生に対する【自己責任】をとることとなります。


これまでの人生で自分が選択してきたことや
妥協してきたことの全ての自己責任を受け止める。

ということが起きてきます。


もちろん、自分の正直に生きた人には、
その正しい選択に対する完成された結果が
明確になっていくことも起きてくるでしょう。



どちらにせよ、後1週間で、

出来る限りの誤摩化しや自分の弱さから逃げてきたとを清算して下さい。

そう出なければ、その責任は重くあなたにのしかかり、

あなたを身動きが取れないほどの状況に追いやることになるでしょう。



また、その自己責任の結果が出た後に、

その状態から変化しよう!と、痛い目にあって初めて動き始めても、
その状況を大きくヒックリ返すのには、
今の何倍もの時間とパワーを使うことになります。



今はまだ、その状況が結果の世界である物質の世界に降りてきていないため、

変更しやすいエネルギーだといえます。




宇宙の波動原理の大原則ですが、


エネルギー(波動、意図、思考、意識)

これらが原因であり、



現実(物質、体、、状態、状況)

これらが結果となります。




そのため、結果が出てしまってからその状況を変えることは難しく、

原因の部分を変えるしか方法はないということを
いつでも覚えておく必要があります。



とにかく残す所、後1週間。


自己責任を負うのは、
満月以降のあなたです。





自分を満たしてきた人、自分に正直でいた人は、

1週間後から始まる流れで、
どんどんと豊かな現実が広がってくることでしょう。



豊かな人間関係や、必要なものがすぐに手に入るような流れ、
心穏やかに楽しく喜びを基盤に生きるようなこと、
大きく広がる可能性に心躍る時期の到来です。





自分の恐れに負けてしまい、理由を付けて、周囲のせいにして、

変わろうとしなかった人はその分の自己責任を負う流れがやってきます。



これからの時代の具現化は、とてもスピードが早く、
自分の波動が象徴するような出来事を
どんどん引き寄せていくことになります。






我慢を辞めない人は、さらに我慢させられる状況を呼び、

自分を無視して酷使する人は、
病や体調不良に悩まされるでしょう。


また自分にとって安心できる領域から、
もっと大きな世界へ飛び出していこうとチャレンジできない人にとっては、

安心していて慣れた場所と感じていたところが、どんどんとあなたを締め付ける環境になっていくでしょう。




【自己責任】は、本当の意味での自立によって、

とても良いものを私達に与えてくれます。





自分の周りにあるものに対する不満がある場合、

それはあなたの「使命」だということをお話ししたいと思います。






社会のシステムに不満があるのであれば、

あなたはそのシステムを変える使命があります。




会社のやり方に不満があるのであれば、

あなたはそのやり方を変える使命があります。




世界の差別に違和感や怒りを感じるのであれば、

あなたはその差別を変える使命があります。





人の一般的な生き方や考え方に違和感があるのであれば、

あなたはその生き方を変える使命があります。





しかし人は人を変えることは出来ません。

自分を変えることしか出来ません。




そして人がつくったシステムを変えることも出来ません。

なぜならそれは「創った人の内面」が外に形成されたものであり、

人を帰ることが出来ないという理由と同じで変えることは出来ません。


そのシステムを変えようとするのではなく、
新しく違ったものをつくることが必要です。




その新しいものをつくっているあなたの姿を見て、

従来のシステムを作った人が自主的につくり変えることは出来ます。





あなたのクリエイションが、人の心と完成を動かし、

その人の内面やエネルギーに変化が起き、
自らシステムを変えようとするからです。





だからこそ、既存の何かに不平不満、愚痴を言うことは
何の意味を持ちません。



勿論、自分が新しいものを創造しているのであれば
投げかけるということはできても、

そのシステムの中に居るだけで不満を述べても
一生その不満の中に生きるだけです。




それは誰かや組織が抑圧を与えているのではなく、

自分がその中に居留まることで、自分にしか出来ない行動をとることや

新しい創造を行うことから逃げているだけに過ぎません。



自分の持っている未知への不安の奴隷になっていることで、

会社や組織の奴隷になっいるにすぎません。



私達は勇気を持って、違和感のあるものに従うのを辞め、

自分で新しいパターンをつくり出していく必要があります。


それこそ、この時代に生まれたものの使命であり、役割なのだと思います。




また、この時代の使命は1人で行うものではありません。

自分の使命に目覚め始めると、必要な仲間と出会い始めます。



今居る仲間で、なんとかその使命を達成しようと考えることは、

やはり既存の環境の中から出て行くことへの恐れが機能しており、

自由になりたかったはずのあなたを、また苦しめることになります。



人間関係の考え方についても、今一度見直す時期であり、

考え方を改めていく必要があるのです。



参考記事:
人間関係が激変する時代に、最も重要なポイントとは?





人間の脳は上手く自分自身に嘘をつきます。

心理的な恐れが、それを回避するためのストーリーを生み出してしまうため、

自分にとって必要なことの判断基準が狂ってしまいます。





判断を誤るとその自己責任を取るのも、自分であり、

この時期、自分との対話、自己観察、それを深く行わなければならない重要な時期だといえます。



本当に自由になるために。

豊かになるために、幸せになるために。

自分の誤摩化しに気付き、この1週間で多いな変革を遂げて下さい。



他の誰でもなく、その逃げの結果を背負うのはあなた自身なのです。





あなたの状態をチェックしてみて下さい。



□自分のためではなく「誰かのため」という理由で物事の判断をしている

□自分より、成長レベルが高い!と思う人が周りに居ない

□周囲の環境を「私が変えなければ!」誰かが苦しい思いをすると考えている

□この人がいることで、自分の可能性が広がる!と思うような人がいる。

□運命の相手とか、何か深い縁を感じる人に自分の感情が振り回される

□評価を浴びやすい環境や自分がトップに立ちやすい環境に居る

□自分のことを全く知らない人と関わることに不安がある

□「これがなければ上手くいかない」というものや手法、環境、仕組みなどがある。

□今居る知人と出来ることで、何かをチャレンジしている。






これらは全て、自分の可能性を発揮することへの恐怖が作り上げた、

脳の誤摩化しでありイリュージョンです。





人は物事を叶えると決意した時、

手段や方法に関わらず、必ず現実化することが可能です。



叶えたい意図や方向性が定まり、
あなたがあなたの持っているパワーを
本当に発揮する覚悟が出来れば、
手段や方法は全くないところからでも確立されていきます。


これこそ、現実化の面白いところでもあります。




しかし、誰かが居ないとできないとか、

今ある環境でなければそれは出来ないものという考えは、

自分が未知の可能性にチャレンジすることへの
言い訳のように脳がつくり出した、

「不要な思い込み」でしかないのです。




自分より素晴らしいと感じる人が少ない環境に居る場合は、

あなたはその場所の器より大きなものを持っているにも関わらず、

その慣れ親しんだ場所に居留まろうとしています。




そこにいる困っている人や、自分の能力で助けることが出来る人に
フォーカスして自分の成長を止めてしまうと、
たちまち、目の前の人が全く変化せず、
自分のフラストレーションが高まる一方になるでしょう。




参考記事:
人間関係が激変する時代に、最も重要なポイントとは?


でも書きましたが、

自分が成長を止めると、サポートしていた相手の成長も止まります。



人は人を変えることはできず、

自分で変わることを促すエネルギーを与えることしか出来ません。




だからこそ、人のために、社会のためにという考え方には注意が必要で、

自分が前進していくことでしか、
人はついて来ないと覚えておく必要があります。




立ち止まって、誰かの面倒を見ることに没頭している人は、

気づかぬうちに、自分の成長を止め、
そして目の前の相手の中にも前進できない姿を見て、更に手伝おうとします。




ここで重要なのは、

自分の面倒を見ること。



そうすることでしか、

「自分で自分の面倒を見る」ということの重要性に気付くことが出きず、

サポートする側とされる側に共依存が生まれます。





人が困っている姿をほっておけないという方も多いと思います。

その困っている人が、自分で回復するための最初の一歩だけ手伝って、

後は自分で立って生きていく姿をどんどん前に進み見せるしか方法がないのです。




私自身も、最近そんな経験をしました。

困っている仲間を助けたい!!という思いまでは良かったのですが、

自分の人生との比率が崩れ、人のサポートに没頭してしまったことで、

様々な気付きの出来事が相次ぎました。



私自身の中にもある、もっと大きな可能性への恐れにも気づき、

夏至以降、自分が持っている力を発揮するための、心の清算が進んでいます。





7/20までの1週間。

私達にとって、とても重要なときを迎えています。



いよいよ、地球レベルでエネルギーが変化する第2章のスタートに向け、

第1章の最終回を迎えているのです。



これまでの人生の全ての出来事の点と点が線のように結ばれ、

これまでの様々な体験が、
全てこの時期に集約され第2章への扉をつくっていきます。




しかし、最終的にその扉にかかった鍵を開くのは、

あなたの使命への目覚め。

それはあなたのパートナリティや
個人的なアイデンティティを遥かに越えた

大きなヴィジョンでもあると思います。




その中で、あなたにしか出来ない役割があり、

全ての人が「自分の役割」を選択していくということ。




その使命を本気で見つけるために、

今から1週間を大事に使って下さい。



そしてその使命を持って、秋分以降進んでいくこととなります。


木星の豊かさのサポートを受けて、

私達がこの世界に新しい時代の喜びに満ちた
基盤を作っていくときが来ています。




あなたの役割を、あなた以外の人は出来ません。

私の役割も、私にしか出来ないのです。


だから私も、新しい時代、平和な新しい世界をつくる大きなヴィジョンのために、

恐れを捨てて、自分の使命を生きます。




まず、その使命を意識することを行って下さい。


明日のお昼ごろに、

「使命の見つけ方」の実践について、

メールマガジンで補足記事をアップ致します。

まだご登録でない方は、
ブログでの記事の実践を多く含む内容ですので是非ご活用下さい。



加藤由迦オフィシャルメールマガジン
「攻めのスピリチュアルで人生妥協無し!」



使命への気付きと、小さな勇気を持った行動、

この連鎖でしか世界は変えることは出来ません。




私達が望む世界を実現するために。

自分の中のパワーと勇気を信じて。



加藤由迦








アデプトプログラム

自分を知り、自分を本気で発揮した人生を送るために。
この時代に生きる全ての方へ。
人生を変える選択をしてください。
自分を変えることでしか、世界を変えることは出来ません。




いいね!した人  |  リブログ(29)