と言えば俺が黒鱒釣

ただのバス釣りブログでーす。


テーマ:
まいどどうも、刻志幻夜です。
更新の間隔がどんどん広がって……。
ブログの記事書くのに1~2時間くらい掛かるので、中々手がつかない状況です。
時間がかかるのは、記事のタイトル考えるのに(ぉぃ



8月26日


この日は玉野方面でIAさんと午前中だけ釣行でした。
向かったのは玉野野池C。
道沿いにあるため結構な有名場所。

いきなりバスの回遊にぶち当たり、すぐさまルアーを投げ入れるも、反応なし。
IAさんはライトテキサスで奥側のワンドを。
自分はスイムベイト、小型フロッグでランガン。

しばらくしてIAさんに
image
この日の一本目!

デプスのデスアダーリザードで、ボトムを探っての釣果。
こちらは回遊バスを狙っては見るものの、浮いてるものに反応なし。
沈むものを持ってなかったので、頃合を見計らって移動を提案。


玉野野池D、たぶん地図見ても入ろうとは思わない池。
手前にオーバーハング、急深な護岸。
投げられる場所も限られてはいますが、一部ハスも生えていて狙う場所には困らないです。

手前のオーバーハング下でボイルっぽい音が聞こえたので、小型フロッグを入れてやると、
image
こんなのが喰ってきました。
そして続けざまに、
image
2本目。

タックルデータ
ロッド:シマノ/ポイズンアドレナ 270M
リール:シマノ/ヴァンキッシュ C3000
ライン:サンライン/バススーパーPEライン 28lb
ルアー:ima/ダビートバグ


オーバーハング裏から竿先を突っ込んで水面に落とす。
よく川村光太郎プロがやってるイメージ。
こういう釣りが好きな私。

護岸の中心くらいにある水抜き用の栓がある野池の中で一番深いとこ。
そこの周辺に根掛りポイントがあり、それにバスがついているという。
試しにボトムを狙ってみると、確かに引っかかるものがあり、ピックアップ中にバスのチェイスも。
しかし、根掛りポイントなため、案の定ルアーを引っ掛けロスト。
今度はハスが生えているポイントへパンチ。
IAさんが開始数投でバスのアタリを感じ取りフッキングするも、サイズもあったのか巻かれてしまいました。

これは自分も狙わないとと思い、すぐにパンチング用にリグり直して挑む。
そして数投後……、ラインにふとした違和感。
ラインもハスの中へ滑り込んで行く。
これは…………、








少し送ってからの、フルパワーフッキング!
それと同時に竿を上に向けたまま後ろに一気に後ずさりし、腕だけでは足りないパワーを体を使って補う!
確かな抵抗感、大物か!?



























































image
まさかのコバッチィ(笑

3/4ozのシンカーを引っ手繰っていけるサイズか?
IAさんとお互い大爆笑。
これには流石に苦笑いしか出来ない。


この日の釣果はこんな感じです。
途中雨が降り、一旦車へ避難し、入りなおしても反応なし。
一気に別の野池へ移動するも、そちらでも良い反応は得られず。

IAさん、ご案内ありがとうございました!
また一緒に行きましょう!!


次の更新は縛り釣行第二段の結果報告です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
まいどどうも、刻志幻夜です。
ここ数ヶ月股関節に違和感。
関節を鳴らせば治まるんですが、大丈夫なんでしょうか?




さてさてさーて、今回の釣行ですが、いつもと違うことをしようと思い……、


釣行先と使うルアーをルーレットで決めました!

iPhoneで、編集できるルーレットのアプリを使います。
以下のような感じ↓
image

image

これでは見づらいですよね(笑
釣行先は、

・牛窓、長船方面
・水島、児島、玉野方面
・玉島、矢掛方面
・備前市方面
・笹ヶ瀬川水系
・総社、岡山空港方面
・六間川水系
・御津、赤磐方面
・倉敷川水系


使うルアーは、ルアーメーカーを決めます。
決まったメーカーのルアーなら何を使用してもOK。
持ってなければ買います。

・ゲーリーヤマモト
・ジャクソン
・ガンクラフト
・ダイワ
・エバーグリーン
・O.S.P
・ノリーズ
・ジークラック
・イマカツ
・デプス
・メガバス


あ、ジャッカルは今回抜いてます。
もしルーレットでジャッカルが当たってしまったら面白くないですからね。


で、回した結果↓



















釣行先
image
玉島、矢掛方面

困った時いつも行くとこですね。
まあルアーメーカーが何になるかわからないので、ある程度把握してる場所で試すのが良いですよね。
面白みはあんまりないですが、堅実な結果になりました。


ルアーメーカー
image
イマカツ

まさかのイマカツ。
正直、釣りを始めた頃に少し触った程度。
もちろん、イマカツルアーはほとんど持っていないので、一から考えて購入しました。



そして釣行開始。
まずは玉島野池1からスタート。
最近イヨケンも訪れた野池。
そこそこの確立で先行者がいるほど、有名な場所じゃないでしょうか?

池自体は減水傾向にあり、シャローエリアが一部干上がってました。
まず手始めにこれ、
image
功速ピラーニャ フルタングステン

根掛り回避能力が高いバイブレーション。
フルタングステンモデルなので、フルサウンドで広範囲をサーチします。
バイブレーションで良く釣る自分にとって、外せない選択ですね。

ボトムを中心に巻いてみるも、反応無し。
小バスが浮いてるのが気になり、ルアーチェンジ。



image
アベンタクローラーGT

気になってたクローラーベイト。
デッドスローでピンスポットを丁寧に探れるとのこと。
個体差が激しいらしく、泳ぎが安定しないとの噂も。
使ってみましたが、偶にうまく泳がない事があります。
回転して針が上向いても、自力で元の姿勢に戻らない。
羽を弄ったり、ボディ下部に浮力調整用のカラーシンカーを貼って、やっと安定した動きになりました。

石垣の護岸とオーバーハングの絡む場所を通しては見たものの、1バイトらしき反応だけ。


すると、シャローエリアでボイル発生。
急いで現場へ急行。
そこでもアベンタを流すも、反応は無し。
サイズはこの際狙わず、釣れる魚を釣って行くスタイルへ。




image
ギルボーンミニのアイショットリグ7g

ギルなどの小魚がシャローエリアに集結。
恐らく先ほどのボイルも、この小魚を食べていただろうと言う事で、この選択。
他にもイマカツのスモラバを用意(写真撮り忘れました



image
アベラバ3.5g+エリートクロー3インチ

キャスト後、手前を泳いできた個体にアプローチするとすぐさま喰いました。


image
対岸のシェードエリアへ撃ち込んでの一本。
フォール中にバイトした感じです。


この後も、木に引っ掛けて提灯釣りしたりしましたが、良い反応は得られず。
日も高くなってきたところで移動。


山を越えて、矢掛野池1へ。
この時期はウィードがびっしり生えているはずの池なんですが、ウィードの生えが悪くオープンエリアが広い状態です。
バイブレーションの遠投ただ巻きで良く釣れる場所なんで、ピラーニャでサーチ開始。
手前の石垣の護岸沿いを通すと、2バイト。
しかもバスの姿もはっきり見えるくらい上まで上がってきました。
しかし、それ以上の反応は得られず、この場所は見切ることに。

水分補給を経て、矢掛二段野池1へ。
ここも良く行く野池。
この前、上段の方で50アップを仕留めたところですね。
池の様子を見ると、下段野池が超減水状態。
護岸の切れ目まではっきり見えるほど。
自分の身長より下がっていることから、2mくらいは水が抜けていました。

これはもうあれしかないですね。

image
ピラーニャでボトムズル引き!

減水野池はバイブレーションに限ります。
サイズは42cm。
表層から中層を探っても反応が無かったので、ボトムをゆっくり引いてきました。
減水で活性が低いのか、小バスのアタリさえ無し。
このまま広範囲を探っては行くものの、反応ないので、対岸のインレットへ。

インレットが大きく2箇所あり、シェードも絡んでる方からサーチ。
ルアーは引き続きピラーニャで。

image
やっぱりインレット付近にも居ました。
サイズは35未満くらい。
これ以降も同じサイズがもう一本(写真無し

同じ場所で粘っては見たものの、ローテーションが出来るほどルアーを用意してなかったので移動、上段の池の様子を見ることに。
上段は減水せず、前回来たときと一緒でウィードだらけ。
例のオーバーハング裏に回りこんで、シェードの中に潜むバスを探しに行きます。

しかし、オーバーハング下にもウィードが!
前回は無かったのに。
今回はイマカツ縛りなのでフロッグが用意できてません。
本当はシェード内のオープンエリアをアベンタクローラーでネチネチ探っていこうと思っていたんですが、当てが外れました。
時間と体力の都合でこの池で納竿。



今回の縛り釣行感想。
イマカツルアーだけで頑張った一日、サイズは出ませんでしたが、悪くない釣行でした。
選んだルアーがどれも堅実すぎた感もありますが(笑
あとはフィールドの状態を知っていたからこそ、うまくいった感じでもあります。
これが別方面の釣り場だったら、このような結果にはならなかったかと。
縛っての釣行なので、「あ、この場面はあのルアーがあれば……」といった場面がちらほら。
予算の都合でそんなに幅広くは購入してないので、あるもので頑張るのも良い経験となったでしょうか。
メーカー独特の癖とか、特徴なんてものを掴めるほど使ったわけではないので、またこうやってルーレットで決まれば使っていこうかと思っています。
駄文でした。



縛り釣行第一回目は無事終了。
2回目は来月、再来月を予定。
この次は釣行先、メーカーが被らないよう今回選ばれたものを除外してルーレットを回します。
次は何が当たるのかな?



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
まいどどうも、刻志幻夜です。
炎天下の中、小まめな水分補給を忘れずに。
熱中症になったら釣りどころではないですからね。
コンビニや自販機の位置は把握しておくのが吉です。

先週は家族の事情で釣行に行けなかったので、その前の釣果を。


今回から野池に英数字を当てていこうかと。
ブログ内でわかりやすくするために。


7月29日

この日は水島、玉野方面へ。
まずは、水島野池A。
比較的近所で、水島児島方面を回る際はほぼ必ず行く野池。

シェードエリアを中心に、護岸も絡めて丁寧に探ってみるも、反応無し。
水も悪い。
早々に移動。


一気に移動して、玉野野池Aへ。
ほぼ護岸からしか投げられず、左右がオーバーハングで囲われてる野池。
遠投しても対岸まで届かないため、オーバーハング下か、池の中間くらいにあるインレットまで遠投しないといけません。
ここも特に反応は得られず。
移動。


玉野野池Bへ。
デカバスの実績が高く、変化に富んだ野池。
護岸際近くにウィードが生えているので、まずはテキサスリグでパンチ。
適度に探っていくも、良い反応は得られませんでしたが、歩いていける一番奥側に本命ポイントあり。
ウィードとシャローと、インレットの絡む一級ポイント。
ディスタンスを取り、キャストすると……、


image
撮った写真が悪いんですが、小ぶりなバス一匹。
30あるかないかくらい。

すぐにリリースして、本命ポイント付近を探るも、小バスだけ反応する始末。
次は表層に反応するか確かめるためにフロッグへ。
ウィードの上を通したり、オーバーハング下に入れても反応無し。
そこで一つ、フロッグを入れてないポイントに気づく。

一見、外側から見れば草木が邪魔して入り込めない、もしくは投げ入れるのを躊躇う場所。
シャローも絡んでて、非常においしい場所なんですが、薮を漕がないと下りられないくらい雑草が生い茂ってます。
水際に立つとバスに逃げられる可能性も考慮して、雑草越しにフロッグを入れてやると……、







image
はいガバチョ!


写真のポーズはこちら、4万人の俺達。の輪 という企画に参加するために撮ったものです。
前回、3万人の時は参加できなかったので、今回は参加するためにがむしゃらに釣りをしていました(笑
気になるサイズは、



image
49cm!?

おしい!あともうちょいでRだったんですが……。
あと、メジャーにはきちんと水を掛けてます。
魚へのダメージは極力抑えるのもバサーの務めです。

image
ルアーはガバチョフロッグで細かくシェイクしてたら竿が引きこまれたので、即座にフッキング!
雑草越しだったため、抜き上げるのに苦労しました。
切れる心配のない太めのPEラインだからこそのアプローチ。
夏のカバー撃ちはフロッグで決まりですね♪


タックルデータ
ロッド:シマノ/旧ポイズングロリアス 172H ラッシュバーン
リール:シマノ/メタニウムDC XG
ライン:サンライン/シューター・ステューター 80lb
ルアー:ジャッカル/ガバチョフロッグ



この後も、同じポイントを攻めると、同じようにバイトがあったんですが、木に巻かれましたorz
体力と気力が尽き、この日の釣行は終了。
企画にも参加できて良かったです。
7月最後の釣行でした。


余談。企画参加ついでに、ダウザーにバスをタオルで持っても良いのか聞いたのに返信無い……。
来年のフィッシングショーで聞いてきます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。