と言えば俺が黒鱒釣

ただのバス釣りブログでーす。


テーマ:
まいどどうも、刻志幻夜です。
梅雨が明けて、連日暑い日が続いております。
最近は家族の関係で釣りに行くのを控えておりますが、先日は初の県外遠征を決行!
流石に一人だと心もとないので、二人のゲストと共に釣行しました!


image
左がTGさん、その隣がチャンさん、奥が私です。

そして気になる遠征先とは……、













image
まずフェリーへ。











image
海を渡ります。
































image
船に揺られながら着いた先は、とある島。






そう、小豆島です!!








image
島について、車を走らせれば、見渡す限り海!
この雄大な自然を前に、この日狙う魚は……?









そりゃあもう周りは海ですから、狙うものは決まっていますよね?

































目的地に着いたら、もうすでに魚が見えるではありませんか。
やっぱ島は違いますね。
こりゃ楽勝だなと思ってましたが、時刻は8時過ぎ、日も高く気温が上がって体力を蝕み続けてきました。
ランガンを続け、いかにもなポイントでTGさんがバイトがあったとの事。
そこへ投げ入れることの了承を得ると、ラインに不自然な重みが乗りました。
まさかと思い、合わせてみると……、













image
バスでした(笑)


初の小豆島バスをキャッチ!
いや~、小豆島来たらやっぱバス釣りですよね(笑
サイズはきちっと測ってませんが、40cm未満なのは確か。
トロロ藻の中に撃ち込んでのヒットです。

TGさんが見守る中、釣れた付近のトロロ藻の中へまた撃ち込んでみると、



image
まさかの2投連続ヒット!!

TGさんも「嘘じゃろ?」の一言。


タックルデータ
ロッド:シマノ/ポイズンアルティマ 170MH
リール:シマノ/NEWアンタレスDC HG
ライン:ジャッカル/レッドスプール 16lb
ルアー:ジャッカル/リズムウェーブ 4.8インチ
フック:ザップ/パイルドライバーカウンター 5/0 1.8g
シンカー:ザップ/スーパーすりぬけ 3/8oz
+ザップ/ザ・ストッパー極 L

ちょっと前にダウザーが使っていたカウンターテキサスリグ。
巻きと撃ち、両方出来るリグです。
今回はこれを撃ちで使用。
トロロ藻の中にもしっかりバスが入っていることがわかりました!



しばらくして、地元アングラーの方にお話を聞いて、他に良い野池を教えてもらいました。
しかし、教えてもらったところに野池すら見えず、断念。
とりあえず、名も知らぬリザーバーが近くにあるので、そちらへ。


リザーバーに到着したのは良いものを、降りられる場所を探して一週……。
なんとか降りられる場所があったので、そこから釣り開始。


特にこれといったストラクチャーは無く、とりあえずは回遊魚の着き場になりやすい岬状の地形を念入りにサーチ。
すると、

image
これまたかわいいのが釣れました♪

TGさんとチャンさんは別行動で反対側をランガン中。
image
お二人とも小バスはゲット。
一応ボウズは免れた感じです。

自分は岬状の地形で粘ってみることに。
ボトムを取ってから巻いてくると、
image

image
小さいのが連発に、35未満の一匹。
その後もいろいろとマキモノを試しては見ましたが、小バスばかり。


TGさんとチャンさんの帰りが遅いので、近くまで寄って見ると……、


image
40オーバーの良いバスを仕留めていました!!


この暑さ、やはりバスはボトムかシェードに非難していたようですね。
時刻は正午を過ぎ、そろそろ昼飯を取ろうと移動。

小豆島で有名な飲食店を訪れましたが、整理券の配布があり、すぐには食べれないため断念。
今度来た時は絶対食べに行きたい!
なんやかんやで昼食を終え、次の野池へ。


一面ウィードに覆われた野池。
インレットもあり、雰囲気は抜群でしたが、不発に。

時間も押してきて、最後は朝一の野池に望みを託します。
着いたは良いですが、すでに先行者が数名。
小豆島では結構有名な野池だそうです。


もう岸際はギルだらけ。
フィネスを入れようものなら、バスより先にギルが食いに来ます。
ならばとトップウォーターを入れようが、水面に出るほど元気なバスはおらず。

残る手立ては岸際にあるトロロ藻へ撃ち込む事。
これでおしまいにしようと、撃ち歩く。

野池の半分を回り、最奥の護岸際へテキサスを撃ち込んで行くと……、
image
最後の最後に出ました!!
自撮り下手ですね(笑)
サイズは42cmほど。
結構素直にバイトしてくれました。

タックルデータ
ロッド:シマノ/ポイズンアルティマ 170M
リール:シマノ/アンタレス
ライン:ジャッカル/レッドスプール 14lb
ルアー:ジャッカル/アーケロン  4.5インチ
シンカー:ザップ/スーパーすりぬけ 3/8oz+ザップ/ザ・ストッパー極 L



マキモノ用のタックルに間違えて撃ちモノルアーをセットしちゃいましたが、何とかフッキングが決まって捕ることができました♪
この一本で最後、この日の釣行を終えました。

帰りのフェリーで花火を見ながら帰路へ。

TGさん、チャンさん、楽しい釣行でした!また一緒に行きましょう!!


小豆島釣行でした。
また機会があれば行ってみたいところです。
ただし、フェリー代が馬鹿にならない……。
割り勘で行くのが正解かと。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
まいどどうも、刻志幻夜です。
梅雨も明けたのか、酷く暑くなりました。
あの雨が恋しいです。

さてさてさーて、ここ最近の釣行をまとめてピックアップ。


6月24日

この日は、何回かブログにも登場したONさんとSDさんと3人で釣行。
個人的な事情であまり遠くは行けず、倉敷市内の野池へ。

ONさんの案内で実績の高い広めの野池へ。
前日の雨でインレットが効いてて良い雰囲気でした。

各々釣りを開始。
インレット周りをまず探ってはみるが、反応無し。
ランガンしていくと、別の場所にもインレット。
こちらでONさんが生命反応を得ますが、バイトまであるもののフッキングには至らず。
更にランガンして、池を一週。
すると、ONさんが岸際でバスを掛けるも、バラす。
SDさんも、インレット付近で粘ってバスを掛けるも、これも目前でバラシ。

なんとか一本捕るために、野池郡巡りへ。
2箇所くらい回るも、良い反応は得られず。

ここで、朝一良い反応のあった野池へ入りなおす事に。
この辺りで雨が本格的に降ってきて、雷も鳴り出す始末……。

朝に入って気づいたことは、岸際にギルが異常に多く浮いてた事。
ONさんの話ではギルネストらしい。
ベイトがギルの可能性を考慮して、ギルっぽいシルエットのルアーをセレクト。
離れ小島付近に生えたウィードに絡めるようにルアーを巻いてくると……
image
喰う瞬間を捉えてからのフッキング!
足場は高かったですが、難なく抜き上げ!
サイズは、
image
44cm

タックルデータ
ロッド:シマノ/ポイズンアルティマ 170MH
リール:シマノ/NEWアンタレスDC HG
ライン:ジャッカル/レッドスプール 16lb
ルアー:ザップ/P.D.チョッパー 跳ねSP 3/8oz
トレーラー:ジャッカル/アンモナイトシャッド 5.5インチ+ザップ/ボーンラトラーM


雨も強くなり、SDさんは用事のために離脱。
ONさんと一緒に午後過ぎまで野池巡りをしましたが、良い反応は得られず釣行終了。
ONさん、SDさん、ご一緒いただきありがとうございました!!



7月1日

この日も個人的な事情で午前中の釣行。
向かったのは赤磐方面。
以前から良い釣果を聞くことが多かったので、行ってみたかった所です。

前日くらいにONさんから有力情報を聞いて、現地に到着。
すると、SDさんがいました。
撃ちモノ中心で、カバーやボトムの変化狙いで、その野池で良い釣果を出しているとの事。
これは負けてられないと言う事で、釣り開始。

程なくしてSDさんは夜勤明けだったので帰宅されました。
その直後くらい、タックルをスピニングに変えて、ノーシンカーワームでボトムを探って行くと……




image
良い感じにプリッとしたバスがフィッシュ!


image

タックルデータ
ロッド:シマノ/ポイズンアドレナ 266L
リール:シマノ/コンプレックスCI4+ 2500S F4
ライン:ジャッカル/レッドスプール 4lb
ルアー:ジャッカル/ワムワム 48
フック:ザップ/パイルドライバー


もう一本追加を狙い、ボトムを探っていくも、ギルバイトばかりで、ワムワムが削られていく……
ふと足元の護岸を見ると、一瞬だけバスがベイトを捕食している姿を確認。
ボトム狙いは間違いではなかったようです。
ただ、カバー撃ちなどもしたかったので、粘らずカバー撃ちのランガンにシフト。
こちらはギルバイトくらいで良い反応は無し。
時間も押してたんで、見ておきたかった野池で竿を出して、この日は終了。

朝一の野池は、雨の影響でタフっていたと聞いてましたが、一本取れて良かった!
河川の状況が落ち着き次第、川の釣りを練習したいところです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
まいどどうも、刻志幻夜です。
最近気になるのは、季節の進行具合。
今年はやけに季節が過ぎるのが早い気がします。
進行具合が早いためなのか、バスが季節に追いつかず、未だにネストを見ることも。
もう夏に差し掛かり、カバー狙いが主軸になりそうです。

さてさてさーて、今回は6月6日の釣行。
この日はゲストとしてSDさんと、釣りガールのFTさんと一緒の釣行。
釣行先は、前回に引き続き牛窓、長船方面。
釣行前に、FTさんは今回釣れなかったらバス釣りを引退すると宣言。
これはなんとしても釣っていただかねば……。
そんなプレッシャーを感じつつ、不安を抱きながらも野池を案内。

まず朝一に長船方面の野池からスタート。
藻が生えない、比較的何でも投げられる野池へ。
しかし、魚からの反応は無し。

移動して、ウィードが全面的に生えつつある野池。
実勢の高い野池ですが、釣り人も多く来るメジャーフィールドっぽくなりつつあります。
まだ朝マヅメっぽく、ボイルがそこそこの頻度で発生。
狙い目かと思いフロッグで狙うも、反応がイマイチ。
獲れないのを覚悟で、虫ルアーを投入すると、小バスが食いつく(写真無し)

どうも、目に見えないほどの虫、もしくはアメンボを捕食しているみたいでした。
流石にフロッグに食いついてくる大きな個体はいないようでした。
ここでアイディーオー。

トイレ休憩を挟み、次は牛窓方面の野池へ。
減水傾向な野池。
水の状態も微妙。
何はともあれ投げないことには始まらず、表層は無いと思ってボトムからサーチ開始。
SDさんは自由に適当なルアー投げてて、FTさんはネコリグでフィネスをしてもらう事に。
ここで、FTさんのネコリグに小バスが掛かりました。
小バスでも良いから釣りたいといわれていたので、何とか目標達成♪
それ以上に何も反応無かったので、IDO。


次は有名スポットな野池。
先行者がいましたが、やろうと思っているポイントに入ってなくて一安心。
向かうは野池のアウトレット付近。
インレットも絡み、岸際に小バスが多い。
サイズを問わないなら、ここで数釣ってもらおうという魂胆でしたが……、


image
FTさんに待望の今日一フィッシュ!!

サイズは46cm。
ネコリグを指示して、丁寧に誘ってもらいました。
そう、この野池、過去にFTさんと一緒に来た事があり、その時と同じ場所をご案内。
そしてこの魚、FTさんこの日は持ってました♪
これは文句無しでく引退宣言撤回ですね。

足場が高かったので、ランディングをSDさんが手伝ってくれました。感謝。


FTさんに良い想いをしていただいたところで、まだ少し時間もあり、次でラストの野池へ。
そこは、前回の釣行で私が44.5cmを仕留めた野池。
今回も同じパターンが通じるのか?検証も兼ねていざシャローエリア。


image
先制はFTさん!

そこそこのサイズをゲーリー/カットテールのネコリグで。
ここではフィネスが有効なのか、FTさんが圧倒的に小バスを乱獲していきます(笑)


image
SDさんもカバーを狙い打っての一本!

サイズは奮いませんでしたが、なんとかの一本。
釣れないよりは、サイズがこまくても釣れれば良いんです!


ここでお二人はタイムアップ。
FTさん、SDさん、一緒に釣行していただきありがとうございました♪
またいつか、予定が会えば行きましょう!!



二人と別れた私は、一つ気になる野池へ入り直し。
そして、
image

image

この日、FTさんが46cmを釣った野池です。
遠目から、護岸際のカバー付近にバスがいるのを発見。
勢い良くカウンターテキサスで撃ちぬくと、ご覧の一本を確保!
サイズは43cm。
FTさんには負けましたが、良い引きで楽しめました。


タックルデータ
ロッド:シマノ/旧ポイズングロリアス 173MH ビワコバーサタイルX
リール:シマノ/アンタレス HG
ライン:ジャッカル/レッドスプール 16lb
ルアー:ジャッカル/チャンクロー 3.5インチ+ザップ/ボーンラトラーSS×2
フック:ザップ/パイルドライバーカウンター 3/0 1/16oz
シンカー:ザップ/スーパーすりぬけ 3/16oz


本格的に気温が上昇、一気に体力を持っていかれて、この日の釣行はこのあたりで終了。
帰りに気になる場所を回って、帰宅しました。

そういえばまだ今年、まだ赤磐方面いってないな……。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。