国際センター駅市民交流施設「青葉の風テラス」

仙台市地下鉄「国際センター駅」2階にある市民交流施設「青葉の風テラス」の情報をお届けします。


テーマ:

青葉の風テラスで開催された
プレジャーマーケットvol.004(8月28日)とvol.005(9月25日)の開催報告です!

[主催者より]
月の終わりの日曜日に[プレジャーマーケット]を開いています。

vol.004828日)とvol.005925日)の様子をお伝えします。

8月は「植物」を、9月は「広瀬川」をテーマに、知的好奇心をくすぐるプログラムを特集し、さまざまな方にご来場いただきました。

 

◎ワークショップ

体験型講座という意味合いが色濃いワークショップですが、プレジャーマーケットでは「WORK」自分のとくいなコト・モノを「SHOP」見せる披露する、と意味するようにもっと多様に捉えたワークショップを展開しています。

フラワーアレンジメント、ティアラづくり、コトバコづくりなど、大人も子供も一緒になって参加しました。なんと言っても大きなテーブル・広々したテラスはワークショップをするのに最適な環境です。

 

◎知る楽しみ

青葉の風テラスの周辺には、仙台市博物館・宮城県美術館・東北大学植物園といった、価値を見出されたコト・モノが保管され、またその価値を伝えるヒトが活動する施設が点在しています。

そうした価値を知る方々に青葉の風テラスへ来ていただき、ガイダンスレクチャーを行いました。植物をテーマにしたレクチャーでは木の枝を差し棒にするサービスっぷり。もちろん施設内に限らず野外にも資源がたくさん存在しています。政宗公がお城を築いたこのエリアでは伊達文化を知るチャンスも至る所にあります。

 

◎ふれる楽しみ

「自然にふれる」これを体験するのが簡単ではない今の世の中ですが、プレジャーマーケットではこの体験を大切にしています。自然を知る・ふれることで多くのことを学ぶことができます。とくに清流・広瀬川は多くの生きものが生息しています。

カニにふれる、コケにふれる、ウマにふれる。ふれた人たちは緊張もしますがリラックスします。それは子供も大人も一緒で、参加された方からは「日々のアレコレを忘れて楽しむことができた」といった声があがり、ほかの皆さんも共感されていました。

 

◎しつらえる

色んな楽しみを気持ち良く体験してもらうには、参加する前の不安をやわらげることが大事だと思い、随所にご案内を設置しています。青葉の風テラスには黒板ボードがいくつもあるので助かっています。

空間演出も気持ちを盛り上げる要素ですので、植物をテーマにした際には流木・植物を使ったしつらえを準備しました。またプログラムに参加したあとはゆっくりと時間を過ごせるように、ハンモックや新しく導入したエアソファを持ち込んで佇んでもらいました。

 

次回は10月30日(日)にマーケットを開催します。

ぜひ青葉の風テラスに足をお運びください。

http://sendai-cp.net/market


いいね!した人  |  リブログ(0)

青葉の風テラスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります