お久しぶりです。

テーマ:
本当に久しぶりのアップです。

みなさま、お元気にされていますか?

オーストラリアで10年という長い年月を暮らしましたが、日本に帰ってからももう長い時間が経ちました。

子どもたちも元気に大きくなっております。もう大人の手前まで来てる感じです。

ですが、はげは相変わらずまだまだ日本に出没します(苦笑
子どもらには完全に無視されていますが・・・

いつまで訳のわからないことを言い続けるんでしょうね・・・

子どもらが大人になったときにも迷惑をかけ続けるんじゃないかと心配です。

オーストラリアでは18歳で成人します。
娘がオーストラリアに行きたいと言えば、父親の許可なくパスポートを取って行ける年齢になります。

せっかくオーストラリア国籍を持っているのですから、オーストラリアで大学に行くのもありかと思いますが、はげのことが心配で行っておいでとはなかなか言えません・・・
何かあったときに私は行ってやれませんしね・・

本当に子どものことを想うなら、オーストラリアに渡る自由くらいくれてもいいのにと思いますが・・

なんて、いまさらこんな話をしても仕方ありませんね(苦笑
AD

ハーグ条約加盟後の様子

テーマ:
ご存知かとおもいますが、日本は今年4月1日 ハーグ条約に加盟しました。

それから続々と外務省を通して面会交流の申し立てがなされています。


世の普通の男性の意見を是非、お伺いしてみたい。

離婚経験がある男性の意見もお伺いしたいです。




離婚後、子どもに会いたいと思いますか?

離婚後、養育費は払っていますか?



子どもには会いたいけど、会わせてもらってない。だけど、養育費の支払いはしている。

養育費の支払いはしていない。子どもにも会ってない。

養育費の支払いはしていないが、子どもには自由に会っている。



世の中の子持ち離婚男性の8割は養育費を払っていないとされています。

その人たちの感情ってどんなものなのでしょう?
でも、子どもには会いたい?

わからないですね。





AD

まだまだ暑い日が続くけれど

テーマ:
それにしても毎日暑いですね。
子どもたちは、はげの問題など何のその。
毎日部活やプールだと元気に動き回っています。

またまた裁判です。
すっかりなじみになった日本の裁判所。

始めて1人で裁判所に行った時を思い出すと、すごく心細くてはげやはげの弁護士、それに裁判所までも敵に見えたものです。

鳴れとは恐ろしいことに、今ではすっかり平気に・・・・
なめてかかって、変な判決が出てしまったことも。

まあ、何がどうであれ、あくまでも書面上のことで、実際に子どもを引きずって連れて行かれることはないでしょうから、お金もかけず適当にやり過ごすようにしています。

日本の裁判所も変わらないですね。

弁護士は、一人で裁判所に行くなんて!みんなこう言いますが(ごもっともだと思いますが)そんなバカバカしいことに延々と費用をかけ続けるなんてできません。

はげは子どもが成人するか、自分が死ぬまで言い続けるのでしょうから
バカバカしくて付き合いきれません。

そんなことに費やす費用があるなら、子どもの進学の費用にためておきたいものです。
さっさと家のローンをはらってしまいたいものです。

この不景気に延々と弁護士費用に何百万と費やせる人なんて一部の人だけですよね。
ほとんどの人は生活だけでもいっぱいいっぱいだってのに。

子どもたちの頭の上で繰り広げられる馬鹿げた争い。
それは日本でもオーストラリアでも同じです。

現実を見ろ。

いやいや、今日も頑張っていこうではないか!
AD