勝手に「トラックバックステーション」のお題を考え、それを[トラックバック★大歓迎同盟](入会もこちら の人たちにトラバで知らせてより参加者を増やし(もちろんトラバ同盟外の人も大歓迎)トラバ同盟の結束を固めようっていう企画です。

参加記事には、勝手にトラステの趣旨とトラバ同盟のリンクなんて貼って頂ければこれ幸い!!みんなでトラバ同盟人を増やしましょ♪詳しい説明→ココ  ・・・・・・ヤマオカ


「毎週土曜日開催予定!!」です。


次回のお題のリクエストも受付中!!


今回のカッテーマは、


「私がブログを始めた理由」です。


みんなの参加しやすいお題をということで考えました。どうどう?w良くな~い?

みんなのブログ始めた理由聞きたいデス

ということで・・・

「3~2~1~   発動!!発動!!」


え~勝手にトラックバックステーション!!発動です。




「私がブログを始めた理由」


今、自分で何かを変えようと思っても、とても難しいそんな時代です。だから何ができるか、何を変えれるかそう思った時に人の気持ち、心を変える 

いや変えたいそう思いました。人の考え方だったりそういうものを変えれれば、なんか自分の意義を見つけることができるかななんて思ってみたり・・・

そう、でも自分は、頭もよくないですから何ができるかって言ったら こんな馬鹿なことを考えてる人間もいる ってことぐらい(「我輩はネギである 」でも言いましたが)・・・そう私の理想の馬鹿像インパクト馬鹿」そして天才になれないのなら「馬鹿と天才の紙一重の馬鹿の方」を目指します!!!

人に影響を与えてしまうような・・・・そういう馬鹿に私はなりたい。


追伸


SMAPも言ってました。「ナンバー馬鹿にならなくて良い~♪もっともっと特別なオンリー馬鹿~♪」


AD

シラナイクセニ

テーマ:

知らないくせに、オレがどれだけキミのことを考えているか


知らないくせに、オレがどれだけキミのことで悩んでいるか


キミのメールを待っているか


キミのことを想っているか


キミのことで幸せになれるか、キミのことを愛しているか


シラナイクセニ・・・・・



AD

簡単に説明、勝手に「トラックバックステーション」のお題を考え、それを[トラックバック★大歓迎同盟](入会もこちら )の人たちにトラバで知らせてより参加者を増やし(もちろんトラバ同盟外の人も大歓迎)トラバ同盟の結束を固めようっていう企画です。

参加記事には、勝手にトラステの趣旨とトラバ同盟のリンクなんて貼って頂ければこれ幸い!!みんなでトラバ同盟人を増やしましょ♪

毎週土曜開催!!

次回のお題のリクエストも受付中!!

今回のカッテーマは、

『あなたが体験した、又は人から聞いたと~っても、怖い話』
す。

上げ郎しゃん からの勝手なお題です。(も~上げ郎しゃんってば時代いや季節先取りスギ~まって~置いてかないでw)

これから夏にかけて欠かせない恐怖ネタ収集できまっせ~~!!

尚、今回からお題参加記事以外の貼り付けもOKにいたします。BUT参加者は、記事のタイトルで参加記事だってことを解るようにしてください。(区別する為)

それでは、

勝手にトラックバックステーション!!発動!!(ポチッ、とな)

「怖い話」

これはある人に聞いた怖い話です・・・

ホントにあった話なのかは、わかりません。

ある所にすごく綺麗な女の人とすごくカッコイイ男の人の夫婦がいました。

その人もうらやむような夫婦のおくさんは、妊娠していました。

近所の人も、どんなかわいい子供が産まれてくるか楽しみにしていました。

しかし、二人の間に生まれてきた子は、かわいいとはお世辞にもいえないような子供でした。

この夫婦から生まれてきたと思えないぐらい・・・・・

二人は悩み、流産して生まれなかったと言い、生まれてきた子供を隠して育てることにしました。

近所の人にも見つからないように・・・・・

その子も少し大きくなり、家族三人で旅行に行きました。

船に乗って旅行の途中その子がトイレに行きたいとぐずり始めました。

そのかわいさから愛情のわいてこない夫婦は、隠れて海へするように言いました。

そのこが用を足してる時に、その夫婦は、その子を海へ突き落としました・・・・・

そのこは海の中へ消えていってしまいました。

誰に気付かれることもなくその子はいなくなりました。

その夫婦以外の人に会う事もなく

数年たちその夫婦には、また子供が出来ました。

二人目は、とてもとてもかわいい子が産まれました。夫婦は、その子をとてもかわいがりました。

その子も大きくなりおなじように家族三人で旅行に行きました。

船に乗って旅行の途中その子がトイレに行きたいとぐずり始めました。

夫婦は、トイレに連れて行こうとしまいしたが、その子は海にしたい言いました。

夫婦は、何故そんなことを言うのか疑問を持ちながらも海にすることを許しました。

その子は、用を足しながらこう言いました。

「今度は、突き落とさないでね」と

AD

我輩はネ○である・・・

テーマ:

ネギ

 

いきなり画像です。しかもネギ写真初めて貼り付けます。

 

 

「初めてでネギかよ!!」ってツッコミ入りそうですが、この一本のネギには、ネギとして終わらせるにはもったいないぐらいのエピソードがあり、今回は、そのお話をしたいと思います。

 

 

 

 

                   「我輩は、ネギである」        

  

 

我輩はネギである名前はまだ無い。そりゃネギに名前つけるヤツなんていない、って言われそうだが、我輩も普通のネギとしての、人生を送れていたら名前なんて無いことも気にしなかったであろう。

しかし、そうではなかった・・・・・・

 

 

 

                  ~下仁田(ネギ)物語~

 

 

買い主も5分ほど前に、決まったばかりです。しかし、自転車のカゴから落ちてしまいました。

 

有名なあの映画を我輩がもし見ていたら「誰か僕を助けてください!!」こう叫びたくなるかもしれません。

 

でも、叫びませんそんな反骨精神の塊のようなネギです。

 

母ネギから「あんた人間に媚を売るようなネギにだけはなるな!!」って小さいころから口うるさく言われてきました。

 

助けなどは、求めません。いや、むしろ自転車のカゴの中から自分で飛び出た気さえしてきました。

 (頭?をしたたかに打ったので記憶があいまいですが)

 

 

 飛び出したってことは、動ける?

 

「右足・・・、右手・・・、左足・・・・・・!!!」

 

「動いた?、今、動いた左足~~!!!」

 

しかしよく見ると、それは、人間に踏まれただけでした。

 

ガックシ・・・

 

踏まれただけでした。

 

踏まれただけでした。

 

踏まれただけ!?

 

ダケ~~~~~~!!!!!          (俺、タケ)

 

ダケじゃねーよ                    (俺、じゃない?)

 

 イヤだけじゃすまないでしょう!!        (ホント)

 

「食品」(ネギ)のオイラにとっちゃそれは死活問題でしょう!!

 

「オイ!!衛生兵~~!!」 

 

「って来るわけないし・・・」

 

体を動かそうにも、カゴから落ちたときに全身打撲により細胞が・・・

 

いや繊維が?動こうとしません。

 

そんな間も人間は、踏まないまでも自分の上を歩いていきます。

 

 

 

 そして・・・・・

 

ネギは、考えるのをやめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ??・・・体が動いた気がしてふと我に返ると、ネギは飛んでいることに気付

 

きます。

 

「ここは、天国?いや現実だ!」

 

正確には飛んでいるのではなくて、踏まれてヒラヒラになり風にふかれて地面の

 

上を転がっているのですが、地面に根を生やして生まれてきて、地面に横たわっ

 

て、踏まれて地面にこびりついて、そんな葱生(ネギセイ)を過ごしてきたネギに

 

は、転がっていることが飛んでいることに想えるぐらいの感覚に陥りました。

 

 

 

 

ネギは、初めて自由に動ける感覚を知ります。

 

ネギは、初めて生まれて来て良かったと感じます。

 

ネギは、初めて感動という感情を知ります。

 

 

「俺ネギで生まれて来て良かった・・・・」

 

 

ネギは、ドンドン転がって行きます。

 

 

 

しかし・・・

 

止まない雨は、有りません。

 

止まない 風も、有りません。

 

 

楽しいときは過ぎ、ネギは、止まってしまいます。

 

今まで、動けていたネギは、動けない恐怖というものを感じます。(この辺りは人間と同じですね)


動けないままネギは、夜を迎えます。

 

夜の寂しさは、自然とネギの芽から目から涙をこぼさせます。

 

踏まれて、風にふかれてしまうぐらい水分が無くなってカラカラになってしまった

 

体からも涙は、こぼれます。

 

 

いつの間にか眠ってしまっていたみたいでもう朝になっていました。

 

爽やかな朝です。今日は風が吹いてくれるかな~?ネギは、そんなことを考えていました。

 

近くで何か音がします。おばさんが玄関先の道路を掃除しているみたいです。

 

爽やかな朝にお掃除・・・「お掃除ご苦労様です。」ネギは、届かないのを知りつつも声をかけます。

 

あれ!?今、目があった!?

 

聞こえたのかな~?

 

ネギは、もう一度声をかけてみます。

 

「ご苦労様です」

 

やはりこっちを見て近づいてきます。

 

やっぱ聞こえてる(喜)!!

 

飛べるようになった後は、人間と話せるようになった?

 

「神様ありがとう」

 

おばさんはそのまま近づいてきます。そして、ネギをつかみ持ち上げます。

 

そのとき初めてネギは気が付きます。

 

掃除をするおばさんにとっては、自分はゴミ以外の何者でもないことを・・・・

 

 

ネギは、諦めます。

 

 

「一度は踏まれて死んだと思った命いまさら何を怖がることがあるだろうか」

 

「わが人生に悔いはなし」

 

 

 

しか~しゴミ箱行きと思いきやそうでもないみたいです。

 

「???あれやっぱり言葉通じていたのかな~?」

 

 

庭の裏に回りそこで見たものは、犬でした。そしてドックフードと犬の食器の中へ・・・・

 

 

「おい!!おばはん!!こんな状態の俺を犬に食わすんかい!!」

 

「しかもネギは、犬の体には、良くないで~知らんのか~~!!(怒) 」

 

「あ!!でも、ネギとして食べられるってことは、任務を全うしてる?こんな

 

姿になってまで食べてもらえるなんて想定範囲外だったので、テンパッテしまった・・・(反省)」

 

 

「さあ食えわが葱生に一片の悔いはなし!!」

 

 

犬は、近づいてきて私を一瞥して・・・ドックフードだけ食べやがりました。私を残して・・・・

 

まただけ・・・最後までだけ泣かされるのね~~~我が葱生・・・・・

 

 

 

 

               おしまい

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

昨日葱が道に落ちていました。それを見てこのブログを書こうと思いました。

 

 

知って欲しかったのは

 

一本の葱を見てこんなストーリーを考える馬鹿がいること

 

一本の葱を見て涙するものがいること

 

一本の葱にも一本の映画いや物語が有ること

 

 

だから道にゴミを捨てないでください・・・いや間違えた

 

ネギを捨てないでください。

 

なぜならそれは

 

「我々のエゴである」からです。

 

「我々はエコである」べき・・・

 

 

JTからのお願いでした。

 

 

 

「我輩は猫である」○か×か・・・・

 

 

 

 

 

「勝手にトラックバックステーション!!」って、何ぞや?って方は→こちら説明

 

簡単に言うと自分勝手に「トラックバックステーション」のお題を考えました。のっかりませんか?

それを[トラックバック★大歓迎同盟](入会もこちら )の人たちに知らせて(もちろんトラバ同盟外の人も大歓迎)より参加者を増やしトラバ同盟の結束を固めようっていう企画です。

参加記事には、勝手にトラステの趣旨とトラバ同盟のリンクなんて貼って頂ければこれ幸い!!みんなでトラバ同盟人を増やしましょ♪

 

「毎週土曜日開催予定!!」です。

 

 

今回のカッテーマは、「楽しい聞き間違い♪」です。

 

ぺんちゃん からの勝手なお題です。(も~ぺんちゃんったら勝手、オシリぺんぺんするよ~♪)←いや面白くないのは重々承知でございます・・・・でも一回言ってみたかった・・・名前「ぺん」なんだもん!!

 

 

 

 

~シュチュエーション~

 

 

顔なじみのクラブで

 

 

タケ

「じゃあいつものヤツたのむよ・・・」

 

ママ

「勝手にトラックバックステーション!!発動!!」

 

 

 

 お題出したぺんさんの楽しい聞き間違い♪

そこに、何か動かないものがあって

テーマ:

そこに、何か動かないものがあって

そこに、何か動かないものがあって

それは、世の中だったりします

それは、人の心だったりします

あなたの気持ちだったりします

本当に動かそう、動かしたいと思っても動かない、動かせないもの

それが本当に動かないものかも知れないと・・・・・

それは、あなたを想う気持ちだったりします

おもひでぽろぽろ2

テーマ:

おもひでぽろぽろ 」をまだ見ていない方は、見てからの方が楽しめます。

あれは十数年前・・・・



   ○○小学校 帰りのHR

先生
「みんなにお話があります。」

先生
「給食費盗んだの誰だ~~~~~~!!」

タケ

「先生!!犯人はこのボクが・・・・じっちゃんの名にかけて」

(「ちなみにじっちゃんの名は、カツノリ!!」)

みんな

「・・・・・・」

タケ

「先生!!ボク犯人解りました!!」

みんな

「!!!」

タケ

「犯人は、この中にいます!!!」

みんな

「ざわざわざわ・・」

タケ

「黙れパンピーども!!!」

みんな

「・・・・・(沈黙)」

タケ

「犯人は~~~」                 (フジテレビ)

タケ

「ボクです」

タケ

「先生スイマセン」

   訳

給食費盗んだときに限り、こんな告白も・・・・

   注意

どんなにうまく立ち回ったところで、その後、職員室に呼ばれること間違いなく!!

   あとがき

この物語はフィクションです。この物語に出てくる登場人物・団体名は実在するものとは異なります。

不思議な六面体

テーマ:

僕の心の中には、不思議な六面体が有ります

 

僕のその不思議な六面体は、時に大きく、赤く、痛みます

 

それは君に会うと、大きく、赤く、痛みます

 

それは君のことを想うと、大きく、赤く、痛みます

 

 

 

  訳

 

これ告白というより詩ですね。ということで詩で告白!!

 

 

  あとがき

 

二回目は、不思議な「六面体」を「界面活性剤」に変えて読んでください。

三回目は、不思議な「六面体」を「海綿体」に変えて読んでください。

 

違った楽しみ方が出来るかも???

 

 はじめに「界面活性剤」にするかで悩んだのですがさすがに意味不明なので「六面体」にしました。

えっ!?三回目?あれは、オマケです。(笑)