作文を支える土台。

テーマ:

作文の作法や表現に関しては、知識と練習の積み重ねでぐんと上達します。
だけど、「内容の質」はそう簡単にはいきません。普段から、物事を深く考える習慣や、周りをしっかり観察する目を持っていないと、読み手を唸らせるような良い作文は書けません。

読書感想文を書くにしても、体験文を書くにしても然り。同じ本を読み、同じ体験をしたとしても、何を感じて、何に気付けたかはそれぞれ異なります。「どんな点に目を向けたか」によっても、作文の質が変わってきます。

好奇心や興味、探究心を持って周りをよく観察して思考をめぐらし、そこから生まれた感動や反省、気付き・発見などを心にしっかり留めること。そういった姿勢が「良い文章を書くための土台」です。

だから、作文を書く練習をすることは国語力のみならず、「人間力」をも育て上げる一助となると私は考えています。

AD

頑張った手。

テーマ:
今週から「大好きな人に手紙を書こう!」という学習に入っています。

改まった手紙の書き方を学習し、自分の思いをわかりやすく相手に伝える練習です。
漫画家や声優、スポーツ選手、お笑い芸人や俳優、博物館の館長、テレビ番組のプロデューサー…などなど。
生徒たちは誰に手紙を書くのかな?

今日は下書きをしてもらいましたが、こんな手になった子も。

沢山文章を書いた証だね。

AD

今年最後の雪遊び。

昨日の日曜日は、今月末で今年度は閉園となる「滝野スノーワールド」へ。

冬季は駐車場代(410円)のみで、入園料はかかりません。チューブ滑りのチューブも貸出無料!国内最大級、200mのロングコースを楽しめます。


坂の上まではロープトゥという簡易リフトで上がるので楽チン♪
昨日はもう終わってしまっていましたが、期間限定で毎年、S字コースもあるそうです。ジェットコースター気分を味わえるスリリングなコースです。
ひかりはまだパパと一緒に滑ります。


来シーズンからいよいよ、ひかりもスキーデビューする予定です。上級者のダンナが先生役。私はクロスカントリー(歩くスキー)なら得意なのですが、ゲレンデは…。来年は一緒に教えてもらおうと思っています。嫌いではないのですよ、私も。ただ、

寒い+冷たい+ウェアーやスキー等の準備が面倒+滑り台でも酔う体質+リフトで三度失敗(スキー板を落下させる➡2回、降りられなくてもう1周➡1回)した過去あり=無理してまで行きたくない

…となっていました。だけど、私だって家族と一緒に楽しみたいのです。待っているだけは嫌なのです。来シーズンこそは重い腰を上げたいと思っています。要は慣れですよね、慣れ!


遊び疲れて、お腹ぺこぺこ

AD