語彙の豊かな人間になろう。

テーマ:
『語彙力こそが教養である』
明治大学教授の齋藤孝先生の本です。


先生はこう述べています。
「語彙が豊かになれば、見える世界が変わる。」
「語彙とは教養そのもの。その教養は会話の表現力や説明力に直結し、一瞬にして自分の知的レベルを映し出す。」

本著では、語彙力の重要性を説き、どうしたら語彙力を増やせるかを具体的に示しています。
例えば、普段自分が多用しがちな言葉を見つけ出し、その言葉をNGワードに設定する方法。口癖になっている言葉を自覚した上で、その言葉を使わないようにするのです。使いそうになったら敢えて他の言葉に言い換えるという訓練です。

「すごい」という言葉が口癖で、普段の会話で多用している人の例を挙げますね。

友人と入店したSTARBUCKSで目に留まった案内ボード。
「ねえ、これ見て。スゴくない?」と、いつもの自分なら言いたいところですが、「すごい」を封印して違う表現をする努力をします。例えば、
「このボード、緻密に描きこまれていて素敵じゃない?」などと言ってみるのです。

「すごい」という言葉は便利なようで、曖昧で具体性に欠けます。「~すごい!」「~すごいね!」と連発するのは話の内容を薄っぺらくしてしまう恐れすらあります。


子どもの作文も同じです。
語彙力が乏しくて、「楽しかった」「おもしろかった」などの単純語彙ばかりを多用すると紋切り型のつまらない、そして具体性に欠ける作文になってしまいます。
では、「楽しかった」「おもしろかった」に代わる言葉や表現は何があるのか。それはその子の語彙力や感性、観察力などにかかってきます。そしてそれらを様々な方法でトレーニングしているのが私の経営する「国語専門塾みがく」です。



齋藤先生の書籍はほとんど目を通していますが、いつ読んでも発見や気付きが多くて刺激になります。
みがくでも活用できる事柄が沢山あるので、今後もどんどん取り入れていく予定です。



AD

はじめての参観日。

今日は娘の幼稚園の参観日。
朝の会、帰りの会、言葉のお勉強の様子を見てきました。

「北野幼稚園の子は聞く姿勢ができている。」「いつもピシッとしている子は北野幼稚園出身の子」などと地元では評判らしい(清田区の小児科看護師さん談)のです。

なるほど。入園2ヶ月弱の年少さんでもピシッとしています。


朝の会では四字熟語や慣用句などのカードをみんなで読みます(どこもそうなのかな?)。


そして詩も朗読します。ちなみに今月の詩は北原白秋。


「漢字で遊ぼう!」の授業風景。
漢字カードを使った昔話を聞きます。
先生に質問された子どもたちが、
「犬~!」「孫~!」と普通に漢字を読んでいる姿に軽く感動。


それにしても、うちの子ったら…まあ落ち着きがない(笑)。
泣いている子やお母さんの所へ行きたがる子(さすが年少さん。多かった~)のほうをキョロキョロと見るのです。
『ほら!前を向きなさい!!』と心の中で何度注意したことでしょうか。

だけど、お友だちとコミュニケーションをとったり、元気な声で学習できたり。幼稚園に入るとやはり違うなと実感しました。


今日はお昼前の親子降園だったので、帰りは久々娘とカフェデート。
気になっていた清田区のカフェ「merci」カフェ メルシーでランチをして来ました。

本日のランチはハンバーグプレート。肉厚のハンバーグ。普段お肉はほとんど食べない娘も喜んで食べていました。


食後のミニパフェ(200円)。ミニとは言え、ボリュームがありました。


…ひ、ひどい。
AD

2つの言葉~違いを考えよう!

テーマ:
今日から2週にわたり、辞書引き学習を始めています。

「学ぶ」と「習う」など、一見同じような意味の言葉のペアが載ったプリントを用意。その中から興味のあるものを1人1人選んでもらいます。

意味の違いを推理してもらったあとは実際に辞書を引きます。意味を書き写したら次は、2語の違いを簡潔に説明した「答えプリント」も書写。仕上げに、きちんと理解できたかのチェックを兼ねてそれぞれの例文を自分で作ってもらいました。


今日は新道校の清水先生が休みなので私が代講しました。新道校の可愛い生徒たちとゆっくり話せて、この上なく楽しい時間を過ごすことができましたよ。
AD