特定非営利活動法人 国分寺市手をつなぐ親の会のブログ

東京都国分寺市に住む、主に知的障害(知的ハンディ)の子どもの親たちが、昭和39年に創設しました。
会での活動の内容やご報告を書いています。

東京都国分寺市に住む、主に知的障がいの子どもの親たちが、昭和38年に創設しました。


子ども達を取り巻く社会と積極的に関わり合い、子ども自身が社会の一員として生きていくことができる基盤づくりをするため、親たちが協力し、活動しています。

学齢期の子どものための、放課後等デイサービス「たけのこ」
学校卒業後の子どものための余暇活動「まあぶ」

などの事業も行っています。


平成17年より特定非営利活動法人として活動しています。

子どもの障がいについての疑問や不安に立ち向かうには、同じような体験をした者同士、語り合い、情報交換することが、精神的にも大きな助けとなります。

障がい児・者のご家族方々には、これらの趣旨をご理解頂いたうえで、ご入会をお待ちしています。

また、賛助会員として支援いただける方のご入会も、合わせてお待ちしております。


会費は年間3,000円、賛助会費は一口1,500円となっております。

お問い合わせもお気軽にどうぞ。kokubunjito@gmail.com


テーマ:

 講演で、大阪府社会福祉法人北摂杉の子会理事長松上利男さんは次のように話されました。

  

 施設設立の理念として『目指します、人権を守る砦となることを』を掲げています。人権は支援の基本です。

 

 先に本人の行動障害を変えようとせず、先ずその個々の障害の個性に合うように環境を配慮するという取り組みが結果的に行動障害を改善する成果を上げています。

 

わくわくすること、人として当たり前に日中活動や余暇(趣味や楽しみなど)があることは必要です。清潔で居心地いい場所である事、美味しいご飯も大切です。

 

また、グループホームは現在一般的には残念ながら障害者にとって終の住処ではありません。老齢年金をもらう歳になれば障害者のグループホームを離れ、老人の施設に移らなければなりません。

 

老齢になっても引き続き住む事の出来る施設が必要です。 障害者は認知症になるのが早い場合も多いので、40歳からの変化は認知症を疑ってみる事が大切です。       

                                                         (成人部  N)

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。