国分崇 オフィシャルブログ

ロマンチック役者のこくぶです。
「冷やし中華は夏限定だけど、オレの芝居は一年中アツいのおいてるぜい!」
をモットーに、日々情熱かかげてロマンチックに活動中!
ただいまツイッターで【ロマンチック辞典】発信中!
ブログでは【こくぶたかしの顔散歩】発信中!

写真 2015-06-11 23 34 47

Twitter】【Instagram
「ロマンチック辞典」と「ロマンチック隊長語録」をご機嫌に更新中!


 

テーマ:

ども。

今日は、ボクが普段やってるロマンチックのお話を。


{259999FC-208F-4DC6-978C-7C01271CC3FA}



先日、ボクはホームタウンの下北沢で、ロマンチックライブというお芝居とお笑いと音楽の融合的な、そんなエンターテーメント色満載?のライブをやったのですが、そのなかでロマンチック朗読劇というのをやったんですね。ボクと亜矢乃ちゃんという女優さんとふたりで。で、その劇中のセリフの多くが、ロマンチック辞典から引用して作られたものだったんですね。あ、ロマンチック辞典ていうのは、ボクが下北沢で作ってるロマンチックな辞典です。

{936A96DE-DC0C-4FB4-B3FE-411ABA991261}

自分で絵を描いて、意味や解説を考えて、iPhoneで撮って、ツイッターにUPしてます。


話を戻します。

そのロマンチック辞典のなかから、今日はその朗読劇のクライマックスで使われた【好き】をご紹介したいなって。


好き

普通に国語辞書でひくとこう書いてあります。


【好き】 心がひかれること。気に入ること。また、そのさま。


と、あります。


うんうん、好きって、心がひかれてくってことだもんね。気づいたら、心が…みたいなね。で、その想いが強くなると、好きすぎてケンカしちゃったりね。好きだからこそ、自信なくしたり不安になったり…

お?ケンカ?
自信なくす?
不安?

そう。ここでボクは思ったわけです。好きって、もしかしたらもっとちがうところにも意味があるんじゃないのかなあって。

心がひかれればひかれるだけ、そこには不安という気持ちが存在してるんじゃない?だったら、それも込みで 好き みたいな、なんかそんな意味ってないかなあ?そんなとこまで含めて、もしもこの世の中に、そんな誰もが抱く不安さえも吹き飛ばしてくれるモノがあったら、それってめちゃくちゃロマンチックじゃん!

って。

そんな想いを込めて毎日作ってるのが、この好きであり、ロマンチック辞典なんです。

うつむく誰かの背中をちょこんと押す、そんなきっかけになるような辞典を作りたいなって。

毎日、下北沢でそんなことやってます、ボク。


ボクにとってのロマンチックとは

《現実の世界をちょっとだけステキに見ること》



【好き】ご覧ください。


ロマンチック辞典【好き】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ども。

本日バレンタインデーは、こちらの情報が解禁となりました!

https://youtu.be/btL7mTRifgk

今話題のミュージシャン 純烈 さんのミュージックビデオです。純烈さんといえば、先日も羽鳥アナの朝の番組で特集されたりと、今やその勢いはとまりません。

とてもユニークな方々で、現場は終始笑いに包まれてました。

てことで

普段ロマンチックロマンチック言ってるオレのシーンは、やっぱロマンチックでした。あは

ケンカをしたカップルが運命の赤い糸で結ばれる、そんなシーンです。

そんな純烈さんの新曲 愛でしばりたい は、3/14 ホワイトデー発売です。

くぅー!ナイスロマンチックー!
みなさん、ぜひチェックをー!

{7C3E6055-58D1-4A65-AEB7-F3864FCD4B4E}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これからはじまる物語は、オレ、こくぶたかしが実際に体験した本当の話。

今から10年くらい前の年末、オレがまだロマンチックをはじめる前。オレは、神奈川県にある実家に向かうバスに乗っていた。時間は、夜の10時くらい。バスのなかは、ホロ酔いの乗客たちで少しだけ騒がしかった。

オレは一番後ろの席に座っていた。隣には、70代半ばの男性が座っていた。名前は、仲村さんということにしよう。

乗客) いやあ、今年もホントたのしかったなあ!

乗客) おお!忘年会も盛り上がったし、いうことなしだな!

仲村) おいっ!

男性の一言で、バスのなかは一瞬シーンとなった。

仲村) ちょっと静かにしなさい。世の中みんな楽しいことばかりじゃないんだ。

乗客) あ!?なんだよジジイ!こっちが気分よくしてるってのによ!

仲村) おまえらが気分がよくても、こっちはちっとも気分よくないんだよ!

乗客) なんだとこの野郎!

こくぶ) まあまあまあ!ね!ほら、年末なんだから、みんな気分よく迎えたいのは一緒でしょ!

こくぶナレーション)  思わず口をつっこむとこがある。そう、オレはおせっかいなのだ。

仲村) なんだおまえは!?

こくぶ) なんだって、オレはこくぶですよ。ほらほら、そんなおっきい声出すから赤ちゃんも泣いちゃったじゃないですかあ。

仲村) ん、あ、あぁ

こくぶ) すいませんね、お母さん。ほら、お父さんもあやまって、赤ちゃんに。

仲村) お、おぉ。すまんな。

こくぶ) みなさんもすいませんね。もうほら、年末だしね。ここは丸く丸くいい年迎えましょ。ね!

席に座る乗客たち。

こくぶナレーション) ふー。こうして、一触即発の空気はなんとか静まった。そして、オレは、なんだかこのおじいさんが気になり、話しかけてみることにした。

こくぶ) お父さん、どこで飲んでたんですか?

仲村) ん?大船の順ちゃんてとこだよ。

こくぶ) あ、順ちゃん!うちのおやじも好きなんだよなあ順ちゃん!

仲村) 順ちゃん知ってるのか!

こくぶ) うん知ってます知ってます!

仲村) そうか!あそこはな、おかみさんの手料理がうまいんだよな。

こくぶ) そーなんすかあ。

仲村) そう。手作りでな、うまいんだよ。

こくぶ) へえ、今度行ってみよっと。

仲村) お兄さんはどこまで帰るんだ?飲んだ帰りか?

こくぶ) はい。大船で飲んでて、これから帰るとこです。あ、終点までいきます。

仲村) お、終点までいくのか。じゃあ、ちょっと一杯飲んでくか?

こくぶ) え?オレとですか?いーすね!

仲村) よし!じゃあオレの行きつけのスナックがあるからそこいこか。

こくぶナレーション) こうして、バスで出会った年齢差50くらいあるオレたちは、お父さん行きつけのスナックへ行くことになった。

《スナック さちこ》

仲村) オレはな、昔はモテたんだぞ!そこらへんの女の子がみんなオレのこと好きだったんだから!なあ、ママ♪

ママ) ええ、そうですねえ…。

こくぶ) へえ!すごいっすねえ!

仲村) でもオレはな、ひとりの女しか愛さなかったんだ。なあ、ママ♪

ママ) ええ、そうですねえ…

こくぶ) えーそんなにモテたのに、すごい一途じゃないですかあ!

仲村) 純愛ってやつだな、純愛。みきって言ってな、そりゃ綺麗なもんだった。なあ、ママ♪

ママ) ええ、そうですねえ…

仲村) でもな、あっけなく死んじまった。

こくぶ) え?お亡くなりになったんですか?

仲村) ちょうど今くらいの時期だったなあ。新しい年を越すはずだったのにな…。なあ、ママ…

ママ) ええ、そうですねぇ…

仲村) ママよ、なんださっきから。ずいぶん素っ気ねーじゃんか?

ママ) え?ああ、そーですか?

仲村) ああ、そーですかってなんだよ、え?

こくぶナレーション) 一瞬空気がイヤな感じになった。すかさずオレは空気を変えに走った。

こくぶ) そんなに綺麗だったんですかあ、奥さん!ママさんもよく知ってたんですか?

ママ) は?知らないわよ

こくぶ) え?

仲村) なんで知らないんだよ。あんなにいい女をなんで知らないなんて言うんだ!え?

こくぶナレーション) お父さんはちょっと酔っ払っていた。事態は完全にヤバい展開だ。またお父さんがキレる。しかし、まさかこのあと、オレまでキレることになるとは、このときは夢にも思わなかった。

ママ) お客さん、なんでってね、こっちはあんた、今日はじめてうちの店来たんでしょーよ!

こくぶ) え?お父さん行きつけ…

仲村) なんだと!はじめてだったらなんだってんだ!

ママ) はじめて来てそんな死んだ女房の話されたって、知らないっていうのよ!

仲村) 死んだ…な、なにを…

こくぶ) ちょっと待って!ママさん、そんな言い方ないでしょいくらなんでも?

ママ) そんなもなにも、死んでんだろ?知るわきゃないだろよまったく。

こくぶ)  ちょっと、なんだよその言い方はぁ…。ママさんさ、そりゃあんまりだろ。愛がなさすぎだろぉ!お父さんは、ただステキな思い出話を聞いてほしいんだろよ!奥さんとの楽しくてステキな思い出をさ!

ママ) だから、知らないって言ってんのよ!会ったこともないんだから!!


カーン♪(ゴング音)

こくぶ) うるせえよタコ!会ったことないひとにも話をしたくなるくらいステキな奥さんだったってことだろ!?それくらい、今もまだキラキラした思い出だってことだろ!?

仲村) お兄さん、も、いいからさ…

こくぶ) よくないっ!黙っててお父さんは!ママさんさ、あんたの仕事はなんだよ?ママってのは、みんなのママって意味なんじゃねーのかよ!ママってのは、みんなの最高の聞き上手じゃねーのか!だれかの大切なものもわかんねーくせに、ママヅラ下げて偉そうにカウンターから薄ら笑ってんじゃねーぞタコがあ!

ママ) …。

こくぶ) オレは、そーゆーの好きじゃない!誰かの大切な思い出を、そんなふうにめんどくさそうにあしらうやり方、好きじゃないです!行こうぜ、お父さん。こんな店二度とくんのやめよーぜ!

仲村) お、おぉ…釣りはいらねえ!帰るぞ、にいちゃん!

こくぶナレーション) こうして、まさか、というか、やっぱりオレはこうなる。そしてオレは、お父さんを家まで送った。

仲村) 今日は楽しかったなあ!

こくぶ) ホントだね!

仲村) あのママ、口とんがらせてタコの化け物みたいな顔してたな!

こくぶ) ちょっと言いすぎたね。反省っ!

仲村) ありがとな。元気がでた。

こくぶ) うん。

仲村) うちのやつはね、ホントに、いい女だったんだ。

こくぶ) 愛感じましたよ、すごく。

仲村) また会いたいなあ。またふたりでこんな星空眺めたいなあ。

こくぶ) お父さん。あそこに一番綺麗に輝いてる星あるでしょ?あれ、なんていう星かわかる?

仲村) いや、わかんないな。

こくぶ) あれね、シリウスっていうんだ。いつも空でめちゃくちゃ輝いてる一等星なんだよ。あんな感じだったんだろうね、奥さん?

仲村) シリウスか。綺麗だな、本当に。うん、まさにあんな感じだ。シリウスは、うちのやつだな。

こくぶ) うん

仲村) ありがとうな。さてと、ここだ。

こくぶ) え!うちとすぐそばじゃないすかあ!

仲村) おーそうか!じゃあまたそのうち、飲もうな。

こくぶ) はい!

仲村) もちろん、あそこのスナックでな!

こくぶ) それは勘弁ーっ!

仲村) だな!

こくぶ) じゃあまたね、お父さん!ご馳走様でしたあ!

こくぶナレーション) こうしてオレたちの不思議な飲み会は無事終わった。バスで怒っていたのも、スナックにオレを誘ったのも、きっとお父さんはさびしかったからなんだ。今思うと、オレのロマンチックは、たぶんこのへんからはじまったのだと思う。

《ロマンチック。それは、現実の世界をちょっとだけステキに見ること。》

そして、誰かの大切な気持ちを、ステキに思うこと。

あれから月日を経て、オレのロマンチックは、今こんな感じになってます。お父さん、覚えてるかなあ、あの日のこと。

お父さん、どうかお元気で☆ 


おしまい

{2B506048-B055-4DC5-9B68-DCAEE85C345E}

{0EE6E806-923E-43B2-B278-8D1F5EBDD888}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。