June 14, 2012

アメリカン・アイドル10周年記念ベスト10 L.A.Times

テーマ:アメリカンアイドル
『アメリカン・アイドル』が10周年を迎えるにあたり、10人の「マイルストーン」になる候補者を挙げてその歴史をたどる記事。
アダムは4番目に取り上げられています。

アダム・ランバート(シーズン9、2009)
ランバートのブロードウェイ風スタイルは、クリス・アレンを負かすには至らなかったが(最近の「ギターを抱えた白人」と定義される優勝者が続く流れで2位)、予想を超えたステージでのパフォーマンスと天井を知らない音域は、必要とされる時に常に番組に興奮をもたらしてくれた。加えて、ごく少数の出場者にとっては、名をあげるために必ずしも優勝する必要がないことを証明してくれた。

Adam Lambert (Season 8, 2009). Lambert's Broadway theatrics weren't enough to beat out Kris Allen (the second in a string of recent winners pegged as the “white guy with guitar”), but his unpredictable stage presence and limitless range brought excitement to the competition at a time when it desperately needed it. Bonus points for being one of the few contestants to prove you don't need to win the show to make your mark.



“white guy with guitar”は、デヴィッド・クック、クリス・アレン、リー・デワイズ、スコッティ・マクリーリー、フィリップ・フィリップス、と続く「ギターを抱えて歌う」タイプの優勝者のことで、Vote for the Worth の専売特許かと思ってましたが、広くそう言われているのですねー スコッティはともかく、他の優勝者は本当に全員ギターを弾きながら魂こめて歌うタイプ。全米のラジオ局で最も歓迎されるジャンルのアーティストです。

アメリカ人は結局こういう音楽が好きなんだなー 
って感じですが、この「アメアイを振り返る」特集では、誰一人として取り上げられていません。

アダムの取り上げられた曲は、グラミー賞にもノミネートされた『Whatya Want From Me』
これはもう当然ですね!

以下、他の9人の代表的「アイドル」とその代表曲をどうぞ!

Celebrating 10 years of 'American Idol'
June 11, 2012 | 4:18 pm


『アメリカン・アイドル』が10年目を迎えるにあたり、お気に入りの出場者たち10人を通してその歴史を祝おう。

$アメリカンアイドル Adam Lambert 専門ウォッチャー

10年前、『アメリカン・アイドル』という小さな番組がFOXで始まった。
未来のスーパースターを探すべく、この音楽コンテストはポップカルチャーの中に忘れられない業績を残しただけではなく、長続きする声(ケリー・クラークソン! キャリー・アンダーウッド!ドゥトリー!アダム・ランバート!)と、多くの使い捨ての声を提供する役割を果たした。
年月の中で、年を重ねた番組は多くの痛みも伴った。辛口のジャッジ。サイモン・コーウェルの離脱、視聴率の低下、おかしな選択(エレンは大好きだけど、ちょっとね)、だが番組が間違った歩みをしたとしても、予選(感動させることもあるし、ばかばかしくもある)からファイナルまで何百万人もの視聴者がチャンネルを合わせ続け、誰が優勝するかを予想する。


As "American Idol" turns 10, we celebrate the milestone with 10 of our favorite contestants.

Ten years ago, a little show called “American Idol” made its debut on Fox.
Hoping to find the next pop superstar, the music competition has more than made an indelible mark in pop culture and is responsible for its share of lasting voices (Kelly Clarkson! Carrie Underwood! Daughtry! Adam Lambert!) and plenty of disposable ones.
Over the years, the aging competition has had plenty of growing pains -- acid-tongued judge Simon Cowell exiting, ratings dips and odd personnel choices (love you Ellen, but come on) -- but despite the show’s missteps, millions continue to tune in to watch from auditions (both inspiring and craptastic) to finals, and predict who will walk away with the title.


最近の優勝者ははっきりとしたパターンを示すとしても---今シーズンはジョージア州生まれの叙情詩人、フィリップ・フィリップスが1億3200万の記録的投票で優勝を飾った---、出場者たちは実際はすべてのジャンルで成功している。ポップ、R&B、カントリー、ロック、ゴスペル、ダンス、そしてミュージカル。

10年目の番組の節目をお祝いするために、アイドルのステージを輝かせた私たちのお気に入りの10人の10曲をどうぞ。
シーズン9のファンには申し訳ないが、筆者には見るに耐えなく好きな出場者もいなかった。


Though recent winners of the competition have followed a distinct pattern -- a record number of 132 million votes helped Georgia-bred troubadour Phillip Phillips win this season -- contestants have found success in virtually every genre including pop, R&B, country, rock, gospel, dance and musical theater.

To celebrate the show’s landmark, here’s 10 songs from 10 of our favorite contestants to grace the “Idol” stage. Sorry fans of Season 9, that was a tough one for this writer to watch --- or like.


ケリー・クラークソン(シーズン1, 2002)
独自性は今までで最高。10年に渡るキャリアで、彼女は今だにポップスの猛者。

Kelly Clarkson (Season 1, 2002). Nothing ever tops the original. A decade into her career, Clarkson is still a fierce force in pop.



キャリー・アンダーウッド(シーズン4, 2005)
審査でティファニーの歌に敢えて挑戦して以来、このオクラホマの少女のスター性は並ぶものがない。

Carrie Underwood (Season 4, 2005). From the moment this Oklahoma girl dared to tackle a Tiffany song on the competition, her star power was undeniable, and unmatched.



ファンテイジア(シーズン3、2004)
ゴスペルにルーツを持つ決して飼いならされない彼女のノドは、このソウルの歌姫に優勝をもたらした。彼女には私生活で多くの災いがふりかかったが、その経験が彼女の勇気ある魂に根ざした「アイドル」後のディスコグラフィを作り上げている。

Fantasia (Season 3, 2004). Those gospel-rooted pipes that can't be tamed earned this soul diva a spot. Sure, she's had plenty of personal woes, but those hard-earned experiences have made for a post-"Idol" discography rooted in gritty soul.




ルーベン・スタッダード (シーズン2、2003)
優しいスマイル、そして南部の魅力とルーサー・ヴァンドロスのようにピッチを変化させるボーカルで、「ヴェルヴェットのテディベア」は接戦でクレイ・エイケンに勝利した。今日でも、彼はR&Bのクルーナーとして活躍している。信じようが信じまいが、スコッティ・マクリーリーが破るまで、ビルボード200で優勝後にトップを飾ったのは彼だけだった。

Ruben Studdard (Season 2, 2003). With a genteel smile, Southern charm and Luther Vandross-inflected vocals, the "Velvet Teddy Bear" won by a heated margin against Clay Aiken. To this day, he's still the most successful R&B crooner to hit the show. Believe it or not, before Scotty McCreery broke the cycle, Studdard was the last winner to have their post-"Idol" debut album bow at No. 1 on the Billboard 200.




ドートリー(シーズン5、2006)
このコンテストで脱落した候補者へ正義が下されているとしたら、ドートリーの成功だろう。彼のシーズンでキャンドルの灯りをともし続けているのは彼だけではない。エリオット・ヤミン、マンディーサそしてキャサリン・マクフィーはみな優勝したテイラー・ヒックスに負けはしたが、しかしランバートのように何も問題はない。
Daughtry (Season 5, 2006). If there was any greater justice for booted contestants on this competition, its the lasting success of Daughtry. And he's not the only voice we still hold a candle for from his season: Elliott Yamin, Mandisa and Katherine McPhee might have all lost out to Taylor Hicks on the competition, but as with Lambert, it didn't really matter.



ジェニファー・ハドソン(シーズン3、2004)
Jennifer Hudson (Season 3, 2004). Like Daughtry, she got the last laugh after getting the boot. She's the only "Idol" to find her footing in music and film, and has the Grammy and Oscar to prove it.



ヘイリー・ラインハート(シーズン10、2011)
Haley Reinhart (Season 10, 2011). Watching the bluesy ingenue offer bold showings of songs from Adele, Alanis Morissette and Elton John was a joy during a season that featured the most versatile voices in recent "Idol" memory: Eight of them scored major post-"Idol" deals. Her stellar debut is required listening for any "Idol" fanatic.



ジョーダン・スパークス(シーズン6、2007)
Jordin Sparks (Season 6, 2007). Sparks is the last woman to take the title, a spell we surely thought Jessica Sanchez would break. She might not have found the chart profile of past contestants, but Sparks has continued to transform into a multifaceted performer, diving into Broadway and now film with the upcoming "Sparkle" remake. Need a reminder of her vocal prowess? Check out the below clip:



ジョシュア・ルデット(シーズン11、2012)
Joshua Ledet (Season 11, 2012). Of all the contestants to hit the "Idol" stage this past season, no one was as consistent as Josh. There were plenty of moments where he solidified himself as one of the finest competitors on the show. He needs to issue a debut immediately.



Who's your favorite "Idol"? Sound off on your picks below.


えーっと、途中でフェイドアウトしてしまいましたが(時間があったら、更新します!)
「あなたのお気に入りのアイドルは?」という最後の問いかけに、
デヴィッド・クックがいなくて怒っているファン、多数。(アーチーも)
アダムの新しいビデオNCOEを取り上げていないことに怒っている人も、少数。
でも、「WGWG以外のジャンルの代表曲」を挙げているので、この選択は問題ないと思いますけど。

シーズン9がスキップされたのは、アメアイファンのみなさんも同意できるかと思います。
サイモンは「今度のシーズン(シーズン9)の優勝者は誰になると思う?」と聞かれて「アダム?」ってガチで答えていたほど腑抜けたシーズンでした。
日本の放送がシーズン5から始まったからかもしれないけれど、アダムの出たシーズン8と同じくらい面白かったのがシーズン5。
ドートリーの他にエリオットや卒業生がみんな元気なのがすばらしい。
エースもこないだシーズン11のファイナルで「プロポーズ中継」してましたね。

そして11年目の来シーズンはどうなるのでしょう?
アダムが毎年ゲスト出演してくれる限りは、ずっと続けてくれてかまいません!
同じような番組が多数出ている今、「ずっと続ける」というのが案外意味を持ってくるのかも・・・




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

koyumiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:FOX

>Adam Lambert fanfanさん

情報ありがとうございます!
FOXは見てる人アダム知ってる人多いでしょうねー
アメアイを見てないなかった人も、注目してくれるとうれしいです!

1 ■FOX

AI\(^O^)/

FOX『ごりおし』今NCOEゴリ押し中!毎時56分頃FOXをチェックすると高確率で観られると思います。mmyy9さんより

Adam Adam で≧(´▽`)≦うれしい

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。