自身が自信になる瞬間・・・♪

人の心をサポートをする仕事をしています。
心理カウンセラー・催眠療法士・研修トレーナーの日々の仕事の中で気づいた事や感じた事、学んだ事など
書いていきたいと思います♪


テーマ:
今日はカフェにて 1日キャリアカウンセリング。

メンタルのカウンセリングなかなかオープンなカフェでは難しいときもあるけど、キャリアカウンセリングやコーチングでは多い。

企業様の都合によっては会社内ではなく
社外で…ということもある。

今日はなかなか居心地のいいカフェでのカウンセリング…。

居心地がよく、人気なのか、
お客さんの声が聞こえてくる。

おむかえに座っている若干声の大きめの女性たちの会話

Aさん「私ね、今度○○の資格を取ろうと思ってるんだー!」

Bさん「ふーん、でもぞれって難しそう…、取れるの?」

Aさん「そうそう、結構難しくてね…だから毎日子どもが寝てから勉強してるんだよー」

Bさん「へえ、すごいねー!でもそれって取る価値あるの?とってどうなるの?必要なのかな?」

Aさん「うん、○○ではね、必ず一人二人はいるんだって。まだいないからねー」

Bさん「じゃあ、あなたが取らなくてもいいんじゃない?」




友達には2種類ある。

ひとつは 相手の足をひっぱるタイプ
これはその人の内面のコンプレックスや嫉妬、自信のなさから来ていると思われる


もうひとつは 頑張っている人を応援してくれるタイプ
これはその人自身が頑張って一つ二つの山を乗り越えた経験がある、自分が頑張って何かを手にれた経験があるから頑張っている人を応援できる。



友達は選びましょう…。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
組織の中では様々な問題が起こる


ひとつ解決(いい方向に向かった…)と思ったら
また次の問題が起こってくる…


人の集まりだから面白いくらいに…。
今回の組織開発は「女性の職場」
長年の悪習が定着し、人間関係の荒んでしまった部分も否めない。

女性ならでは…の様々な出来事も起こる。
昨日も研修中に、一人気になる女性がいて

声をかけると溢れるように話始める。
彼女は職場のメンバーがみんな「敵」に感じているほど
孤立してしまっているとのこと。
涙が止まらない。


そんな状態の組織に対して
メスを入れようとする幹部も
かなりの覚悟がいる。


鬼が出るか蛇が出るか…

「どう進めていけばいいのか」

「何が必要なのか」

何ができるのかを共に考えていく。


このような会社様とのお付き合いは、とても嬉しいものである。
信頼を置いてくださり、頼りにしていただいている感を持つ。
6年前に大きな問題をともに解決したことがあり
それ以来の信頼関係である。


「わかりました、覚悟を決めます」

そう答えた彼の表情には
あと数年で会社人生を完結する最後の難題に対して
立ち向かう力強さを感じた。


北海道3日目。
今日の最終便で名古屋に戻り
また明日、千葉の事業所の組織開発研修です!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
何か月にもわたるある研修の準備がいったん区切りをつける。

この研修は、何度も開催されるもので、気合も入る。

おまけに私にとっても新しいジャンル…。


何冊も文献を読み込んだり

関連研修に参加したり、(東京行ったり、大阪行ったり)

資格を取得したり
(ここまでする必要ないかもしれません…汗)


やっと先方にレジュメを提出。

そして来週、実施です。

思えば何度も修正がありました。

企業担当者の思い入れも強く


企業担当者打合せ

研修該当者リーダー打合せ
実際に受講するメンバーに何をしたい?どうして行きたい?って
聴くのは初めてのこと…。


2度も打ち合わせをする中で

その企業様の受講者にマッチした内容を創り上げる…

骨子が出来る。

そして肉付け。そして実施!!


あとは私が
楽しんで提供するだけ!


講師が楽しまないと
受講者も面白くない!

一方的な講演方式でなく

クンダリーニのように互いにエネルギー交流しながら

アップ出来る研修を!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
また携帯を壊した娘っこ…

今年の1月に水没させた…

この4月には画面のガラスが破損…
 
カバンのチャックが空いており

走っている最中にぶっ飛んだらしい…。
保険に入っていたから、買い換えるまではしなくて済んだ。

負担はまだ少ないかもしれないけど

8000円ほどかかる。(家計に負担!勘弁して欲しい゚(゚´Д`゚)゚)


もちろん、自分の責任として

自分で払わせる
(中2の娘が持っているところがある意味すごい!?)



プロセスが始まる。
(そのへんは手厳しいぞ)

母 「何が問題だったのか。」

娘 「あわてとった!」

母 「どうすればこの状況を避けられた?」

娘 「ファスナーをしないかんかった!」

母 「1月もやったぞ、今回で2度目だがね」

娘 「状況が違う。1月は水没、今回は道路で落ちたんだ!」

母 「表面的な出来事は違うけど、根本は同じではないのか?」

娘 「・・・・」(考え込む)

30秒ほど経過

娘 「チューイが足りんかった!」

母 「テストでもあるよな。」

娘 「あるねぇ…」

母・娘 「・・・」


まったく…゚(゚´Д`゚)゚  反省をしている様子はないみたい??(汗)

学習しない娘は
猫の脳みそより●●●


自分の責任は自分で…。


娘がまだまだ小さい頃、ミルクをこぼしたことがあった。

その時、私は、叱ったりせず

こぼしたミルクを自分で片付けさせた。

2歳くらいのことである。

なんでそんなことしたのー!

だから言ったでしょー!

あらあら、大変…ママがすぐ片付けるからねー

ついつい言ってしまう。
ママだって余裕がない。忙しい。疲れている。


でもね、そんな子育ては
ゴメンだと思っていた。

「自己のミスは自分で責任を取る」
これには限界があるかもしれない。

今読んでいる書物には
今の日本がおかしくなっている要因に「自己責任の考え方の歪み」があると…。


どの程度までの自己責任か

きっと迷いながらかもしれない。


でもひとまず今回は

初期化が済んだ壊れた携帯は、送り返す

その作業は、君がするのだ。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。