親への感謝

テーマ:

おはようございます、心の欧米家です。

 

年末にご縁があって行った沖縄のユタ。

そこで言われたことの一つに「親への感謝が足りない」と言われていました。

 

それを言われた時に即座に私は「うん、してないな」と。

 

産まれてきて良かった!とあまり思うことがないので、親へは感謝の気持ちはそんなに持ってませんでした。

あと、親から愛されてないわけは絶対ないのですが、「愛されてる」という実感もそんなに持ってませんでした。

 

2月末に愛犬のはなちゃんが亡くなりました。

亡くなる1週間前に調子が悪かったので病院へ連れていくと「肺炎」の診断。

「年とるとよくあることですよ」と、病院の先生も特に心配した様子もなく、私達も薬が効けばよくなるだろうと思ってました。

 

ので、亡くなったのはほんとに急で、妹から泣きながら電話を受けた時は本当にびっくりしました。

 

その亡くなった犬というのは、7年程前に私が友人から紹介されて譲ってもらった子。

もうすでに5歳を過ぎていたのですが、もともとブリーダー犬で、ずっと子供を産まされていたのですが5歳を過ぎると高齢出産になるため殺されるか里親に出されるか、という犬だったのですが、ご縁があったのでうちで(といっても実家に送り込んだ)引き取ることにしました。

 

うちに来てすぐに健康診断のため獣医へ連れていくと、狭いケージに入れられていたせいか体重はちゃんとあるけれども筋肉量がとても少ないと指摘されました。またブリーダーがわんわん鳴くのがうるさかったのでしょう、その子は声帯を切られて声が出ない状態でした。獣医さんに聞いてみると、病気でもないのに声帯を切るのは違法行為とのこと。どこかの闇医者がそういうことするのでしょうね。本当にひどい。

また、頭をなでてあげようと手を近づけるとビクっと怖がってました。元の飼い主にたくさん叩かれてきたのでしょう。

心からそんなやつにブリーダーをする資格なんてない!と思うし、犬を虐待する人は死んで欲しいとも本気で思います。

 

少し話しはそれましたが、そんな過去をもつはなちゃん。

うちに来てからは、専業主婦をしていて面倒見の良い母が世話をし、前からいた愛犬チップも仲良くして、家族から愛情をたっぷり受けて日に日に顔も変わるぐらい幸せな生活を送っていました。

 

ただこの子は本当に手間のかかる犬で、アレルギーもあり、耳が変形するぐらいかゆくなったりもしてたので、アレルギー専用のエサを食べ、目薬やらアレルギーの塗り薬やら、たくさんの薬をもらってました。

また途中で糖尿病にもかかってしまい、毎日朝晩食後にインシュリンの注射が必要だったし、病気のせいでお水をたくさんのむのでお散歩ではおしっこが追いつかず、おしめをしてあげて、失敗してもいいようにおしっこマットを部屋中に敷いて、家族の誰かがいつもはなちゃんのために家でお留守番するぐらい、大事に可愛がっていました。

 

そんな愛犬が亡くなって、とても悲しくて1週間程思い出しては涙の流れる生活をしていたのですが、愛犬との思い出と一緒に両親の事を考えてました。

 

私ははなちゃんを連れて帰ってきた時はすでに一人暮らしをしており、実家に1ヵ月に1回帰るか帰らないかという感じだったので、ほとんど面倒は私の母がメインで、父と妹が手伝う程度でした。

 

また、はなちゃんはとても病院代がかかったのですが、冗談で「あなたに請求しようかしら」と言ってたものの、一度も請求されたこともなく、インシュリンの注射を毎回するのも何の文句もいわずしてくれていました。

 

そんな犬が亡くなって、ホッとするよりも深く悲しんでる両親をみて、本当にこの子の事を可愛がってくれてたんだな、と。

 

そして同時に犬でこんなに愛情を注いで可愛がってるなら、その人達の子供である私が可愛がられてなかったわけはない、と思えました。

 

今まで20年以上犬を飼っていて、今まで3匹の犬とお別れてしてきました。

もちろんどの犬の時も両親はとても悲しんでいたのですが、(愛情どころでいうと3匹目の犬がみんなが飛び抜けて可愛がってた犬なので、悲しみも一番でした)どの犬もはなちゃんほどは手がかからず、3匹目の犬は特に雑種なので強かったからか、道で鶏肉の拾い食いをして喉につまった時ぐらいは病院へ行くこともなく元気だったため、私には彼女の死で私になりに別の気付きがありました。

 

「愛されている」という思いと「感謝」は私の中で少しつながっている様で、「どんな時でもとても愛してくれてたんだな。ありがとう」という気持ちが沸いてきました。

 

今は感謝できてない人、愛されているという実感がわかない人でも、私みたいに突然そう実感できる時がくると思います。

大事なのは、「今はそうは思えないけど、そういう時がくるかもな」と思うこと。

 

そうすれば無理をしなくても、自然とそう思える時が来ます。

 

はなちゃんを(勝手に)実家へ連れて帰ることも私の直感からだったのですが(はなちゃんの顔を見て、母親と相性が良さそうだと思った)、はなちゃんからはたくさんの楽しい思い出と楽しい時間をもらった同時に、最後に私に大事なことを教えてもらいました。うちの子になってくれたことに、本当に、心から感謝です。

 

天国で、私の他の愛犬達と楽しく遊んでるといいな☆

 

 

 

母校の活躍

テーマ:

こんにちわ、心屋カウンセラーの欧米家です。

 

私は高校卒業してからアメリカの大学に4年間通ってたのですが、大学のバスケットボールチームが、私が卒業する辺りから年々強くなっており、なんと昨年から、現在一番NBAプレイヤーに近いと言われている八村塁君が後輩として大学のバスケットチームで活躍しています!

 

 

昨年導かれて大学へ遊びに行ったときも、ちょうど週末のファミリーイベントでチームがバスケットコートでプレイしており、生八村君を見ることができました!

 

全米大学バスケットボールの試合は、時差とかもありうっかり見忘れていたりしたのですが、旦那が「Gonzga(私の母校の名前)、勝ってるよ!」と報告してくれるので、いつも結果をチェックすることができました。

 

で、今日と明日がSweet 16といって、全米のトップ16校が戦う試合でした。

 

母校の試合は今日だったのですが・・・

 

今日も旦那に「試合、どうなったかな?」と言われて後半戦から見ていると・・・結果は75-60でFlorida Statesに負けてしまいました・・・

 

日曜日に前回の試合があって、Sweet 16に残れただけで、月曜日は一日ずっと機嫌が良かった程嬉しかったのに・・・

 

・・・残念です・・・

 

でも、日本人が遠いアメリカの母校のバスケットチームで頑張ってると思うと、いつも以上に応援に力が入ります。

 

彼が入る前も私の学校のバスケットチームは強くて、毎年最低でも全米トップ16には入る程で、母校の活躍をとても誇りに思っていましたが、八村君が入ったことにより、日本でGonzagaが取り上げられることも多くなり、ますます「Gonzagaを選んだことを誇りに思える!」と感じる事が多くなりました。

 

私の在学中はバスケットコートも古くて、椅子が壊れそうな程で、あまり強くなかったのに・・・ということを思い出すと感慨深いものがあります。

 

いろいろなお導きがあり、全米数ある大学の中で、決め打ちで行くと決めた学校だったのですが、あの時の私の「なんでか知らんけど」あそこの大学を選んだという選択は間違ってなかったんだと心から思えます。

 

こういう小さな出来事の積み重ねが、「だから、この先も大丈夫」と思わせてくれますね☆

 

来年は生で大学の試合、観に行くぞーーーー!!!!

 

みえる人

テーマ:

こんにちわ、心屋カウンセラーの欧米家です。

 

 

11月の宮﨑出張で、霊感の強い人と話しをした、という内容を書きましたが、その「霊感が強い」と説明した人は、いわゆる人のオーラがみえる人。(Eさん)

 

で、その時の出張は、私に予言をくれた会社のお友達(Tちゃん)も一緒の出張でした。

 

今回は11月から始まって今に続く話しがあるので一つシェア。

 

私は初めてその時の出張でEさんがオーラがみえる人なんだ、という事を知って、飲み会の席では私と目の前に座っていたEさんと二人でずっとしっぽり話しをしていました。

 

で、ホテルまでのタクシーも私はEさんと一緒だったのですが、ふと、「Tちゃんの恋愛はどんな感じなんでしょう?」とEさんに聞きました。

 

私とTちゃんは当時はそこまで仲良しではなく、詳しい恋愛事情とかも聞いていなかったのですが、なんとなくTちゃんは男性を避ける傾向があるかな?と思ったからです。

 

でもEさんは「そんなことないですよ。大丈夫です。彼女も結婚もみえますよ。そんな先じゃないです」とのこと。

 

距離も近かったので、そんな会話をさらっとしているとタクシーはホテルに到着しました。

 

Tちゃんもすぐ前のタクシーに乗っていたので、みんなとホテルで合流し、TちゃんとEさんはコンビニに寄ってから部屋に戻るというので、私は皆さんに挨拶して先に部屋に戻りました。

 

で次の日の朝。

 

どうやらEさんが、タクシーの中で私がTちゃんの恋愛事情を聞いたことを、コンビニへ行った時にTちゃんに話しをしたそうです。そこからTちゃんの恋愛話しになり、Tちゃんも直接EさんからTちゃんのお相手についてみてもらったということを聞きました。

(というか、Eさんはちゃんとみようとしなくても、全部すでにみえてるらしい。怖っ!笑)

 

Tちゃんのお相手は、最近知り合ったばかりの人とか、これから知り合う人でもなく、もう、ずーーーと長い間知っている人、とのこと。Tちゃんもいろいろ考えた上、「え?あの人?」というと、Eさんも「はい、その人です」と。

(もう、この時点でTちゃんの頭の中にいる人がわかるEさんがすごいです)

 

Tちゃん:「でも、あの人は、ほんとにお兄ちゃんみたいな存在で、ずっと仲良くはしてるけど恋愛対象として考えたことない!」

Eさん:「はい、でもその人なんですが・・・」

 

という感じのやり取りがしばらくの間続いていました。

 

Tちゃん、Eさんとの会話で少し彼への気持ちが変わった様なのですが、彼が離れた所にいることもあり、なかなか進展もないまま、彼女も「うーん、やっぱり違うんじゃないかな?」・・・「うん、違うわ!」となって数ヶ月が過ぎていました。

 

で、つい最近、その彼と会うことになっていろいろ話しをしたそうなのですが「Eさんの言った通り、あの人が私の相手だった!」と。改めて確認すると、やはり彼は20年以上、ずっとTちゃんの事が好きだったそうで、Tちゃんがただ彼の気持ちに気付いていないだけだったとのことでした。

 

Tちゃんいわく、宮﨑でEさんに「彼ですよ」って聞かなかったら、彼を恋愛対象としてみないままだったと思うし、何もTちゃんの事を知らないほぼ初対面のEさんが彼がTちゃんのお相手だとわかったのが何よりすごい!と。

 

Tちゃん、今とても幸せそう♡

そういう意味でも、宮﨑の出張はTちゃんにとって必然だったんでしょうね。

(この出張自体もTちゃん、本来は来る予定じゃなかったのに、急遽参加することになったのです)

 

そして何よりすごいのがEさん。

 

ほんとにみえてるんですね。

 

私、未来はすべて既に決まっている!とは思っていませんが、でも、3ヵ月先ぐらい先の未来はもう決まっていて、いわゆる「みえる」という人には、その未来が見えている、と聞いたことがあります。

「今」の自分の延長線上に自分の未来があるので「今」を変えれば未来が変わるとは思うのですが、どうやら今すぐ「今」を変えても3ヵ月後ぐらいまではなんとなくもう決まった方向に行っているのだそう。

 

占いに頼り過ぎるのはどうかと思いますが、これくらいの背中を押す大きなきっかけになる占いって、なんかとても素敵だなと思いました。

 

Tちゃんもしっかり流れに乗ってたから、全てお導きで進んでいったんでしょうね。

 

いやー、その話しを聞いて、めちゃハッピー!!!

 

今後Eさんをお招きしてのセッション等も企画していこうと思ってるので、また告知させていただきますね☆

(※Eさんはこれを生業にしていないので、ここでしか会えないチャンスです♫)