こころの休憩室

こころが疲れたら、ちょっと休憩していきませんか?
【うつ病を自力で克服した】ココロとカラダの整体師 渕脇たけしのブログ 

ご訪問ありがとうございます!

うつ病を自力で克服した、カウンセラーで整体師でもある、
渕脇 毅(ふちわき たけし)と申します。
うつ病に苦しむ方々をサポートしています。

もしあなたがうつ病に苦しんでいるのなら、
こちらの記事を読んでみてください。
きっと、お役に立つと思います↓

うつ病をシンプルに理解する

うつ病と整体

まずはぽちっとおねがいします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


メンタルヘルス ブログランキングへ

渕脇の施術を受けてみたいと思われた方は、東京都東大和市のあおぞら整体院でお待ちしております。

46歳からのサブスリーチャレンジ日記
あおぞら整体院の「うつ・自律神経コース」について詳しく知りたい方はこちら

テーマ:

こんにちは。渕脇です。

 

最近思ったこと。

 

自分から動いたほうがラク。

主体的に動いたほうがラク。

 

相手の出方なんて待っていられない!

 

自分からどんどん働きかけて、

こうしてほしい、ああしてほしいと言ったほうが、

事が進むし、自分の事をわかってもらえるし。

 

相手がしてくれるだろう。

 

なんて、勝手に思っていても、

向こうがそれに気が付いていないことも多い。

 

それなら、言ってみなくちゃ。

こっちから。

 

そんな事に今更気が付く私でした。

ちゃんちゃん!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、このブログをさぼってます。

というのも、別のブログを毎日更新しているから。

 

そちらのブログを紹介しておきますね。

「スタイリッシュ・エイジング」

 

心の話ばかりではなく、身体のことなども書いています。

もしよろしければ、こちらものぞいてみてください。

 

こちらのブログを楽しみにしている方もいらっしゃるかもしれないので、

久しぶりに描いてみます。

 

真面目なかたは、サボるって悪いことのように思うかもしれないけれど、

サボってもいいじゃないかと、自分を許してあげてください。

 

身体が疲れているとき、気分がのらないとき。

そういう時があるのが人生です。

 

長い長い人生の中ので、そんな風に思うことがあってもいいじゃないですか。

 

生きていれば疲れます。

気分が乗らない時もあります。

 

そんなときまで、自分を責めていたら、そりゃあ疲れ果ててしまって病気にもなります。

 

自分を責めないで。

私も責めないようにします。

 

疲れているんだよね。

そうやって、声をかけてあげてくださいね。

 

自分くらいは、自分を守ってあげましょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「自律神経」という言葉は聞いたことあるけれど、いま一つよくわからない。
そんな方も多いのではないでしょうか。

 

自律神経は、主に内臓の制御をしている神経で、その中枢は視床下部というところにあります。
視床下部は脳の中心部分をなす脳幹のうちの間脳という部分に位置しています。

 

脳幹というのは、別名、爬虫類の脳とか古代の脳と言われている部分で、生命の維持に必要な身体の働きを制御している部分です。

人間の意志はご存知の通り、大脳皮質という部分にあり、脳幹とは別の場所にあります。
したがって、人間は自分の内臓の動きを意識的にコントロールすることはできません。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経という2系統の神経系からなっています。

交感神経は緊急事態に対応するための状態に体を持っていく神経系統で、副交感神経はリラックスしている時の身体の状態を作り出す神経系です。

 

たとえば、ライオンが獲物を発見したとします。
すると、身体が狩りをするモードに切り替わります。
心拍数が上がり、血圧が上がり、筋肉に力がみなぎります。
集中力が増し、全身の感覚が鋭くなります。
これが交感神経の作用です。

 

この後、無事に獲物をしとめてお腹もいっぱいになると、ゴロリと横になってのんびりと過ごします。
この時には、消化器系が活発に動き、心拍数が下がり、血管が拡張し血圧が下がります。
筋肉は弛緩して、疲労回復が進みます。
これが、副交感神経の作用です。

 

このように、交感神経は緊張時、副交感神経はリラックス時の状態を作り出し、この状態が交互に訪れることで身体の状態を保っています。

 

仕事などで何かに集中してい時や、精神的に緊張を強いられるような状態では交感神経が優位に立ちます。
原始的な生活では、交感神経が優位に立っている時というのは緊急時事態で、その状態が長時間続くということはあまりなかったのではないかと思われます。
ところが、現代社会においては、この交感神経が優位に立っている時間が長時間に及ぶことがあります。

 

人間が何かしらのストレスを感じている時というのは、交感神経が優位に立っている時です。
この時間が長時間続くと、交感神経と副交感神経にのバランスが崩れてきます。

 

本来なら副交感神経が優位に立たなければいけない場面で、交感神経の興奮が鎮まらないというような状況が出てきます。

 

たとえば、そろそろ寝ようとする時ような、リラックスしなければいけない場面で、心拍数が下がらなかったり、血圧が下がらなかったり、消化器系の動きがおかしくなったりします。
こういう状態を、自律神経の失調といいます。
これによって、よく眠れなくなるなり、疲労が蓄積して、ますますストレスが増大するという悪循環に陥ります。

 

これを防ぐためには、意識的に副交感神経を刺激することが必要になってきます。
その方法いろいろあります。

 

いま話題の、マインドフルネス(瞑想)も、副交感神経を刺激するのにとても良い方法です。
「いまここ」に意識を集中させることで、余計な不安などのネガティブな感情から離れて、気持ちを落ち着けることが出来ます。

 

その他、ヨガやストレッチ、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動も、副交感神経を刺激します。

 

運動中は交感神経が優位に立つのですが、運動後にはその反動として副交感神経が優位に立ちやすくなります。

 

また、アロマセラピーやヒーリングミュージックなども効果的です。

 

さらには、森林セラピーもおすすめです。
森が人を癒す効果については、数値的に計測されていて、効果があることがわかっています。

e6fdbe6be200007ea89d3107b4dad552_s

 

個人的には、やはり整体をお勧めします。
ただし、整体はさまざま整術スタイルがあり、整体師の施術のスキルや人柄、整体師との相性がありますので、一概に語ることはできませんが、
相性の良い整体師に出会うことが出来れば、かなりの効果を期待できると思います。

 

私もこの業界に入って、自分でもいろいろな方法を試してきました。
瞑想も、もうずいぶん前から取り入れていますし、ウォーキングやランニングも定期的に行っています。
もちろん、入浴やストレッチ、ヨガ、音楽鑑賞などもやっています。
それでも、整体を受けることにはかないません。

どうしてもリラックスしたいときには、整体を受けるのがいちばんです。

 

私の整体は、リラックスしてもらうことを一番に考えた施術をします。
ですから、激しい整術は一切行いません。
なぜなら、リラックスをしてもらうことで、身体の自然治癒力を引き出すことが出来るからです。

それは、人間の健康にとって、自律神経のバランスが取れているということがとても大切だからです。

 

また、私は頭蓋骨を調整することで、脳に直接アプローチしていきます。

 

自律神経が正常に働いていること。
それはすなわち、身体が正常に働いていることを意味します。

ストレスの多い現代社会においては、自律神経を正常に保つ工夫が必要です。

 

規則正しい生活をして、リラックス出来る時間を確保する。
朝日を浴びる。
軽い運動をする。
瞑想をする。
自分の思考を客観的にみる視点を持つ。
感謝する。
整体を受ける。

等々。

 

出来ることは沢山あります。

ぜひ、ご自分の生活の中で、意識的にこれらの習慣を取り入れてみることをお勧めします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。