【こころの休憩室】/うつかな?と思ったら、東京都東大和市のあおぞら整体院

こころが疲れたときに読んで欲しい。
温かい飲み物でものみながら、一息つきませんか?
うつ病を克服した、こころを癒す【ココロとカラダの整体師】渕脇たけしのブログ

ご訪問ありがとうございます!

うつ病経験者の「ココロとカラダの整体師」こと、
渕脇 毅(ふちわき たけし)と申します。
うつ病に苦しむ方々を、整体師としてサポートしています。

もしあなたがうつ病に苦しんでいるのなら、
こちらの記事を読んでみてください。
きっと、お役に立つと思います↓

うつ病をシンプルに理解する

うつ病と整体

まずはぽちっとおねがいします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村


メンタルヘルス ブログランキングへ

渕脇の施術を受けてみたいと思われた方は、東京都東大和市のあおぞら整体院でお待ちしております。

46歳からのサブスリーチャレンジ日記
あおぞら整体院の「うつ・自律神経コース」について詳しく知りたい方はこちら

テーマ:

仕事にしても、勉強にしても、スポーツにしても、「頑張る」事は良いことだと思って頑張っているつもりだったのだけれど、それが原因で体調を崩してしまった。
あるいは、自分は「頑張っている」つもりだったのに、家族や友人から「無理をするな」と言われた。

 

いったい「頑張る」と「無理をする」の違いは、どこにあるのだろうか?
そんな疑問を持ったことはありませんか?

 

私はスポーツが好きなので、スポーツを例にして考えてみます。

 

マラソンの場合「頑張る」とは、自己ベストをねらうために、練習を計画通りに行い、レース前のコンディションを調整して、ペース配分などを事前に検討して、予定通りのペースで走るために出来る限りのことをすることだと思います。
レース前には不安になって、つい沢山走りたくなものですし、レース中も前半から飛ばしたくなるのをグッとこらえて、あえてペースを抑えることも必要でしょう。
そうして、自分にとって最高の結果を引き出すために、コンディショニングやペース配分を含めて、あらゆる手段を講じるのが「頑張る」だと思います。

 

では、「無理をする」というのはどういう事でしょうか?
明からに自分の力量よりもたくさんの練習をして、レース当日のコンディションはボロボロだったり、前半から実力以上のペースで走ったりすれば、自己ベストが出るということは無いでしょう。
もしかしたら、レース前に故障して、スタートラインに立つこともできないかもしれません。
これが「無理をする」ということだと思います。

 

プロ野球の選手が、シーズンオフに身体を鍛えたとします。
しっかり鍛えて、最高のコンディションを作ってシーズンを迎えた場合はとても評価されます。これが「頑張る」です。
ところが、トレーニングをやり過ぎてシーズンオフに故障してしまったら、それはとてもじゃないが評価に値しません。これは「無理をする」です。

 

こう考えていくと、「頑張る」は自分のパフォーマンスをきっちり発揮する事であるのに対して、「無理をする」はそんな事はお構いなしに突っ走る事だと言えるのではないでしょうか。

 

うつ病を予防するためには、この違いをしっかりと認識しておく必要があります。

うつ病になってしまう方は、自分が何かにエネルギーを注ぎ込んでいる時に、「無理をしている」のにもかかわらず「頑張っている」と思い込んでいることが珍しくないからです。

 

その境目がどこにあるのか。
その判断基準は難しいように思いますが、常に自分と向き合っていればやがって解ってきます。

 

私の感覚だと、体調が良い、気分が前向きである、充実感がある場合は「頑張っている」と思います。
逆に、体調が悪い、疲労感が抜けない、精神的に追い込まれてる感じがする場合は「無理をしている」可能性があります。

 

この感覚は個人的にさまざまな基準があるかと思います。

 

いずれにしても、自分の最高のパフォーマンスを発揮するためには、オーバーペースになってはいけません。
コンディショニングのためにあえて休養をとることも「頑張る」に含まれるのです。

 

ちなみに、必ずしも「頑張る」必要はありません。
何故なら、自分の持てる最高のパフォーマンスをしなければいけないというルールは無いからです。
頑張らなくても、それなりの生活が手に入るならそれでも良いのです。
そこは価値観の問題で、正解はありません。

 

しかし、自分の持てる最高のパフォーマンスをしたいと思うのであれば、「無理をせず」に「頑張って」ほしいと思います。
さて、今のあなたは「頑張っている」「無理をしている」のどちらの状態でしょう。

それとも、余裕をもって楽しく生きているのでしょうか?
だとしたらとても羨ましいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

盆栽を趣味にしている人がいたら申し訳ないのですが、私は盆栽が嫌いです。
その理由は、なんだか窮屈そうだな、って思ってしまうからです。

 

私は若いころ、大人になるというのは、「こうあるべき」という大人像があって、それに近づいていくことだと思っていました。
こう書くと、当たり前のように思われかもしれませんが、これが自分を苦しめている原因だったのです。

 

イメージとしては、あるべき大人像という型があって、その型に自分を押し込んでいく感じだったのです。

出っ張ってはみ出してしまうところをぎゅっと押し込めて、足りないところを一生懸命埋めていく作業です。
これが私にとっての、「大人になる」というイメージだったのです。

 

就職して、安定した収入を得て、結婚して、奥さんと子供を養って、家を建て、子供達を大学まで出して、老後はのんびりと過ごす。

そういう型にはまることを、大人になることだと思っていたのです。

 

こんなイメージを持っていると、窮屈で仕方がなかった。
その窮屈さが、閉塞感となり、やがてうつ病へとつながっていったのです。

 

盆栽を見ていると、当時の自分を思い出します。
自由に枝を伸ばすことができず、針金で無理やり曲げられて、はさみで切られて、不自然な格好に形を変えられていきます。

 

もっとのびのびと枝を広げたいだろうに。。

そんな風に思ってしまうのです。

 

私は盆栽にはなりたくなった。
山に生えている雑木になりたかった。

自分の求める方へ枝を伸ばしたかったのです。

 

うつ病の辛さに耐えかねて、私は盆栽になることを諦めて、雑木になる決心をしました。
私の中にある大人像という型にはまろうとすることをやめたのです。
そうしないとうつ病は治らないと思ったからです。

その後の人生は、本当に快適です。
自分の好きなように生きています。

やりたいことを一生懸命ににやり、やりたくないことはなるべくやらない。
そうして、出来上がった形が自分の本当の姿なのだと思っています。

 

結果は後からついてくる。
僕の前には道は無い。僕の後ろに道は出来る。

そんなイメージです。

 

もうすでに50歳を超えている私ですが、今後もどんどん枝を伸ばし続けるでしょう。
これから自分の形がどう変化していくのか、とても楽しみです。

人間生きている限りは変化し、成長をしていくのだと思っています。
そう考えると、とてもワクワクしませんか?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は以前、整体師養成専門学校の講師を12年間していたことがあります。
この間に、実に沢山の生徒さんとお話をする機会がありました。
また、整体師という仕事柄、これまたたくさんのお客様とお話をする機会があります。

いずれも、表面的な会話だけではなく、深い話や悩み事を聴いてきました。

 

これだけたくさんの人たちとお話をしていると、世の中には本当のいろんな人がいるんだなあ、ということを実感します。

その中には、いつも前向きでエネルギーに満ちあふれ充実した人生を歩んでいる人もいれば、いつもストレスにさいなまれ苦しそうに生きている人もいます。
この違いはいったいどこから来るのでしょうか?

 

いつも充実している人は、「こうありたい、こうなったらいいなあ」というイメージを持っている人だと思います。

 

いつも苦しそうな人は、「ああはなりたくない、そうならないためには、こうあるべきだ」となりたくないイメージを持っている人のような気がします。

 

「ああはなりたくない。」というのは、裏を返せば「ああなったらどうしよう。」という不安です。

 

ブクブクと太って醜くなりたくない。
病気になりたくない。
貧乏になりたくない。
仕事失って路頭に迷ったら困る。

 

こういうイメージを持っていると、なんだか不安になってきませんか?

 

一方で、

 

スリムでカッコいい人になりたい。
健康でいたい。
お金持ちになりたい。
やりがいのある仕事をしたい。

 

というイメージを持っていたらどうでしょう。
なんだかわくわくしてきませんか?

 

前者の脳の中には、マイナスのイメージが広がっていますね。
それに対して、後者はプラスのイメージが広がっています。

 

どちらも、同じようなことを願っているのにもかかわらず、一方は不安になり、一方はわくわくしているのです。

前者と後者の違いは、たったこれだけの違いないのです。
こんな簡単なことで、人生の景色がガラリと変わります。

 

以前に書いた記事「病は気から」に登場した女性も、気持ちを切り替えただけで、生きるのが楽になりました、
ご主人を介護をしなければならないという状況は何一つ変わっていないのに、前向きに生きていこうと決めただけで、ガラリと変わったのです。

 

さて、これを読んでいるあなたの見ている景色は、どんな景色でしょうか。
なりたくない最悪の景色ですか?
なりたい最高の景色ですか?

 

どうせなら、なりたい自分に意識をフォーカスしてみませんか?
一瞬で人生が薔薇色になりますよ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。