徳島の釣り

テーマ:

徳島のおとやんです。

 

徳島は実は釣りが盛んなんですよ。

 

みなさん、知ってましたか。

 

阿波釣法という言葉もあったくらいなんです。

 

阿波釣法というのは、主にハリスを細くし、釣り針も小さくします。

 

いわゆる細仕掛けというものです。

 

細いハリスで大物をしとめるビックリマーク

 

これがたまりません爆  笑

 

いつ、ハリスを切られるか

 

ハラハラドキドキです。

 

一般には、細仕掛けの方が魚が食いついてきやすいですからね。

 

しかし、バラすというリスクもあるわけです。

 

 

おとやんも、若いころというか結構最近まで

 

釣りにはまっていました。

 

何の魚を釣るかって?

 

主にはグレでしたね。

 

関東ではメジナと呼ばれています。

 

遠いところでは、愛媛県や高知県まで出かけて行って釣りをしていました。

 

朝早くから渡船で磯にわたる。

 

気分は絶好調音譜

 

もちろん、ボウズの日もあります。

 

ちなみに、ボウズとは釣果ゼロのことです。

 

でも、ボウズだったとしてもリベンジに燃えて

 

また釣りに行きたくなります。

 

だからやめられないんですよね。

 

今日の徳島新聞によると次のような釣果があるみたいですよ。

 

[磯]

<中林>18日、風もなく穏やかだった。高崎で35、40センチのチヌと20、23センチのメバルを各2匹。

<福村>18日、水温15・6度。一番胴は50センチのチヌ1匹と20センチのメバル6匹、30センチのウマヅラハゲ1匹。モタレは30センチのチヌ1匹。

 

AD