ココロのおうち 軟式ブログ

うさぎさんの事から商品情報、日常のどうでもいいことまで、ココロのおうち事情を非公式にお届けします。


テーマ:
兵庫県 高砂市

国道に面する田舎の一角に、ある問題を抱えた「うさぎ専門店」がありました

「ココロのおうち」この店舗が抱える問題とは・・・


そう、間取りが悪いためにお客様にご迷惑が掛かるだけでなく、働いているスタッフも掃除や商品出しに一苦労・・・。ご依頼主のうさぎさんにまで危険が及んでいます。

「ココロのおうち」を安全でみんなが快適にすごせる空間にしてほしい
そんな依頼主の願いを受け一人のオーナーが立ち上がりました


人は彼女を「勢いと思いつきの匠」と呼びます
そんな彼女の行く手に待ち受けるのは、今はまだ鋭い牙を隠した「ココロのおうち」

匠を出迎えたのは、なぜか2つある入口扉


古くからのココロのおうちに詳しい方も知っている方は少ない!?
この開かずの扉はココロのおうちがこの店舗に写った際に同時にオープンしたレンタルボックス「プチブラニー」の入口だったのです。


オープン後すぐに閉店してしまった為、その後はココロのおうちのラビトリーとして利用することとなりました。
その際に、木の床の隙間に牧草やうさぎさんのうんちが入っては衛生上良くないということで、当時の匠が木の床の上にコンクリートを流し固めてしまい、これによりココロのおうちの店内に段差が生じてしまいました。

元々2つのお店が混在するスペースを無理矢理1つのお店として利用することとなったために間取りが悪くせっかくの広い空間が有効に生かせない状況となってしまったのです。


年度末の忙しい3月
勢いと思いつきで「よし改装するぞ!」との匠のかけ声で始まってしまった今回のリフォーム


問題解決のためのリフォーム予算は「できるだけ少なく」
さらに今回は店を閉めての改装となるため、リフォーム期間はたったの10日間
この制約の中で匠はどのようなリフォームを見せてくれるのでしょうか?



改装中の模様は下記からどうぞ

ココロのおうち店内リニューアル工事
http://ameblo.jp/kokoro-rabbit/entry-11489166239.html


工事中のココロのおうち
http://ameblo.jp/kokoro-rabbit/entry-11491264593.html


オープンできるの?店舗改装の後半戦
http://ameblo.jp/kokoro-rabbit/entry-11504351908.html




はい、ご覧頂けたでしょうか?
この後、感動のリフォーム公開です。

店舗の外見は特に変わっていません。
しかし、開かずの扉には「OPEN」の文字が!!


ドアを開けると・・・・

なんと言うことでしょう!!


そこにはイメージが がらっと変わった店内が!!

牧草の棚には、ちょうどパッケージをリニューアルした牧草たちが並びます。


低予算での改装工事ではゴミをできるだけ減らし、使える物は再利用をポリシーに店内丸ごと自分たちでつくりあげたので、各所に以前の店内で使われていた木材を再利用しています


お店を入ってすぐ目に入る横幅3.6mの大きな棚は、あのコンクリートで埋められてしまった床板。
コンクリートを丁寧にはがし、清掃・再塗装し印象的な棚に生まれ変わりました!


そして、店内奧にはオーナー森本念願のグルーミングスペースが!


グルーミングスペースの壁には掃除がしやすく衛生的なキッチンパネルを貼り付けました。
新設した立った状態でカットができるグルーミングテーブルのほか、低く座った状態でもつめ切りができるようマルチなレイアウトになっています。


時間をかけて作ったレジカウンターにはお会計時にカバンを置ける棚もつけました。


カウンター奧には念願のデスクが!
これは格安の既製品ですが、今まで会議室にありそうな長机でがんばってきたので仕事がはかどります


入口をふさいでしまい、取り外されてしまったリフォーム前の入口扉は、ラビトリーへの扉に


照明もほぼすべてが再利用され、美しい店舗へ

これで、すべてのリフォームが終了・・・


あっ、、、
予定よりも時間がかかってしまったラビトリーは、未だ片づいてない荷物が散乱しているとかいないとか・・・
でも、昨日新しい遊び場の作成も完了したので、今週金曜日には第一陣のうさぎさんたちが帰ってこれると思います(汗)

ラビトリーのご紹介はまたその時にと言うことで、次回をおたのしみに(爆)

 

ココロのおうち
いいね!した人  |  リブログ(0)